卒業式

テーマ:
本日3月2日は僕の一番下の妹の卒業式でした。

せっかくの機会なので参列いたしましたが
いやあ、なんか感慨深いものでしたね。

ちょうど僕がいた席から見える場所に妹はいたのですが
周りのいろんな子達を見渡しながら後ろ姿を見ていて
『大きくなったなあ』とふと思いました…
『昔はあんなに小さい子供だったのになあ~』といろんなことを考えていました…
別に親でもないのにね。(笑)

実は妹の高校は僕の母校でもありまして、
当時お世話になった担任の先生や授業の担当だった先生方は
懐かしくも変わらずの面々で、
情に暑かったような先生は涙もろい姿を見せたり
ユーモアのある先生はクスッと笑いを誘っていたりで
なんだかホッとしました。
お世話になった担任の先生や学年主任の先生とも
久々の再会に挨拶も現状報告もできて嬉しかったです(^^ゞ

理事長さんや校長先生からや、
それぞれのクラスの担任の先生から
生徒へ向けた言葉を聞いていて、
思ったのは
きっと当時はその言葉の意味は理解できていなくて、
『なに難しいこと堅いことばっかいってんだよ』くらいにしか思えていなかった気がします。
この歳になった今改めて聞くと、その意味がわかって
『あの頃の自分に今の考え方があったらな…』
『ちゃんと理解できていればな…』
なんてタラレバなこと考えさせられました。(笑)


卒業式の歌といえば
『旅立ちの日に』ですよね!
今~今別れの~時~
飛び立とう~飛び立とう未来信じて~!って。
この歌は歌う立場でも聴く立場でもじーんと泣けてきますね(´;ω;`)







とまあ卒業式は平和にいい時間を過ごせた












かに思えたが実はとんでもないことが起きていたのです。












あれ?靴がエメラルド??(笑)

そう、渡部丈はとんでもないミスを犯した。
正式なかしこまった場所になんの迷いもなく平然といつも履く靴で式に来るという
アホにもバカにも程があるヤバい奴になっていました。

気付いたのは学校の駐車場。手遅れ(笑)

ほんとに屈辱的に恥ずかしかった…
だってただでさえ
スーツ着ると
ホストなのか美容師なのかわからん、と言われるようなチャラついた格好の奴が
エメラルドの靴履いてる
とか絶対周りから見たら場違いだしイタイ…
視線が気になってしょうがなかった(T_T)

開き直りでブログネタにすることを決意しすぐに写真に収めました。

あーあ~これじゃあどこかのオーナーさんと一緒じゃーん(´д`|||)
↑わかる人にはわかる。














いや、訂正しましょう僕のが断然ヤバい奴ですね(笑)

普段はお気に入りの靴が今回ばかりはダサく思えました。


みなさん靴はキチンとTPOをわきまえて履くようにしましょう。(笑)


こんなヤバい奴ですが仕事はちゃんととしますのでご安心を。(笑)

では。

AD