テーマ:
子育て:子供の安全は夏休みから

 
 「重そうだな~」

 「・・・」

 「もうすぐ夏休みなんだな?」

 「・・・」

 「夏休みはいつからだい?」


先日、たくさんの荷物を抱え、ダラダラと歩いている小学校低学年の男の子を見かけました。

重そうな荷物の一部はコンクリートを引きずっています。
夏休み直前のこの時期は、こうした子供達をよく見かけます。

そこへ、元気のよい初老の男性が追いつき、少年に声をかけました。
男性は見るからに、近所の人という感じの方です。
辛そうな子供の様子に、可愛さからつい声をかけたのでしょう。

しかし、少年はどの声がけにも応えることはせず、あれほど一歩も歩きたくないような歩調だったのに、徐々に速度を速め、しまいには逃げるように走り去って行きました。

子供達が事件に巻き込まれることが後を絶たない昨今です。知らない人に声をかけられても話してはいけない。急いで逃げなさい。親から耳にタコができる程教え込まれていることでしょう。

一方、子供の安全は地域から、と銘打って取り組みを始めている地域の大人達も存在します。地域の大人達が、声をかけ合って子供を犯罪から守ろうとしています。

しかし、こうした光景を目の当たりにしますと、その矛盾に一番戸惑いを感じるのは子供達自身ではないでしょうか?

地域には、顔見知りの大人が少ない中で、子供達にその見極めができるのでしょうか?

私も、一人のおばさんとして、というより、おばさんは時によく子供に話しかけます。が、この初老の男性と少年を見かけた時に、実はゾオッとしました。

誰が良い人で、誰が悪い人か?
この人は近所の人なのか?それとも恐い人なのか?

子供達にしてみたら、話しかけて来る知らない大人はみんな悪い人・・・。
~なのかも知れません。


それでは子供の心の健康に良くありません。社会の大人には善良な人はたくさんいます。現に子供達を守ろうとしているのですから。なので、常日頃から子供達にそうしたことをわからせておく必要があると考えさせられました。

それには、子供と地域を歩く時に、やはり親自らが近所の人と挨拶を交わしていることがとても大事なことだということです。

親が挨拶をしたなら、子供もその場で挨拶ができ、そのおじさんやおばさんのことを覚えます。そうすれば、その後子供が一人の時でもそのおじさんやおばさんに挨拶ができるでしょう。

こうした当たり前のことではありますが、地道に行っていくことこそが、地域の協力を得、子供の安全を守ることにつながるものと信じます。

夏休みは、親子で外出する機会が多くなるかと思います。この機会に隣近所の大人の方たちと、先ずはご挨拶から始めていって欲しいものです。





◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ お願い ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

直接、当ブログのメッセージ欄へ悩み相談をお寄せくださる方がいらっしゃいますが、当方は他のクライアントさんとの公平性を保つ考えから、当ブログ内での悩み相談への対応はいたしておりませんのでご了承ください。
            
            ASKA相談室   森 あすか

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



AD
いいね!(108)  |  リブログ(0)

テーマ:

子育て:【なんでもいい】

 「おなかすいたね
 さあ、なににする?
 好きなもの えらんで」


 「わあ!おいしそう
 あ、これがいい
 フルーツパフェ!」

 「ダメよ、おやつじゃないのよ
 お昼ごはんなんだから」

 「じゃあ、
 ハンバーグ!」

 「それ、
 昨日の夕飯に食べたでしょ」

 「そっか、
 じゃあ、カレーライスは?」

 「カレーは
 明日の給食ででるからダメ」

 「じゃあ
 ラーメン、みそラーメンがいい」

 「この暑いのに ラーメン?
 ふざけないでよ!」

 「ん~」

 「早く決めなさい!
 いったいなににするの?!」

 「・・・」

 「まったく
 はっきりしない子ね!」

 「・・・」

 「なににするの?!」

 「・・・なんでもいい」






◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 読者限定メールカウンセリング ◇◆◇◆◇◆◇◆

【 お問い合わせメールアドレス:support@askaroom.com 】

悩み相談をご希望の方は上記メールアドレスへ直接お問い合わせください。
メールカウンセリングは有料です。追って詳細をご連絡させていただきます。

直接、当ブログのメッセージ欄へ悩み相談をお寄せくださる方がいらっしゃいますが、当方は他のクライアントさんとの公平性を保つ考えから、当ブログ内での対応はいたしておりませんのでご了承ください。

