2016年10月16日 11時44分07秒

10/17(月)境町町長 橋本正裕氏が登壇!

テーマ:通常授業

あしたの学は、学生・20代30代のための
自分と地域のあした(未来)を創造する学校です!
地域のリーダー・経営者などが”先生”となり、
世の中・地域・リーダーシップを学び、実践していきます!

 

 

10/17(月)の通常授業は、県内でも今注目を浴びてきている、

弱冠39歳で首長(市町村の長)をとなった、

境町町長の橋本正裕氏をお招きします。

リーダシップ、まちづくり、ひとづくり、地方創生・・・

よく聞くワードですが、実際の現場ではどのようなことが行われているのか、

現場のトップがリアルにお話しします!

 

通常授業は、七期生が年間を通して受ける授業です。
七期生外で受講を希望する方は、
ashitanogakkou@gmail.comにお申込みのメールをお送りください。
1日体験無料となっています!(※2回目以降有料)
これを機に、七期生となって一緒に学びましょう!

 


◆日時◆
 平成28年10月17日(月)
 19:00~21:30(18:45受付・開場)

 

◆会場◆
 茨城県立青少年会館
 2階 中研修室
 (水戸市緑町1-1-18)

 

◆授業◆
<どういきる科>
 センセイ:橋本 正裕氏(境町 町長)

 

 今回の授業は、今注目を浴びている市町村の首長、境町町長の橋本正裕氏をお招きしての特別講義です!

 境町と言えば、高校を卒業したばかりの大学1年生を地方創生の参与に抜擢したことで話題になりました。
 他にも、ふるさと納税を2年で2,144万円から8億円と劇的にアップさせたり、人口の自然減・社会減をとめ、人口増の兆しが見えてきたり、移住促進や東京五輪キャンプ地誘致など、数々の新しい事業にチャレンジしている町です。

 境町は、この30年で年少人口が半減、出生率も60%減、町の借金は増える一方で財政難・・・厳しい局面を迎えていました。
 そこで、境町役場職員出身で町長になった橋本氏が町の再生に向けて新たな取り組みを始めました。まず着手したのは、借金を減らし、「収入を増やすこと」です。財政改善・資金確保のため、売電事業やふるさと納税制度の拡充などに着手し、成果を上げています。
 次々と新規事業に着手し、職員の意識と能力を高めるための研修、企業誘致、地方創生とチャレンジを続けています。

 今回の授業では、橋本町長の挑戦の中で、リーダーとしてどのような決断・判断をしていったか、挑戦の前に立ちはだかる困難をどうクリアしていったのか、境町での取組みを通して、若者に伝えたい、リーダーとしての在り方をお話しいただきます。

また、スペシャルゲストも登場予定なので、お楽しみに!

 

◆お申込み◆

 1日受講を希望の方は、ashitanogakkou@gmail.comに
 お名前をお送りください。

 

◆1日体験受講料◆
 1回目・・・・・・無料
 2回目以降・・・・社会人/1,000円、学生/500円

 

◆その他◆
 ・筆記用具をお持ちください
 ・服装は私服で大丈夫で
 ・車の方は、建物正面もしくは裏(第二)の駐車場をご利用ください(無料)
 ・1日体験授業は無料で参加できます

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

あしたの学校さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。