2008-12-24 20:54:20

東海林・菅井の『通史足尾鉱毒事件』・6

テーマ:メディアのばらまく偏見と嘘

岩波新書の『田中正造』と同様、この本もまた、被害民と古河との示談契約について説明しています。
ポイントになる部分を引用します。


「示談契約は被害補償ではなく、徳義上という企業責任をあいまいにした、慈恵的名目のわずかな金額で、被害農民の口と権利行使を封ずるものであった。その示談金額は(栃木県の場合)、1反歩平均1円70銭。栃木・群馬両県の合計は、約10万9,000円であった」


皆さんは、原爆被害、サリドマイドやC型肝炎その他数多くの薬害事件、水俣病その他の公害事件をニュースで知っていると思います。その際に行政や加害企業が被害者に対してどのように対応したかも、よくご存知のはずです。


公害の原点とされる足尾鉱毒事件では、田中正造が議会で最初の質問をする前に、栃木県知事は示談による解決を提起し、加害者の古河市兵衛は加害者責任を直ちに認識し、そのために、今の金銭感覚では10億9,000万円を支出しているのです。
いったい、このような事例のニュースを皆さんはご存知ですか。


被害者への対応として、これ以上誠実な事例はないはずです。
それなのに、「企業責任をあいまいにした、慈恵的名目のわずかな金額で、被害農民の口と権利行使を封ずるもの」と批判するとは、いったい何と的外れなことでしょう。


示談金支払いの対象になった田畑は、1万町歩(1万ヘクタール)という広大さなのです。著者たちに、「1反歩平均1円70銭」だから少ない、とけちを付ける権利がどうしてあるのでしょう。
「会社が潰れてもいいからもっと支払え」というつもりでしょうか。


その翌年の正造の発言とその結果について、この本は次のように書いています。


「1892年5月、正造は第3回帝国議会で・・・再び農商務大臣の責任を追及し、鉱業停止を要求した。この田中の叫びに、明治政府はおろか、被害農民すら耳を傾けなかった」


被害農民は古河に不満をもたなかったわけですから、耳を傾けなかったのは当然のことではありませんか。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-12-20 21:45:21

東海林・菅井の『通史足尾鉱毒事件』・5

テーマ:メディアのばらまく偏見と嘘

前回に書いた田中正造による虚構については、本文の19ページあたりに著者の東海林吉郎はさらに詳しく説明しています。

この虚構をあばいたのはこの人なので、発言する権利は充分にあるわけです。発表した時期は昭和51年。それまでは学者も研究者もこの嘘を信じきっていたので、相当ショッキングなことだったようです。


荒畑寒村の『谷中村滅亡史』、宇井純の『公害原論』、三好徹の『政商伝』、木本正次の『四阪島』のほか、日本歴史の事典では最も詳細な吉川弘文館の『国史大辞典』も、正造の嘘を完全に真実の情報として読者に提供しているのです。


嘘か本当かを確かめるのはきわめて簡単で、古河鉱業の社史を読めばいいだけです。

当時はほとんど生産能力がない赤字の銅山だった事実が、そこからすぐわかるからです。

しかし、最低限必要な事実調べさえ、みんな怠っていたわけです。


本題に戻りますが、東海林吉郎は、正造が明治30年2月の帝国議会で始めてこの嘘をついたことなどを説明したあと、被害農民の庭田源八の記録である『鉱毒地鳥獣虫魚被害実記』(明治31年)も、正造の嘘に呼応して描かれていること、それが、栃木県知事の布達が長く信じられてきた理由になったことを説明しています。


しかし、東海林は正造の行為については何にも責めていません。戦略的虚構だったと評価しているのです。嘘を言うことは不正行為です。本来は許されることではありません。


私がほんのちょっと調べただけで、前記の庭田源八の記録のほかに、『足尾銅山鉱毒問題実録』(明治30年)という偽情報があり、そこには、「明治13年夏には渡良瀬川の水を飲んだ者の唇が、直ちに紫色になり、洪水による流木で焚き火をした人の顔や手足がたちまち亀裂した」などと書かれてあります。


嘘は嘘を呼び、当時でさえこんな嘘が広まっていたのには、驚きを禁じえません。現代人は正造が正義の人で、絶対に嘘つきではないと思っていますから、罪はさらに大きいといえます。


東海林は戦略的虚構だったといいますが、私は、正造が公害発生年についてまた別の嘘をついているのを見つけました。

彼は、野口春蔵宛の手紙に、「小山八郎の家の庭、下羽田の問屋の近辺、雲竜寺辺、下野田の石川輝吉の庭などが、明治14~15年頃、鉱毒で惨憺たる状態になっていた」と、絶対にあり得ないことを書いています(明治36年9月4日)。


つまり、正造は生来の嘘つきなのです。ですから彼の発言は信用してはいけないのです。それなのに東海林らは正造を絶対者に祭り上げ、その嘘を根拠にして足尾鉱毒事件を説明しているのです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-12-17 20:28:03

東海林・菅井の『通史足尾鉱毒事件』・4

テーマ:メディアのばらまく偏見と嘘

「まえがき」から引用をしたい部分はまだあります。


次の文章をあなたはどう思いますか? 


