浅利演出事務所

浅利演出事務所の公式ブログです。
asarioffice.com


テーマ:
こんにちは!李香蘭カンパニーの鐘丘りおです。

私は今年五月の浅利慶太プロデュース第1弾『オンディーヌ』に出演させて頂き、今回から『ミュージカル李香蘭』に参加させていただいています。
 
私の『ミュージカル李香蘭』との出会いは、今から二十数年前の中校生の時でした。
私の地元である名古屋で、初演を観たのです。
全身に鳥肌が立つような感動を覚え、原作本を読みたくて書店を探し回りました。
(今みたいにインターネットで簡単に買える時代ではありませんでした・笑)

そして、生の舞台の興奮を忘れられず何度も何度も読み返し、今ではすっかりボロボロに…。
この原作本は今では私の宝物です。

{C6866F8D-9239-41C3-9A37-B08E11D0E783:01}


今回その憧れの作品に出演できる機会をいただき、嬉しさでいっぱいな反面、初参加という不安もありました。しかしカンパニーのみなさんが温かく迎えてくださり今は開幕に向けて稽古に集中しています!

ところで、私の身近に、子どもの頃ハルピンから引き揚げてきたという方がいらっしゃいます。
お話を伺うとその道のりは、私が想像する以上に壮絶でした。

ソ連兵の銃弾に当たり、医療器具もない中、麻酔もなく裁ち鋏で傷口を開き弾薬を取り出し、命をとりとめたそうです。今も身体に傷痕深く残っています。

そして、地面に生えている雑草を食べ泥水を飲み、はぐれた家族の無事を祈りながら、日本への引き揚げ船に乗り込んだそうです。

その方は
『ロシアと聞くだけで憎いと思ってしまう、それが戦争の恐ろしさだ』
と語っていました。

戦争に加担した訳でもなく、ただ必死に生きてきた罪のない人までも恨んでしまう、それが戦争の恐ろしさです・・・。
 
中国の軍事裁判所は日本人である李香蘭を許しました。

『徳を以て怨みに報いよう』

二度と起こしてはいけない戦争。

『ミュージカル李香蘭』を通してはじめて戦争について知る、感じる、という方もきっといらっしゃると思います。

「戦争の悲劇を風化させず後世にしっかりと伝える。」
 
これが私たちにできることであり、使命です。

あの時何が起きたのか、戦争の事実をお客様にお伝え出来るよう、今日も明日も、素晴らしいメンバーたちと共に稽古です!!

ぜひ、『ミュージカル李香蘭』を観に劇場に足をお運びください!



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

浅利演出事務所さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。