俺VS借金取り

テーマ:

どうもブログ内容が殺伐とした内容になってしまっているのだが、

今夜も今夜でなんだか借金取りから電話がかかってきた。


借金取り=国○○販


まぁ手違いで車のローンの支払いが遅れたのは謝るよ。

実際低姿勢な口調で謝った。

そもそも書類に印鑑を押して、手続きは済ませてやった。

つまり、その時点で払う意志を明確にしてやったはずだ。

しかし、手違いで銀行を通せなかった。

それなのに、やたらと威圧してくる口調はなんだ。



で、お前らな、

「明日までに支払ってもらわないと車引き上げますよ?」

って脅すのって何か違うだろ?


だから頭に来たんで、

「おい、俺を脅すつもりか?」

って言った矢先にさらに頭に血が上って、

「大体金貸し、特にアンタみたいな連中って、金を借りてる俺らがお客様なの忘れてんじゃねぇの?そうだ、俺らが金利を支払うからアンタがメシを食えるのな、わかる?わからねぇよな、脅すんだもんな。」


するとケンカを売った俺に対して向こうもカチンと来たらしく、

「とにかく払うもんは払ってくださいよ!さっさと!!」

などと激昂したようだ。


「さっさと?あぁ払ってやる。先月と今月の2か月分明日耳をそろえて振り込んでやる。でもいいか、俺がしっかり払って通知が来たらすぐに電話かけて謝れ。最低の態度と俺を脅したことをな!でなきゃクレームを入れる。社員の教育がなってないってアンタの名前を出して。」


「とととにかく明日までですからね!」

「払わないとは一言も言ってねぇだろうが」


聞こえたのか聞こえないのか知らないが、電話を切られてしまった。


話にならんクズ社員が明日どんな対応をするか楽しみだ。

見せてやる。

サラリーマンの経済力をな。



俺はどんなに落ちぶれても客を客と思わないようなサラリーマンにはならない。

ビジネスは信用が命である。

金をやりとりはナーバスな問題だからこそ、信用が常に必要不可欠なのだ。


腹は立ったがそれを教えてくれた国○信○にのクズには礼を言いたい。


悪い見本をありがとう、と。


だが、この件以外でアンタらのとこから今後一切金は借りない。

AD

コメント(4)