帰福

テーマ:
地元に帰って来ましたー。約1ヵ月ぶりに、落ち着くつきますねー。やっぱ故郷は

去年は、23日から実家に大量のテキスト&プリント類とともに帰り実家で合宿みたいなことやってまし

たね。

今年1年を振り返ってみて、今年は「我慢の年」だったなぁと思います。

年明けから5月の短答までが大変でした。

1月:論文模試、大学のテスト、卒論

2月,3月:週4,5で答練の日々、論文模試

4月,5月:短答の勉強、特にGWは、2週間ぐらいずっと家に引きこもってた

6月~8月:論文試験の勉強

9月:就活で全敗、就活と並行して9月にマンションの契約が切れるため、家を明け渡す作業

10月:フィリピンで留学

11月:合格発表、就活と新居への引っ越し

12月:車の免許とかバイトとか色々

こう振り返ってみると、来年から働く訳で、来年どうしようかと色々考えております。

ではでは


 
AD

バタ子2

テーマ:
昨日は、イブですが18時から市ヶ谷で補習所でした。


17時にバイトを終わり、ダッシュで地下鉄成増まで行き、そっから有楽町線で市ヶ谷に向かおうとした

ら、護国寺駅で辰巳駅での発煙騒ぎにより運転見合わせ、ダッシュで改札を出てタクシーを拾い

飯田橋駅へ、そっから一駅なのになのに

「逆方面の電車にのり、1駅戻る」

んでもって、市ヶ谷駅に着いたのは50分過ぎ

そっから、地下鉄専用の改札に間違えて入りUターン

そっから、会計士協会のビルまでマラソン

そして、ギリギリ間に合う(17時57分頃着)

んで今日は、8時50分に勝どきに集合なのに

8時45分に起きる、ギリギリではなく完全にアウトですね。

そして19時に免許の技能講習を予約してました。

自分の予定では17時にバイトが終わり、そっから家に戻って免許の学校に行こうと思ってたら。


実際は、18時にバイトが終了、今日は1時間ぐらい遅刻している為、17時に上がってもいいですか?

なんて、口が裂けても言えないし、てな訳で、バイト先の車にのっけてって貰い高島平まで行き、

そっから免許の学校までまたマラソンしました。

そしてギリギリ間に合いました。

なんでこんなに急いだかというと


当日の技能の予約のキャンセルは直接学校(和光市)に行ってキャンセルの申込をしない限り

キャンセル料は5000円かかるからです。

今週は怒涛でした。

お疲れ様でした。

AD
夢をかなえる人の手帳2010/藤沢 優月

¥1,575
Amazon.co.jp

「本当に大切なものを、もう1度確かめる」

自分にとって、会計士試験に合格することは「夢」ではなく「就職活動」です。

つまり「職」つまり「技」を得ることです。

自分の仕事での夢は、自分の持つ「技」によってお客様から「ありがとう」の一言を頂くことです。


今日の「カンブリア宮殿」を見て感じたのですが、モード学園の谷先生は、

最近の就職活動は「就社活動」になっている。

とつまり、企業に所属することを重視して、そこで何をするかを重視するかを考えているかを

考えていない学生が多いとのことです。(自分の周りはそうは感じなかったですが)

話を上の手帳に戻します。

「夢を持つ」とは、あなたがあなたである理由に出会うということ

夢とは、ふわふわしたものではなく、生きる基準となる星のようなもの。

大空にあって動かない、北極星のような存在。

とかくぶれることが大きい日々の時間でも、その星に向かって歩いてゆけば安心です。

夢は、私たちの人生の時間に方向を与えてくれます。


とのことです。


ちょっと、来年をどういう風に行こうか、計画を立ててる時に、この手帳に書いてあったことを一部抜粋して紹介しました。

今年も「夢かな手帳」(恐らく4年連続)使ってます。


AD