心を縛る足かせを外し、自分の活躍の場を生みだす。本気の女性成長支援

『仕事はこのままでいいのか。私らしい人生を進んでいるか』
ふと頭を持ち上げてくるその迷いをエネルギーに、はっきりと自分の価値を掴まえましょう。
本気で自分の人生を動かし、求められ、あなたを社会に活かす力を手にします。


テーマ:


魂の女性成長支援・浅野塾 の 浅野ヨシオです。

 

多分、7~8年前のものですが、茶色く日焼けした手のひらサイズの新聞記事が、我が家の冷蔵庫に貼ってあります。

 

「妻の存在~一人でないことに気づく」という記事です。

944872_1094861233899588_5838689419831639447_n

 

書かれている内容は、落ち込んでいるときは助けになっているはずの存在の人が見えなくなる。

 

 

そして、ひとりぼっちに感じてしまうことがあるよね。

 

 

ということが書かれています。

 

 

これを切り取ったときは、たぶん私が落ち込んでいたときだなきっと(^^)

 

 

自分のことしか考えられない状況のときは、
周りの人の好意が見えなくなることがありますね。

 

 

自分のことしか考えられない人の周りに集まる人も少なく、
孤立化しやすくなっている。

 

 

その先にあるのは、
手助けしてくれる人も助言してくれる人も益々少なくなり、
自分の成長も鈍くなるという流れが起こる。

 

 

だから更に自分のことだけしか考えられなくなくなり、
孤独化がすすむという循環になります。

 

 

講座で徹底的に「あなたは誰のお役に立てるの?」
を受講生に考えてもらっています。

 

 

なぜなら、そんな対象者がいた方がいろいろ助けてもらえるようになるし、
自己肯定感も高まる。

 

 

そして何より、いい人ばかりが集まるようになり、
お得だよと言ってるようなものです。

 

 

だからほんとうにほんとうに自分のことを考えたければ人のためになることを考えればいいとも言えますね。

 

 

この色あせた新聞記事。

 

 

文の最後には、下記のように書かれています。

 

 

 

『妻に限らず、まわりに人がいることに気づけるかどうかもまた心の健康のためには大切だ』

 

 

確かにそうかもしれませんね。

 

 

さて明日はカミさんにシュークリーム買って帰るかな。

 

■ほぼ毎日配信の『1日1分であなたが目指す女性になれる方法』 http://www.asanoyoshio.com/maiimaga 自分の強みを知り、仕事と私生活を支える生き方がわかる情報を無料でお届けします。メルマガ登録会員数は毎日増えてます


魂の女性成長支援・浅野塾 浅野ヨシオさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります