魂の友

テーマ:

突然ですが〜

昨日

赤羽駅前にある

まるよし

という

大衆居酒屋さんに

行ってきました〜〜〜


美味しさと  

働いている方たち

常連の方たちの

あたたかさに

感動〜〜〜〜笑い泣き




どうもこんにちは

山﨑未来です。




みなさま

魂の友   って

いますか?




なに?

魂の友って?



それは、


あなたのことを本当に思ってくれている人

そして

あなたも同じように

大切に思っている人のこと




別にそれをわざわざ宣言し合う必要もなく



心の中で


そう感じている



魂の友




年をとるにつれ


人との出会いのタイミングの

素晴らしさ


人との思いやり愛の素晴らしさに


感動しています。




あのタイミングでなければ

会っていなかったのでは?

というタイミングで


出会うことができたことに感謝





何かを決断した時に


なんで?なんで?と

問いただすよりも

あたたかく包み込んで

見守ってくれる大きさ




何かを説明する以前に



すべてを感じ取ってくれる


繊細な愛情







ありがとう


ありがとう

ありがとう




思い返すと


私は


そういう方達と

出会えたことで



いろんな   窮地から



助け出してもらっている、、、




そんな気がしてならない。



実際、そうだと思う。







そして

いま


これを読んでくださっている方


もしかしたら


? 魂の友?


そんな人


私には  いない




思っている方もいるかもしれない、、、



けれどね



いるんですよ、かならず。



忘れないでくださいね。




あなたが日々


頑張っていることを


見ている人って

かならず


いるんです。




なんだか

とりとめもない文章に

なっているかな、、、、


でも

ふと

伝えたくて


書いています。




インラケチ


私は  もう一人のあなた




AD
昔、住んでいたパリの15区のアパルトマンの前にあったブーランジュリ(パン屋さん)のお姉さんの顔を今でも思い出せる。

フランス🇫🇷?というかパリ?には
たくさんのブーランジュリがあり
各家庭にお気に入りがあると言われるくらいらしい。


私が当時、住んでいたアパルトマンの前に
あったブーランジュリ。
名前は覚えていない。


バゲットの皮がパリっ
中身はモチっ


私好みだった。


通ううちに
そのブーランジュリのお姉さんは
私が毎回買うものを覚えてくれていて

そして、かならず
帰り際に

ボンジョルネ!(良い1日を!)
とあたたかく素敵な笑顔で見送ってくれた。


それが、
当時、もんもんと
孤独を抱えていた自分にとって
とても嬉しかったのを覚えている。


そのお姉さんの顔、
笑顔、今でもくっきり
思い出せる。





近所で閉店間際で
半額になっていて買ってあった
低温長時間発酵バゲットをかじりながら


遥か19年前の場面を
思い出した。




食 とは

理屈ではなく

身体に

記憶されるものなのだ

と。あらためて。




そして、その15区のブーランジュリのバゲットも美味しかったけれど


そして、ポワラーヌのパンも美味しかったけれど

ポールのパンも美味しかったけれど




ヤオコーのこの
低温長時間発酵バゲットも

美味しいな。


すごいな。


日本は

すごいな。


しみじみ。


ひとりごとでした。




AD

雪が降った翌日から寒くって
ウチのお風呂のお湯の管の調子が
悪いらしく、、、、、、

ちょろちょろ〜〜っとしか出ないから〜
浴槽に少しだけのお湯に〜
寝そべって浸かっている〜〜


これ、岩盤浴ですか〜?!笑い泣き




どうも、こんにちは!
山﨑未来です。





みなさん、カルマの法則って
言葉を聞いたことのある方、
いらっしゃると思います。

何か怖いことが起こる?!



はたまたカルマの法則とか関係なく

自分の人生、この先どうなるのか
わからなくて不安、、、、、


という方、いらっしゃるかもしれません。



人生は、コントロールできない、、

何が起こるかわからない、、、、




私も昔はそうでした。





でも、なにも怖いことはないのです。


自然の法則に従ってしまえば。


以下、ヨガのテキストからの抜粋

カルマとは、サンスクリット語で、
根 を 意味するKri が語源で、

行った行為の証、を示しています。

カルマはすべての人間の現在、過去にわたる行為の集大成です。

カルマの意味は行為だけではなく、
行為の結果も含みます。

原因があれば、必ず、結果があります。


例えば、種は木の原因であり、木は種の結果です。

木は種を生み出し、原因を作り出します。
原因は結果の中でも見られ、
結果は原因の中でも見られます。
結果と原因はとてもよく似ています。


自然界のすべての物事は原因と結果の
ルールに従っています。


出来事の原因を限定することはできませんが、彗星の発達も、地震も、噴火も、
流行も、光も、洪水も病気も、その背後には必ず原因があって起こるべくして起こります。


原因の結果は、作用と反作用を含み、
相殺の法則と報いの法則があり、
すべてはひとつのところ、カルマの
教理に基づきます。


作用反作用の法則
The Law of Action and Reaction

作用があれば必ず反作用があります。
作用反作用の法則は肉体、精神
どちらの世界にも働きかけています。


相殺の法則
The Law of Compensation

相殺の法則は自然界のどこにでも
作用しています。
種は芽吹くとき壊れますが、
やがてそこから大きな木となります。
燃料は燃え、破壊されますが、
熱が残ります。相殺の法則はバランスをとり、平和を維持し、均衡を保ち、
自然に調和をもたらします。

