カウンター.com
出会い
アクセスカウンター
出会い
出会いカフェ

ジオターゲティング
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年09月02日(金) 23時41分45秒

散策

テーマ:釣り
木金と沢&釣り予定で山散策でした。
予定では沢の予定ですで谷川No.1の美渓と言われている笹穴か赤谷川への予定だったが台風の影響ありとの情報で断念。
まあ、行っていけない事はなかっただろうが今季まだ足慣らしすら終わってないパートナーを考えると…


そんなこんなで予定変更。
釣り。
ただ沢のモチベーションが高かったので沢を繋いで魚が居るかの探検に切り替えた。


木曜日。
いつも通り深夜出。
目的地には4時着。
仮眠してマッタリと出発するした。
今回は直接目的の沢に釣りのみで入るのではなくアプローチは沢で楽しもう作戦。
目的地付近に詰め上がる沢を登り山越えそして下降して超メジャーな沢に入りそこからさらに目的地の沢に向かうって何とも疲れる釣行旅。
無駄って言われたらそれまでなんだけどね(笑)


{C79A10CB-18CE-4B5A-AAB8-677689762361}

{07E762B8-CBF9-4D88-BEE4-BC147961A424}


アプローチに使う沢は沢登りの対象とはなってるけど簡単すぎてこれまで入る事はなかったがこの手の楽しみ方をするならと初入渓。
案の定簡単。
沢登りってよりも沢歩きで最終的には林道歩きと変わらないくらい飽きた。
支尾根まで一旦上がり沢筋から離脱して藪漕ぎからの下降。



{E277B695-D2EF-43E6-BC21-479BCB3F6E0B}



予定通りのポイントに下降し超メジャーな沢のテン場にて1泊。
ここの沢のテン場は過去最大に汚かった。
ゴミだーらーけ。
持ってきたものすら持って帰れないなら来んな‼️
入るな‼️
泊まるな‼️
これだからメジャーエリアって嫌なのよね…


まあ、しゃーないので軽くお片付けしてからの釣り。
今回は歩きが長いので食料を絞ってしまったのでイワナを晩ご飯分だけキープして美味しく頂きました。
釣れなかったらお茶漬けのみになってたけど。


少ない薪木を集めて夜は焚火しながらマッタリし21時には就寝。
翌朝は5時起床の予定が3時30分に寒くて目が覚めて何となく外に出たらそのまま焚火をしてしまいそのまま起床。
結果的に朝急いで慌しく出なくてすんだので良かったけど。


金曜日の予定はさらに移動して某沢へ入り魚が居るのかどうかの釣り。
沢に入り早速支度をして釣行開始するとちびっ子達が居た。



{0C51791B-1902-4D3A-BECA-DFD545710BD7}


しかしここまで来てこれかよってな感じだったけど目的地は更に上の滝上。
これで魚居なかったらアホだなー
沢に切り替えて楽しんじゃおって感じだった。
しばらく釣り上がると予定通りの大滝。
どう処理するかなと思案する事もせず滝左を選択。
行きゃ何とかなるでしょ的にそのまま登り滝上へでた。
さて、ここからがドキドキ。
最初のポイントへフライを流し込むといきなり出た(笑)
次も出た(笑)


{ED3A870A-E179-4B57-A1E4-15F28F3F7897}

{42A41593-CC95-4BE6-921A-AD8325D3DFE9}

{C937D37B-020A-4E2A-82AF-2B14287A48AD}

{BBD4DAFA-723B-4AE6-8792-D40F21AEEBB8}

{A4B37CDA-B30E-44CF-980C-5CB712C4C5E7}

{9906BB01-4F52-42A4-8C71-A280E3886BE3}

{F0C2BB9D-D8C3-471B-B236-F8D0E6F076A2}

{3C576735-08D1-4BF6-865A-E76D35113A28}

{655D94A8-15AC-4A34-ACCC-BF9042CB37E1}


尺超えも出て満足満足。
相方がすっ転んで竿先を折るってトラブルもあったけど応急処置を施し結局魚止めらしき滝までほぼポイント毎に数匹ずつ出る釣りで最後まで楽しませてくれた。
来年まで人が入らなきゃ今回分のは何センチまで成長するのかなー
むしろ来年の方が楽しいかも?


