ヒヨコクローバーヒヨコクローバーヒヨコクローバーヒヨコクローバー 「遊・VIVA!通信」


「遊・VIVA! (あそびば)」ネットワーク は、静岡県下田市で、子供たち、親子連れ、

そしてみんなの“居場所”作りをしているグループです。今年で13年目を迎えました!

このブログで「遊・VIVA!」の 今・これから・これまで をお届けしますメモ


★遊・VIVA!のFacebookページです。

  イベント情報や遊・VIVA!のあれこれをタイムリーに発信します!

         https://www.facebook.com/asoviva415
            こちらをクリック → 

 


★29年度年間「遊・VIVA!」「やね」年間予定 ここ★

 


月のみんなの居場所「やね」は

    お出かけ企画「下田公園へアジサイ散歩」

       6月7日(水)10時30分~

       ※事前に申し込み下さい。

  雨天の場合は、「やね」でお弁当を食べて、談話、

      レクリエーションを楽しみましょう!             

aaaaaaa半半 半田宅(マイマイ通り Mr.Macさん横) map

 

月はミニ遊・VIVA!があるよ!

    7月22日(土)10時~15時

     みくらの里map


aaaa 忘れない、あの3月11日。あの日のこと、感じたことを忘れない。
       そして、各地でのやりきれないいくつもの出来事・・・

         だから・・・毎日を、そして自分を大切に。心をよせて・・・。ああああああああああああああああああああああああ

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年05月22日 15時15分15秒

黒船祭 小さな休憩所・・・「やね」の特別な風景

テーマ:遊・VIVA!の29年度

5月22日(月)

 

開国下田の名物、黒船祭が終わりました。

遊・VIVA!では、20日にみんなの居場所「やね」で特別企画「黒船祭 小さな休憩所」を開きました。

20日は公式パレードで多くの人が下田の街中を歩きます。

そこで「お休み処」として、ちょっとお茶を飲んだり、おむつ交換したり、授乳したりする休憩所を昨年からこの場所で開いています。

 

おなじみのカプラ、遊・VIVA!村で大人気の「人間自動販売機」もこの日は“外営業”

特に自動販売機は、1杯10円、おまけにアルバイトもできると通りががりの小学生たちが次々とやってきました。

10分1VIVA!のアルバイト料は、そのままジュースを買ってもいいし、11月の遊・VIVA!村でも使えます。

祭りに来たはずなのに、販売機を気に入ってしまって、ずっと残っている小学生がいたり、どこでも大人気です。

「人間自動販売機」でジュースを買う“水戸黄門”これも黒船ならでは!

 

公式パレードの時には、つい先日、要望書をお届けしたオープンカーに乗る福井市長に

「遊・VIVA!で~す!要望書、よろしくお願いしま~す!」と熱い声援(?)を送り、

新議長の竹内清二さんにも猛アピール!

「やね」の前で遊・VIVA!黄色いTシャツ軍団は、パレード参加者並に大騒ぎしてました(笑)。

 

声援を送っていたので、パレードの多くの写真がなし!時代衣装の皆さんの写真ばかり!

 

 

“祭”は、思いがけない人や久しぶりの人に会えたり、特別な時間になります。

この“やね休憩所”にも、いろいろな人が寄ってくれました。

ミニ遊・VIVA!に来ていた小学生が中学生になって寄ってくれたり、

社協さんの「ひよこサロン」に来ていた“赤ちゃん”が大きなお姉ちゃん、お兄ちゃんになって遊びに来てくれたり、

すっかり大きくなったスタッフのお子さんたちがそれもパートナーと一緒に遊びに来たり・・・

色々な時間が流れました。

スタッフも手伝いながら、それぞれゆったり話をしたり、いつもの遊・VIVA!とは違った時間を楽しんでいたように思えます。

これも「居場所」なんだなぁと実感。

休憩所や授乳、おむつ替え、こういった必要がある方たちに使ってもらうことも大事だけれど、

いつでも誰でもふらっと立ち寄れる場所、「居場所」はみんなにとっても大事だと感じた1日でした。

 

6月のみんなの居場所「やね」は、お出かけ企画「下田公園へアジサイ散歩」です。

きっと公園のアジサイ群生は見事なはず。

この下田公園も下田市民にとっての「居場所」として、もっと使われるといいなぁと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年05月16日 14時14分14秒

福井市長様!

テーマ:遊・VIVA!の29年度

5月16日(火)

 

今日の伊豆新聞下田版一面に、遊・VIVA!ネットワークの要望書を福井市長に届けた記事が載りました。

ずっと書いている通り、今年は遊・VIVA!にとって「一日移動児童館ミニ遊・VIVA!最後の年」

だからこそ「ジタバタする1年!」

関係各所に働き掛けながら動いています。詳しくはこちら→★

 

ジタバタを実現するために、総本山「下田市」へ私たち「遊・VIVA!」「下田で子育てしている人、していた人」の“想い、要望”を福井市長に手渡し、お話をさせて頂きました。

市役所内の関係のある課の皆さん、社会福祉協議会さんにも立ち会って頂き、有意義な時間を取って頂いたと思います。

今後は、官民が一緒に話せる場「下田子育てネットワーク会議」でこの続きを話し、具体的な動きにしていけたらと思っています。

このブログに私たちが提出した要望書を載せます。

皆さんにもぜひ読んでほしいです。

15年前の「児童館がほしい」という希望がどう変わり、今、何が必要とされているのか。

何を下田市に求めているのかを読んで下さい。

このジタバタは、まだまだ続きます!

私たちの合い言葉、「あったらいいな、こんなとこ」

この後ろに「できたよ、下田に!こんなとこ!!」と書くために!!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年04月29日 13時13分13秒

私たちが「ミニ遊・VIVA!」を辞める理由(わけ)

テーマ:遊・VIVA!の29年度

4月29日(土)

 

このところ、伊豆新聞に続けて遊・VIVA!関係が載っています。

いちばん大きかったのは、稲梓小体育館の一日移動児童館「ミニ遊・VIVA!」に来てくれた記者さんが、

「今年度、ミニを辞めることについて」取材してくれた記事です。

「公営常設願い、“閉館”」という文字が下田版一面に載り、

「本当に辞めるのですか?!」と改めて問い合わせを受けることになりました。

 

  

 

「なぜ、辞めるの?」という疑問に、「私たちの気持ちを伝えきれていないな」という想いもあり、

今年度の自分たちの企画、それ以外のところでももっとアピールしていこうと、

このプリントを作りました。

 

 

「このままミニを終わらせる訳にはいかない!」という気持ちをもっともっと出していく、その最後の年です!

今年の合い言葉は「ジタバタするぞ!」です!!

遊・VIVA!ネットワークは、これからも続きます。でもミニは終わってしまう・・・。

ただ、今の現状を嘆くばかりでは何も変わらない!ジタバタしなければ変わらない!!

 

プリントの中に、

下田市ならではのやり方、形を変えて「児童館的施設」の開設という聖火台に火をつけたい

とあります。

金メダルを取れるかどうかはわからないけれど、ジタバタ走るのです!

かっこ悪くても走るのです!

今は、聖火リレーの真っ最中。この火を消さないように走るのです!!

 

声援、応援、伴走、大歓迎!!

大きな聖火(成果)を上げられるように頑張ります!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。