誰もこの法則を過酷で無慈悲であるとか
抵抗しきれないと否定することは
できません。

もしネガティヴな行動をすれば
相殺するためにその結果を自分自身で
刈り取ることになります。


もし、人生を、肉体が生まれてから
死ぬまでの孤独な出来事と考えて
いるとしたら、人生で起こる出来事を
正しく解決したり説明したりする方法を
見つけることはできないでしょう。


魂すべての経験にしてみれば、
この肉体を持った人生は本当に束の間の瞬間、ほんの破片でしかありません。
すべての出来事の前に存在していた原因を
知りたいと思う時はいつも、
永遠の魂の出来事にまで入っていかなければなりません。
相殺の法則は魂の流れすべてを包み込んでいます。

人生は肉体の崩壊で終わるわけではないのです。そこには輪廻転生があります。
数えきれない前世があります。
人生を魂という広い視点で見る必要があります。


そうすることですべてが明らかになり、人生に起こる複雑で入り組んだように思われる出来事に対して、満足のいく解決法を見つけることができるでしょう。

不平を言ったり嘆いたり、思い違いをすることはなくなるはずです。


報復の法則
The Law of Retribution

 

悪い行いには、報復の法則による罰があります。

相殺の法則、作用反作用の法則、そして報復の法則は常に一緒になって働きかけます。

他の人を傷つける人は、最初に自分を傷つけることになります。

他の人をだます人は、必ず最初に自分をだますことになるのです。


今、何をしているのか、

それによって将来何が起こるかということには、

決定的な、法則と関係があります。

いつも、

今蒔いている行為の種が、
いろいろなところで起こる幸せの元になるのです。



どのようにカルマは作られるのか?

人には  Icchaイッチャ、Jnanaジニャーニャ、Kriyaクリヤという3つの性質があります。

Iccha  欲望と感覚 Desire and Feeling
Jnana 知  Knowing
Kriya   意志  Willing

これら3つの性質が個人のカルマを作ります。

人には "椅子"や"木"と言った対象を知ったり(ジニャーニャ)、悲しみや喜びを感じたり(イッチャ)、あれをするべき、するべきでないという意志(クリヤ)があります。


行動の背後には、欲望と思考があります。

物に対する欲望はマインドから湧きあがります。次にそれをどうやって得ようかと考え、行動に移します。
欲望、思考、行動は常に一緒に働きます。

この3つは糸のように寄り合いながら、カルマという太い綱を作ります。

欲望は欲望の対象を得るための意志を生み、行為を生み出します。行為はカルマを生みます。そしてカルマは痛みや喜びの果実を実らせます。人はこの果実を刈り取るために転生を繰り返しています。

これが、カルマの法則です。


どのように運命は作られるのか?

考えること、想念は、真のカルマです。

想念はやがて顕在化して、行動になります。

もしあなたが、マインドに湧いた想念について深く考えるということをすれば、高貴な人格を形成していくことでしょう。

もし、ネガティヴな考えをすれば、普通の人格を形成していきます。

崇高な思考を養い、崇高な人格を形成できるようにします。

人は行為という種を蒔き、そして習慣を刈り取ります。習慣という種から人格を、人格という種から運命を刈り取るのです。

それ故に、運命は自分自身が作っているということができます。

徳の高い行動と、
思考のパターンを変えることで
運命を変えることができます。

心の大きな人は数えきれない人生を通して、その広い心を形成していきました。

一度の人生で考えや行動を改め、
ブッダや、キリストや、シャンカラのようなスピリチュアルな巨匠として突然現れる可能性はあります。

どんな行動も無駄になることはありません。忍耐、留まらない努力が必要です。

すべての考え、言葉、行動にいつも注意していなければなりません。


人の意志は自由です。


身勝手さは、抑えることができます。
基本的な欲望、好き嫌いをなくすことで、
意志を純粋に、強く、活気あふれたものにすることができるのです。


3つの種類のカルマ


サンチタ
過去に蓄積されたカルマで、その人の傾向や、才能、性癖、欲望など性格を形作っています。

プララブダ
実を結んでいる働き、現在の情況に影響を与えている過去のカルマ。これは刈り取るために機が熟しているカルマで、決して取り除くことも変えることもできません。ただ経験することで消滅していきます。自分の負債のつけは、自分で払うしかありません。

