テーマ:
本丸占拠を兼続(妻夫木聡)の策略と疑う景虎(玉山鉄二)は、兼続に切りかかるが、仙桃院(高島礼子)がその場を鎮める。景虎を跡継ぎにしようとする家臣たちが集結し、ついに景虎は景勝と戦うことを決意、戦の準備を進める。

一方、お船(常盤貴子)は、仙桃院に、景勝のもとに戻るよう説得するが、仙桃院は、景虎のもとに残り身を挺(てい)して戦を止めると言う。お船は兼続に仙桃院の意思を伝える。仙桃院の固い決意を知った兼続は、自分が正しかったのか悩むが、お船は「自分も同じ立場なら同じことをした」と勇気づける。


ついに戦が始まり、景勝軍の優位に展開する。景虎軍は状況を打開するため、御館へ陣を移す。景虎は華姫(相武紗季)に景勝のもとに戻るよう申し渡すが、華姫は、生涯景虎の側にいることを誓う。そして、春日山城では、長引く戦に兵糧が尽きかけていた——。

兼続は、なにかにつけ景虎に目の敵にされてますね。
なんせプライドの高い貴公子ですから。
策略は兼続の父が発端だったとは、誰も思うまい。
人質のような状態で養子となり、孤独な気持ちで生きてきた景虎は、
他人に対する不信感が強いんだろうなぁ。
華姫とのやりとりが良かったです。
2人の仲睦まじいシーンがもっと見たいです。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
謙信(阿部寛)の遺言を不審に思った柿崎(角田信朗)は、景勝(北村一輝)に夜討ちを仕掛けるが、泉沢(東幹久)に切られ絶命。景勝の家臣たちは、景虎(玉山鉄二)の仕組んだことではないか、と疑うが、その景虎が現れ、自分は知らぬ、と潔白を訴える。しつこく問い詰める兼続(妻夫木聡)に、景虎は自尊心を深く傷つけられる。お船(常盤貴子)は兼続に、景虎が腹を立てていることを伝える。

翌日、謙信の葬儀が行われた。その夜、兼続の父、惣右衛門(高嶋政伸)は、急いで春日山城本丸をおさえるよう兼続と与七(小泉孝太郎)に指示する。景虎の家臣から北条家に送られた密書を入手したのだ。兼続は景勝に知らせるが、景勝は、義兄弟を裏切ることはできない、と拒否する。惣右衛門は、兼続と与七に、先に本丸に乗り込むよう命じ、景勝は自分が説得すると伝える。

本丸を目指す兼続と与七。そこに上田衆も駆けつけ景虎側との小競り合いの末、本丸をおさえることに成功する。争いを避けたい兼続は、仙桃院(高島礼子)に仲裁に入るよう懇願するが、そこに景虎が現れる。本丸占拠を兼続の仕組んだことを疑う景虎は、兼続に猛然と切りかかる——。


景虎は家柄がよく、関東一のイケメンと名高い男。
そしてプライドが高い。
「自分は知らぬ」と言っているのに、兼続に「本当に?」と問いつめられたら、
そりゃあムカツキますよね。

兼続の父は、事務系の仕事についていたはずだが、
今回は忍びのよう。
主君である景勝(北村一輝)よりも、父の指示に従う兼続。
お父さん、段取りいいし、判断も的確。
結果、成功だったわけだけど、
時代劇としては意外な展開だった。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
織田信長(吉川晃司)を討つため、越中に侵攻した上杉謙信(阿部寛)率いる上杉軍は、圧倒的な強さで敵の山城を攻め落としていった。ようやく初陣がかなった兼続(妻夫木聡)も張り切っていたが、命ごいをする若い兵士を切ることができず落ち込む。 上杉軍は越中を平定、さらに加賀から能登へ入り、難攻不落の七尾城を包囲した。そんな時、直江景綱(宍戸錠)が病に倒れ春日山へ戻る。そして、お船(常盤貴子)の婚儀が決まる。七尾城を攻めあぐねていた上杉の陣中では、景勝と景虎の家臣同士のいさかいが起こっていた。景虎の家臣たちが、犬に景勝の幼名「喜平次」と名づけてからかっているのを見て兼続が激怒、思わず相手に切りかかる。騒ぎを起こし、処分を待つ兼続。すると突然初音(長澤まさみ)が現れ、信長が戦で勝利すると予言して立ち去る。謙信は兼続に「心が迷っている。故郷・上田庄で己を見つめなおせ」と言い渡し、兼続は失意のまま陣を去る。

初陣で恐怖に怯え慌てふためいたり、
死んだ兵士の前で泣き出したりするシーンは、
現代の青年に通じるものがある。
これほどまでに精神面が弱い大河ドラマの主人公は稀かもしれない。
母性本能を刺激されるか、
イラッとするか、意見が分かれるところだと思う。

どこからともなく現れる初音は、
キャラ設定がよくわからない。
人懐っこい笑顔、セリフは威圧的、支離滅裂である。
「忍」という雰囲気がなく、
兼継が見た夢か幻?のようだった。

戦場、婚儀、家臣同士のいさかい、突然現れる忍、
これらを1時間足らずに凝縮したせいか、
一つ一つの場面の印象が薄い。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

天正2年(1574年)5月、兼続(妻夫木聡)は織田信長(吉川晃司)のいる岐阜城を訪れる。

信長に義の精神をぶつけるが、信長は古くさい、と一蹴、秀吉(笹野高史)に密かに兼続を殺すよう命じる
のちの石田三成(小栗旬)がその兼続の危機を救う。

翌年、長篠の戦い。信長は鉄砲を導入した戦法で武田を破り、越後を脅かすように近づく。

上杉家の家臣たちは謙信(阿部寛)に出陣を促すが、戦で多くの人命を失うことを案じる謙信は動こうとしない。そんな折、お船(常盤貴子)が兼続に会いにきて、間もなく婿をとることになると告げる。

