2016-10-06 14:42:33

ミライモンスター:細川楓君

テーマ:夢をつかんだ人の話

今週日曜日(10月9日)11時15分~45分のフジテレビで放映される、

ミライモンスターに弊社のサポート選手である細川楓君が特集されます。

http://www.fujitv.co.jp/miraimonster/

 

楓君は、2013年にバルサキャンプMVP、その後2015年にサッカーサービスキャンプMVPとなり、MVP特典で参加した海外の大会でプレーしているところをたまたまイニエスタの妹さんがご覧になっていて、その際に撮影していた映像をイニエスタ選手に見せたところ、イニエスタ直々に「ぜひイニエスタキャンプに招待したい」と声をかけられた選手です。

 

 

その後、U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジでバルサと対戦したりと現在非常に注目されている選手ではありますが、プレーだけではなく、チームメートを引っ張っていく姿勢を含め、人間的魅力をぜひ見ていただければと思います。

 

バルセロナキャンプMVP特典で招待されたときの写真

 

 

とはいえ、放送では、イニエスタの自宅に招待されたときの話しなどは華麗にスルーされてました。 笑

 

ワールドチャレンジ街クラブ選抜での対バルサU-12

http://www.fujitv.co.jp/miraimonster/

 

AD
2016-09-04 11:02:54

イヨハ 理 ヘンリー君サンフレッチェ広島トップチーム昇格!

テーマ:夢をつかんだ人の話

先日、めちゃくちゃ嬉しいニュースが飛び込んできました。

 

イヨハ理ヘンリー選手(サンフレッチェ広島ユース)プロ契約締結のお知らせ

http://www.sanfrecce.co.jp/news/release/?n=9915

 

ヘンリー君は、2011年のミランキャンプでMVPとなり、ミラノへ招待されました。13歳のヘンリー君の初海外に僕が同行したのですが、ほんとに礼儀正しく、人間性が素晴らしい少年でした。

http://ameblo.jp/aslj/entry-11074507161.html

http://ameblo.jp/aslj/entry-11082475967.html

 

その後、2年前にバルサスクールが小牧の大会に出場した際には、ホテルまで挨拶に来てくれたりしていたのですが、なかなかヘンリーの試合が見られずにいましたが、今年プレミアの東福岡戦を観戦することができ、成長ぶりを見て嬉しくなった矢先のプロ昇格のニュース。嬉しかったです。

 

ここからがスタート。プロの世界は甘くないけど、がんばれ、ヘンリー。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-08-29 19:46:00

和田達也君が松本山雅に入団内定!おめでとう!

テーマ:夢をつかんだ人の話
今日、すごくうれしいニュースが飛び込んできました。

大阪の興国高校の和田達也君がJ2松本山雅入団内定したとのことです!
おめでとう!!
http://www.yamaga-fc.com/news/2012/08/29/1346232428498.html  


和田君は、2011年、2012年と弊社がアレンジした興国高校のスペイン遠征の際に
サッカーサービス社のクリニックで高い評価を受けました。
http://ameblo.jp/aslj/entry-11105484467.html 


その後、今年の4月にはカタルーニャU18でFCバルセロナやエスパニョールなども所属する
ディビシオン・デ・オノールリーグに所属するマタローに練習参加し、この年代の1部リーグでも活躍できると評価され、その際にはサッカーサービス社のコンサルティングを受け、下記ブログでも紹介しました。
http://ameblo.jp/aslj/theme-10053242841.html 


和田君は、フィジカルが強いわけではありませんが、サッカー選手として最も重要な「見る」という部分とポジショニングが非常に優れた、サッカーインテリジェンスの高い選手です。 松本山雅での活躍に期待しています!こういう選手が日本でも評価されたということが僕自身もすごくうれしく思います。

TATSUYA





AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2012-05-22 01:26:51

山形に旅立つT君の話

テーマ:夢をつかんだ人の話

現在僕はヒューマンアカデミー東京校で欧州サッカーマーケティング実践講座という講座を受け持っています。半年かけて2時間の授業を24回行う講座ですが、この講座受講生からヴェルディ、電通、サニーサイドアップなど、スポーツ業界に就職する人が少しずつでてきました。


