asn同窓会

同窓会の代行を行う同窓会支援ネットワーク


テーマ:
概要
通称は「千葉中」、「千葉高」、「県千葉」。2008年度には県内唯一の県立中学校が併設された。隣接県特例により、茨城県や群馬県など、他県からも一部の地域に在住している者に限り受験可能。
校則はほとんど無く非常に自由な校風で知られ、創立以来各界へ卒業生を輩出している。公立学校としては全国的に見ても最難関レベルの難易度であり、東京都の日比谷高等学校や西高等学校、埼玉県の浦和高等学校とならび東大・京大・医学部をはじめ、難関大学へ多くの合格者を出している。とりわけ東大合格者数に関しては、2000年代半ばに入って後発の渋谷教育学園幕張高等学校の後塵を拝しているものの、長らく県内首位を堅持していた。2013年の中学入試では80人の定員に1007名が受験し、倍率は12.6となっている。
中学校の教育方針は、「互いに高め合う、系統化された一貫教育で豊かな人間力を培う。伝統、実績、真の学びで揺るぎない学力を育む」、高校の教育方針は、受験にとらわれない「重厚な教養主義」・「真の学問の追求」である。独自の教科「学びのリテラシー」や千葉高の卒業生などの講演を聞く「社会人講演会」などが実施されている。また、中学生は3年次に卒業論文を作成し、2月に発表会が開かれる。授業では教科書よりも教員作成の独自プリントを多用する傾向があり、中高の授業共に高度な内容となっている。
学生運動が盛んであった時期に、千葉高等生を含めた4名の生徒が千葉高図書館に立て篭り県警機動隊が投入された事件が原因となり、生徒会の意義を問う声が出るようになった。翌年度、生徒会長に立候補する者がおらず、生徒による投票が行われ、生徒会の解散が決まった。この経緯から現在も生徒会が存在しない。
2006年度より普通教室に冷房設備が設置された。
定時制は2007年度から募集停止となり、3部制定時制を設置している県立生浜高校に2008年統合された。

沿革
1878年8月 - 千葉縣師範學校構内(現NHK千葉支局敷地)に千葉中學校と称して創立。修業年限3ヶ年。
1886年8月 - 千葉縣師範學校女子部の校舎(現教育会館敷地)に移転する。
1886年10月 - 第1次中学校令(明治19年勅令第15号)により、千葉縣尋常中學校と改称、修業年限を5ヶ年とする。
1899年4月 - 千葉縣千葉中學校と改称、同年7月現在地に校舎を新築移転。同年11月1日新築落成式を挙行(創立記念日の由来)。
1900年2月 - 木更津分校(現千葉県立木更津高等学校)を設置。
1901年?月 - 松戸分校を現千葉大学園芸学部敷地に設置。
1901年5月 - 千葉縣立千葉中學校と改称。
1906年3月31日 - 松戸分校を廃止。
1944年4月 - 千葉市立商業學校夜間部を本校第二部(3年制、旧制中学校)として移管設置する。
1947年4月 - 新学制の実施に伴い、第4・第5学年生徒は千葉縣立千葉中學校の生徒、第2・第3学年生徒は千葉縣立千葉中學校併設中學校の生徒とし、第1学年の生徒募集を停止する。第二部は4年制の中学課程とする。
1948年4月 - 学校教育法による高等学校となり、千葉県立千葉高等学校となる。全日制修業年限3ヶ年生徒定員1,040名、定時制修業年限4ヶ年、生徒定員320名とする。
1949年4月 - 男女共学制を実施する。
1950年4月 - 千葉県立千葉第一高等学校と改称。
1961年4月 - 千葉県立千葉高等学校と改称。
1975年4月 - 新入学生から学校群制度を実施。千葉女子、千葉東、千葉南、千葉市立と第1学校群を組む。
1978年4月 - 単独選抜制に改められる。
2001年4月 - 千葉県内のほとんどの市町村に通学区域拡大。
2003年4月 - 特色ある入学者選抜(学校独自問題)を開始。
2003年10月 - 創立125周年記念事業 トレーニングルーム、ビオトープ、校歌碑、記念館改修竣工。
2008年4月 - 千葉県立千葉中学校を併設。中高一貫校になる。
2014年3月 - 新運動場整備工事竣工。

強歩大会
創立100周年を記念して始められた行事。九十九里浜を歩く。当初は男子30km、女子20kmであったが、現在は男女共に直線距離で約17km歩くこととなっている。 2011年度は、東北地方太平洋沖地震の津波の影響により、安全が最優先だとして、他所への遠足(1年生はお台場、2・3年生は上野・浅草)に変更された。 2012年度以降は津波への危惧から、開催場所が佐原(利根川沿い)に変更された。

