As'Frank Diary

As'Frankのメンバーによるブログ。

2013年7月結成。

ブラックミュージックを現代的解釈で奏でる自由なサウンド、Mayukiのソウルフルな歌声、圧倒的なステージパフォーマンスを武器にライヴ活動を展開。


テーマ:

ワンス!

おれおれ!tomoやで!

 

日付変わって今日は、2017年初ライブ!

YEAH!ハピニューハピニュー!

 

3MANライブっちゅーことで、ガツンといきまっせ!スライス!

 

え?今年も絶好調だよ!超絶好超!

 

今日のライブ会場は~…

 

いけぶくろ~…

 

 

\(~o~)/ mono \ (^O^)/ 

 

 

実は、As'Frank池袋でのライブハウスでのLIVEは初めてですね。ワンスです。

 

弦も張り替えてギンギラギンにさり気ない。

 

 

プロジェクト中のクラウドファンディングのプランも、

ライブ会場で購入できますので、まだだよって人は是非是非!

 

よーし、寝るぜ!

池袋monoでtomoとTwist!

 

happy tomo year

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

あけましておめでとうございます。



Mayukiです!





年始は天気にも恵まれ、気持ちの良いスタート。



私は年末年始を地元で過ごしました。




年明け2日は初詣へ。



地元から出航している伊勢湾フェリーに乗り、三重県伊勢市へ渡って、伊勢神宮へお詣りに行ってきました^ ^



今年は伊勢神宮の側にある猿田彦神社、古くから芸能の神様がいると言われている猿瑠女神社にもお詣りに行ってきました。



絵馬にも、自分自身とAs'Frankのことをしっかりと書いて☆(この絵馬かわいい!)







その後、親族一同で山の上のホテルに。

{B8C2FFC4-8876-4B38-8065-3C03C8DBF563}



次の日、チェックアウトして帰ろうとしたその時。


外には虹が。



{27ADCE3F-8A9F-4F0D-8C46-E070CF82072B}



この後、違う方角にももう1つ大きな虹が出たの



2017年、幸先良いかも❤︎





本年も、宜しくお願いします!



Mayuki





AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年にもお別れです!

色々ありました、2016年。

As'Frankにとっても私にとっても激動の一年でした。

今までAs'Frankに関わってくれた人たちがいるから、今現在最高のメンバーが居て。

そのおかげで今、As'Frankの音楽や歌うことが、今まで以上に楽しい私がいます。

これは、なかなか言えないこと。

楽しい!好き!な気持ちだけでは続けられないことの方が多い。

でも、本当はそこがとても大切だったりする。

そしてそのバランスも。


今の私にはそれがあるんだよね、

すごく良いバランスで、続けるための感覚と、楽しいや好きって気持ちが共存してる。

これは、凄いこと。
結果的に、最高の年になったということ。



正直、もうステージに戻れないかもって思うこともあったんだけど、今は全てに感謝です。

As'Frankの結束は更に強くなったなと、そこに繋がるので結果オーライ。




今、熟れたAs'Frankがチラチラ私には見える。

旬。

As'Frankは「旬」に突入していると思う。


イメージできることは、必ず実現できるからさ

脳裏に過るAs'Frankの未来像を、1つ1つ実現して

時にスリリングだけど、それすらも楽しめる最高なメンバーと


そしてこれを読んでくれているあなたと


どこまでも行こう




1、2年前にライブを観て以来だな〜って人は、今のAs'Frankを観てほしい。

今に存在するAs'Frankの音を聴いてほしい。

ふらっと顔だして。


2016年も、As'Frankを応援してくれてありがとう。


2017年、更に高みへ!



Mayuki


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

はろーじゃぱ~ん!

 

おれおれ、2番ライトtomoだよ!

 

久しぶりジャ~ン、便秘してた?違う違う元気してた?

 

いやー1年アッ!!という間だね。

 

今年は思ったより年が暮れてるね~、こんなに暮れると思わなかったよ。

この勢いで、今年は年越しちゃうんじゃないか?なんて言われてるよね。

まだ越してないのに、タイトルも思わずフライングVしちゃったよ。

 

…ん?フライングVって?あぁソーリーソーリーこれこれ。

 

 

Vの形してるでしょ?後ろの内股の外人のことじゃないよ?

このギターのモデルのことね。

フライング・V・マルティネスJr.って外人のことじゃないからね?

 

ちなみにこの外人はマイケル・シェンカーっていう、「神」と呼ばれてるスーパーギタリストですね。フライング・V・マルティネスJr.ではありません。

高校時代よくこの人のフレーズコピーしたんだわ~難しかったわ~マルティネスJr.!

 

おっといけないいけない、話が大きく甲州街道に逸れましたが、今As'Frankは新たなプロジェクトがスタートしました!

 

https://www.muevo.jp/campaigns/1141#plans

 

「クラウドファンディング」って、よくわからない人も多いとは思うんだけど、簡単に言うと、

色んなプランを用意して、金額に合わせたお返しをしますよ!っていうことですね。

 

詳しくはキャンペーンページを見てほしいんだけど、

As'Frankって、曲も歌も演奏も、全てどんどん良くなってると思うのよ。

だから、少しでも良い形で音源や映像にしたいし、たくさんの人に発信をしたいのね!

それで今回のプロジェクトをスタートすることになったのです。

 

その中で、応援してくれてる方と、また違った形でコミュニケーションが取れたり、今までにないお返しができたり。

今はなかなか順風満帆とは言い切れないけど!

それもチャンスに変えて!

少しでも多くの方に参加してもらって!

楽しんでもらいたいな、楽しいプロジェクトにしたいな!ってことです!

 

そしてそして、日付変わって今日のライブでは、更なる発表がありますよ!

 

今年のライブ納めも、バリバリッっといきまっせ!

ちなみに、サポートKeyきーちゃんは初参戦!

見~逃せないぞ~!\(^o^)/

北浦和で会おうぜ!

 

tomo

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
朝外に出たら、

雨が降りそうなほど空がどんよりしていたので、

傘を取りに家に戻った。




昼外に出たら、

びっくりするほど陽当たりがよくて厚手のコートで思いがけず体が火照った

風は強かった




夜外に出たら、


トランプ大統領誕生の日だと風の噂で知った







とても不思議なことが起こる日だ



信じられず真っ白な頭の中に

少し経ってからやっと自分らしさが戻ってきた



「でも、きっとこれは何かのお導きだ」



と。








私が最近ひたすらAs'Frankで歌っているのは、

今こそ「再生」のときだということ



気づくべきことに気づかされ、
もう目をそらせない
そんな状況はもうすぐそこまで来ている


たった1つの国、たった1人の人間、

どれを切り取っても同じことだ



私は「希望」として考えているし、
そう歌っていくから




下を向くのは簡単



私とあなたは前を見ていこう


いつか来るはずの日に一歩近づいただけ



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


待ちに待ったゴッホとゴーギャン展へ、
やっと行くことができました!






一番好きな画家は?



そんな風に聞かれたら、




ポール・ゴーギャン



と答える。


家にもいくつかゴーギャンの絵を飾っています。





もちろん他にもたくさん好きな画家は居ますが、ゴーギャンは知っている人が多いから、話が早いの!(笑)


でも、「一番好き」というのも本当です(笑)


出身がフランスだと聞いて驚くような個性が彼の描く絵にはあります。


初めて彼の絵を見たとき、大陸から遠く離れた離島の大自然の中に生まれ育った人なんだろうなぁと思っていました(笑)




