• 25 Apr
    • 価値と価格の天秤戦争

      もうすぐGWですね。私、ちょこっとお出かけする予定がありまして、それに合わせてそろそろ新しいパンツとブラジャーでも買うか(笑)、ということでさっきお買い物をしてきたのですよ。   それで池袋のサンシャインシティをうろうろしてきたんだけど、なんか全然物欲が湧かないというか、買う気が起きなさすぎたんですよね。   東急ハンズの隣に、サンシャインシティに入っていく下りエスカレーターあるじゃないですか。   あそこに入っていく群衆をみて、「ああ、カモたちがお行儀よく、自らカモられに入っていくなぁ~~~そして私もカモの一員なんだなぁ~~」って思っちゃって、そうしたら全然金使いたくなくなってきたんだよね(爆)   そんな一日から考えたことを書きます。     世の中全て詐欺なんやで~~~   完全なる、語弊があるな(爆) 詐欺っていっても、もちろんガチの「詐欺罪」(刑法246条1項)のことを言ってるわけじゃないからね   ”ビジネスが成立している”ということは、その商品の持つ本来の価値以上の価格が支払われているということ 100%だぜ?(笑) 商売がきちんと成り立っているということは、100%、こちらがお客さんに与える価値よりも、お客さんが支払う対価(価格)の方が多くなってるってこと。   だからこそ利益が出るんだ 売買は「等価交換」とかいうけど、天秤は必ず傾いてる。     世の中の買い物全てがそうなんだぜ、冷静に考えるとやばいよな。   情報業界だったらイメージ湧くと思うけど、それだけでなく、車屋さん、不動産屋さんはもちろん、デパートだってそうだし、いつも行ってる近所のスーパーだってそう。ニコニコやさしい八百屋のおっちゃんだってそうなの。     客は、受け取った価値以上の価格を支払わされている。 そういった意味で、世の中のお買い物はすべからく詐欺なのさ   当たり前なんだけどもね。 自分が売る側なら、なおさらこのことを意識しないといけないし、反対に、お客さんには意識させないように(重要)しないといけない。       ビジネスでよく言われますよね、 「価値>価格」 にしないと、売れないよって。販売価格よりも、その商品の価値の方が高くて、まとめるとつまり「お得」な状態にしろよっていうこと。   それはたしかにそうだよね。「お得だ」とか「その価格でその価値なら買う」とか、そういう動機がないと、人はお金を出さないからね。それはいいのよ   問題なのは、だからといってそれをそのまま本当に「価値>価格」で販売しちゃったら、もちろん利益出ないですよね(笑) 頭スカスカボランティアのはじまりはじまり~~~ぃ   言いたいことはもうわかるな??     本当は「価値<価格」なんだけど、「価値>価格」に見せる 「魅せ方が大事」 って言うじゃん?   「魅せ方」ってなんだか綺麗な言葉だけど、本質をぶち抜くと、「価値<価格」を「価値>価格」であるように見せかけるっていうことでしょ?   もっと売りたいと思っている販売者はここに相当、頭を使わないといけない。     どれだけ「価値がある”気”にさせる」ことができたのかで儲けが変わるということだ 「たくさん儲けられるかどうか」は、どれだけたくさん価値を感じさせられたかに関わる。   つまり、どれだけ「価値がある”という気にさせる”ことができたのか」によって変わるということなんだよな。   これが、がっぽりいってる起業家が消費者から詐欺師呼ばわりされるゆえんなんだと思う(笑)   「儲かる」ということはハッキリ言って、「自分が相手に与えた物よりも、自分が相手から受け取った物の方が多い」ということだ、必ずそうなんだよ。     でもそれがはっきりわかると、買う側は絶対にお金を出さない。 ということは…そういうことだ。     「価値提供」の意味 きっとビジネス学んだことある人は、「価値提供」が大事って聞いたことあると思う。   それを初めて聞いたときは、「ふ~ん、そうなのか~」って感じだったかもしれないけど、この記事を読んだ後に聞くと、もっとよく理解できるんじゃないかな   「価値提供」という言葉の持つ本当の意味を、ここらで今一度考えてみようぜ?             私は別に、「オマエ詐欺だろ~~~」とか言って、儲けている人を責めたいわけじゃないからね(笑) むしろ、儲かっている人は頭が良くてすごいなって思ってる。       以上、パンツを買って思ったことでした(爆)  

      NEW!

      テーマ:
  • 19 Apr
    • ブロガーにとってSNSの存在意義はこれ

      ブロガーがツイッターやインスタを使ったりするのは何の為なんでしょ? バシッとひとことで言うと、これ     「ブログに来てもらう為」   SNSはブログに来てもらうために運用します。   これをしっかり頭の隅に置いておかないと、ブログ書かなきゃー、SNS更新しなくちゃー、やることいっぱいで大変!…みたいになって、自分が今何のために何をやっているのかを見失って、疲れちゃう可能性がある。   SNSは、ブログへの導線を検索経由以外にも作るため、ってことをまず把握しようぜ。   SNS→ブログ ブログ周辺の人の流れを考えてみる。まず、読者がブログへ辿り着いてくれる方法を分析してみると、大きく分けて3種類あります。 各ブログサービス内の読者登録機能 SNS グーグル(検索エンジン)から検索     ルートとしてはそれぞれ別のものだから、SNSからの導線も増やしたいところ。   1の読者登録機能は元から備わっている機能だし、3の検索もインターネットを使う以上備わっているものだけど、2のSNSからの導線は自分で作らないと生まれない。   (こういうこと)   ☟ 具体的にどうしたらいいのかはこちらを 【Twitter×ブログ】初心者ブロガーのためのツイッター使いこなし講座 【インスタグラム×ブログ】初心者ブロガーのためのインスタ使いこなし講座   ブログ→メルマガ(ライン@) さらにブログの先には、メルマガもしくはライン@が来ます。来ない人もいます。それは自分が行っているブログでの活動によって違います。 これはまた別の機会に。         今無性に焼き鳥が食べたい(笑) さっきコンビニで買いそびれてからずっと食べたいんだよな、腹減ったぜ。  

      3
      テーマ:
  • 18 Apr
    • ”売り込まない集客”って売り込むためにつけてるネーミングじゃないですか(笑)

      最近見かけた怪しい系のお話(笑)     「売り込まない集客で自然とお客様が集まる!」、という売り込み(笑)   「売り込まない集客」というネーミング自体が、売り込むためにつけられたネーミングです。だって、いちいちそんな目を引くような名前をつけているんですから。   売り込みたいからこそ、そういう名前をつけてるんです(笑) で、もうちょっと詳しく調べてみて、これは一体どういう戦略なんだろうかってことを考えてみた。   人にサービスを売りつける罪悪感を抱えている人がターゲットになっている 「売り込まない集客」「セールスをしないビジネス」と名前をつけることで、人にモノを売る罪悪感から解放されたいと思っている人が、集まります。   でもさ、まず当たり前だけど「売ろうとしなければ、売れない」ですよね。だから、一切売り込みをしない、とか、セールスをしない、なんてことありえないんですよ。     やっていることは「売り込み」に変わりない。呼び方を変えただけ 「売り込むための一連の流れ」として一般的な手順を、「売り込まない集客方法」と名前を変えて、売っているんです。   ビジネスマンとしてこういう作戦をとるのは当たり前なんでしょうね、きっと。   中身の全く同じ商品を、名前を変えて売る、見た目を変えて売る、ってことです。   考えてみれば、中身が同じ商品でも、パッケージを変えただけで新商品感を出して売り込んでるお菓子とかジュースとかよくあるな。 (出典:www.amazon.co.jp)   例えば最近だと、花見の季節に合わせて缶ビールのパッケージが桜っぽくなってたりしたじゃん?中身まったく一緒なのに。   「スペシャルパッケージ」……ってよく考えると意味わかんないよな。見た目と雰囲気を変えて、それだけ。でも、大手の大きな会社がそろいもそろって、毎年いちいちやってるってことは、効果があって儲かるんだと思う。     だからおそらくこれって、よくある手法(❓)なのだと思う。         っていうことを思いながらアメブロを楽しく徘徊している今日この頃。(笑) アメブロのよくわかんない広告と、缶ビールのパッケージから学んだお話でした。  