「ちなみに、従来の関係者は、おしなべて、鉱毒被害の顕在化について、明治12,3年に魚類が大量死したことにより、13年または14年、あるいは13年から3年連続に、県令(県知事)の藤川為親が渡良瀬川の魚獲・売買・食用を禁ずる布達を出したという、田中正造による虚構を根拠にしていた」


「このため、銅山の歴史および技術の近代化と密接に関連している被害の顕在化について科学的な整合性を欠き、鉱毒が江戸時代から300年流れ続けていたとする迷妄を生み、結果的には古河の責任はその3分の2に過ぎないという、企業側の論理を支えることになったのである」


この本の著者は、田中正造が公害の発生した時期について、知事が布達を出したという作り話を創作して嘘を言ったという事実を紹介しています。


本来なら、この場合嘘をついた正造を非難しなければいけないのに、その嘘を信じた馬鹿正直な田中正造信者の方を、「企業側の論理を支えることになった」と非難しているわけです。
何とも不思議な論理ではありませんか。


そもそも、著者らがいう「田中正造による虚構」は、すぐばれるようなお粗末な嘘で、調べればすぐ分かりますが、一生涯嘘をつき続けた虚言症の彼の一面の現われに過ぎません。


したがって、「田中正造の発言は信じてはいけない」と、私などは疑ってかかりますが、著者たちは彼の嘘をこの場合だけだと決めてかかり、これ以外は本当だと信じてしまっているわけです。事実を正確に認識する判断能力が全くないことがわかります。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-12-13 19:42:05

東海林・菅井の『通史足尾鉱毒事件』・3

テーマ:メディアのばらまく偏見と嘘

「まえがき」からの引用をつづけます。


「明治政府は、日露戦争の開戦準備の一環として、鉱毒問題を治水問題にすりかえ、農民たちの鉱毒反対闘争に対して徹底した弾圧政策をとり、今日の公害問題にも共通する体制と公害企業の癒着構造を、劇的に刻んでいる」


「生涯をかけてこれと取り組んだ田中正造の行動と思想は、人権と環境の問題、さらに反戦・平和の課題を担うものとして、鋭く現代を照射している。
田中正造の思想は、いまあらためて現代に甦らせることが求められているのである」


皆さんは、ここに書かれた文章の意味が理解できますか?
「日露戦争の開戦準備の一環として、鉱毒問題を治水問題にすりかえ」は、絶対に分からないだろうと思います。


著者が勝手にそう書いているだけで、事実とは無関係だからです。


政府が「徹底した弾圧政策をとり」も、全くの嘘です。
明治政府は「農民たちの鉱毒反対闘争に対して徹底した」防止対策をとったので、被害にあった農地は回復しています。これが事実です。


ですから、「今日の公害問題にも共通する体制と公害企業の癒着構造を、劇的に刻んでいる」は、とんでもない創作としかいい得ません。


政府の公害対策が成功したにもかかわらず、これを否定して政府を批判し続けた「田中正造の行動と思想は」、したがって、見当違いのドンキホーテ的なもので、これを「反戦・平和の課題を担うもの」などと認識することは、馬鹿馬鹿しい妄言にすぎません。


「反戦・平和」を唱えればいいと思い込んでいる著者には、左翼の文化人気取りの愚かさが感じられてあきれるばかり。時代錯誤の学者の象徴みたいな趣きがあります。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-12-10 20:27:25

東海林・菅井の『通史足尾鉱毒事件』・2

テーマ:メディアのばらまく偏見と嘘

まず、この本の「まえがき」から少し引用し、批判を試みてみます。


「日清戦争による鉱毒被害の激化が、田中正造を指導者とする鉱毒反対闘争を生み、足尾鉱毒問題は明治期後半における最大の社会問題になったのである」


「日清戦争による鉱毒被害の激化」とありますが、なぜ公害と戦争と関係づけるのでしょう。戦争は悪で公害も悪という単純論法を持ってきたお粗末さが、すでにまえがきから読み取れます。


「田中正造を指導者とする」とありますが、私には、田中正造は闘争の指導者だったとはとうてい思えません。


指導者は、野口春蔵などの被害農民であって、被害者でもなく農民でもなく、国会議員に過ぎない正造に指導者の資格などありえないし、彼には指導者になる実力はなかったし、本人もそれを認識している発言をしているからです。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-12-06 21:07:28

東海林・菅井の『通史足尾鉱毒事件』・1

テーマ:メディアのばらまく偏見と嘘

昭和59年に新曜社から刊行された、東海林吉郎と菅井益郎のこの共著は、たぶん岩波新書の『田中正造』に次いで読まれている類書だと思います。


東海林吉郎はこの分野では相当よく出来る研究者ですし、菅井益郎は平凡社の『世界大百科事典』の「足尾鉱毒事件』を執筆している、いわばこの分野の権威のような学者だからです。


しかし、私は、この本のサブタイトルの「1877-1984」にひどい誤魔化しがあることを、まず問題にしたいと思います。
その理由は、一つの事件は百年以上続くわけがないのいに、無理やり長期間に引き伸ばしてこの事件を問題にしようと意図しているからです。
1877年は古河市兵衛が足尾銅山を買った年、1984年はこの本の出版年。事件とは何の関係もない数字です。


公害問題が発生したのは1885年頃、公害対策が成功して被害農地が復旧し、事件が解決したのは1903年頃ですから、あまりにも無茶な引き伸ばしをしています。


そもそも「事件」という言葉に百年以上の時間は含まれません。「足尾鉱毒問題の百年」とでもいうのであれば問題はありませんが、「歴史」と事件とは概念が全く違いますから、これを一緒くたにするのは無茶苦茶です。


「百年公害」という言葉がありますが、おそらくこの人たちが広めようと意図したのでしょう。いったいそうまでして、何で古河鉱業を非難しなければならないのでしょう。私には意味が分かりません。


ともあれ、この本もまた、田中正造の言動を善とし、政府や古河側を悪とする馬鹿げた哲学によって書かれているので、具体的にその間違いを指摘していきます。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。