私は、50年代の音楽、服装、家具、女性たちのスタイル、その時代独特の雰囲気がとても好きで。

この時代のものは、原始的なワイルドさがとても粋。

温かみのあるものが多く、そこに細かい芸術性が散りばめられているものが多い。

私はそんな風に感じます。



ゴーギャンの描く絵もそれに通ずるところがあり、

色遣い、筆遣い、描くもの(景色、人など)自体が、

原始的で、ワイルド。


そんな絵はわたしのフィーリングにとてもグッときます。




絵はアップできませんが、ここで1つ、彼の絵を文章のみで紹介します。



「マルティニク島の風景」

というタイトルの絵があります。



手前に生い茂る木々、奥には海と山、壮大な自然が描かれています。


この絵で描かれている風景の実際の眺めだと、

当時は一部都会的な風景が見えていたそうですが、

ゴーギャンは敢えて都会的な風景を描かなかったと言われています。




彼は自分の信じるものだけを描いたんですね。






会場ではゴッホの絵に群がる人が多く、盛り上がっておりましたが、私はゴーギャンに夢中でした。

私にとっては、ゴーギャンの絵がとても見やすくてラッキーでした(笑)



まだまだやっているみたいだから、

みんなも見に行ってみてね〜☆




Mayuki
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、私がお世話になっているボイストレーナーのKIKI先生のライブを見に、横浜Paradise Cafeへ



中にはたくさんのレジェンド達が飾られていて!



入った瞬間からとても気持ちの良い場所だった♪




JAZZを歌う先生、
めちゃくちゃカッコ良くて痺れた〜!


でも、やっぱり先生のゴスペルソング、メッセージソングは、本当に感動します。

魂が揺さぶられ、
何度も何度も涙が溢れそうになりました。


ステージ後の先生と💛




本当に大好きな先生です💛💛


先生が歌ってくれた曲の歌詞の通り、

ゆっくりと、1つ1つ積み上げて、
夢を叶えるよう、、

頑張ろう☆



Mayuki
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Hi Mayukiだよ~☆

 

 

ボブディランがノーベル文学賞を受賞しましたね♪

 

朝日Weeklyの表紙がかっこよかったな☆

 

 

 

なんて素晴らしいことでしょう!

 

受賞してから、色んな意見が飛び交っていますが、

私はこの受賞を、とても嬉しく思っています!

 

歌詞は文学ではないという人がたくさんいるみたいですが、

 

私はそうは思いません。

 

 

音楽の歴史は人間の歴史

文学もまたそれと同じではないでしょうか。

 

その時代に生きる人々に訴えかけ、感情を引き出し、希望を与えてくれます。

 

だとすれば、芸術をあれこれと区別すること自体、私は違和感を感じますが、、、

 

それは人それぞれの感覚の問題だとしても、、、

 

 

 

ボブディランはデビューから今まで、とてつもなく多くの人々の心に訴えかける詩を書き続け、希望を与えてくれました。

 

私もボブディランから希望を与えてもらった人間の一人です。

 

18歳の頃の私にとって、彼の書く歌詞は数少ない希望でした。

 

当時の私はかなり影響を受けました。

 

 

その頃はもうすっかりおじいちゃんなボブディランでしたが(笑)

時代を超えて、若者の心に響く歌詞なんですね。

 

今でも覚えているZepp Tokyoでの来日ライブ

ステージの上で真っ白なスーツに身を包んで、けだるそうに歌うかっこいいおじいちゃんを忘れられないよ。

 

おめでとうボブディラン!♪

 

 

受賞したにもかからず当の本人からの反応がないから、選考委員がなんだかお怒りらしいけど、、、

取り下げないでね~(笑)

 

 

Mayuki

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Hi Mayukiです!