そして、この3月に修了した受講生からもT君がモンテディオ山形に就職が決まったとの報告を受け、昨日ヒューマンアカデミーの生徒とともに祝勝会を行いました。

今回モンテディオに決まったT君は何か特別なスキルがあったわけではないのですが、学ぶ意欲と一度アドバイスしたことに対しての吸収能力が非常に高く、教えている立場からすると教えがいのある生徒でした。


昨日の祝勝会では、モンテディオで何か新しい取り組みを行なっていきたいという彼のやる気と、すでに考えているいくつかのアイデアを聞き、自分のことのように嬉しく思いました。


今後、T君を通じて、モンテディオとも何か取り組みができればなーと勝手に思っています。笑  といっても全然山形のことわからんのですがね。



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2010-04-25 00:12:12

日本人選手が国際大会でMVPその4

テーマ:夢をつかんだ人の話
3位決定戦は予選グループでも対戦したフランスのランス。
すでに6試合(15分 x 6本)もこなしていた選手たちはかなり
疲れが見えていました。(そりゃ、8歳ですから。)


さらに準決勝での敗戦のショックで動きが固い。
とはいうものの地力には差があり、1-0での勝利。
これでバルサチームは3位が決定しました。


決勝は、フェイエノールド対スタンダールリエージュ。
スタンダールリエージュも好チームでしたが、フェイエの
あの体格、パワー、スピードは反則です。笑


結局、フェイエノールドが優勝、準優勝にスタンダール
リエージュ、3位ばFCバルセロナ、4位がランスとなりました。


この大会の表彰式は、順位トーナメントに参加したチーム
を全チーム表彰するというものでした。


16位からチームごとに読み上げられ、前にでていってカップ
をもらっていくのですが、途中で、バルサコーチのオスカル氏
が、「タケフサが、MVPらしいよ。主催者が教えてくれた。
タケには言うなよ。」と耳打ちしてくれました。


得点王があれば、得点王にはなってるかなとは思ってましたが
まさか、MVPとは。。


そして、表彰の瞬間。
まだ8歳ですが、ヨーロッパの名門チームが多数参加する
国際大会でMVPをとるというのは、そう簡単にとれるもので
はないです。


$欧州サッカークラブとの仕事を語るブログ-MVP
ゴールデンブーツ。

$欧州サッカークラブとの仕事を語るブログ-trofeo


僕が今大会の久保君を見ててとりわけ評価できるのが、
日本人チームで参加した選手が大会のMVPをとったわけでは
なく、1人の日本人が、バルサの選手として参加した大会
でMVPをとったということです。


バルサの選手たちは、常にコーチから母国語で指導を受け、
どのようなプレーをしたらいいか、バルサのサッカーとはどのよう
なサッカーかなど、常にインプットされてきている選手たちです。


そんな中久保君は、はじめてバルサの選手としてプレーしました。
コーチの指示はわからない、チームメイトとのコミュニケーションも
片言でしかとれない。さらに食事も違えば、生活習慣も違う
環境に身をおきながら、MVPという結果を残したことが素晴らしい
と思います。


欧州では、12歳までにその選手がプロとしてやっていけるかどうか
がわかると言われています。久保君には12歳までに欧州のスカウ
トの目にとまるレベルに達することができるようになってもらいたい
ですし、それに向けてのフォローができればと思います。


ここでは具体的には記載しませんが、この子は伸びるなと思った
エピソードが多々あります。それはサッカーに取り組む姿勢であり、
この年齢で自分自身を客観視できていること、メンタルの強さなどです。


今回、ベルギーに同行したことで、僕の中でもいろいろなことが
見えました。


僕がサッカー業界の仕事に携わりはじめたのは、2003年7月です。
それから7年近くがたとうとしていますが、これまで自分は何のために
この仕事をしているんだろうとか、なんかの役にたってるんだろうかと
か、考えることがありました。

