指圧の応用力。

テーマ:
僕が指圧を仕事として10年以上続けていて、一番意識していることは、医療的な分野で様々な効果をあげることで指圧の適応性を証明することです。

お客様から、効果が出た、楽になったという声が一番うれしい。

そして、一番驚くことは自分の予想以上に、美容の分野でも効果が上がったときです。

先日、若い女性のお客様が、肩こりのほかに顔のむくみも気になるというので、首肩の指圧をしっかりやった上で、頭部と顔にも、かなり丁寧に指圧をしてみました。

僕の指は太くてごついので、そんな指で女性の顔を指圧しまくることに、個人的には違和感を感じまくっていたのですが。。。苦笑

理論的には、指圧でも、顔や頭部の皮膚やつぼやリンパを刺激することで、エステのフェイシャルマッサージなどと重複するような効果が得られるはずだというのは、わかった上でやってみたのです。

でも個人的には、指圧はクリームやオイルなどは使わないし、美容専門のマーサージには、やや劣るであろうし、そもそも、美容目的で心身の贅沢でエステに行くのと、僕の目指す指圧では畑が違うから、比べても意味がないと思っていました。

コリをほぐすのは、手ごたえあったけど、顔の指圧の効果はわからないよ~って、お帰りいただいたのですが、偶然、翌日お会いしてみると、

意外にも、お客様には大好評で、刺激が深くて気持ちがよかった。
そして、顔のむくみがしっかり取れて、小顔になったと、ご報告を受けました。

僕自身が思う僕の指圧のイメージとエステは、どうもあわないのですが、指圧そのものは、美容にも健康にも応用力が高いということが改めて確認できて、指圧に対する自信と確信が、さらに高まりました。

わざわざ、僕の太い指で顔を専門に触られたい女性は少ないと思いますが、もし興味がある方は、ご要望があれば、やってもいいのかなぁ。

頭部の指圧は、ヘッドスパ並みに丁寧に集中すれば、いい効果が出そうな手応えは、指圧を始めたころから感じていました。
偏頭痛や不眠症にも効果が高いし、うつ病っぽい人にも、効き目がありました。

指圧は、一般には腰痛や肩こりの治療に有効と思う方が多いようですが、本来の考え方は、人間の体はひとつの大きな循環器とみなし、全身に指圧を施すのが最良だと思います。

腹部の指圧をしっかりすることで、免疫力を高めて、肌荒れやアトピーやアレルギーが軽くなったりという報告も受けたことがあります。

体の中から健康になるということは、すなわち、美容効果も上がるということですね。
AD

コメント(1)