1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2010-12-19 23:58:33

お焚き上げ

テーマ:葦船にっき

いよいよ最終段階です。

紆余曲折を経て、たどりついたのは・・・恵那。


ここまできたのも、本当にたくさんのご縁のおかげ。

感謝と喜びを、また共有できたら幸いです。


::::::::::::::::::***

えびす町内会
つなぐ葦船プロジェクト

お焚き上げのお知らせ

***::::::::::::::::::


名古屋のまちで生まれた葦船ひかり。
伊勢への航海を終え、いよいよお焚き上げです。


風と波をつれ、海の手紙を届けた葦の船。
火に守られて、満月そして月食の夜、空に帰ります。
一緒に冬至の朝日をお迎えできたら素敵ですね。



◆とき
2010年12月21日(水)夕刻点火~22日(水) *葦を燃やしきるまで。

21日月の出 16:39(月食=皆既16:40~17:53,19:00頃終了)
22日冬至 日の出 6:58


◆ところ
根の上高原保古の湖キャンプ場

〒509-7202
岐阜県恵那市東野2390-165
キャンプ場 0573-65-3595
国民宿舎恵那山荘 0573-66-7773(リニューアル休業中)
http://enasansou.jp/

※最寄駅(明知鉄道飯沼駅)から徒歩約90分です。
 なるべくお乗り合わせの上お越しください。
 なお、付近は山道のため夜間~明け方は路面凍結の恐れがあります。
 日中のご来訪をお勧めします。


◆注意
季節柄、夜は大変寒くなります。
防寒対策、カイロの準備等、十分お気をつけください。


◆参加費
一人様 1000円(バンガロー利用代)


◆持ち物
寝袋 *宿泊場所として、キャンプ場内のバンガローが利用できます(大部屋)
マイ箸、マイ皿、マイカップ
タオル(作業帰りに温泉で汗を流しましょう☆)
ご飯・飲み物・お酒 差し入れ大歓迎!

&楽器・鳴り物歓迎♪♪
・・・というか、じっとしていると寒さ倍増だと思うのです。ほんとに。
テンションあげて↑↑いけるように、歌ありダンスあり、くらいのノリで。


◆お願い
・21日昼から現地で作業しております。お手伝い大歓迎!!
・車でお越しの方は、座席に余裕があればぜひお乗り合わせください。
・ストーブ(石油式等電気の要らないもの)をお持ちの方、ご提供いただければ幸いです。
以上、御協力いただける方は唐木(090-1869-1876)までご連絡ください。
逆に行きたいけど足がない(>_<)・・・って方も、応相談!

◆温泉情報
恵那ラヂウム温泉館
〒509-7201  岐阜県恵那市大井町1685
tel 0573-25-2022 fax 0573-25-2025
受付時間10:00~20:00 500円
中央自動車道「恵那IC」より約5分

http://www.radiumonsenkan.jp/

※キャンプ場隣接の国民宿舎が改装工事中のため、入浴施設が利用できません。
こちらは、落ち武者(!)が戦の傷を癒した歴史ある温泉だとか。


◆主催/えびす町内会
つなぐ葦船プロジェクト
電話:052-710-5980
Email info@yebis.net
後援/ 愛知県、名古屋市、三重県、伊勢市
*あいち森と緑づくり環境活動・学習推進事業
*COP10パートナーシップ事業
として行っておりました。

-----------------

恵那というのは胞衣(えな=胎盤、臍の緒)という意味なんだそうです。
イザナミがアマテラスを産み落としたあと、エナを封じたのだとか。
記紀神話とは違いますが、ちょっと面白いですね。
また、恵那のヒノキは神宮の御用材にされていたそうで、やっぱり伊勢との繋がりが。
別名船覆山(ふなふせ)は、読んで字のごとく船を伏せたような形だから。
ここにも、船絡みがあって面白いですね。