自分はサッカー選手としては、全然成功した選手ではありませんでした。

小学校時代、中学校時代、自分に何が足りなくて、何が評価され
ているかも全くわかりませんでしたし、 何をすればサッカーが
うまくなるのかももちろんわかりませんでした。 今思えば、当然です。
コーチでさえ何がいいサッカーなのか、どういう風に教えたらいいかわ
かってなかったのですから。


僕は、小中学生時代、こういう風に誰かに導いてほしかった、こういう
世界を見せてほしかったという、今だから感じる想いというのが自分には
あります。


そして今、自分は誰かを導けることができるかもしれない立場にいます。
かつて自分が体験したような思いをする選手が一人でも少なくなればと
思いますし、可能性のある選手には、その可能性がどんどん大きく
なるような手助けをできればと思っています。


今回の経験で、自分のやってきたこと、考えていること、意味がある
ことなんだと認識できました。本当にこの仕事をやっててよかったと
思いました。


私見ですが、僕は日本のサッカーが世界に通用するためには、
指導者も選手もどんどん海外にでて、世界のサッカーを肌で
感じ、いろんなサッカーを日本に還元することが必要だと思って
います。


サッカーというのは、料理の世界に似ていると思います。
例えば、本物のフレンチのシェフになろうと思えば、やはりフランスで学び、
本物のフランス料理をとにかく食し、勉強しないと無理だと思います。


僕は、本場のフランス料理を食べたことのないシェフが作るフランス
料理を食べたいとは思いません。


サッカーでも同じことがいえると思います。日本だけでサッカーを
完結させてしまい、それでよしとしている世界はおかしいと思いませんか?


サッカーの本場は欧州です。
本場のものを学ばずして、本場に近づくことはできないと思います。


「日本で学べることもある」とおっしゃる方が結構いますが、
間違ったことを教えられ続けたら、時間の無駄どころか、マイナスです。


実は日本サッカーの指導方法がおかしいということは、指導者よりも
子供たちのお父さん、お母さん達が気付きはじめています。


僕はサッカー界のこの現状をなんとかしたいと思っています。
ただ、何かを変えるには、自分の考え方が正しいことを証明する必要
があります。近い将来、バルサキャンプから巣立った選手が欧州の
ビッグクラブでレギュラーをはる選手になってくれればいいなあと思いつつ
今回のレポートを終了します。




















いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2010-04-21 19:24:31

日本人選手が国際大会でMVPその3

テーマ:夢をつかんだ人の話
長らくお待たせしました。
ベルギー国際大会決勝トーナメントです。

前回までのブログを読まれてない方には簡単に
概要を説明します。

2007年から開催しているFCバルセロナキャンプ。
現地バルセロナからFCバルセロナスクールコーチを
招聘し、日本の6歳~13歳までの子供たちに
バルセロナメソッドを教えています。

2007年 : 横浜
2008年 : 横浜、神戸
2009年 : 横浜、神戸、福岡

と開催しておりまして、毎年キャンプのMVPを
ヨーロッパで行われる大会にFCバルセロナスクール
選抜の一員として、大会に招待しております。

つまり、バルサのユニフォームを着て、バルサの選手
としてプレーできるわけです。

バルサの現地スクールには300名以上の生徒が
おりまして、その中から学校が休みの期間に、
選抜チームを組み、ヨーロッパ中の国際大会に
参加しています。そして、バルサキャンプの優秀選手
には、そこに帯同してもらおうという企画です。

去年まで、毎年1名ずつ招待いたしましたが、
突然スペイン人の中に一人で放り込まれ、通訳も
なければ、食事も違い、さらに親元を離れている
ということもあって、本来の自分の力をなかなか
出せませんでした。


