親子でたのしい!大人もたのしい!アソラボ

空色のくりげん(イラストレーター)とisDesignの坂PON(デザイナー)の2人が、
工作やおもちゃや遊び、デザイン・写真など、遊び心をくすぐるものを取り上げます!
子ども向けワークショップや工作イベントの素材やデザイン・イラストのご相談もお気軽にどうぞ

かわいいペーパークラフトのクルマの街[BOOOON! CITY]無料ダウンロード
NEW !
テーマ:

バック・トゥ・ザ・フューチャー

BTTF(バック・トゥ・ザ・フューチャー)で主役のマーティーの宿敵として登場するビフ・タネン。1989年公開のPart2では街を牛耳り金と権力を支配する悪役として描かれています。そのビフが80年代のドナルド・トランプがモデルになっているんですよね。脚本を務めたボブ・ゲイル氏がインタビューで答えて話題になりました。
ヒルバレーにビフが建てたカジノビルもトランプ・プラザ・ホテルがモデル。
 

BTTF2のビフ・タネン

BTTF2のビフ・タネン

BTTF2のビフ・タネン


Part2で出てきた2015年の新聞USA TODAYの見出しには「PRESIDENT SAYS SHE'S TIRED」って書かれてます。女性大統領が誕生している未来だだったんだ。ヒラリー・クリントンが大統領になっていたら予言が当たったみたいになったんだよね〜

 

 

BTTF2


様々なネタがあって「シカゴ・カブスがワールドシリーズ優勝! しかもマイアミに勝って」なんて当時はあり得なかったってネタが現実に!なんてのがありますね。
ナイキやペプシが映画に合わせた商品を。。。なんてのもありました。

ちなみに2015年10月22日に、USA TODAY誌は劇中に出てきた新聞を再現して販売してますよ。
●USA TODAY(BTTF・10/22/2015)

過去のばバック・トゥ・ザ・フューチャー関連記事
●バック・トゥ・ザ・フューチャーのあの日がついに来るーっ!!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

デトロイト美術館展/東京・上野の森美術館

上野の森美術館で開催されているデトロイト美術館展。明日までですね!
昨年11月に行っていたんですが、いまさらの記事。
デトロイト美術館では館内の多くが撮影オッケーなため、この美術展でも月・火に限って撮影オッケーとなっていましたので撮影可能日に行ってきました。

デトロイト美術館展/東京・上野の森美術館


撮影時には他の来場者の鑑賞の邪魔にならないようになど注意は必要ですが、自分には撮影できるのはとてもありがたかったです。

デトロイト美術館展/東京・上野の森美術館


というのは、こういった美術展を見て図録に手を伸ばすと・・・ 図録(印刷)と原画の落差がありすぎて、図録を買う気が失せてしまう。
印刷ってお金をかければもっと良いものが出来るんですが、図録として販売できる価格でそれは無理なのは百も承知なんだけど、あまりのギャップにガッカリ。

だけど今時の高画素・高画質なカメラで撮影すると、図録で不満に感じる細かな部分があとからでもよく見れて良かったですよ〜

デトロイト美術館展/東京・上野の森美術館

デトロイト美術館展/東京・上野の森美術館


全作品撮影オッケーでしたが、一部「SNSでの公開は禁止」という作品がありました。

有料の音声ガイドも利用しました。
女優の鈴木京香さんがナビゲーター。美術館での音声ガイドや、博物館での学芸員さんなどによるガイドツアーってオススメですよ〜!!

デトロイト美術館展/東京・上野の森美術館

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

トヨタ2000GTスピードトライアル(レプリカ)

トヨタ博物館の本館リニューアルが完成し、年明け1月4日から公開されています。
「日・米・欧の自動車の歴史を一望に モータリゼーションの進化と多様化」として関連イベントなどもこれから開催されるのでチェックしてみてください!

