日本と世界を繋ぐグローバル行政書士小島のブログ

アジア・欧米など外国人の法的手続きを支援している。外国人にとっては、日本に在留できるか、できないかが決まってしまう在留資格(VISA)だからこそ、「許可」という結果を出すことにこだわっている。


テーマ:

行政書士の小島です。

 

入管業務をやる上で、外国人との連絡手段は

電話、メール以外にはアプリもあります。

 

 

日本人ならラインが一般的ですが、

ビジネスでラインはあまり使いません。

 

しかし、

中国人なら微信(WeChat)で非常に

普及しています。

 

ラインと違うのは微信(WeChat)の場合、

IDをあえて公開してしまえるということです。

 

 

中国人というのは日本人よりも個人情報保護に

うるさくないので、微信(WeChat)の仕組みにも

それが表れています。

 

 

微信(WeChat)では簡単に他人を検索し

連絡することができるのです。

 

中国人はそんなことやってバンバンやって知らない

人に微信(WeChat)で話しかけてます。

 

 

ラインだとプライベート使用感がつよいので

ライン@でなれければビジネス使用は無理でしょう。

 

しかし微信(WeChat)はなんでもありです。

 

 

韓国人向けはカカオトークです。

 

 

タイはラインがかなり普及してます。

 

フィリピン、ベトナムはフェイスブックが

かなり普及してましてFBメッセンジャーが

多いです。

 

逆に中国はフェイスブックとグーグル関連サービス

が全くダメです。アメリカ発のサービスが全く

ダメですね。中国は。

 

 

ぜひアプリはインストールして

触ってみることをお勧めします。

 

 

そういった営業面のことも話していく行政書士向け

入管業務ノウハウセミナー情報はこちら↓

東京会場
http://www.samurai-law.com/seminar/
3月11日(土)11:00~13:00国際結婚
3月25日(土)11:00~13:00外国人雇用
4月8日(土)11:00~13:00帰化永住
4月22日(土)11:00~13:00外国人起業


大阪会場
http://www.samurai-law.com/seminar_osaka/
3月19日(日)13:00~15:00国際結婚
4月2日(日)13:00~15:00外国人雇用
4月16日(日)13:00~15:00帰化永住
5月14日(日)13:00~15:00外国人起業


参加を検討されている方はお早めにお申込みください!

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

売上、利益を上げて、自分が集中すべき分野に集中することで

その分野に関する知識も増え、専門性が高まり、

それによってお客様への貢献度が高くなっていく。

 

 

ビジネスに現状維持はないとよく言われるが、

現状維持をしていると競合に抜かれてしまう。

 

 

特に私のように他人に業務ノウハウを教えている立場だと

現状維持は他人に抜かれてしまうので教える以上に

成長しなければならない。

 

 

より自分のビジネスを高いレベルへ、

高い達成を目指さなければならない。

 

 

行政書士は自分の各専門分野においては顧客にとって

もっとも信頼されるアドバイザーにならなければならない。

 

 

顧客というのは常に最高のものを求めている。

 

 

未熟なサービス、雑なサービスは毛嫌うほどに望んでいない。

 

持っている専門性を顧客に提供する。

 

最終的に顧客が抱えている問題点、悩み事に対する唯一の

ソリューションを提供できるのは自分であるという次元に

達することがビジネスを成長させる。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
池袋オフィスの窓枠に看板ができました!

ロゴはLEDで光ります!







AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

行政書士の小島です。


あなたの事務所を本当の意味で
次のレベルへもっていくには、
あなた自身が「大きく考える」必要があります。


行政書士として今、成功している場合も、
成功していない場合も
あなたが心のなかで考えていたことが
結果になって表れています。


今の現実は、過去のあなたがどう考えてきたかの結果です。


もし今、自分のやっていることが小さく思えるなら、それはあなたが
これまで自分の行政書士事務所の経営を小さくイメージしていた
からでしょう。



大きく考えれば、大きな結果が得られていたはずなのです。


なぜ私がこんなことをいうかという言うと
私がそうだったからです。



最初は小さく考えていたのです。


行政書士で1人で70万くらい月に
稼げればいいなと考えていたのです。


スタッフ雇って月数百万稼ごうと思っていなかったんです。


でも、スタッフ雇って1億目指そうと決意した時から、事務所が
成長し始めました。


大きくしたいなら大きく考える必要があるんです。


でもなかなか1人では大きく考えられないものです。


それを打破するには自分よりすごい人に会って
インスピレーションをもらうのが
自分を変える一番の方法です。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

行政書士の資格をとって、登録しても、

お客さんは来ません。

 

 

それは社労士、司法書士、税理士も同じです。

 

 

弁護士でも同じです。

 

 

誰もあなたのことを知りません。

 

適切なマーケティングを行わなければ

お客さんは絶対に来ないのです。

 

 

新人の行政書士がなぜ稼げないのでしょうか?