制服
基本として男子は黒色の学生服。前を5個の校章入り金ボタンで留める。男子の襟は中・高ともに詰襟とラウンドカラーとのどちらでもよく最近は多くの生徒がラウンドカラーを着用している。女子は明るい紺色のブレザーで中高ともに校章バッジを装着し中学生は襟元にリボンも着用する。
男子に校章バッジはなく、学生服の向かって左襟にローマ数字の学年章、右襟にアルファベットの組章の、大きな襟文字バッジをそれぞれ装着する。襟文字の色は中学が黒色の七宝、高校が金色。中学ではこれに加え男女とも胸にプラスチック製の名札を装着する。 男女とも一部生徒はパーカーやトレーナー等を制服の下に着用するなどのアレンジした着かたで通学する者もいる。 高校には指定のジャージは無い。
かつては、白の横一本線が入った学帽が制帽として定められていたが、製造業者の廃業により、現在の規程にはない。

施設
普通校舎の他、講堂、図書館、美術館(一般公開されている)、記念館、食堂、ビオトープなどの施設を有する。講堂は旧制中学時代の昭和2年(1927年)に落成、図書館は木造建築である。中学校専用の体育館・校舎は2010年度に新築された。2014年には全天候型の新運動場が同窓会の寄付により竣工した。
千葉高校美術館(美術館登録)
絵画・書画・各種工芸作品などを所蔵
ビオトープ(絶滅危惧種などの貴重な生物が生息)

部活動
高校
文学部
地理部
郷土研究部
化学部
生物研究部
天文部
合唱部
美術部
書道部
工芸部
家庭部
放送部
園芸部
演劇部
華道部
茶道部
将棋部
写真部
囲碁部
鉄道研究部
漫画研究部
オーケストラ部
クラシックギター部
フォークソング部
コンピュータ研究部
弁論部
陸上競技部
水泳部
バレーボール部
バスケットボール部(男・女)
サッカー部(男・女)
卓球部
野球部
全国高等学校野球選手権大会出場6回
第17回(1931年)、第18回(1932年)、第21回(1935年)、第22回(1936年)、第32回(1950年)、第35回(1953年)
ソフトテニス部
柔道部
剣道部
弓道部
山岳部
ラグビー部
全国高等学校ラグビーフットボール大会出場2回
第66回(1986年), 第71回(1991年)
テニス部
バドミントン部
空手拳法玄気道部
ダンス部
ソフトボール同好会
クイズ研究同好会
盤上遊技研究同好会
グローバルサイエンス同好会
中学
陸上競技部
柔道部
バレーボール部(女子のみ)
サッカー部(男・女)
剣道部
ソフトテニス部
書道部
音楽部
美術部
歴史研究部
卓球部