      3
      テーマ:
  • 17 Apr
    • 独自ドメインへの変更に伴ってやったこと一覧と評価復活までにかかった時間

      ブログをある程度続けてくると、ドメインを変更しようと思うタイミングが来る人がいると思います。私も先月、メインブログのドメインを独自のものに変更しました。   めんどくさいです(爆)   しかも、私はただドメインを変更すればそれで終わりだと思っていたのですが、全然そうじゃなかったことに後から気づきました(白目) 以前の古いドメインの評価を引き継ぐために、結構いろんなことをやらないとダメなんですね。まあ、ダメっていうよりも、非常にもったいないって言った方が正確かな。   今日は、私がはてなブログでドメイン変更をした後にやったこと等々、記録を残そうと思うので、これからドメイン変更をする人は参考にしてください     まずははてなブログでドメイン変更   ドメインを変更するところまでをまず書いときます。 お名前.comで独自ドメインを取った(800円くらい) 「お名前.com」という独自ドメインを取得できるサイトがあるので、そこでドメインを購入しました。1年契約で800円くらいでした。   「.xyz」等、ドメインの種類によって、もっと安いものもありましたが、私は無難な「.com」とつくものがよかったので、800円のものを買いました。   はてなPROへグレードアップした(8500円くらい) はてなブログでは、PROへグレードアップしないと、独自ドメインを設定する機能を使うことが出来ないので、契約しました。   1ヶ月ずつ契約するコースと、1年契約コース、2年契約コースがあります。長い方がお得にはなっていますが、私はとりあえず1年契約コースにしました。8500円。   さっき取得した独自ドメインを設定完了! 具体的な設定の仕方は、たくさんの人が解説してますから、そちらをご参照ください。 とにもかくにも、1万円かかって、独自ドメインを設定することに成功しました。   ここまでは比較的スムーズに行くと思います。結構簡単。ただお金が飛んでいくだけ(^ω^)ノ~~~~~~     ドメインを変更したあとにやったこと一覧     さあ、ここからが問題なわけです。ドメインを変更し終わって、「ふぅ~~これでひと安心❤」とか思ってたんですけど、その日にUPした記事が全然グーグルに認識されなくて、なんかおかしいな??と   それでいろいろ調べてみたら、古いドメインにたまった評価を新しいドメインに移すという作業が必要そうだとわかりました。「このサイトはドメインを変更したんだね」と、グーグルロボット様に認識してもらう必要があるのです。   一応、そのまま放っておいても数か月程の期間をかけて、徐々に認識していってくれるようですが、なるべく評価は早く戻したいですよね。   この次のところで詳しく書いてますが、評価はだいたい2~3週間程度で復活しました。結構早めだったな、という印象ですが、これは以下の作業をやっておいたおかげなのかなと考えてます。なので、めんどくさいけれどやれるならやった方がいいんじゃないかな、って思う   サーチコンソールとアナリティクスを関連付けておく これドメインを変えるよりも前にやっておかないともう出来ない、とかって言っている記事も見かけたのですが、私は後からでもできました。   サーチコンソールに新URLを追加 ドメインを変えれば、ブログのURLも変わります。新しくなったURLを追加します。   サイトの所有権確認 登録しようとしている新しいサイトが、本当に本人のサイトなのかの確認をされます。 所有権確認方法は複数あります。どれかひとつの方法で確認が出来ればそれで終了です。   私は、「HTMLファイルをコピペする」というやり方で最初やってみたのですが、なぜか上手く出来なかったので「ドメインプロバイダを使って確認する」というやり方に変えて、こちらは上手くいきました。   サーチコンソールでインデックスの引き継ぎ申請 以前の古いドメインに対するグーグルの評価を、新しいドメインへ引き継いでくださいという申請は、先程の所有権確認が完了したあとに、や~~~っと、できるようになります(笑)   サイトマップを送信 ここまでやれば、サーチコンソールで行う作業がひと段落です。   アナリティクスの登録URLを変える アナリティクスに登録してあるブログのURLを、新しいものに変えます。 アナリティクス側で行うことはこれだけ。   アマゾンアソシエイトにドメイン変更の連絡を入れる アマゾンアソシエイトに加入している人は、ドメインを変更した旨の連絡をアマゾンに入れます。具体的に変更設定がこちらで出来るわけではなく、お問い合わせからメールをいれるんです(笑)   「~~~hatenablog.comで登録していたブログのドメインを変更しまして、新しいURLは~~~.comになりました。どうぞよろしくお願いいたします」的な文章を書いてメールしました。     2日くらいで返事が来て、アマゾン側でアソシエイトアカウントの設定を変更してくれます。(逆に、メール連絡しないで、自分でアカウント情報をいじってURLを変えようとすると、怒られるらしい(爆)   そもそも私はアフィリエイトとかロクにやっていないんですけど、カエレバのリンクが貼ってある記事がたしか2つくらいはあるので、一応、手続しておきました。   楽天アフィリエイトに新URLを追加 同じ動機で楽天もきちんと手続しておくことにしました。   楽天の場合は、アマゾンと違い、自分で変更します。楽天のアフィリエイトアカウントから追加設定ができるところがあるので、自分で新URLを追加します。   ツイッターやインスタ等、各SNSに載せているURLを新しいものに書き換える 各種SNSのプロフィール欄にブログのURLって貼ってると思うんですけど、あれを新しいものに書き換えておきます。   読者登録ボタンに埋め込んでいるURLを新しいものに書き換える 読者登録ボタンを自分でカスタマイズして、ブログにつけている人は、そのhtmlの中に自分のブログアドレスが入っていると思います。 これを新しいブログURLに変えます。   Feedlyボタンに埋め込んでいるURLを新しいものに書き換える 読者登録ボタンと同様に、Feedlyボタンのhtmlの中にも、ブログアドレスが入っているので、それも新しいURLに変えます。   終了(吐き気) 疲労感と共に終了です。疲れすぎて吐き気がしたのを覚えてます(笑)     一応、こういうことをやるんだよっていうことだけお伝えしておきました。「こういう手続きがある」っていうことさえ知っておけば、具体的なやり方は自分でググりつつ進めることができると思います。   そもそも、こういうことがあるってのを知らないままだと、「やり方をググる」というところにすら辿り着かない場合もあるので、今回まとめておきました。 とりあえず超めんどくさいのでがんばってください(笑)     評価が元に戻るまで、復活するまでの期間     必死の形相で、さまざまな手続きを行いましたが、やはりドメイン変更直後からアクセス数がかなり減りました。 ドメイン変更でどのくらいアクセス数が減ったのか ここはアメブロなので、具体的な数字を言ってしまいますけど(笑)、ドメイン変更前は1日1500~3000PVだったのが、ドメイン変更後は1日500PV程になりました。Oh…   また、主力記事は軒並みふっとんでいきました。グーグル1位だった記事が、6ページ目とかそんなところに行っちゃったりしてましたね。そりゃアクセスも減るわ。   日を追うごとにどんどん回復 ぐんぐんアクセスは回復しました。目安としていた主力記事の順位は、2週間で元に戻りました。ドカドカ順位が上がっていく様子は見ていてちょっと楽しかったです(笑)   3週間もすれば、他の記事も軒並み元通りになりました。   元通りどころかむしろ以前より強くなった なぜかはよくわからないんですけど、ドメイン変更の3週間後あたりから、元に戻ったのを通り越して、以前よりも好調になったんですよね。   これが独自ドメインの力なのでしょうか。よくわからんなぁ         以上、独自ドメイン変更のお話でした!  

      テーマ:
  • 16 Apr
    • 【インスタグラム×ブログ】初心者ブロガーのためのインスタ使いこなし講座

      初めに言うぞ、インスタはブログテーマを選びます。だから、運用したところでたいした結果にならない人もいると思う、正直なところ 今回はそれも含めて、インスタはどういう空気感でやっていくものなのか、そしてどんなテーマの人に向いているのかを解説するよ   ☟ ちなみにツイッター版の解説はこちら 【Twitter×ブログ】初心者ブロガーのためのツイッター使いこなし講座               インスタグラムはツイッター以上にテーマを特化しないと超絶意味ない   インスタグラムは、画像をメインで投稿していくSNSです。 インスタの特性等考えた結果、こうやって使ったらいい!と私が思ったことを書いていきます。   インスタの特徴をツイッターとの比較で考えてみる ツイッターと同じように小口の投稿をしていくのは同じです。しかし、ツイッターよりも数倍インスタグラムの方が、「テーマ特化」が求められます。   雑多な感じで、例えば 「愛犬の写真」 「子どもの写真」 「昨日の綺麗だった夕日」 「週末に出かけた行楽地の写真」 「おしゃれなデザートの写真」 「観てきた映画の半券やポスターの写真」 「買ってきた漫画の新巻の写真」 「お昼に食べたラーメンの写真」   ……などなど。 ありがちですけれども、こういった感じでいろんな写真を、あれこれあれこれポコポコ投稿していっても、知り合い以外、誰にも見られません。誰も興味がないからです。   インスタは「画像」の投稿です。ということは、フォロワーさんたちが「目で見る」ってことです。 知らない人の休日の様子、見たいですか?全然どうでもよくないですか?私の場合、むしろ見たくないです(笑)     基本的に文字で行われるツイッターよりも、画像で行われるインスタは、より目から入ってくるインパクトが数段大きいです。 インパクトが大きいということは、好きなジャンルの画像はさらに強い好印象で認識され、興味のないジャンルの画像はよりうっとおしく認識される、ということになるわけです。   ”興味あり”も”興味なし”も、いずれの印象も、ツイッターの場合に比べて肥大します。 これがインスタの特徴です。   インスタは基本的に投稿テーマをガチ縛りするものだと認識したほうがいい 「雑多なごちゃまぜ投稿では、誰の興味も惹けない」傾向が特に強いのが、インスタなのです。 と、いうことは、自分のブログと同じテーマで特化した形で、インスタを運営していくのがよさそうだ、となります。   つまり、自分のブログテーマを好きな人だけが集まってきてくれるような仕掛けが完成するように意識するわけです。 投稿テーマを限定して、そのテーマの投稿だけ発信していけば、おのずと集まってきて固まってきます。   自分のブログテーマをより濃厚に好きな人だけ集めて、自分のブログテーマに全然興味がない人を遠ざける、ってこと。   例えば私の場合 ちょっと舌足らずな説明だった気がするので、私の場合を例に説明します。   私のインスタのスクショの画像をみてみると、投稿ジャンルが「神社仏閣関連」のものにガチ縛りされています。 (これはスクショです)   そうすると、「神社仏閣に興味がある人」は、こんな風に神社仏閣画像がブワーッと並んでいるのを見たら、「非常に強く興味を惹かれる」ことになるわけです。そして気に入ってくれればフォローしてくれる。   私のメインブログのテーマは、「神社仏閣めぐり」です。ここで私のタイムラインに強い興味を惹かれてフォロワーになってくれた人に、私のブログを紹介したら、来てくれる確率高そうじゃないですか?       反対に、このタイムライン一覧を、「神社仏閣に全く興味がない人」が見たら、興味ないどころか、なんじゃこれ?楽しいの???とすら思う人もいるんじゃないかな(笑)   そして、そういう人にとって私の存在は、「自分とは関係のない人」「自分とは違う世界の人」と認識されます。そのため、その人が私をフォローすることはないです。 自分のブログを読む可能性がない人が、勝手に遠ざかっていってくれる、ということなんですよ、これってすごい。   投稿内容がガチであればガチである程、その傾向は強まります。言い換えれば、突っ走っているオタクは、その趣味への理解が無い人から見ると、「キモイ」んですよ。   「神社!神社!神社!神社!」っていつも言っている神社ヲタクは、神社に全く1ミリも興味がない人から見たら、「キモイ」んです(笑)  逆に、神社が超大好きな人がそんな神社ヲタクを見つけたら、強烈な興味を惹かれてこっちが声をかけなくても、自分から近寄ってきてくれますよね。 こういうことです。ニュアンス伝わるかな…?     こうやって蓄積された自分のフォロワーリストは、テーマに関してツイッター以上に濃い人たちの集まりであり、しかも自分のテーマに対して興味のない人がその中に混じっていない、ということで純度も高いはずです。       ……今日は、ちょっと上手く説明出来てるか心配。わからないことがあったら質問してください。何でも答える。   ”見せたいもの”を載せるんじゃなくて、”見たいと思われるもの”を載せる これはまあ、そうですよね。 特にインスタの場合は、「目で見てもらう」感が強いので、今まで述べてきた、写真のテーマだけではなく、画像が美しいかどうかも必ず気にして下さい。     ブロガー的なインスタの話   ここまで書いて、もう疲れちゃったからさらっといきます(笑)   どういうタイプ・ジャンルのブロガーに向いているのか もちろん、テーマによってはインスタ別にそんなに活躍しないかも、という方もいます。ブログテーマが画像映えするかどうかですよね。   例えば、「旅行系ブログ」だったら、有名観光スポットを載せまくる。「ガジェット系ブログ」なら、買ってきた商品を撮ったりそれを使っている様子をおしゃれ風に仕上げたりする、ということが考えられる。   他にも、料理ブログなら、作った料理の写真をひたすらいけばいいし、食べ物新商品系ならその食べ物の写真ばかりを毎回載せる。   こういう風に、写真のテーマが決められそうなジャンルだったらインスタやってみたらいいと思う。   でも、例えば極端な話、学問の専門ブログをやっている人らにとってはあんまり意味ないかも。だって撮るもの思いつかないし。 問題の解答や、参考書を被写体にするという作戦(笑)がかろうじて思いつくけど、それって、正直だれがいちいちインスタで見たがるんじゃい???????っていう(笑)     雑記ブロガーも微妙。ただし、すでに人気がある人は別だと思う。その人自身がブランディングされている場合、「その人の投稿」っていうだけで、見たい人もいる。   とはいえ、SNSの第一次的な目的は「ブログへ呼ぶこと」だから、そこからするとこの場合、インスタからブログへ興味を持ってもらって来てもらうという流れにはならないよね。すでにブログのファンの人が、インスタでも見てくれてさらに好印象を強化してくれることを狙って使う、ということはあり得ると思う。     このように、ブログのテーマやジャンルによって、大きく使い方や捉え方が変わるから、一概に全員始めたほうがいいとは言えないのよな。 逆にテーマがバチッとインスタの特性とマッチするような人は、やった方がいいです。ヲタクの話で説明したけど、コアなファンが来てくれるようになるからです。   投稿自体にリンクを貼れない これな(笑) インスタでリンクを貼れるところはただひとつ、「プロフィール欄」のみ! ツイッターのようなスパムは勘弁してくれ!ってことなんだろうかな(笑)   じゃあどうするか、ってことですけど、私が今のところ行きついている作戦は、「チラッチラッっとブログありますよ感」を出すということです。   インスタは画像の投稿とともに、文章もつけることができます。文章のところで、ブログにまとめました~的なことをひと言入れます。毎回やると、完全なる宣伝になってしまってうっとおしいので、5~6回に1回くらい忍ばせていくことにしてます(笑)     例えば、○○神社の画像を投稿します。そしてその投稿には、   「こちらは○○神社です。ブログにも先程まとめたのですが、御朱印を頂くときにいくつか注意点があるので、気をつけてくださいね!自然か豊かで緑を感じられる、とても気持ちの良い場所でした。」   という感じの文章を作ります。宣伝感があまりないと思います。   コアなファンに対して、ブログの存在を知ってもらいたいと思う反面、宣伝になってしまうとうっとおしいので、このような塩梅がいいのではないか、と今のところは思っているわけなのです。             以上です。あんまりうまく説明できた気がしない(爆) まあなんとなく雰囲気や考え方が伝わってくれればいいかな~~~~おわり!  

