転職

ワイドショー大好き!超大手外資系生命保険会社勤務スーパーOLによる仰天びっくり丸秘転職ニュース!


テーマ:

 「転売してもうけた差額分をあげる」とうそを言い、東京ディズニーランド(TDL)のチケット代金名目で現金をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた双子の姉妹のうち、姉の元保険外交員古山直美被告(29)は22日、千葉地裁(作田寛之裁判官)の初公判で起訴事実を認めた。


 冒頭陳述によると、古山被告は2002年、TDLのスポンサーに勤務し、チケットを割安で購入していた。ライバル社に転職後、元勤務先から手に入るチケットを同僚に割安で譲り喜ばれていたが、スポンサー名が記載されていたため、代わりに正規チケットを購入。これらも割安で譲り続け借金が膨らみ、穴埋めのため犯行に及んだ。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

最大の関心は「医療」、統計局が国民の意識調査


  中国国家統計局はこのほど、国民の安心感に関するサンプル調査の結果を公表した。関心ある社会問題では、「医療」を挙げた人が15.3%で最多。以下、「人々の気風」の14.3%、「治安」の13.2%と続いた。


  その他、「教育」、「就職と失業」、「官僚の腐敗」、「給与と待遇」、「環境保護」、「住居」などへの関心が高いことが明らかになったという。


  調査は、全国10万1029世帯から16歳以上の対象を1人ずつ選び、実施した。同様の調査は、今回が7回目という。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

「ラテール」,次期大型アップデートは1月22日に実装。新マップ「アトランティス」などのスクリーンショット56点を掲載


 ゲームポットが運営する「トキメキファンタジー ラテール」の次期大型アップデートが1月22日に実装されることが明らかになった。このアップデートでは二次職に転職できるという“転職システム”とPvPシステムの実装だけでなく,新マップ,新クエスト,新アイテムなどの追加が行われる予定だ。


 2007年12月28日に,二次職のスクリーンショット48点を掲載したが,今回は新マップ「アトランティス」と新NPCのスクリーンショット/アートワークを入手したので,画像集に追加した。NPCの画像では,キャラクターの姿だけでなく台詞も見られるので,それぞれの性格の違いも分かるだろう。


 また,二次職の画像は各職業ごとに5点ずつ,計40点を追加掲載してある。各職業の特徴や転職方法を先行発表記事で確認しつつ,実装日である1月22日を待とう(追加画像は198~253)。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

転職活動は「一期一会」 - マイナビ転職のインターネット調査


毎日コミュニケーションズは、同社が運営する転職情報サイト「マイナビ転職」にて「あなたの転職活動を四字熟語で表すと?」というアンケート調査を実施した。この調査の結果、もっとも多かった回答は"一生に一度だけの機会"という意味をもつ「一期一会」だった。


さらに2番目に多かった四字熟語は"あることをきっかけに、気分をすっきりさせる"という意味の「心機一転」。しかし、実際に転職活動を始めると苦労することも多いようで、3位には"手がかりのないまま、いろいろ試す状態"を表す「暗中模索」、4位には"物事のようすが分からず、見込みが立たない"という「五里霧中」が続いた。しかしながら、苦しい状況にも打ち勝とうという転職活動者の強い意志を反映してか、5位には"何度転んでも、それに屈せず起き上がる"という「七転八起」が続いた。


この調査は、毎日コミュニケーションズが「マイナビ転職」の新規会員登録者より自由回答式のアンケートにより行ったもの。調査期間は今年(2007年)10月5日から11月7日の約1カ月で、回答総数は671だった。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

新人の転職志向 最低の34%


 社会経済生産性本部が20日発表した2007年度新入社員の意識変化調査によると、「条件の良い会社があればさっさと移るほうが得だ」との回答が34・1%と3年連続で低下し、秋の調査としては1991年の調査開始以来の最低となった。


 また、「今の会社に一生勤めたい」は34・6%と4年連続で上昇し、春の調査(45・9%)に続いて秋の調査でも過去最高となった。


 「条件の良い会社があればさっさと移るほうが得だ」と答える人の割合は99年秋に53・0%とピークに達したが、その後は低下傾向が続いている。逆に、「今の会社に一生勤めたい」は98年秋に14・2%まで落ち込んだものの、その後は徐々に増加し、05年からは急ピッチで上昇している。若者の安定志向の強まりを示していると見られる。


 「社内で出世するより、自分で起業して独立したい」という回答も20・3%と、春の調査(18・3%)に続いて過去最低となった。04年秋には35・2%あったので、3年間で4割以上も低下したことになる。


 業績・能力主義的な給与体系を希望する回答も95年の76・9%をピークに低下傾向が続いており、今回は57・5%と初めて6割を切った。


 一方、「先輩と意見が対立しそうなときに、先輩の顔を立てて黙っている」は46・2%と過去最高となった。春の調査(37・1%)との差が9ポイント以上あり、昨年の春と秋の差(0・7%)に比べて著しく拡大している。


 この調査は、同本部が毎年春と秋に実施している新入社員教育プログラムなどの参加者を対象に行われ、今回の有効回答数は973だった。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

独法・公益法人…天下りやまず


 政府は26日、昨年8月から1年間に退職した課長級以上の国家公務員1285人の再就職状況を公表した。


 退職者で再就職を確認できたのは全体の86・3%にあたる1109人(前年比33人減)。このうち、許認可などで中央官庁との結び付きが強い独立行政法人のほか、公益法人(財団、社団)、特殊法人、認可法人に再就職したのは523人。前年比で17人減少したが、退職者のうち約4割も占める“天下り”の実態が浮き彫りになった。