            ASKA相談室   森 あすか

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




AD
いいね!(3)  |  リブログ(0)

テーマ:


子育て:本、逆さだよ


子育て中のみなさん、こんにちは。

今日は面白いお話をしたいと思います。


『子どもに読書習慣を身につけるためには、ただ「本を読みなさい」だけではいけません。親もその姿勢を示さなければ・・・』

ということを、折に触れて子育て中の親御さんに伝えているのですが、あるお母さんが、それはそうだと思い、早速実行をしたのだだそうです。

日常に振り回されて、読書から遠のいていたのですが、久々に本屋さんへ行き、小説なるものを、これまた久しぶりに買って帰ったそうです。

新しいことを始めるのは、きっかけが子育てであったとしても、素直に嬉しいもので、帰宅すると、取る物も取り敢えず、買って来た本を開きながら顔がほころんできたと言います。

そして、当然のことながら夢中で読み進んでしまったそうです。

ところが、久しぶりの活字と買い物の疲れからか、いつの間にかうとうとと眠ってしまったのです。これもよくあることですよね。

しばらくして子どもが学校から帰って来ました。玄関の扉が開く音に驚いて目が覚め、自分が本を読んでいたことに気づきました。

玄関からこちらにやって来る子どもの足音がだんだん近づいてくるのを聞きながら、落ちてしまっていた本を拾い上げ、「そうだ、子供に親の読書する姿を示さなければ!」と、本を手にしてドアを開ける子どもを迎えました。

「あ、おかえりなさい。お母さん、本読んでいたから気がつかなかったわ。早かったのね」
と、にっこりとさりげなく、そして毅然と子どもに声をかけたそうです。

が、・・・子どもからの一言。

「お母さん、本、逆さまだよ」


「かっこう悪いったらなかったです」と話してくれました。なんともバツの悪い、気の毒なお話ですが、それでもそのお母さんは読書を続け、子どもはお母さんの隣で本を読むことが増えたということです。


大分前のお話なのですが、なぜか今日ふと思い出しました。

そんな話しを聞いてからは、『子どもに読書習慣を身につけるためには、ただ「本を読みなさい」だけではいけません。親もその姿勢を示さなければ・・・』の後には、必ず「くれぐれも本を逆さにしないように(笑)」と付け加えています。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 読者限定メールカウンセリング ◇◆◇◆◇◆◇◆

【 お問い合わせメールアドレス:support@askaroom.com 】

悩み相談をご希望の方は上記メールアドレスへ直接お問い合わせください。
メールカウンセリングは有料です。追って詳細をご連絡させていただきます。

直接、当ブログのメッセージ欄へ悩み相談をお寄せくださる方がいらっしゃいますが、当方は他のクライアントさんとの公平性を保つ考えから、当ブログ内での対応はいたしておりませんのでご了承ください。

            ASKA相談室   森 あすか

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



AD
いいね!(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
【ママは魔法使い】

 ハアッ! ハアッ!

 「ママー!
 ハイ これ!」


 ああ・・・ぐったりしてる
 たんぽぽ 枯れちゃったの?

 落とさないように しっかりもって
 枯れちゃわないよう 走ってきたのに

 「・・・」

 「かわいいわね ありがとう
 こんなにたくさん くれるの?」

 「でも ・・・」

「だいじょうぶよ」

 枯れているのに
 ママは ニコニコうれしそう

 たんぽぽを コップにさして
 汗と涙の顔を拭いてくれた

 「かわいいたんぽぽ 
 たくさん ありがとう」

 「・・・」 

 「ほら 見てごらん」

 「あっ! 咲いてる!
 生き返ったの? たんぽぽ!」

 すごいねママ!
 ママって 魔法使いみたいだね!





◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 読者限定メールカウンセリング ◇◆◇◆◇◆◇◆

【 お問い合わせメールアドレス:support@askaroom.com 】

悩み相談をご希望の方は上記メールアドレスへ直接お問い合わせください。
メールカウンセリングは有料です。追って詳細をご連絡させていただきます。

直接、当ブログのメッセージ欄へ悩み相談をお寄せくださる方がいらっしゃいますが、当方は他のクライアントさんとの公平性を保つ考えから、当ブログ内での対応はいたしておりませんのでご了承ください。

            ASKA相談室   森 あすか

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



いいね!(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
子育て:受験とその結果3


そんな言わば、極限状態でお子さんはただ一人闘ってきたわけです。

家庭環境や家族構成等々、お子さんを取り巻く背景は様々かとは思いますが、先ずは闘いからの無事帰還を讃え、その労を労っていただきたいものです。

そして、出た結果とは、他の道のためにあることを伝えていただきたいのです。それが他の学校なのか、あるいはそれ以外のところなのかはわかりませんが、これから選ぶ道にこそ希望があり、これから決めて進む道のためにこの結果が出たのだということを伝えていただきたいのです。

実際、試験に合格せず、別の道で成功を修め幸せな人生を歩んでいる人をたくさん知っています。また、もう一度受験に挑戦して、更に上の学校へ合格したという人もいます。

こうしたことから結果とは、決して物事の終わりを告げるものではなく、新たな道を選ぶチャンスをくれるものなのかも知れません。私も望まない結果に直面し落ち込むことが未だにありますが、結果とは、まだまだ途中なのだから、それに囚われないことと自分自身に言い聞かせたりしているところです。

今、辛い状況に置かれている方には、とても耳にも目にも入らないことかも知れませんが、親自身が先ず、信じて前向きに考えられることが大事です。

何を信じるのか?・・・それは、お子さんの新たな道にこそ希望が待っているということです。親が明るく過ごすことが、子どもの暗い気持ちを晴らすのだと信じることです。

私も、新しい道が見つかることを祈っております。


受験生のみなさん、長い長い奮闘、本当にお疲れさまでした。

そしてサポートに尽くされた親御さんも、大変にお疲れさまでした。





◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 読者限定メールカウンセリング ◇◆◇◆◇◆◇◆

【 お問い合わせメールアドレス:support@askaroom.com 】

悩み相談をご希望の方は上記メールアドレスへ直接お問い合わせください。
メールカウンセリングは有料です。追って詳細をご連絡させていただきます。

直接、当ブログのメッセージ欄へ悩み相談をお寄せくださる方がいらっしゃいますが、当方は他のクライアントさんとの公平性を保つ考えから、当ブログ内での対応はいたしておりませんのでご了承ください。

            ASKA相談室   森 あすか

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


いいね!(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
子育て:受験とその結果2


受験シーズンといっても、学校や地域によってその時期は様々ですので、この記事を読んでくださっている方の様子はわかりません。果たして、もう受験は終わっているのでしょうか?また、その結果も出ているのでしょうか?