      テーマ:
  • 15 Apr
    • カンニングしながら自分の頭を使え

      カンニングはいけないことだと学校で習いましたね!しかーし、”テストで”カンニングをすることがいけないだけであって、カンニングそれ自体がいけないことではないんですよね。 今日は、ブログ運営におけるカンニングの話をするよ~~     ブログはカンニングをしないと成長しない   「カンニング」って、人の解答を盗み見て真似することです。ブログのいいところは、その人がどうやって運営しているかが、ブログ自体に表れており、それをタダで見ることが出来るっていうところです。   自己流ほど、無駄なことはないと思ってます。いいところは、どんどん真似しましょう。(当たり前ですけど、コピーサイトを作れと言っているわけではないですよ)   上手くいっている人が何をやって何をやっていないのか 見るところは、上手くいっている人が何をやって、何をやっていないのかです。やっていないこともちゃんと見てください。で、それをカンニングして、真似します。例えば、 記事の種類 1記事の長さ 更新頻度 サイドバーの中身、その順番 シェアボタンの種類、設置場所、設置数 読者登録ボタンの種類、設置場所、設置数 広告の設置場所、大きさ、数 カテゴリー分け、パンくずの有無 グローバルメニューの有無 ヘッダー画像に何を書いているか 使っているSNS   こういうところとか。これだけじゃなくて、まだまだい~~~~~~~~~~~~っぱい、人のブログを見て、取り入れられるところはあります。       他の人が研究してこれが一番いい!という結論になったものをそのまま頂くのが一番効率がよい 他の方が、時間も手間もかけて、これがいいんだというものを見つけてくださってるのですから、それをそのまま真似するのが一番効率がいいに決まってますね?   一から同じことを研究したり、実験したりするなんて、時間と労力を無駄にする天才です。   もちろん、それが「その人にとっては、そのやり方が一番いい!となったけど、自分の場合には当てはまらなかった」ということもままあります。違う人間ですから。 そういうときは、やめればいいだけじゃないですか。     そんで、もっともっと大事だと思うのが、次の項目です。     その人が何故そうしようと思ったのかを考えて   「上手くいっているこのブロガーさんが、ここにこういう記事を貼ってる!私も貼ろう!」 「シェアボタンがここにあるから、私も真似しよう」 「この人毎回最後に告知入れているから、私も入れよう」 そうやって真似して、上手くいったらそのまま、成果が出なかったらやめて別の方法を探して…ってやっていきますよね。それでいいんです。最初は   なんでそうなっているのかが分からなければ、自分の頭から何かを生み出すことは一生出来ない こうやって何も考えずにサイクルをぶん回していくことだけでも、成果はある程度出てくれると思います(そもそもサイクルを回せないで辞めてしまう人も多いし)   でも、永遠に「ただ、取り入れて、試して、辞めて、取り入れて、試して…」を機械のように繰り返しつづけるのは違うよ、ということが言いたい。   「どうしてその人がそれを取り入れているんだろう?」ということをしっかり考えた方がいいです。取り入れていることには、たいてい何かしら理由があります。   そうやって、たくさん頭を使って考えて、やっと頭が強くなるんです。そして、その強くなった頭を以て、新しい企画を考えたりするんです。     今までの自分の頭で思いつくようなことをやったところで、たかが知れています。     「自分にとって」何が一番いいのかは、最終的には自分の頭で考えないといけない(重要) 他人にあなたの内部のことまではわかりません。どんなに親身になってくれる先生を見つけたとしても、そしてその先生が一生懸命あなたのことを考えてくれたとしても、あなたの内部のことまでは絶対にわかりません。   自分にとって本当にぴったりなやり方というのは、結局自分で見つけるしかないです。それは、究極のところ自分にしかわからないからです。 最終的に行きつくところは、自分の頭です。       今日はこれで。  

      1
      テーマ:
  • 14 Apr
    • グーグルで上位を取りに行こうと思ってるときに意識してやってること

      渾身のネタのときあるじゃないですか?   記事ネタとしていろんなものをみなさん考えていると思うんだけど、なんていうかな、「このテーマで書くこの記事では上位に食い込ませたいな!」っていうときない?   記事数を増やすためにまあ書いとくわ~みたいなモチベーションで書いてるときと、「このネタは!!!!あわよくば!!!いけ!!!」みたいなモチベーションで書いてるとき…あるよね?(笑)   で、この後者のとき。もちろん狙った結果が出なかったり、予想外の結果が出たりなんてこともあるけど、狙った通りに当たることもある。 今回は、狙っているときに私が意識していることや、実際に行動したことなどをまとめてみるぞ~~~~~~     2語もしくは3語のキーワードで1位を狙うこと   キーワードを入れてググって、自分の記事が1位に出てくれば、相当数のアクセス増が狙えます。(もちろん、需要のあるキーワードに限ります。検索ボリュームが全然ないやつで1位を取っても別に人は来ない)   2~3語の組み合わせで検索された時に上位に出るように意識するんだ。それはなぜか。   1語は、無理。 普通の人には、無理です(爆) 敵が多すぎ。その莫大な数の敵の中をぶち抜けるカリスマ性が自分にあると思う方は、頑張ってみてください。   もちろん、絶対に100%無理とは言えないのですけど、私はむやみに頑張るのではなくて少しでも成果が出やすいことを頑張った方が、精神が乱れないで済むかな~と思うんで、基本的には2~3語での上位表示を目指そうね。   2~3語組み合わせてもまだ敵がいすぎる場合もあるから注意 有名なのをいくつかあげてみると、 「漫画 おすすめ」 「漫画 おすすめ 2017」 「アニメ おすすめ」 「転職 おすすめ」   なんか全部おすすめになっちゃったんですけども(笑)、2~3語といえど、こういうのになってくると非常に激しい戦いになってます。企業もしぬほど入ってくるので(もちろんそれだけ儲かる場所だということでもあるんだけど)、それを勝ち抜くカリスマ性や企画力、マーケティング力がないと、なかなか勝てません。   個人でこれをぶち抜いたブロガーもいますけれども、それを見て自分にも出来るとはあんまり思わない方がいいんじゃないかな。やってみたい人は、1回やってみるのもいいと思う、どれだけ成果に表れるのか実験だ!私は心が疲れそうだからやんないけど   自分が勝てそうなところを探そう 関連するキーワードでいくつかググってみて、どこだったら自分でも上位いけそうかって、調べてみてください。 今の自分のレベルで勝てそうなところをなるべく狙おう。勝てるとこで勝負を仕掛けるのが、一番楽に上手くいく方法なんじゃないかな、と今のところ思ってる(笑)     書く前に、現在そのキーワードで1位~3位くらいに出てくる記事をよく見ること   では、ここからは私が具体的にどんなことをやっているかをまとめるよ。 記事を書く前に、そのキーワードで上位に表示されている記事がどんなもんなのか見ておきましょう。敵のコンテンツの質を確かめるんだぜ   それより濃い記事を書け。もしくはそれらに足りないものをつけ足せ。(重要) 自分がその記事よりも上に表示されたかったら、敵の記事よりもいいものを作る必要があります。当たり前なんですけどね。   なのに、自分より上にいる人の記事をあまり意識していなかったりする人が結構いる。それはそれで、こう…他人を全く気にせず突き抜けとおすことで、個性がハンパなくギラギラ光って上位に君臨できることもあるのかもしれないですけれども、それって運任せになっちゃうよね。戦略的ではない。     「それより濃い記事」というのは、具体的には、それよりも自分の記事を読んだ方がためになるとか、その記事読んだだけではまだわからないこともあるけど、私の記事だったらこれひとつ読むだけで全部理解できる、とか。 足りないものを補っているとか。逆に余計な関係ないことを、削ぎ落してわかりやすいとか。   とにかく、その記事よりクオリティの高い記事を書こうよっていうことです。   上位がしょぼければラッキー 何でこんな記事で上位なの?みたいなことも実は結構あります(笑) 「うわ、しょぼ、ラッキー」みたいな。画像も変だし、ろくに説明した文章もなくて、「誰がこれ見てワクワクするんじゃ!?誰がこれ見て楽しむんですかいな????」ってことがある。   そういうところが上手く見つかれば、勝ったも同然ですな(爆)   まとめ 2~3語のキーワードを狙う そのキーワードで上位表示されている記事を研究して、それよりもクオリティの高い記事を書く 上位がしょぼければラッキー ただし需要がある分野に限る   上位の記事のクオリティを見ながら記事を作るということをやってきて、今現在メインブログでは、2~3語のキーワード検索で、グーグル1~3位になっている記事の数が、メインブログ全体の記事数の10%くらいあります。 そして、それらの記事が、私の総アクセス数のほぼ8~9割を構成しているんです。   10%の記事が、全体の8~9割のアクセス数を呼んでいるんです。そういうものなのです。だから、イケイケの記事をいくつ作れるかが重要なんです。そんなイケイケの記事を作る時に、意識していることを今回まとめたというわけなのです。         あらためて書いてみると、当たり前すぎるけど、初心者さんには欠けている視点かもなーと思う。それでは~~~~~~    

