17歳の軌跡

テーマ:


出版社/著者からの内容紹介
さまざまな夢を抱えていた12年前の「17歳」たちは、いかに90年代を生き、21世紀を目前に何を考えるのか。写真家は再訪の旅に出る


内容(「BOOK」データベースより)
少年少女が育んできた時間と、失ったいくつかのこと。あなたはどこで何をしていましたか?そして、あなたはこれからどう生きていきますか?僕は、かつて「17歳」だった彼らをもう一度訪ねる旅に出た―。北海道から沖縄まで、さまざまな軌跡を描いた38人による青春の記録。



この本は、17歳の時にインタビューした人の10年後を追った本です。

女優の工藤夕貴さんのインタビュー記事も載ってますよ。

17歳の10年後は27歳、17歳の時にこういう人になりたいとか語っていた人の10年後は果たして…


感想としては、三者三様人それぞれに変わっていく人もいればそのままの人もいるし

だからこそ面白いんだと思う。

本の中でのインタビュー記事で印象に残ったコメントを紹介します。

「今、やってる所でおもしろくできなきゃ何をやってもだめと思う」

自分は今、ほぼ1日中会計士の勉強ですが、できるだけ楽しくやろうと心掛けています。

なんと言いますか、自分が合格に1歩ずつ近づいているんだと少しでも実感できるように。

そんな、頑張ってる自分を好きになれるように(ナルシストではありませんよ)

今やってる会計士の勉強を修行と捉えるのではなく、自分で道を切り開いていくんだと実感できるように

明日の企業法の答練で本番だと思って、上位を取りに行きます。

お疲れ様でした。


Asian Kung-Fu Generation 海岸通り


AD

自分の好きな本

テーマ:
勉強時間【10】
企業法 14回 簿記短答問題集②
租税法問題集 序論 受取配当金

手紙 (文春文庫)/東野 圭吾

¥620
Amazon.co.jp

ちょっと読書ネタを書こうと思います。
自分は本を読むことが好きなので好きな本をちょこちょこ紹介します。

この本は、自分が読んだ本の中で、ベスト5に入ります。
あらすじは、強盗殺人犯の弟のお話です。
加害者の側からしかも事件に関係ない加害者の弟が、事件をきっかけにどう生活が変わっていくのか描かれています。直樹(主人公)が進学、恋愛、就職と幸せをつかもうとするたびに「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかっていきます。
自分のこの本を読んでの感想は、「自分は恵まれているんだ」と強く感じました。
あと1つ由美子は沢尻エリカじゃない!

お疲れさまでした。


AD