 独立行政法人には、厚生労働省や経済産業省などから計67人が再就職した。ただ、政府が同法人の見直しを進め公務員OBを削減した結果、前年に比べ23人減った。


 財団法人には283人(前年比1人減)が再就職し、退職官僚の最大の受け皿となった。このほか、社団法人には161人(同11人増)、株式会社などの営利法人には151人(同19人減)が再就職した。


 省庁別退職者数では、財務省の317人をトップに、国土交通省293人、経済産業省135人と続いた。このうち、財務省は212人が税理士などの自営業に最も多く転職したのに対し、国交省や経産省からは、財団法人や社団法人への再就職が多かった。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

NTT データ、IP-PBX「astima」向けソフトフォン発売、通話録音やワンクリック発信が可能


NTT データは10日、IP-PBX「astima」向けソフトフォンを発売する。「AGEphone Business for astima」は、株式会社 ageet の AGEphone に転送やグループピックアップなど、ビジネスで必要な機能を拡張したものだ。ひかり電話ビジネスタイプ対応の「astima VS-1601AS」に対応する。価格はオープンだが、実勢価格は8,000円前後。

新ソフトフォンは、転送やピックアップ、着信拒否、プレフィックス発信に加え、通話録音機能を搭載。事業所用の PBX 端末やコールセンタ端末として利用可能だ。

また、軽量なコールピッカーというソフトウェアがデスクトップに常駐し、画面に表示される電話番号または条件を指定した文字列を読み取って、クリックするだけで自動的に電話を発信できる。

さらに、過去にダイヤルした番号を履歴として保存し、次に入力される文字を推測して候補を一覧表示し、そのなかからダイヤルしたい番号を選択してダイヤルすることが可能だ。

PC にインストールするだけで導入できる。Outlook や Outlook Express のアドレス帳との連携も可能だ。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ナイものねだりの転職活動


 今回は求職者側の転職活動のミスマッチを、我々が行っている物流専門の人材サービスのカウンセリングなどからお伝えしよう。


 人手不足、人材不足のいま、物流企業や荷主の物流関連部署からの求人の問い合わせが増えている。我々のところへ求人依頼がある企業は、他の総合人材紹介会社や官公関連の人材銀行、チラシ、雑誌で募集しても採用できない会社が多い。


 そのためか、必要な人材はある程度、調整しなければならないと、求人内容を変更して依頼される企業が増えてきた。そういう意味では世間の相場感を持っていると言えるかもしれない。


 しかし求職者の方は、そうとは言い切れない人がいる。そういう求職者は人材不足に対して「強くアピールする」ことと「そんな理想の会社はない」という境目がわかっていない場合が多い。


 例えば、「現場改善実績あり」「転勤不可」「週休2日、残業少々」「知名度がある」「職種問わず」などは、ナイものねだりの転職探しと言える。


 前の会社で「QCサークルでコスト削減10%に貢献」と言われても、現場1つだけの経験では、改善実績とは言えないのではないか。物流は百社百様であるから、せめて2、3か所の改善経験が欲しい。「転勤不可」これは物流マンに見られる強い傾向だ。


 商社、保険、金融業界などは転勤することで、自分の価値を上げていると言っても過言ではない。全国展開の優良企業で、安定している会社や物流子会社などでは転勤はつきものだし、海運業界などはなおさらである。


 また、休みが多く、遅くまで働けないのであれば、物流業界は成り立たない。「知名度」では物流業は基幹産業ながら黒子的存在のため、宅配会社、引越会社以外は、知名度の必要性はあまり重要ではない。


 そして、最後に自分のやりたい仕事があるのかどうかである。「就社」なのか「就職」なのかの違いだ。「これが出来る」「これが得意です」というものがなければ、そもそも人材とは言い切れない。


 今度は採用担当者から嘆きが聞こえてくる。いくら人材不足の時代と言えども「私に、これを任せてもらえば大丈夫です」といった得意性、専門性を持つことと役職、年収、勤務地など、何かを犠牲にできる覚悟がなければ、受け入れる会社は見つからない。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

時給25円アップ要求へ 連合のパート共闘


 連合は6日、08年春闘で、パートの時給引き上げ要求の目安を25円にする方針を固めた。今春闘より10円上積みし、より一層の賃上げをめざす。時給の目安は1000円以上とする。交通費や慶弔休暇を正社員と同水準にすることや、正社員化に向けた制度づくりも求める。


 14の産業別労組でつくるパート共闘会議で、来春闘の要求方針をまとめた。交渉時期は、正社員の後回しにならないよう前倒しする。正社員への転換を進める改正パート労働法が来年4月に施行されることもあり、春闘でも正社員登用制度の充実を訴えていく。


 非正社員の待遇改善は連合の最重要課題。桜田高明・パート共闘会議座長は「最低賃金も上がっており、今年以上の賃上げを実現させる。組織化にも取り組みたい」と話す。


 今春闘での時給引き上げの平均妥結額は13.2円(前年11円)だった。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

もうやってられん!社保庁自主退職半年で317人も


「消えた年金」でスッタモンダの社保庁で、「もうやってられない」と退職する職員が激増中だ。
 自己都合退職者は、今年4~9月の半年間だけで、すでに昨年度1年分に匹敵する317人に上っている。
 社保庁の正規職員は約1万7000人。自主退職は5年前は年間132人だったが、消えた年金発覚後の昨年度は391人。今年度はそれを大きく上回るペースで、このままだと年間600人を超す勢い。
「世間の風当たりが強い上に忙殺され、退職者は過去最悪」と人事担当者も困惑だ。とりわけ20~30代の職員が半分を占める。社保庁改革で組織廃止・分割が決まっていることもあり、早めに見切りをつけ転職の道を探ろうということか。


転職

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。