      2
      テーマ:
  • 12 Apr
    • 【Twitter×ブログ】初心者ブロガーのためのツイッター使いこなし講座

      もっとブログをたくさんの人に読んでもらいたいと思う場合、SNSを活用するのは必須。数万PV行ってる人って、95%くらい(というかもしかしたら100%)ツイッターやってない?(笑) 私としては初心者(アクセスが全然ない人)ほど、ツイッターやった方がいいと思う。 アクセス稼げている人がやっていることを真似しないでアクセス稼げるようにはならないと思う   最初は全員初心者。よくわかんなくても始めよう。そして慣れろ。   アクセス稼げている人がみんなやっていることを真似しないでアクセス稼げるようにはならないと思う、というのが私の今のところのブログに対する考え方。   というか、上手くいっているブロガーのみならず、その他ブロガーのほっとんどの人がやっているのに自分だけやらないというのは、自分からハンデを背負いにいっているのと変わらないのでは…?とすら思えてくるんだぜ   初心者ならなおさらやるべき ツイッターワールド(笑)には、先輩ブロガーがいっぱいいます。更新情報をただツイートしているだけでなくて、@ツイート(誰かと会話しているツイートのこと)がタイムラインに多くある人なら、絡んで行けばいろいろと教えてくれることも多いです。   仲良くなるには、その人のブログを読んで、その感想を@ツイートで送ってみるのがいいと思います。   Twitterはパソコンからもできるよ インスタグラムはスマホ(というかインスタアプリを使用した場合)じゃないと投稿が出来ないんですよね。インスタはパソコンからだと、閲覧は出来るんだけど投稿が出来ない。   でも、ツイッターはスマホのみならず、パソコンから閲覧も投稿も出来ます。アプリなのかもネットのブラウザなのかも関係ない。ありがたいね。     ブロガーがツイッターでやってること   具体的に、ブロガーはツイッターを使って何をやっているのかを思いつく限り書いてみる ブログ記事更新情報のツイート (ツイッターでの投稿のことを「ツイート」といいます。)   はてなブログだったら、投稿した後に、「Twitterに投稿する」ボタンが、フェイスブック投稿ボタン等と一緒に出てくると思います。そのツイッターに投稿するボタンを押すと、連携したツイッターアカウントに、このツイートがされます。 画像は、サムネイルに設定したものが表示されてます。   超簡単。いつものブログ更新に+3秒くらいで完了。   他のブロガーとのやりとり @ツイートでやりとりするやつですね。ブログの感想を送ってくれた人にお礼を返したりしてます。最近だと、「やり方がわからない誰か教えて」ってつぶやいている初心者ブロガーを見つけては、勝手にアドバイスしたりしてます(笑)   日常を発信して人柄感を出し親近感を持ってもらう   このツイートは正直どうかと思うけれどもw こういう日常のつぶやきをすることで、業者感が消えます。業者、宣伝はみんな嫌うので、更新情報のツイートばっかりではなくて、こういった 個人が運営している感じを出したりします。   他のブロガーの更新情報・動向を見る チェックした好きなブロガーさんの動向を見たりします。すごいブロガーが「なんか今日は書けないな」とか言ってるのを見たりすると、「ああこの人も普通の人間なんだな」(失礼)とか思って、逆にそれがモチベーションになったりすることもあるんだぜ。   他のブロガーが何を考え、何に興味を示し、どういったことを発信しているのかを見るのは、かなりの分析資料になるよ。   どうでもいいヒトコトとか何気なくつぶやいてるヒトコトってブログには出てこなかったりするから、そういうのを見て、成果を出している人たちは普段どういう思考回路で何を考えて何を実践したんだろう、って考えるんだよね。 これは、当初からやっていることだし、こういう風にいろいろ頭を使って取り組んできたからこそ、今結構良い感じのアクセス数になってるんだと思う。   記事ネタのリサーチ(※重要) ツイッターを上手く使えば、フォロワーの属性をこちらでコントロールすることができる。   私の場合、はてなブログを始めた頃から、メインのツイッターアカウントでは、「神社仏閣及びその周辺の趣味を持っている人」と「ブログをやっている人」の2種類の属性の人だけフォローするようにしてる。 さらに自分でつぶやくツイートの種類を基本的には「神社」か「ブログ」かの2種類だけに絞ってるのね。   そうやって管理して運営していくと、フォロワーもそういう同じような人たちばっかり集まるようになってくるんですけど、そうなってくればいい感じ。   そもそも自分と趣味が合う人たちだけを集めているので、つまりは、自分のブログに来てくれる可能性が高めの人たちをグループ化することが出来るってこと。イメージ湧くかな?   そうやって集めたフォロワーさんたちがどんなつぶやきをしているのかをちゃんと見て、その人たちが必要としてそうなことを拾っていく。何なら、直接聞いてみることだってできる。     フォロワーさんたちが興味を持ってくれそうな記事は、そのまま需要に直結する可能性が高い。実際に、私のメインブログで検索が爆発した記事の大半は、ツイッターのフォロワーさんたちのつぶやきから得たヒントを元にしているんだな実は。   「自分のブログを見てくれる可能性の高い人たちが、見たがっていそうな記事」が書ければ、ただなんとなく更新するよりも、上手くいきそうじゃない?   本音としては、少しでもアクセスが集められる可能性の高い記事を書きたいじゃん(笑) だからリサーチって大事だし、そのリサーチをする場所としてツイッターは使えるんだよ、っていうわけなのさ。   ※ 注意 本文でも書いてるけど、これはツイッターを「自分のブログを読んでくれそうな人リスト」を作るんだという意識で戦略を持って運営した場合だけだからね。   だれかれ構わず、フォローしたりフォローされたりしているような感じのアカウントだったら、こういうことあんまり関係ないから。(笑)     はてなブロガー的ツイッターの使い方講座   ここで特にはてなブログだったら、どんな感じで使うのかなっていうのを書いてみる。既に運用している人にとっては、「知ってるし!!!!」って感じかもしれないんで、そんな人は読み飛ばしてね。   自己はてブしてツイートする   自分の記事を自分でブックマークって、結構やると思うんだけど、ブックマークするときに、ツイッターマークをチェックするとこがあるよね? あれをチェックしてから、はてブすると、自動的に上記のツイートがされます。   はてブと更新情報のツイートが同時に出来るって感覚。結構便利。   他のブロガーの記事をはてブしてツイートする   他のブロガーの記事をブックマークすることも多いよね。そのときもさっきと同じように、チェックしてからはてブすれば、このようなツイートを自動で流すことができます。   ただ、他の人のブログを一度にまとめて見るタイプの人とかが、はてブしたのを全部ツイートしてると、おそらくうざがられます。(笑)   他ブロガーの記事のはてブツイートは、ある程度空気を読んで、程良い頻度にした方がいいと思うぞ   私の運用としては、自分の記事が言及されたり、idコールがあった記事の場合だけ、はてブツイートするようにしてる。そのくらいがちょうどいいかなって思ってる。あとは、気分。   名前の末尾に「@はてなブログ」をつけとく(笑)   これね(笑) はてなブロガーのどなたかが流行らせたらしいのですけれども、これをつけていると同志に見つけてもらいやすくなります。   最初は、「なにそれ(笑)」って感じだったっぽいんですが、実際これをやると、はてなブロガーにフォローされやすいし、フォロー返しもされやすいということもあり、いまのところは結構効果があると思います。   ちなみに「@アメーバブログ」「@アメブロ」は全然効果がないwww      ツイッターがブログに何をもたらしてくれるのか   何がメリットなのかを最後にもう一度、整理して書いてみます。   ブログをやっていない人が継続的読者になってくれる 同じようにブログをやっている人だったら、「読者登録機能」をつかって読者になってくれて、そうすると勝手に更新のお知らせが届きますよね。   でも、その「読者登録機能」って同じ媒体のブログをやっている人しか使うことが出来ませんよね。   ツイッターを使って、更新情報を流せば、「ブログやってないけど、ツイッターやっている人びと」の中にいる、自分のブログを気に入ってくれる人にアプローチすることができます。   そもそも、ブログ人口よりツイッター人口の方が、圧倒的に多いですから、そこに対して何もしないというのは、とんでもなくもったいないな。   そもそもフォロワー自体が濃厚リストになる(※重要) 個人的に一番大事な圧倒的ポイントはここです。先程、「記事ネタのリサーチ」のところで書いたことです。   ツイッターを上手く利用すれば、自分のブログの内容に興味を持ってくれそうな人を集めて、その人たちに向かってアプローチをする、という方法をとることが出来ます。 だれかれ構わず発信するよりも、この方が自分のブログのファンになってくれる可能性が高いですよね。   ひろ~~く多くの人に読まれる記事を目指す、というのもいいかもしれませんが、正直”最初は”それはやめた方がいいです。大きなキーワードは、プロとの闘いになりますから、初心者じゃなかなか厳しいですよそりゃ。   なかなか結果が出なくて嫌になってやめてしまうのがオチです。初心者の最大の敵は、「続けられない」ですから。成果が出やすそうなことを、まずやりましょう。       相手の範囲を絞って、可能性の高そうなところにだけ、アプローチしていくスタイルの方が最初は読者(=ファン)がつきやすいと思います。 そして、それと同時に、”どうやったら検索に好かれるか”ということも考えて、記事に反映させていくということをします。     でも、それは出来ればの話です。空前絶後の超絶怒涛の超初心者の場合、いっぱいいっぱいだと思うから、とりあえずは、ブログとツイッターの運用を頑張る。 慣れたら、検索のことも徐々に考えるようにしていければ、十分なんじゃないかな。     ”ツイッターはそんなに意味がない”だって??   どうだったでしょうか?ツイッター、すごいでしょ? ただ単に更新情報を流すだけとか、適当につぶやくだけだからそんなに意味が無いとか、そんなレベルじゃないんだぜ。   ”ツイッターそんなに意味ない”って言ってる人を見かけたから、今回書いてみたんだけど、ツイッターがしょぼいんじゃなくて、君のツイッターの使い方がしょぼいんd……おっと失礼あそばせ       気づいたら、長くなっちゃった。 今回は、私がツイッターを使っていて考えたことや感じたこと、気をつけていたことなど、大事だと思っている視点を盛り込んでまとめてみました。   これは、私が自分で考えて運用していった結果の話であり、あくまで主観でまとめてるんだけど、役立つ人もいると思ったんで、公開しときま~す     ここまで読んでくれたあなたは、アクセスアップ間違いなしだね!がんばって!(適当) どうもありがとうございました。   おっしま~~~~~~い    