●本館常設展示リニューアル 完成

リニューアル記念の「バックヤード収蔵車展」も凄く気になる!!
展示されている車両以外にも、バックヤードで整備・保管されている車が多数あります。仕事で伺った時にバックヤードを見せていただいたこともありますが、普段はバックヤードツアーに申し込みしたりしなければ見れない車両が展示されるのでこちらも見逃せません。

そして今週末の3連休は。小学生対象にした「クルマの名前かるた大会」がありますよー!
トヨタ博物館のクルマを絵札にしたオリジナルかるたの大会。参加無料です!

●クルマの名前かるた大会

最初の写真は昨年11の「クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」での写真。
手前はトヨタ2000GTスピードトライアル(レプリカ)と、その奥はボンドカーの2000GT。走行披露もありました。
その時の記事もまだ書いてないので近々写真アップします!

●トヨタ博物館
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ブルマァク怪獣ボウリング・帰ってきたウルトラマン

2016年は「ウルトラマンシリーズ」放送開始50年なんですよね〜。ということで、ウルトラマン関連のおもちゃを紹介!
放送開始50周年の公式サイトもあります。

●ウルトラマンシリーズ放送開始50年

1970年代に入ってすぐにボウリングブームが到来し、家庭用のボウリングゲームも各社から出て大ヒットしました!! 特にメジャーなのが中山律子プロをイメージキャラクターにしたエポック社の「パーフェクトボウリング」シリーズですね。

●エポック社のパーフェクトボウリング・ジュニア-S型(動画アリ)

今回紹介するのは、大人気のボウリングと、これまたちびっ子に大人気だった「帰ってきたウルトラマン」をキャラクターにしたボウリングゲームです!!
ウルトラ怪獣のソフビで有名なブルマァク社製です。

すごく面白い仕組みでボウリングゲームとしてはなかなか良い出来なんですが、機能紹介の前にまず突っ込まなければいけない大事なことが。。。

写真のようにウルトラマンのフィギュアが投球装置の所にあります。

ブルマァク怪獣ボウリング・帰ってきたウルトラマン


パッケージにも全面に帰ってきたウルトラマン!!
「デュアッッ!!!」
と言って力一杯投げていそうです。


そしてピンに怪獣達が。。。

ブルマァク怪獣ボウリング・帰ってきたウルトラマン


うんうん、ピンになった怪獣達をウルトラマンが倒すわけですね。
ゲームとしても正しいです。

そしてこのボウリングゲームの商品名が・・・

「怪獣ボウリング」

ブルマァク怪獣ボウリング・帰ってきたウルトラマン

ブルマァク怪獣ボウリング・帰ってきたウルトラマン

ブルマァク怪獣ボウリング・帰ってきたウルトラマン


えぇぇ〜〜〜〜〜っっっ!?

ウルトラマンどこ行った?
ウルトラマンの立場は?(笑)

そこは
「ウルトラマンボウリング」で良くないっすか??
なんで
「怪獣ボウリング」???

ピンも小さめだし、そこに怪獣のシールが貼られてはいるけど、怪獣の存在感はかなり薄いよ。

ブルマァク怪獣ボウリング・帰ってきたウルトラマン


パッケージ側面と本体横のパネルに怪獣のイラストはあるけど・・・
でも主役はやっぱりウルトラマンでしょうに!!

ブルマァク怪獣ボウリング・帰ってきたウルトラマン


怪獣ソフビのブルマァクさんのこだわりでしょうか?(笑)

ではおもしろい仕掛けの説明をやっとしましょう。
まず、ピンセッターがリアルなこと!

ブルマァク怪獣ボウリング・帰ってきたウルトラマン


ピンをセットし、投球後に残ったピンを持ち上げながら倒れたピンを奥に回収し、再度セットできます。エポック社のはもっとボウリング場のピンセッターのリアルさよりもシンプルさと機能性を追求していますね。

このようなリアルなピンセッター装置は他の商品でもあります。
このボウリングゲームの一番の特徴はここではないのです。

普通のボウリングゲームは投球装置側にプレイヤーがいて操作しますよね。この商品ももちろんそれは出来るのですが・・・

リアルなピンセッターの操作をしながら、ピンセッター側からそのまま投球することも出来るんですね〜〜!!

