あちゅ☆ありがとうの毎日☆秘密のたからばこLOVE♪-ipodfile.jpg





著者 佐藤和也さん


秘密のたからばこ本




を薦める読者達にはある共通点があります。



それは、



「この本からとても素晴らしいものを得た」



と言うことキラキラ



それは何か?と聞かれたら具体的には個々人違うでしょうが、つまりは



この本が与えてくれるものが如何にスゴいのか!?



を身を持って実感した人達なんです



その姿は、文面からも伝わるように



「生きる方向性を見出すことが出来た自信キラキラ



に皆満ち溢れています!



でもね、




秘密のたからばこ?宗教か?・ 気持ち悪い・変な本




とか言うコメントを書き残す人がいます。





あのですね…




名前からリンク出来ないように設定して、自分の身を隠し、心理的に追い込むその手口



卑怯ですし、短時間で何度も書き込むその行動





どちらが気持ち悪い





でしょう?





そして、この際はっきり言います。



私たちは宗教団体なんかではありません。



恐怖に煽られてこの本を薦めているわけでも




アフィリエイトのような何か、金銭的利益があるわけでもなんでもありません。




しかも変な本って。。。




この本に書かれている素晴らしい内容に




気付けない



あるいは



気付かない



フリしているのかな?



ネオン正義を批判しうやむやにする大人たち、その集まりがこの社会



ぐにゃぐにゃ秘密のたからばこ☆★批判する人・・・



皆既日食秘密のたからばこを批判するなんて




…別に全員に分かってもらわなくても良いんです。



でもね、私はこの本に対して真剣です。



私の人生を掛けても



この本に対しての想いは曲げられない。



それぐらいの気持ちでいます。



そこのところをどうか分かってくださいね!



そして、なぜ私がここまで真剣になるのか



興味を少しでも持たれた方はぜひ、手に取ってくださいね★



すずさんのブログ


炎バッシングがいつ起こるとか


バッシング記事についてー。


※この本の著者を不当に中傷する人たちがいます。
本人は、
バッシングなどと言ってますが、
ただの罵詈雑言であり
根拠なき誹謗中傷であり
言葉の暴力であり
犯罪行為です。


この本に感動したわたしたち読者もとても傷付いています。


私も子の親です

子供は親の背中を見て育つと言います。

私は少なくともこんな風に悪口を並べ立て続ける姿を見せる様な親では在りたくないな…!と心から思いますし、

この様な大人が
今の陰湿なイジメ事件などを起こす学校や社会の温床を作っている張本人、犯人なんですよね!




秘密のたからばこ公式HPできました!(*^▽^*)






白いハイビスカスさんに会ってみ隊さんのブログ




↓↓↓↓↓



ハイビスカス判断は・・・読んでから!



ハイビスカス秘密のたからばこ 宗教じゃない!






他にはこんな意見も…ノリスさんブログメモ



著者 佐藤和也 秘密のたからばこ


が置いてある書店


  《新宿》
紀伊國屋新宿本店


電話03-3354-5701


《東京》
 八重洲ブックセンター

   本店

電話03-3281-8201



《有楽町》

八重洲ブックセンター

日比谷シャンテ店

日比谷シャンテ3F


電話03-6206-1771



《恵比寿》
八重洲ブックセンター
恵比寿三越店
恵比寿三越2F

電話03-5423-1203



《品川》
くまざわ書店 品川店
品川インターシティ2F

電話03-3472-0481



《神保町/御茶ノ水》
三省堂書店 神保町本店

電話03-3233-3312


《秋葉原》
秋葉原 書泉ブックタワー

電話
03-5296-0051

たろう(Xmas)たろう(Xmas)たろう(キラキラ)たろう(ポッ)ここにもあると言うウワサ…たろう(orange)たろう(green)たろう(pink)たろう(purple)

・紀伊国屋書店
北千住マルイ店

電話03-3870-8571



文教堂 大崎店

電話03-5719-6536

book express エキュート上野店
電話03-5826-5684


 

宝石(涙)blue著者佐藤和也さんのブログ 宝石(涙)blue




ネット注文はこちら↓



ハートラインストーン桃在庫状況ブログ ハートラインストーン桃



つばさ右~子供たちに本当に必要なもの~愛を繋げるプロジェクト


WARNINGご注意願いますWARNING

著者や出版社に対する不当な誹謗中傷記事やコメントを公然と書き込む行為は、名誉毀損罪及び業務妨害罪に抵触します。

また、著作物や著作者のブログ等の内容を転載した上でバッシング記事に
誹謗中傷を書き込むなどの行為は著作権侵害となり、
さらにそのような行為は名誉毀損罪に抵触し訴えられる怖れがあります。

AD