以前投稿した記事の

一部内容を書き換えて再度ご紹介。

 

まずは紙ナプキンを

オーガニック綿(コットン)製に

変えてみてはいかがでしょうか。

 

**********

 

こんにちは!

 

こころ不妊の専門家

臨床心理士

村崎京子(むらさききょうこ)です。

 

妊娠しやすい心と身体を整える

絶対幸せになる妊活の処方箋

を発行しています。

 

【不妊治療にちょっと疲れてしまったあなたへ、絶対幸せになる妊活の処方箋体験セッション】受付中。

 

 

 

 

最近、布ナプキンが

あちこちで売られるようになり

 

実際に使っている人も少しずつ増えてきましたね。

 

一方で

「良さそうだけど、漏れないか心配」

「扱いが面倒そう」

「買ってはみたけど、まだ使っていない」

という声もちらほら。

 

いきなり布ナプキンではなく、

まずは紙ナプキンを

オーガニック綿(コットン)製

変えてみてはいかがでしょうか。

 

 

例えば、このような商品がありますよ。

 

ナチュラムーン

 

(写真はナチュラムーンさんHPからお借りしています。)

 

日本製。

 

肌に直接触れるところには、

オーガニック綿の不織布が使用されています。

 

一般的なナプキンには

吸収材として

高分子吸収体が使われていますが、

 

それが血液を吸って

ゲル状に固まっていく時の温度変化で、

身体を冷やしてしまうと言われています。

 

ナチュラムーンには、

吸収材として

綿状パルプが使用されています。

 

ただし、

日本で生理用品として売り出すには、

 

肌にあたる面を

真っ白に漂白しなければならないそうです。

 

安全面に配慮して、

塩素ではなく過酸化水素を

使用しているとのこと。

 

漂白後は酸素と水に分解されるので、

人体や環境への影響はほとんどないそうです。

 

 

さらに安全な製品として、

次のようなものもありますよ。

 

ナトラケア

 

(写真はDesign Your Organic Lifeさんからお借りしています。)

 

アメリカ製。

 

100%オーガニックコットン

(遺伝子組み換え綿不使用)。

 

有害な化学物質や添加物が

一切使用されていません。

 

タンポンやウェットティッシュも出ています。

 

ナチュラムーンよりも肌触りが良い。

 

かぶれなくなった、

生理痛が軽減したという声多数あり。

 

シリーズの中には、

個包装されていないものもあります。

 

iherbという個人輸入のサイトから購入できます。

 

最近はアマゾンや楽天などでも

購入できますが、割高にはなります。

 

 

 

 

直接紙ナプキンが肌に触れなければ

大丈夫という意見もありますね。

 

ハンカチタイプの布ナプキンや

オーガニックコットン製の

ハンドタオルなどで、

紙ナプキンを包んで使うという方法もありますよ。

 

 

布ナプキンをすでに持っているのだけれど

まだ使っていないという人は、

生理日以外に使うのも良いですね。

 

おまたからホカホカと温まります。

 

化学繊維の肌着を着用する時に、

オーガニックコットン製のライナーなどを

使用されても良いかもしれません。

 

経血コントロールができるようになり、

布ナプキンですら使っていない私ですが、

 

加圧トレーニングをする日は

さすがにタンポンを使います^^

 

ナトラケアのタンポン、

カートリッジや外袋は紙製。

よくできているなぁと思います。

 

無理なく続けられる方法で、

体に優しいことを始めてみませんか?

 

 

 

〈関連記事〉

 

・今回の生理、ほとんど前触れなくやってきました

・今回の生理、めちゃめちゃ楽です!

・身につけるものを変えるのは、努力がいらないのでかんたんです

・「経血コントロール」が自然とできるようになりました

・過多月経でも、経血コントロールできますか?

・「『月経血コントロール』の真偽について検証する」に対する私の見解

                                                                      

 

 

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました^^ 
 
妊娠しやすい心と身体を整える・絶対幸せになる妊活の処方箋【神戸・芦屋】
・初めての方へ
・地図とアクセス
・メニュー
・ご予約可能日
・お客様の声
・お問合せはこちら

 

神戸・芦屋・西宮・尼崎・淡路島・大阪・茨木・高槻・箕面・堺・阪南・岸和田・京都・宇治・大津・奈良からもお越しいただいております。