 

彼らはマーケティングを知らないのです。

 

どうやったらお客さんが依頼してくれるかを

知らないから売上が0なのです。

 

 

行政書士自体が稼げないわけではありません。

 

そんな資格だったら行政書士会自体潰れてます。

会費を払ってくれる行政書士がいるから

行政書士にマーケットは存在してます。

 

 

行政書士+簿記とか

行政書士+社労士とか

行政書士+司法書士の

ダブルライセンスなら稼げると思っていますか?

 

 

これも幻想です。

 

 

行政書士+実務能力+マーケティング力

 

でやっと稼げるようになるのです。

 

 

明日から1泊で千葉のホテル三日月に

両親含めた家族で行ってきます。

 

そのあとは2週間海外へ行ってきます(笑)

 

18連休です!

 

行政書士+実務能力+マーケティング力

にプラスして

マネジメント力を追加できれば、18連休も

可能なのです!

 

ただ社員の皆様には感謝です。

 

なので帰国後はさらにエンジン全開で

やっていくつもりです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
行政書士の小島です。


行政書士で稼ぐには、

情熱のある分野×市場のある分野

でやっていったほうがいいとずっと
言っています。


さらに時流に乗っていく!
というのが
ビジネス上ではポイントになります。


特にこれから参入するとしたら
伸びてる分野に参入したほうが
お客様を取っていきやすいわけです。


行政書士の専門分野の中で
伸びている分野の1つは
私の専門分野でもある入管業務です。


10年前に比べたらどこもかしこも
外国人が増えたと思いませんか?


現在日本には約220万人の外国人が住んでいます。
そして毎年6万人ぐらい純増しています。


そして最近その伸びのペースはさらに増えています。
観光での訪日外国人の数は爆発的に
増えてきてますが、
長期滞在の外国人も増えてきているのです。


在日外国人の増加ペースは加速してますので、
これから12~13年も経てば
外国人だけで100万人都市が
1つ日本に新しく誕生するのと同じなのです。


そしてその人すべてに入管業務の需要があります。
純粋に市場が拡大しています。


伸びてる分野、そしてこれからも
伸び続けていく分野に着手していかなければ
いつまで経っても大きくは稼げません。


ほかの専門分野で行政書士をしている場合でも、
第二の柱として入管業務を融合させると、
そっくりそのまま売上は上昇いたします。


もしも、
「入管業務はしてみたいんですけど、
ノウハウもないし、経験もない、先輩行政書士には
入管業務は危ないからやめといたほうがいい、
と言われます。」

という場合は“解決策”がありますので、
私の元に是非とも習得に来てください。

http://www.samurai-law.com/nyukan_next/ 


わからないからやっても失敗する、
わらないから不安になる、
わからなくても受けてしまうから
クレームになる、
わからないから仕事を逃す、
いつまでもわからない側にいるのではなくて、
わかる側にいかないと道はありません。


しかし、
「入管業務」をやろうと決断しても、
目の前には細かいノウハウ、リスクヘッジ方法など・・


つまり「入管業務の高いスキルが必要」という、
壁に誰しもがぶつかってしまいます。


例えば、
・最初のヒアリングで何を聞けばよいのか?
・就労ビザの雇用理由書はどうやって書くのか?
・国際結婚の理由書はどうやって書くのか?
・日本人とは違う外国人の会社設立方法は?
・経営管理ビザのために事業計画書をどうやって作るのか?
・質問に答えられない場合の回避方法は?
・入管や帰化の書式はどうやって準備するのか?
・報酬やサービスの作り方は?
・違法行為に巻き込まれないためにはどうすればよいのか?