交通アクセス
JR本千葉駅徒歩12分
千葉都市モノレール県庁前駅徒歩9分
京成千葉線千葉中央駅徒歩20分
京成千葉線千葉寺駅徒歩20分

関係者一覧
教職員
浅間茂(生物科:生物学者、クモ研究の権威)
浅見錦龍(書道科:書家)
畔上賢造(英語科:宗教家、キリスト教独立伝道者)
黒須重彦(国語科、古文・漢文:中国文学者、源氏物語研究、元大東文化大学教授)
種谷扇舟(書道科:書家)
那珂通世(東洋史学者、東京高等師範学校教授)
西村房太郎(教育家、 東京府立第一中学校校長)
根本治(英語科:英米文学研究、元青山学院大学文学部英米文学科教授)
藤井剛(公民科:『詳説政治・経済研究』(山川出版社)執筆者)
堀江正章(美術科:画家)
吉井哲(地歴科:日韓研会長)
宮負丁香(書道科:書家)
安田勲(英語科:自由民権運動家、 立憲改進党衆議院議員)
出身者
政治
石井菊次郎(貴族院議員・子爵、外務大臣、駐米大使 / 石井・ランシング協定締結者)
臼井日出男(元衆議院議員、防衛庁長官、法務大臣)
門山宏哲(衆議院議員)
川口為之助(元千葉県知事、参議院議員、千葉日報社長)
川崎卓吉(官僚、政治家、広島中学より編入)
神崎武法(元衆議院議員、郵政大臣、公明党元代表)
木内重四郎(朝鮮総督府農商工部長官、貴族院議員)
志位和夫(衆議院議員、日本共産党中央委員会幹部会委員長)1973年卒
始関伊平(元建設大臣)
菅野儀作(元参議院議員、自民党)
鶴岡啓一(自治大臣官房審議官、前千葉市長)
鳥居一雄(元衆議院議員、公明党)
沼田武(元千葉県知事)
行政
根本好教(皇宮警察本部長)
佐藤徹(大蔵省証券局長(1983年6月 - )、金融自由化問題たけなわの任期中に逝去)
羽山正孝(サハリン石油ガス開発社長、中小企業庁次長)
浜野弥四郎(台湾総督府技師、日本統治下台湾の上下水道整備に貢献)
日原洋文(内閣府防災担当政策統括官)
財界
佐藤脩(JFE商事ホールディングス社長)
鳥海巌(元丸紅社長)
花田力(京成電鉄第10代社長)
町田公志(リクルートコスモス(現 コスモスイニシア)社長)
綿貫弘一(京葉銀行会長・前頭取)
石井俊昭 (千葉銀行元会長、千葉商工会議所会頭`)
学者
飯高茂(理学博士(東京大学)、学習院大学理学部教授、日本学士院賞受賞、数学)
石居康男(Ph.D(コネティカット大学)、神田外語大学教授、英語学)1977年卒
井上純一郎(薬学博士(東京大学)、東京大学医科学研究所教授、分子発癌分野)
市原昌三郎(一橋大学名誉教授、行政法)
大河内一雄(九州大学名誉教授、免疫血清学、ウイルス学)
大島巌(日本社会事業大学教授)1974年卒
太田順(博士(工学)(東京大学)、東京大学人工物工学研究センター教授)1983年卒
大貫静夫(東京大学大学院人文社会系研究科教授)1971年卒
大豆生田稔(東洋大学文学部教授、日本近代史・農業史)1973年卒
大村敦志(東京大学大学院法学政治学研究科教授、民法)1977年卒
落合英二(薬学者、薬化学者)
海保博之(東京成徳大学応用心理学部福祉心理学科教授、元筑波大学大学院人間総合科学研究科教授、元筑波大学附属高等学校校長、認知心理学)
加瀬公夫(経営学博士(英マンチェスター大学)、IESE経営大学院)
加瀬和俊(農学博士(東京大学)、東京大学社会科学研究所教授)1968年卒
片桐新自(関西大学教授)1974年卒
加藤一郎(元早稲田大学理工学部機械工学科教授、元日本ロボット学会会長、ロボット工学)
加藤千幸(博士(工学)(東京大学)、東京大学生産技術研究所教授)1977年卒
金子建志(常葉学園短期大学音楽科教授、音楽評論家、音楽学)
兼田敏之(工学博士(東京工業大学)、名古屋工業大学大学院工学研究科教授)1979年卒
北川哲雄(博士(経済学)(中央大学)、青山学院大学大学院国際マネジメント研究科教授)
桑田繁樹(博士(工学)(東京大学)、東京工業大学大学院理工学研究科准教授)1988年卒
児玉谷史朗(博士(社会学)(一ツ橋大学)、一橋大学大学院社会学研究科教授)1973年卒
近藤和彦(東京大学名誉教授、イギリス近代社会史・文化史)1966年卒
柴内康文(東京経済大学教授)1989年卒
白鳥庫吉(東京帝国大学文科大学史学科教授、邪馬台国北九州説を主張、東洋史)
末松誠(医学博士(慶應義塾大学)、慶應義塾大学教授)1976年卒
鈴木右文(九州大学教授)1982年卒
園田茂人(東京大学大学院情報学環・東洋文化研究所教授)1979年卒
祖父江義明(理学博士(東京大学)、東京大学名誉教授、天文学)
田村正人(歯学博士(東京医科歯科大学)、北海道大学歯学部教授、歯学・生化学)1977年卒
玉田弘毅(明治大学名誉教授、元清和大学教授、民法学)1944年卒