魚影も切れたのでここからは沢モード。
ピストンで戻るには奥に来すぎているのでそのまま沢を詰め上がり途中の支沢に逃げて支尾根に入ってから登山道へエスケープ。
最後は1時間程濃い藪に苦しめられた。
最近こんなんばっかやな。


{F01ACBF1-B4E0-4C6F-AF17-52F44D736515}



あとはながーいながーいそしてつまらない登山道を歩き懐かしき山頂で休憩をしてからさらに歩き下山。


疲れたけどなかなか充実した2日間だった。
帰りは自らの獣臭を察知して2日間1度も脱ぐことがなかった洋服を脱ぎ去り駐車場で全裸生着替えで温泉へ向かい帰路についた。


苦労した割には楽園とまではいかなかったけどそれでも色々と楽しめた。
次はどこ行こうかな。


アディオス!


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016年08月20日(土) 12時13分05秒

渇水

テーマ:釣り
行ける範囲ほぼ全てが雨予報の金曜日僅かな希望のある湯沢へ深夜入り。
湯沢も夕方からの雨予報なので予定していた沢はやめて釣りに変更した。


深夜に着くと満月で山奥にもかかわらず明るくて歩けるくらいだった。
しばし月見物をして出陣。


起きてから川を見るとやはり渇水して例年の半分ちかくの水量。
中流部にある取水口上ならまだましそうなのでゲートよりアプローチを開始してまだ入った事とのない支流を遡行した。
支度をしてすぐのポイントからいきなりヒットしたがフッキング甘くバラしてしまった。
そこそこ楽しめそうかと思ったがそのあとはもうバラシまくり。
なんなんだ…


1時間ほど上がるも反応が良くないので途中からエスケープした。
地図にはない林道にうまく出れてじかん節約。
そのまま登山道に入り支流の源流部を目指した。



{4C99BB52-8613-4CF1-A3CB-67E6D7EC196C}



こちらの沢も活水気味。
そしてこの頃から照りつける太陽。
渇水そして晴天過ぎて魚の警戒心がさらに上がってしまった気がする。



{65693AA5-E75F-419E-9E20-F5170D1AA1B6}

{2B53EAD6-5B85-42D3-BB5C-E97945518B55}


日陰のポイントを見極めて釣り上がるとそれなりの反応もあったがなかなか厳しい釣りになってしまった。
この頃から雨は降る気配皆無。



{10A0582F-E440-49FB-90D8-A6153322CF1D}


暑すぎて川で水浴びしながらの遡行となった。
水が綺麗で遡行しているだけでも気持ち良い!



{B47136B8-0D59-4E51-9F92-5EC991154760}

{C893D696-9759-48CD-8B18-3B814C3830A8}

{E0200DB4-BDD8-4C4F-B276-3BD7FB1D5286}

{98B01049-D73D-40AE-A73B-BE94EE8B6237}



数匹の魚と遊んで貰って少し早めに退渓した。



{99C0BA82-8F8D-4495-A47F-21D551B154F2}



なかなか厳しい釣りに疲れて車に戻ってからはお昼寝爆睡。
イブニングにかけていたが本流も渇水&取水で川は死んでいた。
残念。
そこそこ楽しめたから良いかな…


しかし天気が全く読めん。
やはり迷ったら行ってみろが正解だな。




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年08月12日(金) 19時57分27秒

入水

テーマ:釣り
今年は釣りばかりで沢らしい沢にまだ行ってなかった!
しかしお盆。
釣りも沢もきっと何処に行っても人だらけだろうと思い比較的不人気なエリアの不人気な沢へ。


今回の沢の選択条件は易しめで足慣らしに丁度良いそして魚がいる事。
その条件を満たす沢はない何本かあるが人が少ないだろうと思われる沢はなかなか難しかった。
そんな時ちょうど前に入ってみたかった初級の沢を思い出し行き先決定。


仕事終わりに出発。
深夜の山道を走り移動時間3.5時間。
着いた先の夜空は星だらけで流星群やらが見放題だった。


夜空を楽しみ2時間ほど仮眠。
5時起床。
入渓点まで迷わず進み堰提上から入渓した。
入渓してしばらくは魚影もなく大した滝など皆無。
まあ、初級だししゃーない。
それでも色々楽しみながらの遡行となった。