ブルマァク怪獣ボウリング・帰ってきたウルトラマン

ブルマァク怪獣ボウリング・帰ってきたウルトラマン


単純な仕掛けですが、1人でも遊びやすくとても良い工夫です。
フックボール投球装置がないのが残念。あれば機能的にはパーフェクトだったのにな〜

ブルマァク怪獣ボウリング・帰ってきたウルトラマン


ピンセッターなどの操作については動画でご覧ください!!
あと70年代のブルマァクのCM動画もあったので貼ります。いくつかの商品CM週ですが「怪獣ボウリング」は1:17からです!!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

エポック社の野球盤E-1型(1964年製?)

ど〜も坂PONです。「クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」「デトロイト美術館展」「地元のグリーンツーリズム」などイベントお出かけのネタもたまってるんですが、間に野球盤を挟みます!(笑)

エポック社の野球盤E-1型(1964年製?)


今日は1960年代中頃のものと思われる「エポック社の野球盤E-1型」です。
70年代以降になると商品本体・パッケージ・取説などに製造年の記載がされるようになってくるのですが、それ以前の製品は資料などがないと正確な製造年がわかりません。
でも、この野球盤のように盤面にプロ野球選手のイラストが描かれていると、それがヒントになります。

自分は1971年生まれなので、この野球盤・プロ野球選手はリアルタイムでないのですが、リアルタイムでなくても往年の名選手ですからある程度はわかります。詳細をネットで調べられるので便利ですね〜。

エポック社の野球盤E-1型(1964年製?)

エポック社の野球盤E-1型(1964年製?)


まずサード・長嶋茂雄、ファースト・王貞治は間違いない!
エポック社の野球盤自体が1958年、長嶋茂雄のプロ野球デビューの年に誕生しているので描かれた選手もそれ以降です。

大きく描かれた左腕はカネやん・金田正一ですね。
これだけでは年代特定はできません。
カネやんの帽子のマークに注目しましょう。

エポック社の野球盤E-1型(1964年製?)


「S」のマーク。これは「国鉄スワローズ」ですね。 1965年に産経新聞社に身売りして「サンケイスワローズ」となるので、1964年以前ということになります。「国鉄スワローズ」は1949〜1964年。「国鉄スワローズ」「K」をエンブレムマークとしていたものもありますね。

もうひとつ重要なポイントが、セカンドと1塁側ブルペンにいるタイガースの選手。
ショートでなくセカンドにいますが吉田義男でしょう。
1塁側ブルペンは村山実。
帽子のマークはHanshin Tigersの頭文字「H」「T」を組み合わせたマークとなっていますね。もともとタイガースは「大阪タイガース」「O」のマークが帽子に付いていました。「阪神タイガース」と球団名を変更したのは1961年以降。
これで1961〜1964年の間だと絞り込まれてきましたよ。


エポック社の野球盤E-1型(1964年製?)


あとはその年のオールスター出場選手記録を調べると、すでに挙げた選手以外にもショートは桑田武(大洋ホエールズ)、センターは柴田勲(読売ジャイアンツ)、レフトは江藤慎一かな? などと特定が進み、1964年のオールスター選手がモデルになってるので1964年製なんじゃないかな〜。。。というのが自分の推理。

「64年のオールスターを受けての翌年65年製じゃないの?」と思うかもしれませんが、野球盤商品はけっこうタイムリーに出してくる印象があるので1964年製造の予想です!!
(東京ドーム開場に合わせてビッグエッグ野球盤(過去記事参照)を発売するなど)

と言う感じで、古い野球盤にはこんな楽しみ方もあるんだよ〜!って事です。
知らない時代を遡って調べるのも面白いものです。
ますますマニアックですか???(苦笑)

エポック社の野球盤E-1型(1964年製?)

エポック社の野球盤E-1型(1964年製?)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)