標高1000mのかなり高知で、通常では考えられないほど寒さが厳しいです。
厚着に厚着を重ね、ホッカイロを仕込み、登山靴など完全防備でお願いします。

が、その分、ほんとーーーーー、に、景色の美しいところ。
澄んだ空気で月と朝日がきれいに見られると思います。
葦船ひかりが空に帰るのを、一緒に見守りましょう♪

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-12-12 21:01:41

報告会のお知らせ

テーマ:葦船にっき
こんばんは。

葦船プロジェクト、ブログの更新が大変遅れ、ごめんなさい。メンバーは元気です。

先月には葦船の解体に伊勢へ行きました。

まだまだやることもあり、これからが勝負でもあります。

お世話になった方々に深くお礼を申しあげます。


さて、まだまだ続く葦船プロジェクトですが、よく船の上や実際のプロジェクトがどうだづたかをぜひ聞きたいという声を頂きました。

そこで、一度皆様にその後を含め、現状のご報告を兼ねまして、報告会を実施致します。

急ではありますが、ご都合がつく方は足をお運びください。

以下詳細です*


::::::::::::::::::***
えびす町内会
つなぐ葦船プロジェクト
報告会のお知らせ
***::::::::::::::::::
http://www.yebis.net


葦船が伊勢についてからはや一カ月。
怒涛の日々の中、無事に航海を終えました。
多くの人の支え、天候、風、すべてが調和してできたこのプロジェクト。

関わっていただいたみなさま、応援していただいたみなさまに感謝の意を込め、私たちの航海の話、感じた心など、ざっくばらんにお話しする機会をもうけようと報告会を実施致します。

ぜひお越しくださいませ。

-----------------------------

◆とき
2010年12月14日(火)
18:30 open
19:00 start
21:30 close

◆ところ
K・D ハポン(ケーディ・ハポン)
〒460-0012
名古屋市中区千代田5丁目12-7


鶴舞線、JR、鶴舞駅より高架下を徒歩5分
※専用駐車場はございませんので、コインパーキングを利用す
るのか、公共交通機関をご利用ください。

◆ないよう
‐葦船プロジェクト 風になる‐
19:00-はじまりのことば、
   映像
20:00‐スライド、クルー体験談

食事なども楽しみつつ質疑応答など致します。

21:00 終了予定

※スケジュールは予告なしに変更されることがあります。ご了承ください。

◆参加費
一人様 2000円(2ドリンク、軽食つき)

◆持ち物
マイ箸、マイ皿、マイカップ

◆参加方法
人数を知りたいので、参加希望の方は、info@yebis.netまで氏
名、参加人数を書いてメールを送ってください。
※当日参加も可能です。



◆主催/えびす町内会
つなぐ葦船プロジェクト
電話:052-710-5980
Email info@yebis.net
後援/ 愛知県、名古屋市、三重県、伊勢市
*あいち森と緑づくり環境活動・学習推進事業
*COP10パートナーシップ事業
として行っておりました。

。・○。.・゜。・*゜・○。゜・..。・*.゜。○°・..。.

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-11-08 20:21:59

11月6日 入港!

テーマ:葦船にっき


葦船ひかり


最後の帆が、あがりました。


葦船プロジェクトのブログ


11月6日(土)、日の出とともに出立し、目指すは最終の入港地、神社港(かみやしろこう)。

外宮から続く勢田川の河口で、古来よりおかげ参りの海の玄関口として栄えたところです。

現代のおかげ参りの終着として、まさにふさわしい場所でしょう。



葦船プロジェクトのブログ


陸に近づくにつれ、ところどころで、見守ってくれる人の横をすり抜けます。


現在は海の駅として整備された港に、葦船を待ち受けるたくさんの人。


3日前に名古屋港から送り出してくれた皆さんが、はるばる伊勢まで来てくださっていたようです。
さらに、伊勢市、そして港再生に取り組む地元NPOの皆さんが、地域の皆さんにも声をかけてくださって。