{261C4C03-E7B8-4152-BA01-EA84AEB66159}

{64B8FB72-A9A3-474A-B4A1-243500956C6E}

{50A58B29-5573-4F3A-9022-6EAAAD3B41E3}

{7FEA851A-2989-41F3-94A6-34B849EA641C}


下調べではロープ30m以上やらと色々な情報があったが使う箇所もないのでハーネスも履かずに遡行。
途中ゴルジュで泳ぎかと思われたが無難にヘツリでOK。
朝一に泳ぎたくない。


{49868697-0701-4B5D-9DD6-C72DCFDFF9BD}

{62744D2B-3E62-4F5B-9378-C48A0A8C000D}

{4B72783E-EFFA-4B49-BE65-060E9073F7E9}



こりゃ濡れる箇所もないしどーしよかと思ってたら落ちてびしょ濡れになってるのが居た(笑)


{E66C7620-EE05-4EEF-B267-A806D84EDFCF}


結構寒かったらしい。
全身びしょ濡れ(笑)


ワイワイと遊びながら遡行しこの沢唯一の大滝?にぶつかり華麗に巻いた。
近くで観察してみると水流左が登れそうだったが…
誰もやらないのか?


結局ほのぼのした遡行を2時間ほど遊びながら続けるとほぼ核心?部分も終わり落ち着いた渓相になってしまった。


{641E6FB6-7706-4E1A-8217-310ADA872758}

{68D3EAC3-3C98-4F67-9A2B-AA862C86A991}


落差もなくなったところで魚影も濃くなり竿の支度をして釣り開始。


{AE0F6C60-2154-4C15-9BA2-189CD6A2046A}

{151CD336-2B22-4AC3-BFE6-81289EB972E9}

{AD24217A-9710-43C6-9B68-2B9D3921C004}


もうね。
魚影濃すぎ。
魚居過ぎて育ってない感じ。
しかし時折良型も顔を出すので油断はできん。


釣れすぎてなかなか進まない遡行。
しかし小さなポイントからも出続ける魚。
出るならやらなあかん。
無限ループですね。


釣れすぎて若干飽きてきたのでお昼休憩。
今回は何故かほとんど食べ物を持ってこなかったので1匹だけキープさせてもらいお昼ご飯にした。
洋服がびしょ濡れで寒そうな人も居るんで日向で焚火したら暑過ぎて死にそうでした…


{E9CDBCFD-A17E-4243-A13B-00987BBAC045}


昼休憩を終えてそこからさらに釣り上がるとドンドン型が良くなりかなり楽しめてしまった。
このまま釣り上がりたいが帰りの時間を考えるとそろそろ退渓したい。
釣り上がりながら地形図を確認すると小さな沢が道まで繋がってる可能性が…
迷わず突っ込み無事林道へ。


