新たなるゴールを。。。

テーマ:
先日、カナダ生活15年目に突入したのだけど、
無い物ねだりで、有る物をかなぐり捨ててまで求めた先に辿り着いたのは、無いからこそ悟った、有る物で足るを知る事だったんです。
と、急に解脱帯びる今日この頃。


修行するぞぉ 修行するぞぉ〜!


それまで、頭で理解しても、心で受け入れられなかったのに、何故だか突然、腑に落ちた。


40歳までは、なにくそという想いを、僕を虐げたり騙した人や、産まれながらに僕より恵まれた人々に対して、メラメラ〜!と業火を燃やして生きてきた。苦笑


だけどね。。。
不意に、この数年は虚しくって、闘志を失ったの。
でも、決して向上心を無くした訳じゃなく、只々、自分が哀れな気がして、それでいて、闘志を無くした自分が自堕落な気もして、妙な罪悪感もあった。


どんなに無い知恵絞っても、もうやるべき事は決まっているから、迷いが無いのは幸せだけど、そのスピードが不満だった筈なのに、何故だろう。


それはきっと、自己受容ができて、比較を苦にしなくなったから。


そうすると、自分が心に決めて事は必ずできる。できてきた自分に気がついた!
ナンダカンダ苦悩して時間がかかっても、結局できてるやん!って。


30歳で、カナダに来て、全く新しい事を始めた僕は、どう足掻いても完全な周回遅れ。今更、順位を競う意味ないわぁ〜


それなら自分が思うゴールをもっと遠く高く設定して、自分だけのレースを楽しもうと思う。


で、指圧に関してのゴールは、生涯現役。そして、後に続く人に、自分の知識経験技術を伝える。
指圧で独立志向のある人や、現状に不満があるが、独立する程のコストもリスクも背負う勇気が無い、けど実力があり興味があるなら、現状打破の手助けができる人になる。


という、ちょっとエエ格好しいなゴール設定をしてみます。
まぁ、その前に自分がもっとしっかり指圧で飯を喰える様にしなきゃですが、その辺は、分けて考えず、出会いがあれば同時進行でやる気構えで。


ぶっちゃけ、こんな事しても、金銭的には、僕は何も得しなそうなんだけど、、、
得より、
徳を積む方が格好工エエェェ(´д`)ェェエエ工。
って、思うの。


金持ちになって贅沢するのと対極やろ?!


いろいろ何しても結局、不安は尽きないから、いざという時の貯金はしたいと思うけど、僕は、6畳一間の部屋に住み、毎日大好きな指圧をするという生活に、何の不満も無いんよねぇ〜 笑


自分がやりたい好きな事を生業にして、生活の心配が減ってくると、ブレない自分と別に、誰かサポートできる人にもなりたいなぁと思う。


指圧に限らず、プライベートでも、仕事が好きでキャリア志向の女子がいたら、三食指圧付きで応援しちゃうから、夢でも何でも叶えて来いやぁ〜!
って、これは世間的には、ヒモか。。。


とりあえず、自分の食い扶持は自分で稼いでるから、セーフ?


指圧で、ヒモXILE。Choo Choo 指圧。


ダメだ コリャ。
AD
14年もここに住んでいると、いろんな人に、どうしてカナダに来たのか問われるけど、それは、カナダに来た経緯という事で、ブログを始めた頃に何処かで書いたはずなので、今日は書かない。

なんじゃそりゃ。なんですが、、、

今日は、僕が海外に出ようという衝動に駆られた理由と、ここまで生活を続けてこれた理由を自問自答してみる。

僕が日本を出ようと思った理由は、自分のリサーチと直感から導き出された、将来の危機感に押し出されたから。

『このままでは、自分が歳を取ってから、日本は大変な事になる。ここで努力してお金を貯めたり将来に備える程度では無理』と予感したから。。。

好きな仕事で、収入も同年代の平均の倍以上あっても、そこから頭打ちで、むしろ下がる傾向が出てきたから、心が決まったら躊躇なく辞めれた。

具体的に海外で英語の勉強をしてみる。という以外は何も決まって無かったけど、自分という人間が、言葉も通じない所で、誰も知らない、コネも無い所で、どのぐらい通用するのか実験したかった。

