小児科医でつくる「VPDを知って、子どもを守ろう。」の会は、6月から支給が始まった子ども手当でワクチンを接種するよう提案するキャンペーンを行っている。


 同会は、「ワクチンで防げる病気」(VPD)から子どもたちを守ろうと2008年に発足し、この4月からは「子ども手当でワクチンを!」とのメッセージをホームページ上に掲載。「ヒブ、肺炎球菌、子宮頸がん、水痘、おたふくかぜ、B型肝炎…。多くの病気がワクチンで防げます。ワクチンを接種して、VPDから子どもたちを守りましょう」と呼び掛けている。

 川崎市内で小児科クリニックを開業し、同会の運営委員を務める片岡正さんは、ワクチンを接種すべきかどうか費用面で迷っている人がいると、子ども手当を活用するようアドバイスしているという。

 ただ、同会が目指すのは、これらの病気のワクチン接種を、公費で受けられる定期接種にすること。このため、子ども手当の支給で「費用の問題は解決済み」と受け取られないかと危惧も感じている。
 片岡さんは「定期接種化が実現するまでの間は、子ども手当を使って一人でも多くの子どもたちにワクチンを接種してくれれば」と話している。


【関連記事】
ワクチン接種の障害、「高額な費用負担」が7割近く
予防接種法の抜本改正へ5月に実態調査
「子宮頸がん予防ワクチン」接種しますか、しませんか。
肺炎球菌ワクチン「知らない」が過半数-万有製薬調査
「ワクチン政策の統一」議論を―保団連が国会内勉強会

<医療ミス>1億3674万円支払いへ 愛知・碧南(毎日新聞)
著作権法違反容疑 「トトロ」シール偽造 33歳男を逮捕(毎日新聞)
代表選は4日、会期延長せず 小沢氏ら執行部も辞任(産経新聞)
<菅首相>閣僚人事、綱引き続く 側近と調整(毎日新聞)
<パナソニック>1億5000万円所得隠し…大阪国税局指摘(毎日新聞)
AD