おはようございます、ase-shufuこと、コトミですキラキラ

 

 

汗かき女子の真夏の悩みって、たーくさんありますよねえーん

 

大量の汗をかくことで、汗染みは気になるわ

着る服は限られるわ、タオルを数枚持ち歩くわ…

メイクは落ちるわ…、他にも挙げたらキリがないですが(笑)

 

 

中でも真夏に困る事といったら…(いや、年中困るな…)

せっかく塗った日焼け止めが、汗で流れ落ちる!!

って事ですよね~えーん

 

 

もちろんメイクも落ちちゃうんですが、その下に念入りに塗った

日焼け止めモロトモ…ダラダラ~ッと流れ落ちていくのですガーン

 

 

只でさえ日差しがガンガン晴れで肌が焼ける時期なのに

塗ったそばから流れていくから、日焼け防止もシミ防止も意味がない

んですよね…。

 

 

と言う事で、日焼け止めが流れ落ちている結果…、

 

紫外線、受け放題…ドクロガーン

 

になっているわけですよね…コワ~ッブルブル・ピンクマ

 

 

 

そんな汗かき女子の死活問題。

この対策について取り上げてみようと思いますひらめき電球

 

 

 

日焼け止めが流れ落ちる…汗かき女子の紫外線対策

 

毎朝頑張って仕上げたメイクも、その前に念入りに塗った日焼け止めも

顔汗のせいで、外出とほぼ同時に流れ落ちる…

 

汗かき女子の悲しい現実ですよね~。

 

 

直ぐに流れ落ちるメイクと日焼け止め、

たとえ塗り直しても、また流れ落ちるか崩れるか…なので

もうこれ、汗との鼬ごっこな訳ですよね泣き

 

 

そんな汗かき女子の紫外線対策は、より対策を強化しなければ

外出の度に大量で強烈な紫外線を受け放題になってしまいます>△<

 

 

紫外線でシミやしわ、たるみが引き起こされてしまうから

流れ落ちちゃうから…もういいや泣き

なんて言ってられませんよ~。

 

流れ落ちない!『飲む日焼け止め』で対応!

せっかく塗っても流れ落ちてしまう日焼け止め…

何度も塗り直すか、

全身対応のスプレータイプの日焼け度めを常備して

何度も顔にスプレーするのも、汗かき女子に必要な手段です。

 

 

何もしないよりはずっと効果的なのですが、

荷物にもなるし、汗をかけばまた流れる…んです。

 

なので、有効ではありますが、

あくまで補助的なケア方法になっちゃいますね。

 

 

汗かき女子に、特にお勧めしたいのが『飲む日焼け止め』です!

 

これなら体の内側から効いてくれるから、
日焼け止めが汗で流れ落ちる、なんて心配は無用ですよ音譜

 

 

最近は色々な飲む日焼け止めが販売されているので

口コミをチェックしたりして、効果の高い物、自分に合いそうな物を

試してみませんかウインク

 

 

楽天で特に売り上げが高くて人気がある飲む日焼け止めは

やかないサプリという商品です。

 

 

体に入れる物だから、日本製って所にも安心感があります。
 

レビューを見てみると、

例えば、敏感肌で塗るタイプの日焼け止めが使えない方にも

人気があって、その効果もとても高いとレビューされていますキラキラ

 

 

知らず知らずに焼けていることを実感しやすい

「パンプス焼けやサンダル焼けもしなかった!」という内容のレビューも

チラホラありましたよ星

 

 

効果が出始めるまで、約1週間かかるそうなので早めに始めましょう!

 

 

汗かき女子の紫外線対策、その他の必須アイテムは?

 
 

飲む日焼け止めで、流れ落ちずに安心な紫外線対策をしたら

その他の紫外線対策グッズもチェックしておきましょう照れ

 

紫外線対策は、念には念を!ぐらいしておきたいのが本音です。

 

 

 

そして、汗かき女子の紫外線対策で押さえておきたいポイントは

  • 汗が拭けないものは避けること。
  • 汗が染みになるものは避けること。
が条件になってくるのではないかと思います。
 
 
 

例えばサングラスサングラスも、目から入る紫外線対策にスゴク効果的ですが

かけていると汗を拭き取りにくいですよね…

なので汗かき女子的にはパスするアイテムですねダウン

 

 

じゃあ、汗かき女子向けの紫外線対策はどんなのよ?!
ってなりますよね。

 

 

私的にお勧めできる『汗かき女子の紫外線対策グッズ』

 

サングラス代わりにサンバイザー

サンバイザーなら帽子と違い汗が染み込みにくいし

顔汗も自由に拭き取れます。

ツバの大き目のタイプ・内側に汗取りテープが付いているタイプ

を選べば、眩しさもかなりの勢いで軽減します

額の汗が染み込むのも防いでくれます。

そして、頭の通気性はバッチリです音譜

 

内側がメッシュタイプのアームカバー

私もそうですが、お子さんが居て自転車に乗る事や

外出が多いママだと、どうしても手の甲や腕が焼けるんですよね。

 

 

普通のアームカバーでは暑くて汗が…という方にもお勧めなのが

腕の内側面がメッシュ素材になっているアームカバーです。

 

 

これなら普通のアームカバーをするより、かなり涼しいし

通気性も良いので汗をかくことが少なくなります。

 

 

汗っかきなだけに、日焼け対策に長袖なんて着てられないので

内側メッシュのアームカバーは必須アイテムに入れて置くと便利ですよ音譜

 

 

この2つを用意しておくと、比較的、汗に悩まされることなく

紫外線対策ができますよ。

アームカバーは使わないときには小さくたためるので

個人的にとても便利に感じていますニコニコ

 

 

飲む日焼け止めと、その他のグッズで汗に負けずに

紫外線対策をしましょう音譜

 

 

AD