などなど、これらはほんの一部ですが、
あなたも色々な悩みもあると思います。


そこで「入管業務」が初心者からでも、
しっかりとマスターできる方法を体系化し、
全ての人が習得できるノウハウを完成させました。


そう。。。

それが、今回の講座本編で伝承していく、
「国際行政書士養成講座本編」というわけです。


もし、「入管業務」を専門として行政書士がしたいと、
本気で思っている場合は最高の機会です。


まったく初心者でも、そこそこ経験がある人でも
ステップバイステップで全て解説して、
すぐに現場で使えるようにお伝えします。

http://www.samurai-law.com/nyukan_next/ 


また、お申し込み特典として、
「100例以上の理由書ひな形」や、
「1年間の実務相談無制限」などもあります。


全ての特典を手に入れたいという場合は、
今すぐ申し込むようにしてください!


講座は【名古屋での生講義】と【通信講座(WEB動画)】
の2つのコースをご用意しております。


今期の国際行政書士養成講座は
2日後の9月30日(金)で申し込みを締め切ります。

スタートは下記のとおり11月からです。

生講義 @名古屋市内セミナールーム

第1回 11月13日(日)11:00~18:00
第2回 11月27日(日)11:00~18:00
第3回 1月8日(日)11:00~18:00
第4回 1月22日(日)11:00~18:00
第5回 2月5日(日)11:00~18:00
第6回 2月19日(日)11:00~18:00
※1回6時間

↓名古屋スケジュール
https://88auto.biz/samurai-law/touroku/entryform7.htm


通信講座(WEB動画)※全国からお申込み可能です。

もう一度言いますが、締め切りは明後日9月30日です。

※東京生講義はすでに締め切っております。

では!


行政書士 小島健太郎
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
先週末は名古屋へ赴き、

名古屋での国際行政書士養成講座入門セミナー
を2日間やってきました!


南は沖縄から北は群馬からとたくさん人が
来てくださってありがたかったです😃感謝です!


お店の予約も手配いただき、
味噌煮込みうどんとかひつまぶしとか、
スガキヤを堪能しました!


名古屋での本講座生講義のご要望もいただき
検討したいと思いました!








いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
行政書士の小島です。


9月22日と23日に【名古屋】で
2016年ラストの国際行政書士養成講座入門セミナーやります。


今年は最後で、もう来年の春まで入門講座はやりませんから
もし興味がある場合はご参加ください。
詳しくはこちらをご覧ください。

@名古屋セミナー
http://www.samurai-law.com/seminar_nagoya/

本を読んで理解するのと
メルマガを読むのと
直接講師から話を聞くのとでは、
情報量ははるかに違います。
直に教わるのが一番ノウハウを
得られるのです。

生事例ですごいいいもの出します。


単なる理論や知識ではなく、申請書一式を
個人情報塗りつぶして
そのままお渡しするので、
申請のイメージが鮮明にできる
ようになるはずです。


9月22日(木)祝日です。
・国際結婚と配偶者ビザ
・永住・帰化
・外国人雇用と就労ビザ
のテーマで、


9月23日は夜に
・外国人会社設立と経営管理ビザ
のテーマで、
計2日間で各回3,000円です。


22日は内容詰め込みすぎなので時間がなくなりそうです・・

1日だけの参加でも、2日連続の参加でも
自由です。


22日は独自開催、23日は名古屋行政書士探究会主催
です。


国際業務が未経験、もしくは経験の浅い方を
対象にした入管業務をマスターするための講座です。
入門とはいえ、1つのテーマにつき、
20案件こなしたことのない方向けです。
なので、そんなに難易度は低くないです。
そういわれると結構な方が対象になるのでは
ないでしょうか?



参加特典として、書き換え可能なワード版の
理由書ひな形3例をデータで差し上げます。


当事務所でも新入社員は新規案件をやるときに
過去の事例を焼き直しで書類を作っています。
過去事例を参考にするというのはミス防止、効率アップ
勉強にと大変役に立ちます。試験で過去問を勉強する
のと一緒です。

参加にあたり、申請取次資格を持っているかどうか、
行政書士登録の有無は不問です。

セミナーの後に懇親会やります。

自由参加ですが、参加者同士の距離が縮まる懇親会です。
参加者同士の新たな出会いの場でもあります。


入管業務をやりたい人も、
既にやっている人も、
すげーいいモノを持ち帰って頂けるはずです。
だから本当にお得な企画なので是非ご参加ください。

友人の方とご一緒での参加もOKです。


名古屋セミナー情報はこちら↓
http://www.samurai-law.com/seminar_nagoya/

今年ラストです!

参加を検討されている方はお早めにお申込みください!

ありがとうございます。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
【行政書士開業】実務経験がなくて不安?