さて、発表がなされその結果がわかると言うのは待ち通しくもありますが、心のどこかで恐い気持ちもありますね。残酷にも結果とは、良い結果だけではないからですね。まさか!・・・という信じたくないこともあるからです。

合格した子への対応は、まさに双手をあげて祝ってあげることができますが、甲斐なく合格できなかった子への対応は、どうしていいのかわからないという状況ではないでしょうか。

実際、試験問題というのは、運もありますね。自分の苦手部分が多かったり、せっかく覚えたにも関わらず、あろうことかちょうどその部分だけ真っ白になり思いだせなかったりします。

また、体調もありますね。緊張のあまり前日の夜は眠れなかったとか、当日の朝、暗いうちから目が覚めて、寝なきゃ、寝なきゃとあせったり、ということからの寝不足。またきちんと食事ができなかったなどから、万全な体調とは言えない状態ということもあります。

また、目標として来たことに、いよいよ立ち向かうという緊張や、応援してくれた取り巻きの人たちのこと、とりわけ良い結果を望んでいるだろう親のことを考えると、いろんなことを考えてしまいます。

もちろん、試験が始まればその集中力は発揮されることでしょうが、やはりそれも緊張の渦の中にあることは否めません。


次回へ続く。。。





◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 読者限定メールカウンセリング ◇◆◇◆◇◆◇◆

【 お問い合わせメールアドレス:support@askaroom.com 】

悩み相談をご希望の方は上記メールアドレスへ直接お問い合わせください。
メールカウンセリングは有料です。追って詳細をご連絡させていただきます。

直接、当ブログのメッセージ欄へ悩み相談をお寄せくださる方がいらっしゃいますが、当方は他のクライアントさんとの公平性を保つ考えから、当ブログ内での対応はいたしておりませんのでご了承ください。

            ASKA相談室   森 あすか

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


いいね!(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

子育て:受験とその結果


さて、新しい年がスタートしたかと思いきや、あっという間に一月が過ぎ、凍えるような二月を迎え、暖かい春の訪れが待ち遠しい今日この頃ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

受験、そして結果・・・と、受験生にとっては緊張きわまりない時期ですね。もちろん親御さんも同じ気持ちのことでしょう。

この、受験にまつわる悩み相談も実はありますね。親は心配で心配でたまらないのです。「出来ることなら代わってあげたい」と言いながらも、「私じゃ、代りは出来ないんですけどね・・・」と。

でも、受験についての悩み相談はどちらかというと、結果が出てからの、言うまでもなく良い結果ではない時の、子への対応に困ってのことが多いですね。時折、合格しても別の悩みが起こって来られる方もいらっしゃいます。

みなさんのお子さんはいかがですか?
今は、小学校・中学校・高校・大学だけでなく、幼稚園にもお受験がありますものね。

少子化ということからなのか、あるいは親自身の経験からなのか、子どもには早いうちに受験戦争から解放させてあげたいとの思いが強いためか、受験も低年齢化されてきているようですね。

いずれにしましても、受験は、試験当日だけの問題ではありませんよね。当日を迎えるまでの当人は当然勉強を、親は何かと応援をしながらお互い心の準備をしていきますね。

そして試験当日は緊張をも共有し、当人は100%の力を発揮すべく答案用紙に向かい、親は藁にもすがる思いで祈ります。

そんな一日が過ぎても、その結果がでる日までは気が休まることはありません。誰もが口を閉ざし、ただその日を待ちます。

そして発表の日、その結果がわかります。

次回へ続く。。。





◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 読者限定メールカウンセリング ◇◆◇◆◇◆◇◆

【 お問い合わせメールアドレス:support@askaroom.com 】

悩み相談をご希望の方は上記メールアドレスへ直接お問い合わせください。
メールカウンセリングは有料です。追って詳細をご連絡させていただきます。

直接、当ブログのメッセージ欄へ悩み相談をお寄せくださる方がいらっしゃいますが、当方は他のクライアントさんとの公平性を保つ考えから、当ブログ内での対応はいたしておりませんのでご了承ください。

            ASKA相談室   森 あすか

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



いいね!(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私の名前は『おねえちゃん』


  私はいつも リサちゃんと一緒です
 「お願いね」ってママに言われるから

 私は リサちゃんのことが大好きです
 リサちゃんも 私のことが大好きみたい

 リサちゃんって 妹の名前です
 私の名前は ミカっていいます

 みんなに ミカちゃんって呼ばれていました
 私は ミカちゃんって呼ばれるのが好きでした

 でも・・・

 妹が生まれると
 みんなは おねえちゃんって呼びます

 もう 誰も
 ミカちゃんって呼んではくれません

 私の名前は
 おねえちゃんなんですね



◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 読者限定メールカウンセリング ◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【 お問い合わせメールアドレス:support@askaroom.com 】