      1
      テーマ:
  • 11 Apr
    • 記事順位が時の経過により入れ替わったことで感じたトレンド感

      グーグル順位って入れ替わるじゃないですか、最初は全然上がんないな~なんでかな~っていうのもあるし、上位から転落したり、いろいろ。 そんなグーグル順位の変動について、先週末の私のメインブログのアクセス数から考えたことを書いてみよっかな~   先月に仕込んだ記事がこの金土日で爆発した   3月の中旬頃に公開した、日本橋桜フェスティバルのレポート記事の順位が、4月入ったあたりからぐんぐんのびてきて、最終的に割と大きなキーワードで、公式HPなどに引き続いた位置についていて、4~5位くらいになっていた(今は落ちてる)   そのおかげか、週末にかけて検索がびよよ~んと伸びてくれていた、ということに先程気が付いたので、この記事を書いてるんだぞ     3月の公開当時は、ぎり1ページ目に入るかもしくは押し出されて2ページ目に行っちゃうか、みたいなところをウロウロしてました。 公開してから1週間くらいは、順位上がらないかな~って見張ってたんだけど、全然変わんなかった。それで、まあ…大きなイベントだから、上位は無理っぽいしこんなもんかな~~と思い、諦めてそれっきり気にするのを忘れていたんだな   日本橋桜フェスティバル関連記事の順位がどう変わったのか 公開した3月中旬頃、自分の記事より上位の記事の内容は、「日本橋でこんな内容のイベントが開催されるようです。日時は~~です。いかがですか?」という予告系のものばかりだった。 しかし、4月頃には上位の記事が「行ってきたレポート」系の内容の記事ばかりになっていた。   記事の順位の入れ替わりから実感した「トレンド感」の重要性   トレンドをつかむというのも、アクセスを集めたい!って人に送られるアドバイスのひとつですよね。   ※ トレンドとは? 流行りのこと。一般的には、洋服の流行の話で、「今年の春のトレンドは~~~」って使うのが多いんじゃないかな。   でも、ブログ的なトレンドはもっと局地的なもの、例えば、 「今日新規オープンした話題の店に、今日来店して、今日記事を書いて公開する」 「今日発売した新商品を、今日使用して即レポート記事を公開する」 こういったイメージが多いような気がする     トレンドにおいて一番大事なのは「時間」 全く同じ情報であっても、時によって、必要とされるときと必要とされないときがあるわけなんだな。   同じ検索ワードなのに上位表示される記事がガラリと入れ替わる このイベントは、3月の中旬くらいから4月9日まで開催されてるやつだったんです。~3月中旬くらいまでの開催日より前及び開催直後あたりは、さっきの予告系がトレンドなんだろうなあ、と。   そして、日程が進んで終了間近くらいになってくると、気になってたけど都合がつかなくて行けなさそうな人が、会場どんな感じだったんかなと知りたくて、行ってきた人のレポートを見たくて検索してきたりもすると思うので、ちょこっと層が変わるような気がする   具体的に層がどう変わったのかの分析はまだちゃんとできてないから、よくわかんないまま書いてるんだけど(笑)、でも上位を構成する記事がガラッと変わっていたことは事実で、どこかしら大きな変化があったのはたしか。         取り扱うテーマ自体が、トレンドであるってだけじゃなくて(今回なら、日本橋桜フェスティバルに関連する記事を書いているということ自体は全員一緒)、その記事の雰囲気や書いている内容もトレンド感があるかってのもきっと大事なんだろうな~とちょっと思った。     今日はなんだかいつも以上にしっかりまとまってないんだけど(笑)、考察した記録として残しとくぜ。 おやすみ  

      テーマ:
  • 08 Apr
    • 「価値の高い情報を書け」ってときの「価値」ってなに?

      「検索流入を増やしたい」っていう人が必ず目にするアドバイス、検索されたいんだったら「価値の高い情報をブログに書け」ってやつ。   わかったようなわかんないような… オトナは言葉の意味をなんとなく分かった風で物事を進めがちです。「価値の高い情報」ってなんですか?というか、「価値」って何?どんな内容?   さあさあ!今回は、「価値」の意味を考えるぞ~~~     「価値」は、人が求める数で決まる   たくさんの人にたくさんの回数求められる場合、それは「需要」がかなりある、ということですね。そして、そこに「価値」があります。   たくさんの人が求めているものだからこそ、人気コンテンツであり(=アクセスが多い)、価値があることになるんです。   だから、「価値ある情報」「価値の高い情報」とかっていうときの「価値」とは、「人に多く求められる」ものであるという意味です。     「価値」=人に求められる数が多いこと これには、「”多くの人が”求める」と、「限られた人が、”何回も求める”」の2パターンが考えられそう。それぞれ、「集客」と「頻度」にあたるのかな。   「検索流入を増やしたい」となれば、集客面を改善する方向、つまり今よりも「多くの人が求める」ものを目指していくことになる。   では、「多くの人」の「多く」ってどれくらいなのか 「多くの人が求める」っていうけど、じゃあその「多く」ってどれくらいなの?という疑問が次に出てくる。   この「多く」というのは、完全に人によるし、目指している数字による。 月間100万PV目指している人と月間3万PV目指している人では、「読まれたい数」って全然違うじゃないですか、だから人によって違う。     自分にとっての「多く」の人って、どれくらいなんだろう?って自分の頭で考えないといけないですね。         というわけで、「価値ある情報を書け」的な、よくあるアドバイスの中身を具体的に考えてみましたとさ。   ばいば~~~~~い  

      1
      テーマ:
  • 07 Apr
    • 心理学を勉強すればお金が稼げるようになるというのがアメブロの常識なの?は?

      やばい(確信)     ここ数日、アメブロを徘徊していたんですけれどもね、だいぶはてなブログとはカラーが違うわけです。「へ??…え????」って感じなのです   いつも通りめんどくさいから端的に言うぞ アメブロ書いてて心理学にハマっているあなたに言うぞ     お金が欲しいのに心理学勉強してるんですか?   いろいろ流行りがあるんだろうと思うのですけど、はっきりいって「お金欲しいなら、ビジネス勉強すれば?」としか思えないんですけど。   「お金欲しいから、心理学勉強する」ってどうかしてるぞ   そんな人たちをマジでいっぱい目撃した ”本当の悩みはただ「金が欲しい」っていうだけ”マジでそれだけ。 なのに、よくわかんない心理学にかこつけられて「お金がないのは、○○っていう考え方が出来ていないからなんだよ。だからこういう風に考え方を変えましょう」とか言われて、「お金の考え方を変えるための講座、10万円です」     …本気で目を覚ますことをおすすめする。   「金がない」という悩みを解決する方法は、「金を稼ぐこと」であって、「心の持ちようを整えること」ではない 心理学が意味ないって言いたいわけでは全然なくて、それが必要な人も世の中にいっぱいいるということはわかってるつもり。   そうじゃなくて、「金がない」という悩みを抱えている人にとって必要なことは、「心を整えること」じゃないでしょってこと。   だって、「金がない」を「金がある」にしたいんでしょ?じゃあ、稼げばいいじゃん。それだけじゃないんですか?なにわけわかんない思想をお金を払って身につけさせられようとしているんですか。   受験勉強と似てる 数学がニガテで成績が超やばくて、英語は得意でいつも得点源っていう学力の人がいるとします。合格するためには、数学も出来るようにならないといけない。   この段階で、数学と英語のどちらを勉強するのが合格に近道なのかといえば、もちろん「数学」ですよね。誰から見ても明らかなわけです。   なのに、同じ状況で「英語」ばっかり勉強してしまう人がいることも、なんとなくわかりませんか?いるんですよそういう人。それで、「あんなに勉強したのに不合格だった」って嘆くんです。   たしかに「あんなに勉強した」というのは合ってるし、それなりの努力はしたのだろうけど、どう考えてもその努力の「中身」、間違ってますよね?       「お金欲しいから、心理学勉強する」っていうことをやってる人を見かけると、そういう人に似てるなって思います(笑)     目標に近づく方法以外のことを一生懸命頑張って、それで全然目標達成できないことに怒ってる、って感じ。やばみ~~~~~  

      2
      テーマ:
  • 04 Apr
    • 【重要】ブログは何のために存在するの?

      「アクセスアップしたいよーぉ」 「読者数が増えないよーぅ」 「ブログ収益が〇万円ほしいよーぅ」 「ブログから仕事の依頼が来ないよーぉ」   わかる、わかるぞぉぉお!人間だもの。結果や目に見える数字が欲しくなるのは、至極当然だ。卑しいことでも何でもない。   結果を見据えて日々行動するのはとてもすごいことだよね。うんうん、充実って感じだ。   でも反面、結果ばっかりに強烈にフォーカスしすぎてしまうと、「結果の出てない自分」がよりはっきりしてきて浮き彫りになる。そんで、謎の自己嫌悪モードに突入してしまう人も少なからずいるよな。   アクセス数、読者数、収益金額、問い合わせ数とか、そういうのもあるけど、ここで一回、自分が何をやっているのかを、冷静に考えて俯瞰してみるっていうのはどうかな     ねえねえ、ブログって何のために存在してると思う?     また「読者のため」って言うんでしょ?はいはいわかったわかったおやすみ ( ˘ω˘ )スヤァ……寝ないでよぉお!!!そんなこと言わずに、今日はその「読者のため」っていうのをもっと深く掘り下げたいと思うんだな   「検索順位がー」っていう話、ブログを始めてからたくさんするようになったと思います。要するに、グーグルからの評価を気にしだしたってことよね。   そもそもグーグルって何のために存在するんだ? 我々のブログのみならず、他のウェブサイトやSNSやらなにやら、インターネット上のウェブコンテンツの全てを統べるグーグル。   その土俵に乗って勝負するんだったら、その土俵自体が何のために存在しているのかってことくらい考えてみてもいいと思うんだよね。もちろんグーグルの人でない限り、正解っていうのはわからないけど、考えるくらいはしとこうぜって思うんだ     グーグルが何やってるかってひと言でいうと、「世界中の人々が各々必要としている情報にアクセスできるようにするために、世界中の情報を整理している」んだよな     「世界中の人々が必要な情報に辿り着けるようにしたい」っていうミッションビジョンがあって、そのために「世界中の情報を整理している」。     そう考えるとグーグルって、ウェブサイトを作る人とかブログを書く人とか、SNSを更新している人とか、発信をする人のためにあるんじゃないんだってことに気が付く   ただただ、情報を検索する人のために存在しているんだよね。   情報を発信したい人の為の媒体として、グーグルが誕生したってわけじゃないじゃん。本来のそもそもの誕生理由は、「必要な人に必要な情報が届く世の中にしたい」ってところにあるんだから、あくまで目線は「情報を必要としている人」にあると思うんだよ     ウェブサイトを広めるためでもないし、あなたの(私の)ブログを広めるためでもないし、投稿したSNSを大勢の人に見てもらってバズって満足するために存在するんでもない。   結果として現状、発信したい側の人が、好きなことを発信できるみたいな使い方ができるようになっているけど、それは副産物にすぎない。グーグルは「情報を発信したい人のため」に存在しているのか、って聞かれれば、それははっきりいって違うでしょ?     グーグルは、世界中の、情報を検索する人類のために情報を整理し続けてるんだ。   グーグルに乗っかって情報発信している私たちは グーグルのせいで話がデかくなりすぎててかなり笑うんですけど(笑)、私たちはそんなグーグルに乗っかって情報を発信しています。   だから私たちがブログやサイトを作るときは、「情報を探している人(≒読んでくれる人)のために」を考えて作らないといけないに決まってるんですよ。   記事中身の情報価値のみならず、情報を探している人にとってわかりやすいか見つけやすいのか、アクセスしてくれた人にとって読みやすい見た目なのかとか、その人が他に必要としていそうな情報もすぐ見つけやすいかとか     逆にこれを全く意識しないブログなんて、むしろ的外れもいいとこって気すらしてきませんか?どう?   グーグルやインターネットの存在意義を理解しようともせずに、「記事を毎日更新しているのにアクセスが伸びない…」とか「収益が増えない…」とか、違げぇよ視野が狭めぇぞもっと考えろよ!って     もちろん最初のうちは、そもそもタイピングだけで精一杯っていう人もいるから、始めから頭を使えっていっても無理なのはわかってる。 だけど、「意識してやってみてるけど上手くいってない人」と「何も意識してなくて上手くいってない人」にはえらい差があるよね   その「意識してやってみてる」ことを、試行錯誤と呼ぶんだ。で、それを積み重ねた人が結果を出すことができるようになっていくんじゃないかな     「何も意識してなくて上手くいってな」くて”悩んでいる”ことを積み重ねたところで、苦しいだけだ。しかも、その”悩んでいる”っていうのは、試行錯誤でも何でもない。ただの地団駄、何も生まない。   ”苦しんだら苦しんだ分だけ後で報われる幻想”を持っている人もいるかもしれないけど、”苦しんだら苦しんだ分だけ苦しんで終わるというクソ未来”が待っていることは往々にしてあるんだぜ。 苦しむこと自体には全く意味がないんだ、さっさと目を覚ませ起きろ起きろぉ!!     どこに向かっていったらいいのか   最後謎の脱線をしちゃったけど、なんで「読者のため」ってそこら中で言われるのかを説明してみたぞ。   根本の考え方や思考を把握すれば、きっと方向性も良い感じに設定できるんじゃなかろうかな!!どうかな!!     こちらもどうぞ 【重要】あなたは何屋さんなんですかね?     はい、おしまい!!!!!!!!    