アガミ
現在の働き、将来のために今していること、現在積んでいるカルマ。



ヴェーダンタの教えに美しい例え話があります。

射手が矢と矢筒を持っています。
矢筒の矢はサンチタカルマです。
射手が矢を放ちます。矢が手から放たれたら、もう呼び戻すことはできません。
この放たれた矢がプララブダカルマです。
そして、射手は次の矢を放ちます。これがアガミカルマです。

もうひとつの例え話は穀物と貯蔵庫の話です。
サンチタは蓄えられた穀物。
プララブダは現在鍋で料理されている穀物。
アガミは将来のために、農民に耕されている穀物です。

ひとは、サンチタとアガミはコントロールできますが、プララブダは経験によってのみ解決しなければなりません。プララブダカルマに関してはイーシュワラ(個人の神)やLord(大いなる神)でも手を貸して変更したり、身代わりになったり、助けることはできないのです。


運命と自助努力

カルマの法則は不変です。
しかし、それを緩和させることは可能です。悔い改め、苦行、献身により可能になります。悔い改めだけでは、カルマの法則は変えられません。悔い改めることで次の行動の結果をもたらす行為を変えることができるのです。自分で刈り取らなければならないことは、他の誰も代わることはできません。でも、それを繰り返すことは自分の努力で確実に避けられます。
この努力のことをプルシャアルタといいます。
プララブダは過去世にしたプルシャアルタ自助努力そのものです。今日の自助努力が明日の自分の運命を作ることになります。

ちょうど時間の流れで現在は過去に、未来は現在になるように、ここにはただ現在、つまりプルシャアルタのみがあります。大雨や天気は、人間のコントロール下には置けません。農民が鋤で畑を耕すこと、これは努力です。作物は雨でダメになるかもしれません。でもまだ、農民は最善をつくしてよい作物を作ろうとします。同じように、ヨガの修行はネガティヴなプララブダの運命をニュートラルにする自助努力といえます。プララブダの影響が強ければ、ヨガもより強く真剣に練習されなければなりません。魂は皆、この農民のように土地を持っています。面積や、土地の質、天気はすべて前もって決められています。農民はそれを耕して、農作物を取ることも、放っておいて荒地のままにするのも自由です。


プララブダは過去のことについてのみ関係します。ですから未来は自分の手の内にあるということであり、運命は変えることができます。


どう行動しようと自由です。識別、陽気さ、洞察力、敏速さや恐れない心を持ってください。輝く未来がきっと待っています。過去は埋めてしまいましょう。希望を失ってはいけません。ネガティヴな影響や対立する暗い力を中立にしてバランスをとれるはずです。

望まない状態を可能な限り良い状態に変えることができます。運命の影響を無効にすることができるのです。


運命は自分自身で創り出したものです。人は想念と行為によって自分自身で運命を創り出してきました。正しい想念と正しい行為で正しく取り戻すことが
「私のカルマが私をこんな状態にしたのだ。」などといってはいけません。全力を尽くして、プルシャアルタ自助努力に目覚めてください。苦行(Tapas)をし、集中し、浄化し、瞑想してください。
運命論者になってあきらめてはいけません。
運命を怠惰に放棄してはいけません。

自分こそが運命の主人、マスターであることをいつも忘れないでください。

*********************


以上、テキストからの抜粋



長くなりましたが、

一言で言うと、

最後の一文にあるように

運命と言われるものは、突然だれかに押し付けられるのでも、突然何処かから降ってくるのでもない、自分で創り出しているものなのですね。

(注  じゃあ戦争で亡くなった人は?
      天災で亡くなった人は?というテーマになるとまた話がとても長くなるので、ここでは、今、現在、生きていくのに役立つための方法として読んでいただければと思います。)




だから、何も怖がることはないんですね。


ポジティブな種を蒔いていけば
ポジティブな実を収穫できます。
シンプルですね。




それでも、一見なにか事故のようなことがあったりもしますが、そう言う時も
なんでよー!とか思いたくなる気持ちを
長く持たずに オッケー! きっとそれ以上にポジティブな実を収穫できる日が来るんだわ!とワクワクして過ごしましょう笑笑

↓ちょっと見にくいですが、ノートも貼っておきますね。
{00144330-163B-40B1-93AB-CADE61FB6B9F}



2月のカレンダーの言葉↓
{7C0831F7-9FEA-4B14-B4CF-6D21A7A8CCA1}

志を共にする仲間と大切な時間を
過ごしましょう!


インラケチ
私はもうひとりのあなた












AD