最後は手に手に櫂を取り、息を合わせて漕ぎ進めます。

エーファイ、ヤーフーの掛け声が、航海の間にだんだんと大きく・揃うようになってきました。


うれしかったのが、港に待つ皆さんが「エーファイ」と声を出してくれたこと。

港の声に、船上から合いの手を入れるように、慎重に桟橋へ入れていきます。


船を無事に着けると、港から拍手が。


皆で船上に立ち、「ありがとうございました」と礼。




葦船プロジェクトのブログ


船づくりの最中、会場にお立ち寄りくださった皆さんに書いていただいた葦のメッセージを手に、

ついに、伊勢の地に立ちました。


葦船プロジェクトのブログ

このあとは入港セレモニー。そして、神宮へ・・・。



続きは、追って。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-10-30 00:49:50

台風の近づく中、本日も作業中です!

テーマ:葦船にっき




雨の気配が徐々に増す港橋広場公園で、本日も作業を進めました。



帆を縫い、パドルの材を貼り合わせ・乾かし、マストを削り…

場がすこしずつ出来ていく気がしました。



夕方からはご近所を周辺にフライヤー配りに。

急遽追加した手書きチラシで、スケジュールの変更をお知らせします。



お店や施設を中心にお邪魔すると、テレビ・新聞をご覧いただいたそうで、差し入れをいただいたり、掲示板にチラシを張らせていただけたり、と手応えは十分(^^)



会場に遊びにきてくださる方もいました。

せっかくお越しいただいたのに、葦船は台風を避けて避難中…

お見せできなくて残念です。



が、11月3日にまた、と快く応えていただき、感謝の限りです。



また、手縫いの帆を見て、懐かしがるご様子。

聞けば、ずっと港に住まいで、小学生の時には帆布のランドセルで通学していたそう(!)



こうしてご縁を繋げて、伊勢まで行けたら。

それが何よりだと思います。





台風は南方へ逸れたようですが、さすがに明日は雨となりそうですね。

港橋広場での作業は、極々縮小して行わせていただく予定です。



帆縫いは名古屋駅近くで場所が借りられることになりましたので…

よかったらご参加ください!@はなかめ庵 http://www17.ocn.ne.jp/~hitohana/






葦船プロジェクトのブログ

4500mm マストになります。










葦船プロジェクトのブログ

分厚い帆布を縫い合わせるのは一苦労・・・


でも、連日お手伝いいただけているおかげで、だいぶ進みました◎








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-10-27 23:17:12

あしぶね港まつり ~前編~

テーマ:葦船にっき

今日は、会場を栄、光の広場から移し、

港区にある「港橋広場」公園で

「あしぶね港まつり」を開催いたしました☆




寒空の中、開催された本日、

しかし、プロジェクトにかかわっているメンバーの友達や

地域の人など、いろいろな方が会場にきてくださいました。



葦船プロジェクトのブログ





会場では、葦船づくりのプロやカヌーくだりのプロのトークで、

大変、盛り上がりました。



はやり、何かひとつのことを長い年月をかけて、取り組んでいる方の

お話はすばらしかったです。



1つ1つの言葉の重みが違いますね!



お話は、夢あり、笑いあり、冒険あり、恋愛話ありのとてもおもしろく、

深いものでありました。

葦船プロジェクトのブログ





葦船プロジェクトメンバーはトークを聞きながら、

葦船の帆をチクチク縫っています。



ぬいぬいのお手伝いをしてくださる方、募集中です☆

みんなで、話をしながら、ぬいぬいの作業はとても楽しいですよ♪♪


葦船プロジェクトのブログ





みなさま、ぜひ、会場に起こしください♪

港橋広場公園は、地下鉄名古屋港2番出口の真向かいです。


(ただし、石壁(?)のようなものがあり、しかも一段下がっているので少々わかりにくいです。
出口から道路側を見ると正面に「ハーバーロッジなごや」という素っ気無い

看板をつけたビルがあります。その前です。)



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。