$ネバーエンディング・ファンタジー日記

真かまいたちの夜 11人目の訪問者(サスペクト)/ 公式ホームページ

「真かまいたちの夜 11人目の訪問者」のゲーム概要が公開。
“最大100人”でプレイ可能なマルチプレイモード「みんなでかまいたち」とは?


チュンソフトは、同社が発売を予定しているサウンドノベル
「 真かまいたちの夜 11人目の訪問者 ( サスペク ト) 」 ( PlayStation Vita / PlayStation 3 )
の最新情報を公開しましたビックリマーク

本作は、シリーズ累計出荷数125万本を記録した 「 かまいたちの夜 」 の原点回帰を
目指す作品。
おなじみの選択肢によるルート分岐システムに加えて、シリーズで初めてボイス演出を
加えた完全新作。
物語はもちろん、キャラクターボイスに中村悠一さんや小清水亜美さんなど、豪華声優陣
が起用されています。

また、“最大100人” という規格外の触れ込みが話題となった、マルチプレイモード
「 みんなでかまいたち 」 と呼ばれるこのモードは、それぞれのプレイヤーが探偵として、
誰よりも早く事件解決を目指すという内容で、PS Vita、PS3というプラットフォームの
垣根を越えて遊べるものになるそうです。

さらに、PlayStation Vita専用のモード 「 ふたりでかまいたち 」 では、前面 / 背面タッチを
使った “相性診断” が楽しめるとのことです。

みんなでかまいたち ( みんかま )

$ネバーエンディング・ファンタジー日記



$ネバーエンディング・ファンタジー日記



$ネバーエンディング・ファンタジー日記

■ ストーリー

岩手県・遠野市
作家志望の主人公、坂巻快人 ( さかまきかいと ) は、小説の題材を探しに、遠野の
ペンションを訪れる。
宿泊予定者は10人だったはずなのに、宿泊客は、なぜか11人……。
そのうちの1人が露天風呂で殺される。
快人は、偶然再会したかつての友人・立花京香とともに、事件の真相を探りはじめる。
しかし、ひとつ、またひとつと死体が増えていき……。

■ 登場人物紹介

$ネバーエンディング・ファンタジー日記

坂巻快人 ( さかまき かいと )
CV: 中村悠一
小説家志望の24歳。
今までの執筆作品は全て、完成を直前に全て紛失したという、人並み外れた不運の持ち主。
新しい小説の題材を探しに遠野を訪れた。


$ネバーエンディング・ファンタジー日記

立花京香 ( たちばな きょうか )
CV: 小清水亜美
快人が大学時代思いを寄せていた女性。積極的な性格の24歳。
旅行雑誌の編集者を務めており、雑誌の取材で遠野を訪れ、快人と偶然再会する。


PS Vita、PS3 ハード特性を活かした新システム搭載

$ネバーエンディング・ファンタジー日記



$ネバーエンディング・ファンタジー日記



$ネバーエンディング・ファンタジー日記

● みんなでかまいたち ( マルチプレイ )

「 みんなでかまいたち 」 は1ルーム最大100人のプレイヤーが、PS Vita、PS3のハードの
垣根を超えて対戦するマルチプレイ。
プレイヤーがそれぞれ探偵となり、誰よりも早い事件の解決を目指すことになる。

本作には、PS VitaとPS3のハードの特性を活かしたゲームシステムを搭載。
SONYハードの強みとするネットワークや、PS Vitaの前面 / 背面パネルを利用したシステム
により 「 かまいたちの夜 」 の新しい遊び方を実現している。
今回は各システムの概要をご紹介。 詳細は続報にて展開予定。


$ネバーエンディング・ファンタジー日記

● ふたりでかまいたち ( PS Vitaのみ、マルチプレイ )
PS Vitaのみに搭載されるモード。
二人でひとつのPS Vitaを持ち、前面 / 背面タッチで行うゲームを通してお互いの相性を占う。


$ネバーエンディング・ファンタジー日記


シリーズで初めてのボイス演出、そして、100人対戦の推理マルチプレイが、どのように展開
していくのか、次の情報に期待しましょう ビックリマーク




かまいたちの夜 特別編/チュンソフト

¥5,040
Amazon.co.jp


SEGA THE BEST かまいたちの夜2 特別篇/セガ

¥2,625
Amazon.co.jp


サウンドノベルエボリューション2 かまいたちの夜 PlayStation the Best/チュンソフト

¥2,940
Amazon.co.jp


かまいたちの夜2~監獄島のわらべ唄~ PlayStation 2 the Best/チュンソフト

¥3,150
Amazon.co.jp


かまいたちの夜×3 三日月島事件の真相/セガ

¥6,090
Amazon.co.jp


AD

コメント(2)