      1
      テーマ:
  • 02 Apr
    • 雑記ブログと専門ブログどっちがいいのか問題に回答

      さあ、ブログを始めよう、と思ってもどんなブログにしたらいいのかわからない人も多いかと思います。ブログの運営には、大まかに「雑記ブログ」と「専門ブログ」というくくりがあります。   雑記ブログと専門ブログの特性を知る   それぞれどんなブログなのかということと、メリットデメリットも一緒に考えてみるべし   ※ 雑記ブログとは テーマを定めずに書きたいことをとにかく書く、というスタイルのブログ。テーマに縛りがないので、何でも書きやすくて気軽に続けやすいという点が、初心者的にはグッドポイント。 しかし、カリスマ性や面白さがないと、ブログを成長させてファンを多く獲得するのは、なかなか厳しい。自分のキャラを売り込める人には向いてるんじゃないかな。また、検索エンジン対策としてもあまり好ましくない。   ※ 専門ブログとは テーマを絞って、そのテーマに沿った記事だけを書いていくというスタイルのブログ。テーマに縛りがあるので、書けば書くほどブログの専門性が上がっていく。そのテーマに沿った記事は、ブログの専門性が高まる程、それに合わせて検索エンジンから評価されやすい。   だから何なんだよ!!!!感がありますけど、メリットデメリットを整理してみます。   雑記ブログのメリット 「書きやすいから続けやすい」、これに尽きます。 初心者にとって最大の敵は「書けない」→「めんどくさい」→「続かない」の三連コンボです。これはね、超強力な敵なんだよまじで。   これを乗り越えて習慣にしたり、楽しさを発見したりするまでには1~3ヶ月くらいかかっちゃうんだよね。で、この1~3ヶ月の間にやめちゃう人が80~90%もいるわけなのさ。   雑記なら、「何を書いてもいい」んだから、ネタがそこら中にある。お昼に食べたご飯の話とか、休日にカラオケで何を歌ったのかとか、読んだ本の話とか、趣味の話とかとにかく何でもいいのね。書き散らかすことができて、これが結構楽しい。   雑記ブログのデメリット 「この人、何?誰なの?」となってしまって(参照:【重要】あなたは何屋さんなんですかね?)、下手すると信用がなくなる。   信用っていうのは例えば、 いつも「毛」の記事ばっかり更新していて(なにその設定www)「毛」へのこだわりが強そうな人のブログに書かれた「脱毛記事」 アニメやドラマや本、恋愛から仕事の話や旅行の記事などいろんなジャンルをごちゃまぜにしているブログの中に混じって唐突に書かれた「脱毛記事」   どっちの「脱毛記事」の信用性の方が高そうですか?まあ、前者ですよね。これが積み重なっていくと、信頼感が薄い記事ばっかり量産しているブログみたいになってっちゃって、ファンがつきにくくなることは確かなのです。   また、検索エンジン的にも専門ブログに書かれた専門記事の方が、評価が高くなる傾向があるので、この点においても雑記ブログはデメリットとなります。   専門ブログのメリット 雑記ブログのデメリットの反対です。 記事の信用性、信頼感が高まり、そのテーマが好きなファンがついてくれやすく、継続的な読者が生まれやすい。検索エンジンにも好かれがち。   専門ブログのデメリット 最初からテーマを固めてしまうと、やってみて上手くいかなかったときに(特に需要がなかったことが後から判明したときに)、いちから違うテーマでブログを作り直す羽目になる。それはやばい。もはや事件レベルで大変。   作り直すまではいかないとしても、方向転換にはそれなりの労力を要する。   そして、ネタに詰まって書けなくなる可能性があること。 テーマを絞っている以上、「書くことが思いつかない」状況に陥る人もいます。そしてそれが心理的な負担になって、書くのがめんどうになり、フェードアウトにつながるおそれが高いです。     結局どうすればいいんだよ?に対する私の提案   最初は雑記ブログで始めて、とにかく書けるものを書く。書く。書きまくる。自分が書けそうなことはとりあえず書きながら、需要を探していく。   実際に書いて公開してみないと、記事の需要ってわからないことが多いんですよ。これは受けるぞと思って時間たっぷりかけて書いたのに全然反応がなかったり、逆にどうでもいいやとてきと~~に書いた記事がめっちゃ盛り上がったりするものなのです。ブログ神は超きまぐれなんだぞ     そんなこんなで続けていくうちに、その中で反応のいい記事と悪い記事と分かってくるはずだから、反応のいいテーマの記事を書いていくようにする。 この過程で徐々に判明してきた自分の得意分野を武器にして、次第に専門ブログに仕上げていく。     これだ!!!というものがまだない人とか、方向性で迷っている人は、この流れで始めてみるといいんじゃないかな。  

      テーマ:
    • ホスト型グーグルアドセンスアカウントのアップグレードのめんどくさい話

      メインブログ(「豊かですよ!」)に、グーグルアドセンスを貼りたいと前から思っていたのですよね。   ※グーグルアドセンスとは ウェブ広告のこと。読者さんがそれをクリックすると、収益になります。   しかし、いまだに貼っていないのです。そう、貼れないの(爆) なぜかというと、アドセンスアカウントは持っているんですけど、ブログに広告を貼れる許可のないタイプのアカウント(ホスト型アカウントといいます)になっちゃっているのです。ほんとどうしよ。     これからアドセンスアカウントを作る人へ、私の失敗を活かすんだぞ(白目)   ブロガーがアドセンスの解説記事をよく出していますけれども、あれは「非ホスト型アカウント」の場合の運用方法なんですよね。非ホスト型が当然の前提になっていて、アドセンスアカウントが2種類あるということは、知らない人も多いかもしれません。   ブログに広告を貼って収入にしたい人は「非ホスト型」アカウントじゃないとだめ そう、これが問題なのです。私の持ってるアカウントは「ホスト型」なんです。ブログに広告を貼るためには、「非ホスト型」に「アップグレード」するという作業が必要なのです。めんどい。   非ホスト型にグレードアップするという作業は、アドセンス合格不合格とかっていう段階よりも前の段階なのです。「アドセンス合格しないよぅ…」って嘆いてるブロガーさんを見かけることがあると思いますが、このアップグレード云々という話は、それ以前のステップです(爆) 先が長すぎる。だっるい。   審査ゆるゆる超不便な「ホスト型」アカウント なんで私がこんなことになってしまっているかというと、空前絶後の超絶ウェブ素人の時期に、よくわからずに、YouTubeから最初のグーグルアドセンスアカウントを取得してしまったからなのです。   ホスト型アカウントというのは、グーグルが運営しているサービスを通じて取得されたアカウントのことです。YouTubeはグーグルに買収されてますから、グーグルの運営。他にも、bloggerというブログサービスもグーグル運営です。     YouTubeやbloggerを利用してアドセンスを開設すると、超審査がゆるゆるなんです。自分のところのサービスだからなんでしょうかね、一応審査はありますけど、2~3日くらいで全部完了してしまいます。   で、このホスト型アカウントは、そのままYouTubeだけで収益化することしかできません。 ブログにも広告を貼りたい!となったときには、「非ホスト型」アカウントにアップグレードしないといけないのですよ     アップグレードするための条件   グダグダ言ってないでアップグレードやれよ!って感じなんですが、これがまた難関ポイントなんですよ。順序はこの通り。   YouTubeで1000円以上の収益を達成 住所確認 アップグレード手続   アップグレードするためには、「ホスト型」の段階で、住所確認を済ませていないといけません。そしてこの住所確認、YouTubeの収益が1000円以上にならないと行うことができないのです!   YouTubeで1000円以上稼げない問題 YouTubeで1000円っていうのが、難しいんですよ。 動画の才能が引くほどありません。編集のやり方もわかんない、というかそもそも動画で稼ごうなんて1ミリも思ってないんで編集を学ぶモチベーションもないんだな(笑)   一応4つくらいUPしてあったんだけど、驚愕の半年で12円だからなww 12円とか小学生ですら肩たたきで1日で稼げる金額です。1000円なんて空前絶後の超絶無理難題なんだよぉ…     アップグレードせずその古いアカウントは削除して、新しいアカウントを作ればいいじゃん作戦(できない人もいる)   だったら、アップグレードなんか諦めて新しいアカウントを作ればいいじゃんと思ったあなた!正解です!基本的にはこっちの作戦がいいと思うのです。その古い方のアカウントはもうどうでもいいって人は、削除しちゃって新しいアカウントを作りなおせばいい。   ただし、これが出来ない人もいるんですよ(私みたいに)   私のアドセンス格闘歴 まず私は、はてなのメインブログにアドセンス広告を貼りたいと思いました。が、よくわからなかったので、とりあえず、持っていたホスト型アカウントに自分のブログのURLを登録し、そのまま審査を請求しました。   しかし、いくら経っても合格とも不合格ともどちらのアナウンスも来ないので、確かめたところ、その段階でようやく、ホスト型はアップグレードをしないと無理なんだということを知りました。といういきさつでございました。   その後、アップグレードの1000円という関門を突破するのは超無理と思い、そのまま、その古いアカウントは削除して、新しいアドセンスアカウントを開設することにしました。   が、これが出来なかったのです!!!   どうやら「ホスト型」のそのアカウントで一度審査請求をしたことのあるドメインでは、新しい「非ホスト型」アカウントを開設することができない さてさて、非常にカオスになってまいりましたね!!!よくわかんない単語がならんでおりまする!!   古いアカウントの削除は普通にできました。では、新しいアカウントを作ろうということで、 メールアドレスを入力 ブログのドメインを入力 必要事項の入力 このようにアカウント開設はすすんでいきます。 ①のメールアドレスは、前のアカウントと違うものを使ったので、問題なく次へ進めました。が、②のブログのドメインを入力したら、”このURLは使用できません”的な赤文字が出てきてしまい、先に進めなくなってしまったのですよ。   もちろん入力したのは、独自ドメインで「www」が頭についているやつです。「hatenablog.com」みたいな無料ドメインではありません。     ここからは私の推測なのですけれども、さっき書いたこの部分、 持っていたホスト型アカウントに自分のブログのURLを登録し、そのまま審査を請求しました。   これが引っかかっているんじゃないかと思うんですね。 すでに使用されているドメイン扱いされてしまって、弾かれてしまったのではないかと…     新規開設は諦めた   別のドメインを利用して、アドセンスに合格するようなサイトをまた1から作り上げ、それでアカウントを取得し終えてから、メインブログのドメインを紐づけするという方法も考えました。   でもそうしたところで、アカウントの開設自体はできるかもしれないけど、今回弾かれたメインブログのドメインをその新しいアカウントに紐づけするときにまた弾かれて出来なかったら何の意味も無い上、超多大な労力が失われます。   しかも新規アカウント開設で弾かれている時点で、その可能性が高そうな予感がしました。       それだったら、どうにかしてYouTubeで1000円を目指す方が、まだ労力が報われる可能性があるなぁということで(笑)、一度削除した古いアカウントを復活させました。   少なくとも1万回の再生数 という大変カオスな展開を経て、わたくしは今、非ホスト型へのアップグレードを画策している最中です。YouTubeで1000円達成するには、少なくとも1万回の再生数が必要なようです(爆)   しかもそれは効率よくいった場合ですから、私の場合3万回くらい必要かもしれない…困りましたね。     「非ホスト型」を取得するんだよ?   ここまでうだうだと述べてきました。 これからブログで広告を貼ろうと思って、アドセンスアカウントを取得しようと思っている人は、必ず「非ホスト型」を取得してくださいね。 私のようにめんどくさいことになりますよ…ぅ         同じ境遇の方には参考になったかな? おしまい!    

