過酷な運命と友人

テーマ:

人生における災難というのは、いつ、どこで、それに遭ってしまうのか、

わからないものである。

ただしかし、災難を回避するために前もってリスクを見積もっておき、

それを勘案して防ぐということもできる。


とはいえ、用心というのはしてもしてもきりがないもので、

健康や安全に細心の注意を払っていたとしても、

例えば明日、地震が起こってそのまま潰されたとか、

北朝鮮が核ミサイルを撃ち込んだ、という災難に対しては、

まさに不可抗力である。


日常に、災難というものは見え隠れしている。

それに対してどこまでリスクを許容し、

どんな生活をおくるかは人それぞれだ。




さて、本題に。


俺はリスクを避けるために、バイクには乗らないことにしている。

俺の場合はそうだ。

この間、友達といっしょにハーレーダビッドソンの専門店に行き、

バイクに乗るというリスクに対して、心が揺れてしまった。

というのも、ハーレーになんとも言えないわくわく感を覚えてしまったからだ。

金に余裕ができたら、今乗っている車に飽きたら、

バイクの免許でも取りに行ってみるか、などと考えていた。


しかし今夜、揺れていた心が、

今後バイクには絶対に乗らない、という決意で固まった。

なぜなら、寮の友達がバイクの事故でかなりの大怪我をしてしまったからだ。


彼はハーレーの専門店に行った次の週に、

俺が買った車の3倍も金を払って、バイクを買った。

そしてその次の週の土曜日、つまり今夜、

彼はバイクで事故に遭ってしまったのだ。


まさか、新車を買ってたったの一週間にして、

事故に巻き込まれてしまうとは・・・しかも社会人としても大事なこの時期である。

なんとも痛ましく、不運な話だ。


怪我は相当なものらしく、膝を複雑骨折し完治までは1年かかるとのことだ。

おそらく、彼はバイクを降りることになってしまうだろう。

肉体的、精神的理由、あるいは職場に対する迷惑を考えると。


寮の友人一同一丸となって、やれる範囲で彼のために出来ることをしてやりたいと思う。





あれほどバイクにのめり込んでいた彼に対して、

下されてしまった過酷な運命。


人は誰しも突然襲い掛かる残酷な運命に対して、抗う術はない。



災難とは、いつやってくるかわからない。

拡大解釈すれば明日晴れるのか、雨が降るのか、

それと同じレベルの問題ではないか?


雨が降るだろうから傘を持っていく。

それはできても、雨を止めることは誰にもできないのだ。

AD

コメント(3)