悩み相談をご希望の方は上記メールアドレスへ直接お問い合わせください。
メールカウンセリングは有料です。追って詳細をご連絡させていただきます。
            ASKA相談室   森 あすか

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



いいね!(1)  |  リブログ(0)

テーマ:


子育て中の皆さん、こんにちは。

毎日寒い日が続いていますが、お元気でしょうか?

さて、出先で泣かれてとても困ったという経験をお持ちのお母さんはたくさんいるようですが、皆さんはいかがでしょうか?

特に電車やバス、また建物の中で泣かれると、頭の中が真っ白になりその場から逃げ出したくなります。

始めは静かな声であやしていてもおさまらず、だんだんお母さんの声も大きくなり、しまいには、怒ってしまうという光景もみかけます。

子どもにとっては、外出は日々慣れ親しんだ環境とは違う状況に突然おかれるわけです。まして、電車やバス、あるいは見たことのない部屋という場所ではとても不安になります。

言葉で伝えることの出来ない子は、やはり泣いて不安を訴える他ないのですね。そんな時には、どんなに言葉であやしても解決はしません。まして怒るのは、益々子どもを不安に陥れるだけです。

子どもが泣いたなら、『まず抱っこ』ですね。

ベビーカーに乗せたままでは、どんなにあやしてもいけませんね。子どもはお母さんに抱かれることで、安心します。

これは外出先でのことに限りません。家で、家事をしている時に、足元にまとわりついて困らせたり、泣いたりした時にも同じです。

どんなに忙しくても、子どもが求めているときに、ほんのちょっと抱きかかえてあげるだけでいいのです。本当に忙しい時には、「ちょっとだけね」と言って抱いてあげればいいのです。

この、困った時の『まず抱っこ』は意外に簡単なのですがなかなか面倒に思うようです。抱っこは子どもの心に限りない安心感を与えるのです。どうか、子どもが求める時こそ、抱っこをしてあげていただきたいものですね。





◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 読者限定メールカウンセリング ◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【 お問い合わせメールアドレス:support@askaroom.com 】

悩み相談をご希望の方は上記メールアドレスへ直接お問い合わせください。
メールカウンセリングは有料です。追って詳細をご連絡させていただきます。
            ASKA相談室   森 あすか

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



いいね!(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

この時期の私はもちろん子育て真っ最中の時でしたから、この先生の行為にはとても感銘を受けました。

大きな声で子どもを怒鳴ることは容易いことです。しかし、大きな声には大きな声が返ってきます。ことが収まることは期待できません。反対に、小さな声には小さな声が返ってくるのです。小さな声には、大きな声には無い不思議な力があるのです。

これは、この先生のことからもわかりますが、実際に我が子に注意をするときや、静かにしてほしい場所に出かけた時にはとても有効的だったことを実感しています。

その後においても、仕事上、子どもたちと関わることが多々ありますが、様々な場面でこうした方法を用いて子どもたちが静かにしてくれたという成功体験を味わっています。

時折あの幼稚園の先生と、あの子どもたちの光景を思い出します。
今回出会った親子にも、何か共通するものを感じたので、記事にしてみました。

皆さんも何かの機会に、一度試してみていただければと思うのです。その効果を体験して、今後の子育てにお役立ていただければ幸いです。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 読者限定メールカウンセリング ◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【 お問い合わせメールアドレス:support@askaroom.com 】

悩み相談をご希望の方は上記メールアドレスへ直接お問い合わせください。
メールカウンセリングは有料です。追って詳細をご連絡させていただきます。
            ASKA相談室   森 あすか

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




いいね!(1)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。