こんにちは、行政書士の小島です。


資格を取った後にすぐ開業と言っても、
実務の経験がないから自分にできるだろうか?と
不安になる人も多いと思います。


そもそも行政書士事務所の求人は少ないですし、
あっても最初は低賃金なのが普通です。


弁護士事務所や司法書士事務所に補助として入っても
行政書士の実務はほとんどできません。


だって行政書士事務所じゃないんですから。



行政書士の試験は、そもそも実際の業務とかけ離れてます。

民法とか行政法とかは、実務をやる時の基礎体力みたいなもので、
実務はそれぞれの専門分野ごとに建設関係だったら建設業法、
入管だったら入国管理法などそれぞれの専門の分野の法律を
マスターする必要があります。



ただ、ですね、行政書士の仕事、具体的には許認可ですが、相続とかも、
一般の方、いわゆる素人の方ですね、
そんな素人が自分自身でやってる手続きでもあるんです。


建設業許可の申請窓口に行くと、わりと自分で申請に来てる人が多いですし、
入国管理局なんて90%以上外国人が自分で申請してるんじゃないかってくらい多いです。


相続もトラブってなければ結構自分で手続きやりますよね。


なので、行政書士の仕事はいってみればプロじゃなくても
できる仕事ではある、とも言えます。


書類の作り方は、ほとんどが、手引書などでマニュアル化されていて、
役所の窓口やインターネットで手に入れることができますし、
実務関係の本を読めばすぐに素人レベル以上の仕事ができるようになります。


役所でもらえる手引には、許可要件から根拠になる法律、
申請書にどのように、何を記載すればよいか説明があります。


ただ、最終的には素人レベルじゃなくてプロレベルに
なっていかなければならないんですが、実務覚えるには
最初はそうやってやってくしかないです。


修行せずに独立した場合、実際それしか方法がないからです。


新人だから実務なんて無理と思ったらいつまでたっても
実務経験できませんし、それでは行政書士になれません。


実務の知識がないと不安になる前に、まずはやってみることが大事で、
そのやった経験を次の仕事につなげていく、
それしか実務のスキルアップの方法はないです。


私もそうやって覚えてきました。初心者だったころのお客様には
少し迷惑をかけてしまったかもしれませんが、
今は絶対迷惑かけないという自信ができました。


有料で民間の実務のスクールがいくつかありますが、
相続業務や許認可、入管実務についての専門トレーニング
の塾もあります。

ちなみに、私は国際行政書士養成講座というものを
開催しています。

そういうのを利用すれば一通りかなり詳しく実務を
学べます。


といっても実務だけいくら勉強してもお客様はとれないので、
お客を取りながら経験値を上げて実務能力を上げていく手法が
最短だと思います。


実務本、有料の実務講座、書士会の実務講座、個別相談、
先輩に顧問についてもらうなどいろいろ駆使すれば新人でも
業務を十分にこなせるはずです。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
行政書士の小島です。


入管業務をやる上で、純粋なマーケット規模というか、
全国の主要入国管理局別の総申請件数のデータがあります。


2013年のデータですが、


【東京】
認定 141,458件
変更 52,331件
更新 135,572件
永住 18,258件


と全国でもダントツに申請件数が多いのですが、

なんと2位は大阪ではなく名古屋なのです。



【名古屋】
認定 39,274件
変更 23,397件
更新 56,829件
永住 8,810件


そして、大阪が3位と続きます。


【大阪】
認定 28,150件
変更 9,016件
更新 28,150件
永住 4,564件



2位が名古屋でも1位の東京は名古屋の3倍~4倍のマーケット規模
がありますし、名古屋と大阪を比べても、名古屋のほうが大阪
より2倍くらいマーケットがあります。


そうなると競合となる同業の行政書士がどのくらい
いるかというと、東京がやっぱり一番多いですが
名古屋より大阪のほうが行政書士が多いのです。


よって、入管業務をやる上で、一番おいしいのは
名古屋なのではと思います。


天下とってやる!みたいな気概があるんだったら
東京は抑えなきゃいけないんですが、これから始める的
な立ち位置だったら名古屋はよいと勝手に思っています。


そして、9月22日、9月23日と名古屋で入管実務セミナーを
やります。

名古屋セミナーの詳細はこちら



そして、大阪は9月10日と9月11日に入管実務セミナーをやります。

大阪セミナーの詳細はこちら


ちなみに4位は福岡、5位広島、6位仙台となります。




いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。