      テーマ:
    • 人の関心を惹きがちなブログネタ5選

      正直、いまさらなところがあるけど、初心者のためにまとめておきます。”ついつい見ちゃう…”という、関心を引っ張れる系のブログネタシリーズです。   自分で記事を書くときに意識するってのもありますが、ブログ初心者としてはむしろ、読む側の立場として役立ててほしいです。   以下に登場するテーマのネタは、関心を引っ張れるもの、つまり逆から考えれば、「人の関心を惹こうとしてあえて書いている」場合が多いということなので、そういう意図を理解し、情強様にやられないためにも、初心者は知っておきましょうね     ついつい見ちゃわせるブログネタを知っとこうぜ     ということで、毎度めんどくさいので最初に載せます。こちらです。 お金儲け 自己啓発 人間関係 健康 ライフハック   もうね、これらは鉄板なのです。人間の大きな悩みはだいたいこの中に収まります。だからつい見ちゃうんですね。こういうネタを持ってくることで、ついつい見ずに入られない心理へと誘導するのです(闇) 特に1と2はマジで鉄板中の鉄板です。   お金儲け お金の話はみんな大好きなのです。致し方ありません。   「ブログで月3万円稼げるようになるまでに私がやったことのすべてと後輩ブロガーへのアドバイス」   (※ リンクっぽく装飾したただの文章です。リンクではありません。)       …クリックしたくなりませんでしたか?   自己啓発、心系 自己啓発も多いですね。ただ最近は、ゴリゴリ系の自己啓発は減り、「心系(=癒し系)」の自己啓発が多くなってます。   以前は、「ストイックに根性を出して成功するんだ、自分に負けるな!!」的な、精神をいたずらに鼓舞する系が多かったと思うのですが、今はもっぱら「癒し系」自己啓発がはびこっているという印象です。   「力抜いて、リラックスして、自分の才能に従うだけで、流れに任せるとうまくいきますよ」みたいなやつね。こういう系は、マインドコントロールのテクニックが盛りだくさんだったり、MLMのビジネスモデルが引くほど巧みにナチュラルに取り入れられていることが多いので、初心者のみなさんは本当に注意して下さい。     その発信内容が間違ってるとか、そんなことを言いたいわけじゃないんだけども、「巧みなビジネスモデルが仕込まれてる」ってことだけは覚えといてください。それをわかった上で読むのは別にいいと思いますけど。   人間関係 人間関係も悩みが尽きないところですよね。 「ゆとり世代と上手く付き合い、思い通りに使う方法」 「うっとおしい上司の上手なあしらい方」 「行きたくない飲み会に誘われた時の疑われない断り文句10選」 「職場にいる嫌な人からの攻撃を穏便に交わす方法」    適当に考えても、これだけそれっぽいのが思いつきます。こういった人間関係ネタは需要がかなり高いです。人間が複数いる限り、一生なくならない問題なんじゃないですかね。   健康 これはテレビ番組でよくやってる手法ですな。 「ガン予防に効果的な食べ物は○○!」 「あなたはこんな習慣ありませんか?脳卒中になる人の生活習慣」 「危険信号!こんな兆候があったらすぐに病院へ!」   見かけません?こういう番組。テレビで何度も何度もやっているのを見る度に、「健康」というのはやはり関心を引くことの出来るネタなんだなぁということを実感いたします。   「健康」が視聴率がまあ取れるテーマだからこそ、テレビ局の人たちがそういう番組を作り続けるわけだ 健康に興味ない人なんて、通常はいませんもんね。   そういえば、この辺りの心理をモラルもなく利用してしまって大変な問題になったキュレーションサイトがありましたっけね……ははは…   ライフハック 時間を短縮する仕事術とか、お料理術とか、お片付け術とか、そういうのが主に含まれます。自分の役に立つことは、みんな大好きなのです。   そして、こういったライフハック術を紹介しつつ、生活便利グッズのアフィリエイトが始まるのです…         最後にもう一度! お金儲け 自己啓発 人間関係 健康 ライフハック   こういうテーマは、あなたの興味関心を惹きつけるために、あえて書かれてるんだぞ!ってことをお忘れにならないように! じゃ!  

      テーマ:
    • アールグレイドーナツをむさぼる女

        ここ数日、気が乗らないから午前中からスタバに行ったぞ   土曜日だから混んでたな。スタバ行くと金銭感覚がちょっとおかしくなるよな、入店するとディズニーランドみたいに魔法をかけられてる気がするんだ そう、金銭感覚がおかしくなる魔法()         私、口下手なくせにラジオやりたいんですよね。ずっと憧れてるんですよ、音声での情報発信。ただ、何をしゃべったらいいのかわからないので(爆)それが問題ww   アメブロは今まで以上にいろんなことにチャレンジしようと思ってるから、かなり楽しみ。失敗したらそそくさとやめればいいやと思っているのは秘密ww そんな気持ちでやっているアメブロ。気楽でとってもよろしいぞ    

      テーマ:
  • 01 Apr
    • 初心者がブログを続けるのに一番いい方法は他のブロガーと絡むこと

      ブログを始めた!っていっても続けるのがなかなかしんどくてすぐに辞めてしまう人は本当に多いですよね。文章を書くことに抵抗がある方だと、なおさら辛くなっちゃう可能性もあります。   でも、楽しければ続くんです。だから楽しくなるような工夫をした方がいいと思う。   何でもいいから他のブロガーと絡め(必須)   これが重大なポイントです。3ヶ月以上続けられている人は、意識してか無意識なのかはわかりませんが、初期のころから他のブロガーとよく絡んでいます。   「絡む」っていうのは、他のブロガーの記事へ感想コメントをしたり、ツイッターでリプのやりとり(@ツイート)をすることです。最初は見知らぬ人に送っていいんだろうか…みたいなドキドキがありますけれども、それをどうにか乗り越えて絡んでみましょう。   実際にブログオフ会へ行って、ブログ友達を見つけることが一番いいって言われてますが、それはブログ始めたての超初心者にとってはめっちゃハードルが高いと思うんだ…(笑) 私もそれは無理だった…(笑)   いいねやスターじゃなくてコメント・ブコメをするんだ! アメブロだと「いいね」、はてなブログだと「スター」という機能があります。「読んだよ~~~」っていう印をつけることができるやつです。 ポチっとするだけだから、超手軽ですね!そして文章を考えなくていいし、絡んでいくという心理的ハードルも越えなくていいから、ラク!……   だがしかし!! それだと反応は薄いです。なぜかというと、自分に置き換えてみてください。いいねやスターをポチっとしただけの人と、コメントをくれた人といたら、それはコメントの方を見たいですよね。 それにコメントだと、「返さなきゃ」っていう心理が働くので、なおさら見てくれる可能性があるし、それを繰り返していくうちに、コミュニケーションがとれるようになります。   ◎「ブコメ」とは 「はてなブックマークコメント」のことです。拡散力があるので、たくさんの人に記事を読んでもらいたければ、設置しておくことをおすすめします。 逆に、すでにたくさんの読者がいて、”これは炎上するかもな…嫌だな…”みたいに、そんなに拡散されたくないとか、そういうときにはあえて外したりする人もいます。が、初心者が設置しないというのは、基本的にデメリットです。   そしてそのコミュニケーションこそが、続ける原動力になります。「反応を貰える」ことの喜びは想像以上ですよ!(笑)むしろ続けたくてしょうがなくなります。   アメブロ内で書くのもどうかと思いますが、無料ブログサ―ビスの中では、はてなブログが一番、ブロガー同士の「絡み」が多いという印象です。というより、”はてなブロガーは「絡み」の重要性を理解している人が多い”のかもしれませんな。     ちょっと勇気を出して、いつも読んでるブログにコメントしてみようぜ!  