実験は今も継続中だけど、当初の予想よりは、通じているのかな。。。
というより、自分が通じるであろう分野を見つけて、そこに寄せていく技術的な事、金銭的な準備、目標達成までの忍耐力が、ぎりぎりの所で噛み合ってる感じ。

14年間、カナダでやってこれた理由のほとんどは、日本で好きな仕事を辞め裕福な暮らしを捨ててまで来たのだから、必ず僕は幸せにならねばならない! という強迫観念による所が大きい。

一言で言えば、なにクソ。という思い。

僕は子供の頃から、比較的従順なふりをして生きてる時間が長かったけど、本来は天邪鬼で人のマネは、大嫌い。
若い頃は、いつか人と違う事をして成功し、世間的な観念や評価を全部否定してやりたいと本気で思ってた。

で、40歳目前で、カナダの永住権を取得し、指圧で独立開業という目標達成したのですが、、、

その時、その瞬間は、確かに嬉しかったし、今もありがたいと思います。

でも、いつの間にか、いや、40歳を過ぎてから、僕にとっての幸せが、日本にいた時とは、ガラリと変わっていたんです。

40までは、どうやって生きて行くのか、生きる為に何を得るべきなのか?得る事ばかりを求めて、自分に無い物ねだりしてました。

でも、40過ぎて、ふと思ったんです。僕は、どうやって死んでいくべきか?という事と、世間が良いというもの、皆が欲しいというもの、本当に僕にとって必要なのか?っていう事を。

そりゃ、あったら快適で幸せで安心なものばかりですが、無くても平気だったんです。

むしろ、そういう物を持つべきだという強迫観念の方がツライよ。

愛とか友情とか、素敵な恋人、温かい家庭、誰も否定できない物事。

求めても良いものばかりだけど、それが無い事に罪悪感持って、傷つくのもう止めたらって、なってからの心の自由ったら、そりゃもう。

恋愛至上主義とか、家族至上主義とかの方々がいたら、ごめんなさいm(_ _;)m

でも、この今の自分の心持ちになって、初めて本当に誰かを愛せる気がする今日この頃〜 
博愛主義って、こうなってからじゃねぇの〜!って、身勝手なロクデナシの幸せ者。

ちょっと話が横にそれましたが、こんな僕でも、カナダで14年間も生きて来れました。
指圧鳳凰拳のサウザーとして、
『退かぬ 媚びぬ 顧みぬ』
『こんなに苦しいのなら、愛など要らぬ』
という状態で生きて来ましたが、世間一般的な愛や幸せと、僕にとってのそれらはちょっと違う事に心から気付けた事に感謝。

初めてカナダに来た頃とは、キャラが変わり過ぎかもしれませんが、これからもよろしくお願いします。

14年間かかって得た教訓

自分を許せば、親も他人様も許せる。





AD

うれしい報告 立て続け

テーマ:
最近、お客様からのうれしい報告が増えている。
就労ビザや永住権が取れたとか、結婚するとか、bfができたとか、仕事をやめて好きな勉強をするとか。
指圧に来て下さる時は皆さん、それぞれ悩みや痛みを抱えて苦しんでいらっしゃったけど、無事乗り越えてハッピーになってくれてうれしい。

指圧をしているとき、どうやら僕の脳は活発になり、お客さんに的確な助言や慰めをしている場合が多いらしく、後々、感謝されるのです。
「トムさんの一言に救われた」とか。

が、指圧をしてない時の僕はポンコツなので、何を言ったのか覚えていないし、お客様のプライベートに関わることも多いので、それでいいと思っています。

自分でも不思議なのですが、また指圧をさせてもらうと、その時の状況を思い出し、「そう言えば、この間のお悩み、どうなりましたか?」って、全部覚えてたりするんですが。。。

最近、指圧をしていて気付いたのですが、成功を掴むお客様には、いくつかの共通点があるようです。


目標があり、達成する手段がハッキリしている。

行動力と忍耐力がある。

体の不調と心の声に敏感。

などなど。。。

粘り強く着実にstep upしていく彼女たちを見ていると、僕も励みになります。
指圧の効果が出て、悪い症状が治ったという報告もうれしいですが、お客様の人生における成功の報告も、メチャうれしい。

僕の指圧が、これからもっとお客様の健康と人生のサポートになるといいなぁ~

AD