そんな中、今年の招待選手である久保君は、
これまで2回にわたり、ベルギーの国際大会に参加
した久保君のプレーをレポートしたとおり、
大活躍をいたしました。


今回は、そのベルギー国際大会レポートの3回目
です。


ベスト16の相手は、シャルケのいるグループを
突破してきた、ベルギーのRAEC MONSというチーム。


この試合でも久保君は1ゴール。
前回までのゴールとほぼ同じ形でのゴール。
自分の形を持っているのが強みです。

試合は1-0でバルセロナの勝利。

$。-best16

。-best16b

。-best16c

。-best16d


準々決勝の相手は、ベルギーの名門アンデルレヒト。
このチームは2人ほど、足元のしっかりした黒人選手
がいてかなり強かったです。展開力はバルサ以上でしたね。

結構おされていたのですが、カウンターから2点を
とり、2-0でバルサの勝利。久保君は1アシスト
でした。

$。-アンデルレヒト


準決勝は、オランダのフェイエノールド。
この大会では別格のチームでした。
U9の大会なのに、日本の小学校6年ぐらいの体格
してましたね。完全にパワーで負けてました。
結果は、0-3。このチームとは10回やっても勝てな
いんじゃないかと思いました。


久保君もボールに触れる機会がほとんどなく、
何もできませんでした。


。-feye2

。-feye

↓ 決勝の写真ですが、元フェイエのファンホーイドングみたいすね。
$。-final


次回は、3位決定戦と表彰式、
そして、今回の遠征の総括です。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-04-12 03:29:34

日本人選手が国際大会でMVPその2

テーマ:夢をつかんだ人の話
みなさん、お待たせしました。
レポートその2です。


今回の大会では、FCバルセロナは、アトレティコ
マドリーと同宿でした。僕も同じホテルに泊まって
いたのですが、たまたまアトレティコの選手と選手
の間の部屋になったため、まあ、うるさかったです。笑

当日は、朝9時にブリュッセル市内のホテルから、
車で10分程度のSTADE CHAZALという場所に向い
ました。


32チームでの大会なので当然たくさんのギャラリーが
来るとは思ったのですが、ちゃっかり入場料が設定さ
れていて、6ユーロとられました。サッカービジネス的
な観点でいくと、観客がざっと400名程度、スポンサー
が全部で1000万程度でしょうかねえ。そして、招待
チームが13チームで、飛行機を利用しての参加は4
チーム程度なので、交通費、滞在費を考えても利益は
でてるんじゃないでしょうか。


試合は、4チームに分かれてのリーグ戦。その後順位
トーナメントで、最低でも6~7試合。1試合は15分
1本でした。バルサチームの父兄の皆さんからは、
全後半やらないとサッカーの醍醐味が味わえないと
言っていました。確かにそうだと思いますねえ。


バルセロナスクール選抜は、G組。
同組には、スポルティング・ロケレン(ベルギー)、
RCランス(フランス)、AFC TUBIZE(ベルギー)。


1試合目は、RCランス(フランス)。フランスからの
招待チームです。前日もそうですが、この試合も初戦
はチーム全体がかたかったです。

$欧州サッカークラブとの仕事を語るブログ-RCLENS

$欧州サッカークラブとの仕事を語るブログ-RCLENS2
左サイドから切り込んでのクロス。

試合は1-0。ダニのゴールでバルサの勝利でした。


2試合目は、AFC TUBIZEというベルギーのチーム
です。招待チームではないベルギーのチームは基本的
に予選を突破しての参加となっているようです。


この試合、久保君は、なんとハットトリックを記録し
ます。15分1本ですので、5分に1点。決定機はたしか
4回ぐらいはあったとは思います。

試合は、3-0でバルサの勝利。


$欧州サッカークラブとの仕事を語るブログ-AFC


3試合目、ベルギーの招待チーム、SPORTING LOKEREN
です。この試合でも久保君は、2ゴール。
試合は2-0でバルサの勝利。これで3勝で決勝トーナ
メントに進出です。


大会のカメラマンが久保君のシュートの連続写真をおさ
めていたので、ご覧ください。なんとなくプレースタイル
がわかるのではないでしょうか。


久保君の最も優れているところはこの年にして自分の
ゴールの形があること、ゴール前での落ち着き+決定力
です。決定機が3回あれば、2回は必ずゴールを決めて
いました。

逆に今後の課題としては、ボールがないときにゆっくり
歩きながらでもポジションの修正をしていくのではな
く、ボールウオッチャーになってしまうときがあると
いうことでしょうか。

