2005-11-27 20:52:22

足尾歴史館その後②

テーマ:足尾の町民たち

今回は、足尾歴史館・館長の長井一雄さんから最近来たお便りを紹介します。


幸い、初期の段階では想像もしなかった5000名近くの方が入館され、当事者の私たちが驚いているくらいです。特に教育者、専門分野の方々、学校関係者、地方自治体関係者等、歴史館を目的に来られる方が多く、本当に中身が濃くなって来たと毎日毎日充実感でいっぱいです。


入館される時は公害の原点の町だとか、はげ山ばかりと思っていたとか、どこかで、かすかに知った知識しかもっていない方々、また、知識はあったけれど、これだけ、江戸、明治、昭和と活躍し、日本の近代化に大きく貢献したとは思わなかった。又、公害防止にこれほどの資金と人材と技術を投入したとはぜんぜん知らなかった。「本当にすごい」「びっくり」「発想をまったく考え直さなくては」と多くの方が言って感動され、帰っていただくこと、とてもうれしいし、ありがたいし、頑張っている事、とても大事だと思う毎日です。


12月から3月の4ヶ月は水が凍ってしまい使えない為休館しますが、フィールドワーク(HPで募集)とか勉強会などは続けていきます。又18年4月からの新しい展示物もこれから大変な作業をして準備して行こうと思っています。3年かけて全国から来られる人たちに私たちの意志、意見を伝え、今迄とまったく違った角度で見てもらえ、理解していただけるよう努力していこうと思っています


前にも書きましたが、この郷土資料館は、足尾町が運営しているのではなく、長井さんたち住民有志が設立し、説明やガイドもボランティアで行っています。ですから、必要資金は、自分たちで調達しなければなりません。「足尾歴史館友の会」という支援のための組織がありますので、どうか会員になって資金的な援助をしていただきたいと思います。
個人会員は一口2,000円ですが、送金方法は、前回紹介した同館のホームページにリンクすればわかります。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-11-20 21:18:24

足尾歴史館その後①  

テーマ:足尾の町民たち

半年前の5月に、足尾歴史館の開館のことをお知らせしましたが、一休みして今回は、住民たちが自主運営するこの歴史館のその後を、経過報告いたします。


会館4ヶ月目の8月下旬に、入館者数は2500人を突破。11月3日には4000人に達しました。
見学者をボランティアでガイドする館員の便りによれば、明治30年の公害防止工事の大きなパネル写真は、大変インパクトがあり、ほとんどの人が驚くということです。


この工事が、大変な人手と大金を投じたことを始めて知らされるのですから、当然だと思います。
副館長の池野さんからのメールによれば、たいがいの人が、「今まで考えていたのと全く違った。」、「見方が変わった。」、「感動した。」、「意識が変わった。」といった感想を言うそうです。

明治の写真師・小野崎一徳の写真は実に見事で、当時の足尾銅山の真実を100年後のわれわれに、直説伝えてくれるからでしょう。


中学・高校の歴史の先生の集まりである、「全国歴史研究会」のメンバーも来館したそうですから、教科書の記述もいずれ訂正の動きが始まると思います。


8月下旬には、ホームページ伝えたい、足尾銅山の光と影。足尾歴史館 が開設されました。その中にある掲示板には、「私の足尾観は180度近く変えさせられました。」と言うコメントも入っています。
とにかく、一度アクセスしてみてください。


前回の記事に「無題」というタイトルのコメントが入りました。
私としては、ありがたく拝聴いたしますが、「そうですか」という返答しか出来ませんので、ご了解ください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-30 10:04:26

あっこちゃんからの手紙

テーマ:足尾の町民たち

「足尾歴史館」に関する話のつづきです。ここを運営する市民グループの一人である主婦、自称「あっこちゃん」からも、私に宛てて手紙が来ました。
前回に続き、これもまたその一部を紹介します。


足尾のガイドをするにあたり、こんなことを言われました。
「足尾に対して何を語ろうと、公害を出したには違いないんだから」と。
付け加えて、水俣病のチッソとかと、同じ扱いの言われ方をされました。しかし、公害防止工事に関しても、誠意が違います。
もう一つは、世界遺産の話が出ていることを言ったとき、「これ以上また恥の上塗りをするのか」という返事が返ってきました。
しかし、私は両方とも反論することができませんでした。せいぜい心の中で違うと。本当に情けないと思いました。だれにとっても難しいのです。みんな知らないのです。何が真実か。
だからこの本を読んでほしいと思います。
みんながえらいと思っている人を、批判するなど、書かずに知らんふりをします。この方がいい人でいられるし、楽なのです。
みんな一言で知っているようなふりをします。一方が毒を流した悪い奴、一方は弱い農民を救った偉い人。
そして田中正造はお国自慢になるのです。それがくつがえったら大変なことになるのです。
今、私は足尾を誇りに思っています。そしてこの本が出たことで、もっと心強く思っています。


5月11日付の「あっこちゃん」からのハガキによれば、足尾歴史館の入場者は1000人を越えたということです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-24 10:32:53

足尾楽迎員のこと

テーマ:足尾の町民たち

「足尾歴史館」の話を続けます。
住民グループの「足尾楽迎員協会」は、江戸時代以降銅山とともに歩んできたこの町のことをもっと知りたいと、平成13年から月一回の学習活動をしてきました。
そして、その歴史や、今も残る産業遺産を多くの人に伝えたいという気持ちから、ガイドブックを作ったりしていました。その過程で、どうしても住民自らの手で「場を提供する施設」を持とうと考え、町立の旧スケート場を借用して、今回「足尾歴史館」を開設したのです。
私の『直訴は必要だったか―足尾鉱毒事件の真実』は、開設の半年前に発刊されたので、楽迎員協会の皆さんにとってはピッタリのタイミングでした。この本の読後感を、会長の長井一雄さんは手紙でこう書いてきました。

「歴史がひっくり返る。正しく今回の本は私達が始めようとしている根源になることで、とてもドラマを感じます。しかし実に残念ながら足尾の住民たちの多くが足尾を語れない、自信をもって誇りを持って語れないのが事実です。」
「そんなときの本ですから、勇気を持って堂々と知らしめてゆく絶好のチャンスになりますし、事あるごとに説明ができるバイブルのような気持ちでいっぱいです。私は砂川さんの勇気に感服し、エネルギーを与えていただきました。」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-12 09:46:50

足尾歴史館オープン

テーマ:足尾の町民たち

NHK総合テレビでも報道されましたが、去る4月2日、かつて日本一の銅山として盛況をきわめた栃木県足尾町に「足尾歴史館」がオープンしました。
これは、住民グループが独力で設立した全国的にも異例の郷土資料館で、「足尾楽迎員協会」(会長は長井一雄さん)の会員である住民が、訪問者を「楽しく迎える」をモットーにガイド役をつとめます。
足尾といえば、「公害の原点」などと負の面だけが強調されがちですが、日本の近代化に偉大な貢献を果たした光の側面も発信する意図をもって、運営するとのことです。この意味で、足尾鉱毒事件の真実と、古河市兵衛の生涯にかかわる私(砂川)の二冊の著作と、その精神を共にしているともいえます。
この本に眼を通した上で、この歴史館を一度訪ねてみてください。きっと新しい発見があると思います。


足尾歴史館
電話:0288-93-0189

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。