丹下健(博士(農学)(東京大学)、東京大学大学院農学生命科学研究科教授、農学・森林科学、東京大学野球部部長)
長塚真琴(一橋大学大学院法学研究科教授、知的財産法)
西澤道知(博士(理学)(早稲田大学)、文教大学教育学部教授、代数学)1987年卒
西田生郎(理学博士(東京大学)、埼玉大学大学院理工学研究科教授・副学長)1974年
西田治文(理学博士(京都大学)、中央大学理工学部教授)1972年
野呂忠秀(水産学博士(北海道大学)、鹿児島大学教授)1969年卒
林正寿(早稲田大学社会科学総合学術院教授)1961年卒
桧貝勇(工学博士(東京大学)、山梨大学教授)1962年卒
兵藤裕己(博士(文学)(東京大学)、学習院大学教授)
細谷憲政(東京大学名誉教授、人間栄養学)
堀田泉(博士(文学)(東北大学)、近畿大学教授)
増田孝(愛知文教大学学長・人文学部教授、古文書学)
三浦雅弘(立教大学教授)1972年卒
三谷太一郎(東京大学名誉教授、政治学、日本学士院会員、宮内庁参与、文化功労者、文化勲章)
湊純一郎(北海道工業大学工学部名誉教授)
宮城音弥(東京工業大学名誉教授、心理学者)
水野修孝(千葉大学名誉教授、作曲家、音楽学)
毛利秀雄(理学博士(東京大学)、東京大学名誉教授、基礎生物学研究所名誉教授、元岡崎国立共同研究機構長、生殖生物学・動物生理化学)
森川博之(東京大学先端科学技術研究センター教授)1983年卒
渡辺裕(博士(文学)(東京大学)、東京大学大学院人文社会系研究科教授)1972年卒
法曹
草野耕一 (弁護士、東京大学大学院法学政治学研究科客員教授)1973年卒
中村和雄(弁護士、龍谷大学法科大学院客員教授)1973年卒
根岸岳彦(弁護士)1985年卒
水越尚子(弁護士)1986年卒
宮谷隆(弁護士)1984年卒
森川伸吾 (弁護士)元京都大学大学院教授 1987年卒
会計
南村博二(税理士、麻布会計グループ代表、片山さつき政治経済研究所代表取締役社長)1974年卒
宗教]
木下宣世(日本基督教団教師)
中台孝雄(日本長老教会牧師)
原田譲治(日本基督教団教師)1977年卒
文学
天沢退二郎(詩人、紫綬褒章、元明治学院大学文学部フランス文学科教授)
深谷忠記(作家)
海堂尊(作家、病理医)
高瀬文淵(作家、評論家)
高橋文樹(作家)
寮美千子(作家)1974年卒
芸術・芸能
井川耕一郎 (映画監督・脚本家)
すぎやまこういち (作曲家・編曲家)
いしかわこうじ (絵本作家、イラストレーター)
市原悦子 (女優)
板倉鼎 (画家)
伊藤アキラ (作詞家)
上野耕路 (ミュージシャン)
宇津井健 (俳優)
大野隆徳 (画家)
金子聴松 (書家)
川副千尋 (声楽家)
現田茂夫 (指揮者、歌手佐藤しのぶの夫)1977年卒
小出稚子 (作曲家、ピアニスト)
長谷部徹 (作曲家・編曲家、ベーシスト)1973年卒
サエキけんぞう (ミュージシャン、パール兄弟)1977年卒
酒井雅邦 (琴奏者、作曲家、生田流正派大師範)
塩田明彦 (映画監督・脚本家)
鈴木隆之 (建築家、作家、京都精華大学デザイン学部建築学科教授)
高橋郁人 (芸術家)
中庸助 (俳優、声優)
柳敬助 (画家)
山岡秀雄 (編集者、ウイスキー研究家)1977年卒
山川健一 (作家、ロックミュージシャン)
ヨシダプロ (漫画家、イラストライター)
スポーツ
伊藤健太郎(プロ野球選手)
石井秋雄(プロ野球選手)
飯島滋弥(プロ野球選手・監督)
佐々木重徳(プロ野球選手)
石井庄八(レスリング選手、ヘルシンキ五輪バンタム級フリースタイルで優勝、戦後日本初の金メダリスト)
木之本興三(日本サッカーリーグ (JSL) 事務局長)
松崎康弘(日本サッカー協会審判委員長)
マスコミ
笠井さやか(元新潟テレビ21→元千葉テレビ放送アナウンサー)
横澤彪(東京NSC校長、元フジテレビプロデューサー、横浜翠嵐高から編入)
ジャーナリズム
中江利忠(ジャーナリスト。朝日新聞社元社長)
長谷川幸洋(ジャーナリスト、東京新聞・中日新聞論説副主幹)1971年卒
岩田明子(ジャーナリスト、NHK報道局政治部記者兼解説委員)
軍人
石井四郎(陸軍軍医中将、 731部隊の創設者)
大田実(海軍中将、沖縄方面根拠地隊司令官「沖縄県民斯ク戦ヘリ~」)
大野博(海軍少佐)
大橋富士郎(海軍少将、千歳海軍航空隊司令、鹿島海軍航空隊司令、第552海軍航空隊司令。)
奥山道郎(陸軍大佐、義烈空挺隊長)
その他
太田竜(思想家)



人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

同窓会代行 プロデューサーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。