選手のタイプとしては、前線で動きまわるボージャンタ
イプではなく、運動量は多くないながらも、よいポジショ
ニングから、足元にボールを受け、ドリブルもしくは
パスで切り崩し、確実に相手のゴールマウスをこじあける
メッシタイプの選手だと思います。


1ゴール目。
欧州サッカークラブとの仕事を語るブログ-Lokeren3

$欧州サッカークラブとの仕事を語るブログ-lokeren

$欧州サッカークラブとの仕事を語るブログ-Lokeren2

$欧州サッカークラブとの仕事を語るブログ-Lokeren4

欧州サッカークラブとの仕事を語るブログ-Lokeren5

欧州サッカークラブとの仕事を語るブログ-Lokeren6

欧州サッカークラブとの仕事を語るブログ-Lokeren7

欧州サッカークラブとの仕事を語るブログ-Lokeren8

欧州サッカークラブとの仕事を語るブログ-Lokeren9

欧州サッカークラブとの仕事を語るブログ-Lokeren10

欧州サッカークラブとの仕事を語るブログ-Lokeren11

欧州サッカークラブとの仕事を語るブログ-Lokeren12

欧州サッカークラブとの仕事を語るブログ-Lokeren13


2ゴール目


欧州サッカークラブとの仕事を語るブログ-gol

欧州サッカークラブとの仕事を語るブログ-gol2

欧州サッカークラブとの仕事を語るブログ-gol3

欧州サッカークラブとの仕事を語るブログ-gol4

欧州サッカークラブとの仕事を語るブログ-gol5

欧州サッカークラブとの仕事を語るブログ-gol6

欧州サッカークラブとの仕事を語るブログ-gol7

欧州サッカークラブとの仕事を語るブログ-gol8

欧州サッカークラブとの仕事を語るブログ-gol9

欧州サッカークラブとの仕事を語るブログ-gol10


決勝トーナメントへ続く。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-04-06 17:58:49

日本人選手が国際大会でMVPその1

テーマ:夢をつかんだ人の話
ブリュッセルで行われたU8のRUSAS CUPを終え、
バルセロナに戻ってきました。今日1日は、バルセロナ
に滞在し、明日の早朝バルセロナを発ちます。

残念ながら、チャンピオンズのアーセナル戦は見ら
れませんが、今回ベルギーで得た経験、目にしたも
のは、自分の人生にとってかけがえのないものにな
りました。


記憶が薄れる前に書いておかねばと思いつつブログを
書いています。


先日のブログでも書きましたが、今回ベルギーに来た
のは2009年バルセロナキャンプのMVPである久保君が
バルセロナスクール選抜の一員として参加することに
なったU9国際大会に同行するためでした。


毎年開催しているバルセロナキャンプでは、キャンプ
の中から1名を選び、ヨーロッパで行われる大会招待して、
バルセロナの選手としてプレーできるチャンスを提供して
います。昨年、一昨年の選手は、バレンシアで行われた
大会に参加しました。


バルサキャンプのMVPは、毎年年齢が違うため、MVPの
子の年齢に合わせた大会を選びます。冬もしくは春にはた
くさんの大会が開催されるため、バルセロナ側から、年齢
にあった大会のリストをもらい、その中から日程的にはま
る大会に参加できるよう調整してもらうという段取りを踏
みます。


今回は、ちょうど3月末にベルギーで開催されるRusas Cup
という大会がありました。大会には、マルセイユ、リヨン、
フェイエノールト、アトレティコマドリー、ケルン、シャルケ、
ゲンク、アンデルレヒトなどなどヨーロッパの名門クラブの
“下部組織”が多数参加する大会にバルセロナスクール選抜
としてバルセロナは参加しました。

$欧州サッカークラブとの仕事を語るブログ-整列




大会は、1日。8人制のサッカーで、32チームを4グループに
分けたリーグ戦を行います。1試合は15分、その後順位トーナ
メントがあり、どのチームも最低6試合は戦えるというレギュ
レーションになっています。