一方、景勝(北村一輝)は謙信に、今の世に義の精神を貫き、越後のような清く安穏の国を作ることが上杉家の使命と強く説き、ついに謙信は信長を討つ決意を固める。そして、兼続は初陣を迎えるのだった。


 


直江兼続がどのような容姿だったか、すぐには思い出せないが、
信長(吉川晃司)、秀吉(笹野高史)の風貌が、
歴史の教科書で見た似顔絵に似ています。
実物はこんな感じだったのかな?と想像しながら見ています。
しかし、長澤まさみはどんな役をしても、
やはり長澤まさみにしか見えません。
あの若さで童顔なのに、宮崎あおいは貫禄のある「篤姫」でしたが、
長澤まさみに大河ドラマはちょっと早すぎたかな?

お船(常磐貴子)が
「婿をとることになった、私が他の男と結婚してもいいのか?」と
兼続に話すシーンがあったが、
強い女と対比する、ちょっと軟弱な男を強調しすぎでは?
篤姫の、小松帯刀(瑛太)もキャラが似ています。
よく言えば優しいのですが、
優柔不断なところがあり、女性に強引に詰め寄られると、
言いなりになってしまうのです。

直江兼続が、今後どのようにして、
優しさだけではなく強さを身につけていくのか見物です。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
水戸黄門
¥2,604

年配の方からのリクエストが多いのか、
かなり古い水戸黄門が何度も再放送されています。

「カッカッカッ」と笑う黄門様、
お人好し、アツいハートを持つ助さん(里見浩太朗)
正義感が強くて冷静な格さん(横内正)
忘れた頃に登場する風車の弥七
「やっと二人きりになれたね」と弥七に言う彼女のおしん
団体旅行なのに二人きりになる機会をいつも狙っている彼女のいじましさ。
いつも場をなごませてくれるハチベエ。

一人一人のキャラが微笑ましいですね。
ちょっと早とちりなはちべえかわいいし、
(そんなにウッカリしてないと思う)
横内正はハンサムだし。
おばあちゃんが真剣に見てた気持ちが今分かります。

昨日、はちべえ役の高橋源太郎さんがテレビに出てて、
「うわっ、いきなりおじさんになってる!」
て驚いてしまった。
そりゃそうだね。




 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
加藤剛/大岡越前 第一部 DVD-BOX
現代のドラマを見慣れていたので、
最初は「演技が濃い!」と感じましたが、
ただ濃いだけではなく、
セリフのひとつひとつに無駄がなく、重みがあります。
江戸時代の空気まで伝わってきます。
若々しい加藤剛が素敵です。


 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

北条氏からの養子である景虎を、ずっと不憫に思っていた謙信(阿部寛)は、景虎を真に上杉家の人間として迎えるため、景勝の妹の華姫(相武紗季)と婚儀を決意する。

早速、兼続(妻夫木聡)は祝いの品を買いに、お船(常盤貴子)と二人で、町に出かけた。

帰り道、雨に降られた二人は、浜辺の漁師小屋で雨宿りをすることになり、気まずい雰囲気に陥る。



突然の雨に見舞われて無人の小屋で雨宿り、なんて、

ちょっと古いトレンディドラマ(死語!?)のようだと

思ったのは私だけですか?

韓流ドラマでもよくあるシチュエーションで、

韓国ではロマンチックといえば雨だそうです。



年々、大河ドラマのキャストは

若手俳優が占める人数が増えたような気がします。

時代劇特有の重厚さがなくなってきました。

セリフまわしも現代のドラマとあまり変わりません。

なので、気軽に見れます。




妻夫木聡×長澤まさみ主演 「涙そうそう」から、

またもやこのお二人の組み合わせ。

長澤まさみ演じる初音の洋服が奇妙でおもしろかったです。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ウイルスパニック映画「感染列島」の妻夫木聡、命の共存というテーマに共感
 17日、大河ドラマ「天地人」が好調にスタートした妻夫木聡の最新主演作「感染列島」が初日公開をむかえ..........≪続きを読む≫
テレビで、映画の撮影メイキングVTRを観ました。
妻夫木君が
「ここはこう演技したほうが監督が言いたい事が伝わるんじゃないですか」と
積極的に提案したり、自分で考えて動いている姿に
プロ意識を感じました。

今は好青年のイメージが強いけど、
悪い役も違和感なくできるんじゃないかな、と思いますね。
ブラックジャックによろしく 涙のがん病棟編 [DVD]
¥4,087
Amazon.co.jp
↑正義感、正直、真面目。
ここまで人間味のある医者は現実にはいないだろう、
といいたくなるようなキャラクターである。
何かのきっかけで、弱さゆえ時には誘惑に負けてしまう所に、
「黒い心」を垣間みてしまった。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
妻夫木聡君が出演するという『天地人』を観てみたら
子役で出演していた与六役がもうかわいすぎてラブラブ
2話で出番が終わっちゃいましたが。

小柄な子で、ドラマでの設定は5歳でしたが、
演じる加藤清史郎君は7歳児だそうです。
小さいのにしゃべりがしっかりしてます。

加藤清史郎君がワイドショーのインタビューに答えた内容によると、
「目標にしている芸能人は桜井翔君、理由は頭が良いから。
好きな女優は高島礼子さん」
頭が良いから好き、って7歳児が言いますか?
しかも高島礼子さんみたいなベテラン女優を出してくるあたり、
なかなか将来が楽しみな子です。

キネマ旬報 2009年 1/15号 [雑誌]
¥890
Amazon.co.jp



いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。