      テーマ:
    • 安さを求めすぎる人とそれに合わせて価格競争を繰り広げてる人への苦言

      今日はマーケティング系のお話をしてみるぞ!   安いものは好きですか?   はい!大好きです!ww そんなに必要じゃなかったものでも、安さにつられて買っちゃったりすることはままあるわなそりゃ。 でもさ、何でも「高い!高い!もっと安くしろ!」とか「儲けるな!」とか「そんなんで元採れるんでしょうね??」みたいな空気感出すのは、どうかしてると思うんです。   なんで「価格競争」という潰し合いが勃発するのか たいやきが2つあります。   Aの抹茶たいやきは150円、Bの抹茶たいやきは倍の300円です(なんで抹茶たいやきなのかって?私が好きだからだぞ!!!) AもBも、どっちも内容も質も、すべて全く一緒です。どっち買いますか?   普通にAですよね。このように、まっっったく同じ商品が並んでいたら、安いほうを買うに決まってます。隣同士に並んでいれば、Aばっかり売れます。 だから、Bはこれに対応してきてこうなります。   そして今度は、これに対応してAが値段を下げます。   そしたら、さらにそれを見たBが値下げをします。   以下、両者ともエンドレスの苦しみへ☆(にっこり)   完全なる消耗戦です。後でちゃんと説明しますけど、すぐに値段を下げて売ろうとすることは、はっきりいって「悪」だぞ     安いは正義???   安ければ安いほどいいの?安さを求めれば、当然質はどんどん下がります。 賞味期限が偽装された食材を使った料理を提供されて客がお腹を壊したり、安く使われている格安バス運転手が疲弊して事故を起こし、乗客は命を失ったりします。     それでも徹底して安さを求めますか? 本当に世の中安いものだらけでいいんですか? 安いことはお客さんのためになることですか?     「安いから」選ばれるのか、 「その商品が素晴らしいから」選ばれるのか… 誇りはどこにあるのかな?     競合が登場したときに、価格を下げて闘うのではなくて、そのままの値段で(もしくは高くして)商品のクオリティーを上げる、という方向に向かった方が健全だと私は思ってるんですよね     格安バスの事故が数年前にあったけど、あれを受けても何事もなかったかのように、現在も格安バスツアーって開催されてる。そしていまだにあの旅行会社よりうちの方が安い!っていう広告すら見かける   競合がたくさん安くツアーをやり始めたからって、それに一緒になって消耗戦に参加するんじゃなくて、他者より割高にしていいから安全性を高めるバスツアーにするとかしてクオリティーを上げるっていう方向にはどうもいかない         さっきのたいやき。 全く同じたいやきなら、安い方が買われるっていうのはそりゃそうです。でも、違うたいやきなら違う値段でもいいんです。   Aは、まあ普通のあんこに抹茶粉末が練り込んである、普通に普通を極めたただの抹茶たいやき。運良く焼き上がりに遭遇できればいいけど、基本的には作り置きしてる。     でも、Bのたい焼きは違う。 Bのあんこは、「専属農家さんが、養分たっぷり北海道の土壌で丁寧に愛情込めて育てた最高級小豆を使用」し、さらに、「和菓子作り50年のベテラン職人が徹底した糖度管理をして、こだわりの餡に仕上げた」もの。抹茶は、香り豊かで濃厚な京都宇治のものを使用。 「一番おいしい状態で食べてもらいたい」という店主のこだわりから、必ず注文が入ってから焼き始める。そのため焼き型から取り出したばっかりの、焼きたてアツアツで香ばしいたい焼きを、その場で頂くことができる       とかだったらどうですか。 Aは150円、Bは300円のままでも全然いけそうじゃないですか?   価格を見直す前に商品を見直そうぜ 競合が出てきたときでも、高くていいから、もっといい商品が提供できないか考えるのがまず最初じゃないかと思うんだ。そういった、自分の商品の価値を高める企業努力もせずに、ただ売りたいから値段を下げるってしてたら、どんどん世の中カスみたいな商品ばっかりになっちゃうよ     値段が高いと、「儲けようとするな金の亡者め」っていう反応をする人がいるけど、私にはすぐ値段を安くする店の方が、たいしてクオリティーを上げる努力もせずに、儲けたがってるように見える。商品改良を放棄しているように見えちゃうんだよなぁ。   私がひねくれすぎなのかな…(笑)    

      テーマ:
  • 31 Mar
    • 人ってなんとなく生きてるから

      なんで生きてんだろう?って、2年前くらいの時期、私よく考えてたんだけどね(きっもwwww)、実際なんでだと思います?   何のために人生があって、何のために生きてんだろ、っていうのを考えずにはいられなかったというか、頭からそういう疑問が離れなかったのよね     「何のため…」とかそういう思考回路だとさ、「では私は何をすべきだろうか」っていう思考回路につながるわけ   それで「今は何をすべきだろう」って常々考えてるとさ、     しんどくて息が詰まるぞ   だって「すべき」って義務じゃないですか、なんていうのかな、”自分で自分に義務を課している”みたいな状況。自己縛りで興奮するタイプ? Mなの?うけるw     「何をすべきか」ばっかり考えるのってなんか違うんだよな   「どうありたいのか」のがしっくりくるんだよな     もっと具体的に落とすと、「どういう気持ちで日々過ごしたいのか」   自分がどういう気持ちをたくさん感じたら満足するのか、って考えてみたんだけど、私はいつも楽しい気持ちで過ごしたい   私は非常識でいいから楽しくあることにした   辛い思いをしながらエリートを進んでいくのは自分には出来ないと思った。だから思い切って離脱した(というか限界だったのでそうするしかなかったんだけども)。         「人生失敗してるね」って面と向かって言われたことがあるけど、私にとっての成功は、「楽しくあること」だと思っている。そもそも「成功」の中身が違うんだ     今何かに取り組んでて、「うまくいかないなぁ…」って悩んでる人は、「私はなにをすべきなんだろう」とか、そういうこと考える前にまず、「自分は今後どうありたいかな」っていうのを、決めた方がいいと思うよ   そうすると、いろいろ吹っ切れるから。     ゴールがどこかも知らないのに、ゴールへ行く”方法”を探す   「自分は今後どうありたいかな」ということを決めたあとで、目標を達成するためには何をすべきかな~っていうのを考えた方がいいと思う。そういう順番じゃないとさ、情報多すぎてブレッブレになって振り回されちゃうよ     自分にとっての「成功」って、「どうありたいかなぁ」ということを決めてからやっとわかるものじゃん。なのに、それを決めたり考えたりする前に、どうやったらいいのかっていうやり方や方法を求めるのって、ゴール決まってないのにゴール目指す方法を探しているみたいで、なんかやばくね?   それ、すっごくゴールできなさそうwww      

      テーマ:
  • 27 Mar
    • 【重要】あなたは何屋さんなんですかね?

      私のこのアメブロもあんまり人のこと言えないんですけれども(笑) 何屋さんかわからないお店の人に何かお願いしますか?という話を書くぞ~     あなたは何屋さんで何をくれる人なんですか?   全く図々しいことこの上ないんですけど、あなたのブログにやってきた読者さんは、常に「あなたは何をくれるのか」という品定めをしています(笑)   人は、自分の利益になることが大好きなのです やーね。でもしょうがないの。そういうものなんです。   「このブログは自分の利益になるなぁ」と思えば食いついてくれるし、「自分の利益にならないことばっかり書いてあるブログだ」と思われてしまったら、もうガン無視です。即離脱、直帰です。   「自分の利益にならないことばっかり書いてあるブログだ」、って今言ったけど、さらに言うとこれには「自分の利益になるのかならないのかよくわかんないブログだ」っていうのも含まれます。     分かりにくいものって嫌われるんですね。嫌われるというか、もっと正確にいうと「避けられる」「興味を示してもらえない」って感じ。 だから「何を」提供する専門の人なのか、っていうのがわかるようにしないといけない     全員から好かれようとすると、誰からも好かれないで終わる(重要)   手あたり次第、誰にでも好かれようと思って書かれているブログってあるけど、それを見た読者全員に「これはわたし向けのブログじゃないなあ」って思われてしまいます。   校長先生のあいさつの寄せ集めみたいなブログ ふわ~~~っとなんとなく全体に向けて言っている言葉や文章って、誰の心にも効かないんですよ。   ほら、全校集会で全体に向かってしゃべっている校長先生のあいさつみたいに。あれって全然響かなくない?”自分に言われてる”って感じしないでしょ? 「他の誰かに向かって言ってるのをただ聞かされている…だるいぜ…Oh…」みたいな感情になりませんか。   全校集会は、その場にい続けないと先生に怒られちゃいますから、しょうがなくみんなそのまま聞いてますけど、そういう強制力がない状況だったら、「だっる」って言いながら絶対帰りますよね。     ブログも全く一緒です。校長先生のあいさつみたいに、誰に向かってしゃべってんのかもよくわかんないような記事ばっかり書いていては、誰かがせっかくアクセスしてくれたとしても、「だっる」って言うかはわかりませんけど、そのまま華麗に直帰されます。   全体に向かってふわ~~~っと投げかけるだけで反応が貰えるのは、悲しいかなすでに人気のある人だけなんです。   これから人気者になろうとして(=アクセスを増やそうとして)、より多くの人をターゲットにするような、ふわ~~~~っとした記事を書いていても、人気者にはなれない(アクセスは増えない)んです。だって、それは「人気者になれた人が取れる手法」だからです。残念だったな。     特定して、刺せ。そして証拠を示せ。以上   特定の人に、「これはあなたの為のブログなんですよ!!!読まないとヤバいよヤバいよ!!」って、ぶっ刺さるブログに仕上げるんです。   そのためには、自分が何屋さんなのか、何を提供できる人なのか、はっきり掲げておかないといけない。だって見にきた人は、ちゃんと書いてくれてなきゃわかんないもん。 (提供はモノだけじゃなくて、もちろん無形の情報や技能なども含むよ)     ”はっきり掲げておく”、というのはブログタイトルに提供できるものを含めてわかりやすく工夫するっていう方法もあるし、そうじゃなくて記事をそのテーマで統一して更新し続けるとか、そういうのでもいいです。総合してぱっと分かるような状態なら、まずはいいと思います。   証拠を見せやがれい そしてそれにプラスして、本当にそれを提供できるよ~~っていう証拠もないと信用されません。   例えば、「ダイエットがテーマのブログで~す。私昔は太ってたんですけど、今痩せてま~~す。」って感じでやっていて、その運営者は「あわよくばダイエットトレーナーみたいな感じで個別のクライアントが欲しい」とか思っていたりするとします。(適当です、例えばの話ね)     なのに、そのブログには、自分のこととかアニメのネタバレとか、ニュースでやっていたことに対する自分の意見とか、なんかそういう記事ばっかりしか並んでいなかったら、どう思いますか?   「お前、本当にダイエットわかってるの???」 って思いませんか?そして、そういう人にダイエットのお仕事を頼もうという気持ちになりますか?     もちろん、アニメのネタバレとかニュースのこととか、そういう基本的なテーマと違うことを全く書いたらダメかというとそんなわけじゃないけど、バランスってあるじゃん?   他にも、「お料理教室やってます」って言ってるのに、料理の記事があんまりなくて、「全然料理作ってなさそう」とか。 「英語教えてます」って言ってるのに、全然英語を解説している記事がないとか。     これも結局、「あなたは何屋さんなんじゃい!!」ってことになります。   自分のブログを見返して、「いったい自分は何屋さんに見えてるんだろう?」ってことを確認してみようぜ。    

      1
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。