 

今日はジャニスジョプリンのドキュメンタリー映画

『ジャニス リトル・ガール・ブルー』

を観てきました。

 

タイトルはその映画の中で語っていたジャニスの言葉。

 

正確には、一字一句は合ってないかもしれないけど、

この言葉は私の心に突き刺さった。

 

ジャニスが本当に望んでいた人生か、

降りかかってしまった運命か、

私にはわからないけれど、

ジャニスがあんな風に歌える理由のすべてが、この言葉に込められている気がした。

 

ジャニスは私にとっては、憧れのシンガーではない。

大好きなシンガーだ。

 

ジャニスのことはたくさん知ってるつもりだったけど、観て良かったなと思える内容だった♪

 

おすすめです★

 

 

あともう一つ。

 

エイミーワインハウスのドキュメンタリー映画

『AMY』

 

私が色んな意味で影響を受けたシンガーです。

 

これはね~実は公開初日朝一の回で観てたの。(3か月くらい前かな?)

でも言葉にできなくて、、、今に至ります。(笑)

 

エイミーもまた音楽の魅力に憑りつかれ、他の物を犠牲にしたシンガーソングライター。

 

でも、だからこそ、本当に素晴らしいアーティストです。

 

エイミーワインハウスと言えば、

「ドラッグとアルコールに溺れたスキャンダラスなシンガー」

というイメージを持っている人が多いし、確かにそれは事実。

 

でも、もともとは素朴な普通の女性で、

素晴らしく光る才能を持っているシンガーソングライターなのです。

 

本当にセンスが良かったエイミーは、若くしてその才能を買われていました。

多くのミュージシャンや音楽業界人が、魅力的なエイミーを世に輩出しようと燃えていたのです。

 

一方で、音楽への愛は尽きることはなかったが、決してスターにもなろうと思っていなかったエイミーは、理想と現実の狭間で精神的に追い込まれて行ってしまいます。。

 

映画では、そのあたりのエイミーの描写がよく描かれています。

 

それが、一般的に浸透したエイミーのイメージです。

 

私が好きなのは、そんな中でもひたむきに音楽を愛するエイミーの姿だった。

何度も言いますが、エイミーは本物の才能を持って確実に音楽の歴史を変えた素晴らしいミュージシャンなのです。

 

ドラッグやアルコールをやめ、

本格的に復活かな?と思った矢先、エイミーは27歳という若さで亡くなってしまったのです。

 

エイミーが亡くなった日から一週間私は何も手につかなかった。

毎夜、ギターでエイミーの曲を泣きながら弾き語っていました。(今考えるとすごいな、、笑)

 

それほどエイミーワインハウスという人物はミュージシャンとして生きることを決めた私に、希望を与えてくれる存在でした。

 

そして今でも一番好きなシンガーです。

 

 

映画の内容は、ほぼほぼ知っていることばかりだったのに、涙涙。。。

 

エイミーのことを何も知らない人が突然観るには覚悟がいる内容かもしれないけど、

エイミー大好きなら観ることをお勧めします!(まだ映画館でやっているのかな、、、?)

 

 

しかし、

エイミーにしてもジャニスにしても、

彼女たちの歌を聴くこと以上に、彼女たちを知る手段はないので、

まずは彼女たちの音楽を聴いてね♪

 

 

Mayuki

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

tomoがやって来る!ヤァヤァヤァ!


へーい埼玉が生んだスーパーギタリストtomoやで!

いやー久しぶりのブログ投稿だぁだぁだぁ!


10/16の南青山MANDALA ワンマンライブ!

お越しくださったみなさん、ありがとうございました!


Mayuki、Su、tomoの3人体制になって、初のワンマンライブ

終わるまでもう、テンヤワンヤなエブリデイでしたが

なんとか無事、新しいスタートを切ることができましたぁたぁたぁ!


そしてライブで発表されましたが、

来年上旬にシングルリリース決定!!わーお!

詳細は追々発表しますので要チェック!!



素敵なピクチャーを撮ってもらったのでチョットダケヨ




堀にぃ、帰りに連れてってもらったラーメン屋うまかったっす。




最強ディーバのSayaka&Natsu、贅沢感が半端ない。




Suフォー



俺フォーフォー




Mayukiフォーフォーフォー




As'Frank Foooooooooooooooo!!!!!



これからも、みんなよろしくね!


あばよ!


tomo

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。