2007-01-28 20:31:42

清水書院の高校「日本史A」

テーマ:検定教科書の嘘・いつわり

これで歴史教科書の検討は終えますが、これも明らかに偏向教科書といっていいと思います。
188頁の「公害問題」という見出しの文章を、全文引用します。

銅の生産の増加にともない、別子や小坂など各地の銅山で煙害などの公害問題が発生した」


「古河の経営する足尾銅山では、渡良瀬川へ流出した鉱毒が流域の田畑に被害を与え、ことに1896年7月から9月に起こった大洪水は、1府5県に被害がおよび、大きな社会問題になった」


「栃木県選出の衆議院議員田中正造は鉱毒問題の解決に力を尽くし、のちに議員を辞して天皇直訴まで行った」


「これに対して政府は、谷中村を廃村にして遊水池をつくり、鉱毒問題を治水問題として処理した」


明治政府は1897年に公害防止工事を古河に命令し、古河はこれを忠実に履行しました。その結果、鉱毒の流失が止まったことが、政府の調査によって1903年に確認されています。
にもかかわらず、公的な記録があるこうした事実をすべて無視し、鉱毒問題解決に次ぐ洪水対策として計画した谷中村の遊水池化に対し、「鉱毒問題を治水問題として処理した」と政府を批判するのは、全くの筋違いに他なりません。
歴史的事実の改変であり、偏向した歴史観の表明であり、子供たちに嘘をついた、ということができます。 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-01-21 21:01:35

三省堂の高校「日本史A」

テーマ:検定教科書の嘘・いつわり

この教科書の記述は簡単で、全文を引用しても次の程度です。


「足尾銅山では、1896年、大洪水で鉱毒をふくんだ廃水が数万町歩の農地に被害をあたえた(足尾鉱毒事件)。田中正造は代議士をやめ、農民らとともに、政府や天皇に惨状をうったえ、キリスト教団体や社会主義者らの救済運動もおこったが、政府は公害問題の抜本的な解決を行なわなかった。」


昨年の6月、私は、三省堂に宛てて次のような内容の手紙を出しました。


「別紙に書いたように、実際は、明治政府の対策が成功して被害農地は復旧しており、抜本的な解決を見ております。このような虚偽を教科書に記述しつづけることは、読者への裏切り行為であり、何らかの形でお詫びと訂正をすべきと考えますが、貴社のお考えをお聞かせ願えれば幸いです。」


同社の社会科教科書編集室からは、折り返し、次の返事がありました。


「ご指摘につきましては、執筆者に問い合わせ、そのうえでお返事させていただくことになりますが、教科書という特別な印刷物へのご照会でございますので、慎重なる検討をさせていただきますので、若干のお時間を頂戴いたします。勝手な申し出で恐縮ですが、その旨、ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。」


以来半年以上経ちますが、何の返事もありません。「執筆者に問い合わせる」そうですが、それで何かがわかるのでしょうか。
執筆者は抵抗するに決まっています。こんな簡単な事実調べぐらい、出版社にもすぐできます。

なぜそれをしないのでしょう。不思議でしょうがありません。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-01-14 21:43:36

実教出版の「高校日本史B」

テーマ:検定教科書の嘘・いつわり

173頁の「歴史のまど、足尾鉱毒事件」には、次のようなことが書かれています。


「政府と関係が深い古河市兵衛が所有する栃木県足尾銅山の排水の鉱毒が渡良瀬川を汚染した。」(1)


「また周辺の山林は煙害で荒廃して洪水の原因となり、沿岸の田畑に被害を急速にひろげた。」(2)


「政府は鉱毒を認めず、被害農民の運動を弾圧した。」(3)


「政府は公害問題を洪水問題に転化し、谷中村をつぶして、洪水防止用の遊水池にすることを決定したが、田中は谷中村に住みこんで最後まで抵抗した。」(4)


(1)についていえば、「政府と関係が深い古河市兵衛」は、全くの嘘です。
政府は、「期限内に完工しなければ足尾銅山を操業させない」という厳しい条件で、公害防止工事を命令しています。公害の歴史では皆無のことです。「関係が深い」などと言えるわけがありません。


(2)の洪水の原因についても不確定な説明で、本当だとは言えません。
渡良瀬川は、江戸時代から洪水が多発した川で、定説は、「だからこそ沿岸の田畑は肥沃だった」となっています。


(3)は事実とは正反対です。「政府は鉱毒を認め」、「被害農民の運動を受けて」公害防止工事を足尾銅山に命令し、その結果鉱毒の排出は止まり、被害農地は復旧しています。どうして「被害農民の運動を弾圧した」ことになるのでしょう。


(4)の文章は、明らかに矛盾しています。
「洪水防止用の遊水池にする」と書いてあるのに、なぜ「公害問題を洪水問題に転化した」などといえるのでしょうか。
公害問題が解決したので、政府は洪水対策を立てたのです。
沿岸の農民もこぞって政府案に賛成しました。田中正造の抵抗は、谷中村民のためですが、大多数の農民は彼と反対の立場をとったのです。
それでも、正造の行動のほうが正しいと生徒に教える、理由はあるのでしょうか。















AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2007-01-08 21:39:44

東京書籍の「日本史B」

テーマ:検定教科書の嘘・いつわり

この高校教科書の283頁、「田中正造と直訴状」には、以下のように実に不思議なことが書かれています。


「栃木県選出の代議士であった田中は、議会で足尾銅山の鉱毒による被害の実状を取りあげて政府を追及した。被害住民も上京し窮状を訴え、1901(明治34)年田中は天皇に直訴をくわだてた。」
「鉱山側も鉱毒予防の工事を行ったが、鉱毒による被害はじゅうぶんな解決をみることができなかったうえ、政府による遊水池造成はかえって被害の地域を拡大させたので、田中は生涯をつうじてこの問題に取り組んだ。」


これまで何度も証拠を挙げて説明したように、鉱毒予防工事の結果農地は復旧しており、被害は解決しています。
「じゅうぶんな解決をみることができなかった」は、したがって虚偽だということができます。


とんでもないのは、「遊水池造成はかえって被害の地域を拡大させた」で、そんな事実は、どのような資料にも書いてありませんし、理論的にもありえません。つまり、あまりにもめちゃくちゃな解説ということができます。


それに、遊水池の造成は田中の死後のことですから、「生涯をつうじてこの問題に取り組む」ことなど、できるはずがないではありませんか。

まさしく奇想天外な記述です。あまりにも馬鹿馬鹿しく、恥ずかしい教科書ではありませんか。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。