4月の2日にバルセロナを出発したチームは、4月3日にプレ大会
ともいえる練習試合をこなしました。

この試合も8人制で15分1本。
チームは12人で遠征しているので、キーパー2人を除いた
フィールドプレーヤー10人のうち必然的に2人を常に入れ
替えながら戦うことになります。

1試合目は対マルセイユ

日本から参加した久保君は、1試合目はスタメンではあり
ませんでしたが、チームが前半早々に2点を失うと、さっ
そくピッチに入り、その後流れが急にバルサへと傾きます。
ただ、その後はスコアは動かず1試合目は0-2で敗戦。


FCバルセロナ 0ー2 マルセイユ


以下、6試合の結果 :

FCバルセロナ 3-0 ディエジェム (久保君3点)
FCバルセロナ 2-0 オリンピックリヨン (久保君1点)
FCバルセロナ 0-0 アトレティコマドリード
FCバルセロナ 2-1 FCサンジョゼ(久保君2点)
FCバルセロナ 2-0 FCメッツ(久保君1アシスト)
FCバルセロナ 0-1 シャルケ


上記を見ていただければわかるとおり、なんと、チーム
総得点9点のうち、6ゴール1アシストと、7ゴールに
絡む大活躍でした。


久保君は、ベルギーの大会の前にバルセロナで行っていた
練習試合では、25分ハーフ3試合で11ゴールをあげていた
ので、もちろん期待してはいたのですが、ヨーロッパの
強豪クラブの下部組織ということもあって、どれほどやれ
るか心配していたのですが、圧巻の一言でした。


とくに目を見張るのは決定力で、チャンスが2回あれば、
1回はゴールネットを揺らすという、どこかの代表チーム
も見習ってほしいぐらいの決定力で、一番素晴らしいのは、
この年ですでに自分のゴールの形というのを持っているという
ことです。


$欧州サッカークラブとの仕事を語るブログ-試合前

$欧州サッカークラブとの仕事を語るブログ-試合





2日目に続く。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2010-04-02 19:16:50

Rusas Cupにバルサキャンプ2009優秀選手が参加

テーマ:夢をつかんだ人の話
ブリュッセルに来てます。
4日にFCバルセロナのスクール選抜チームが参加する、
国際大会SODEXO EUROPEAN RUSA CUPが開催されます。

この大会に2009年バルセロナキャンプの最優秀選手である
久保建英君がバルサスクール選抜チームの一員として参加
します。

大会参加チームは、マルセイユ、オリンピックリヨン、
フェイエノールト、ケルン、シュツットガルト、リール
シャルケ、スタンダールリーエジュ、アトレティコマドリー
などなどの下部組織です。


そろそろ、バルセロナからチームを乗せた便が到着する
ころです。今日の夜打ち合わせをして、明日はおそらく
軽い練習で、4日が大会です。


へたくそですが、試合の写真とビデオをとり、今年の
バルサキャンプのサイトでアップしようと思います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-09-08 17:40:02

バルセロナ:コルネヤにサッカー留学

テーマ:夢をつかんだ人の話

今年3月に当社で企画していたFCバルセロナキッズツアー

に参加した岡田祥慶君が、バルセロナのコルネヤという

クラブチームに入団しました。


いきさつなどについては、ジュニアサッカーを応援しよう

に彼のインタビューが掲載されていますし、


下記、バルセロナのエージェント植松さんが運営している

アスラック社のアーカイブ に日々の日記が掲載されていま

すので興味のある方はぜひご覧ください。


バルサキッズツアーでスペインに行った際には、バルサ

コーチからの評価が高かったということもあって、帰国

されてから、植松さん経由でエスパニョール、エウロパ、

コルネヤのテストを受けたとのことです。


コルネヤといえば、当然バルセロナ、エスパニョールには

かないませんが、現地でも強豪チームのうちの一つです。


これからどういった成長を見せてくれるか楽しみです。

僕も現地に行く時には練習を見学しに行きたいですね。


バルセロナキッズツアーは当初選手を現地に送り込む

目的で企画したものではないのですが、彼は夢への

入口に到達したわけですから、非常にうれしいですし、

これからもこういった形で、現地で挑戦したいという子供

たちに機会を提供できればなと思っています。




いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。