ここから起点まで戻るには徒歩で3時間orバス。
林道へ上がり歩くとちょうどバスが来てくれた!
手を上げて止まってもらい乗換え地点まで行き無事起点へ帰還。


ユルいってかユルすぎて全くの緊張感もなあ沢だったけど楽しかったし良かった‼️


イブニングを出来るところを探したが釣り人だらけでバカらしくなりそのまま帰路へついた。


やっぱ人が多く入らないところは自然も残り本当に楽しませてくれる。

釣り人が増えればそこは荒れる。
いや、釣り人に限らずキャパを超えた人が入るとすぐに壊れてしまうんだな。
やはり人は自然の中では異物にしかなりえないのだろか…




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年08月06日(土) 08時51分20秒

回復

テーマ:釣り
木金の連休
どこ行こかな色々と妄想を膨らませていたが5月からほぼ休みに雨降らず基本休日は全て出かける主義の俺はもう疲労でグッタリな事に気が付いた。


山奥に入って警戒心0の岩魚とも遊びたいけどそこまで辿り着く気がしなかったので今回はマッタリと涼しいエリアでそんなに歩かずそして温泉のある地区で避暑寝て楽しんだ。



{E2634BF8-2B2C-4829-B540-5E443874AEC1}


天気は晴れ‼️
しかし日向も涼しい。
日陰はもっと涼しい。
川は寒いくらい。
なんて良い場所なんでしょ。


とりあえず1日目は少し上流までの釣り上がり予定。
帰りは廃道になった登山道下山。
この時期は釣り人も多いだろうと思い早立ちしての入渓。



微妙に水量の多い川を遡行しながら釣り上がると小ぶりながらも可愛いイワナが飽きない程度に釣れてくれた。


{67E57789-6883-4564-AA0C-11169CB7B85F}

{B57059D0-76E7-46DB-A773-18A11C7335ED}

{2E1483E4-7740-41AF-A864-2543EE861D37}

{70A98CCE-34A6-4F2C-B31F-E29D02A01CE1}

{E7B8B5EA-22C8-4E9E-96B0-D1DB5C45FCE8}


いつもよりだいぶゆっくり釣り上がり予定していた退渓点の滝下まで行き退渓。


帰りは安定の藪漕ぎでした…
藪漕ぎしたくなかったのに。


{C2FDD751-9317-4EB6-A672-B5FA25B71D40}


下山してからはソフトクリームで喉を潤し昼寝。
涼しいんで何処でも寝れちゃう。
で、寝すぎたけど近くの沢でイブニング。
こんな所に魚いるのかよ⁉︎
って感じのとこに大きめなイワナが生息していた。
ロケーション最悪だけど。



夜は星空のかわりに雷の光を見ながら持ってきたラーメンを食し静かな夜に癒されて寝た。




2日目はゆっくり起床。
暑くて目覚めるまで寝てみた。
何処行こかなと思ったがもう遥か昔すぎて覚えてない区間へ入渓。
そこまで魚が居なかった記憶しかなかったけどそれなりに釣れてくれて結構楽しめた。



{50B230FA-FED6-4F89-8527-201232E87E52}

{7F78DC12-C5B5-49C4-A35F-ED5C1586BFFC}


そのまま沢まで登り釣りながらの退渓。
こちらの沢にも岩魚が元気に生息。



{F64A3A75-B70F-452F-87E0-6CAA7ED28AD2}


スレてないので結構笑える食い方をしてくれる。



道路まで詰め上がり日陰のない道を下り車まで戻り昼寝。
日向は暑いけどポカポカ程度で歩いてるのも気持ち良かった。


起床してまたソフトクリームを食し本日のイブニングはかなり小さい沢へ。



{5997B752-1EF6-45A7-A1C4-817BD5FC1B42}


こんな沢でもポコポコと釣れてくれたまに良型まで出るんで面白い。暗くなるまで釣りまくり退渓し楽しい楽しい2日間が終わってしまった。



{06903770-CB2F-4AC0-943D-DC15E65FCB8C}



今回は温泉にもゆっくり浸かり急がない釣りで本当ゆっくり出来た。
また行きたいな。






いいね!した人  |  リブログ(0)
2016年07月30日(土) 01時03分33秒

過去の楽園

テーマ:釣り
今回の休みは強行スケジュールで源流域へ。
登山者で溢れるバスを乗り継ぎ歩きやすい林道をひたすら歩き適当なところで谷に降りての釣り。


分かる人にはここがどこか分かるはず。
そう、いまやメジャーになりつつある川。
今回は夏休みってのもあるが平日。
しかしそこは釣り人で溢れ魚は激減。
会う餌釣り師は大きな魚籠を持ち大丈夫かって足取りで歩く。
かつての楽園は小型の岩魚も少なくなり良型も激減。
衰退していた。



{E2BA561D-D023-44DC-BFE8-31D53A17F63B}

{094A1C16-9C91-4AB9-98C0-77934FAF0DB8}

{5851B2D5-E49E-4F08-B799-D24663E9451C}

{696BDF91-FD2E-4331-A696-451E99CA1FC9}


人の入りにくい区間にはかろうじて尺クラスも残ってはいたけどあまりにも寂しい現状になっていた。
そもそもヤマトが宝物やらなんやらと偉そうに書いてる割にはキープは15匹までとかやってる漁協もおかしいだろと思ってしまう。
ほとんどがニッコウ混じりの魚でしたが?



やはり大挙して押し寄せる人間は自然にとって異物でしかないんだな…



人も多いし過去の楽園になってしまったこの地は暫く訪れる事はないだろう。
1人が来なくなった程度で釣り人が減ったことにはならないだろうが。



せめてもの思いで今日は入ったエリアの魚にはキッチリと教育といた。
キープ軍団に釣られるなよー



さ、次行ってみよー‼️



{C9636AED-2076-4942-8FB2-84DFD2928A56}

{B2E7DCA8-FDC6-496E-8D19-287811440DA1}


いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。