僕たち背骨を持つ動物は、口で”細かく”咀嚼し、嚥下する。
鳥や一部のお魚さんや蛇さんたちは丸呑みだが。
噛むことは大切。
脳の刺激にもなる。
唾液を作り出し、口腔粘膜をしっかり潤し、そこを支配する神経を発達させる。
口腔とは筋肉の塊であり、その上を粘膜が覆っている。
刺激がなくなればすぐサボるのが筋肉。
僕が”小顔”なのはサボってきた?証拠?
食べものを砕くために進化させたのが歯。
しかし何度も作り変えられない。
ヒトは一度だけ。
歯が無くなる時、噛めなくなった時、動物は老い、一線から退く。
ヒトは、様々な代用品でそれを補ってきた。
大好きなトンカツは先月から、最近は刺身すら噛めない、、、。
抗生物質と鎮痛剤で散らしてきたが、上下左右に豪快に動き、食物が当たるたびに”ズーーン”と不愉快な痛み。
半茹での卵と、長崎の松本選手にいただいてファンになったこの”ソウダカツオ”シリーズのおかげでなんとか食感は維持できて窒素バランスは”正”のまま(^^;)。
これ、いろんな味があってじっくりと口の中で”とろけていく”のが酒のつまみとしても最高。
仕事中やトレ中は忘れているのですが、深夜悶々と鈍痛に苦しむ日々。
入れ歯、インプラント。
いずれも経験がないが、神経や血管という芯を伴わない”フェイク”は寂しい。
僕は去っていくものは追わないタイプ(追いすぎる人も多いが、、)。
この数年、何度も苦しんできた右下大臼歯。
ガムも数年間控えてきた。
秋には北の大地で、思い切りステーキが食べたい。
一気に抜いてもらうべきなのかな?
自然の別れがいいんだけど(うだうだ)。
AD

A man in black at 花見小路

テーマ:
講演、講義、研究会などがアウェイのお仕事の合間に重なり、スライドや資料作りで追われ、全く更新できませんでした。
心の余裕がないと文章は”綴れない”。
さて先週末上洛の折、素敵な宿舎を見つけました。
いつもは京都駅周辺の宿を取っていたのですが、研究会場が、烏丸、その後の懇親会が八坂神社近くのため、ネットで探して”トライ”。
花見小路入り口からすぐ。
夜も昼もこの雰囲気が素敵。
でも外国人観光客多すぎ、、、しかも小団体なのに、話す会話がうるさすぎ。
じっくりと静かに風情を楽しむ”教育”を受けてから来日して欲しいもの。
だから二度と有名”処”には行く気持ちになれない。
さて、この宿、幾つかの小路から入れるドアを開けると、傘とクラシックカーのお出迎え。
エントランスも粋。
お風呂もジャグジーで広い。
宿泊客のほとんどが外人やカップル。
うーん、”独り”ではもったいない(^^;)。
しかも静か。
”隣の音”も耳すましても?聴こえない。
豪雨で背広がベタベタになりカジュアルに着替えて参加した懇親会では、健康管理レベルの筋肉でも少しは目立つ。
お酒の入った先生たちにあらゆる処を触られまくりました、、、。
研究会会場のすぐ前には、烏丸ゴールドがあり、うーーん、行きたい、と悶々としながら、プロテインシェイクを頬張り、お仕事しておりました。
来年こそ行きたい、、、。
でも”有名選手やトレーナー”にとってお邪魔な僕は、目立つ場所など訪れず、悶々と独りホテルでIsokinatorの方が良いのかも。





AD

質感を高める

テーマ:
学会の準備で追われている合間、先日、アウェイの移動の合間に長崎市内にあるマルヤジムにお邪魔した。
そこで、数年前僕が取材して記事を書いた主人公、吉山選手に久しぶりにお会いした。
大会はしばらくお休みのことだが、さすがにアウトライン、シルエットは健在。
そして大会前の原口選手、松本選手とも歓談。
原口選手の逆三角形のシルエット、丸い大腿部。
シルエット(だけ)なら全日本レベル。
でもね、男女を問わず、三角筋と腕の間、腹部、そして臀部からハムの間の”溝”、セパレーションは必須。
その上に、質感の高さ。
これをどうトレーニング、ポージングで獲得していけるか?
ここが、”ひたすらやればいいってもんじゃない”。
上背もあり、若さ溢れる松本選手でも然り。
ジムチャンピオン、稽古場横綱ではいけない。
コンテストでは、たるみのないのは当たり前、いかに流線型のパーツに質感を持たせるか?
脱いでなんぼ、ビルダーパンツになって、いかにハードな筋繊維に満ちた筋肉を、安定したポーズで披露できるか?
ポーズとは、自分本位ではない、個性は安定感あってなんぼ。
自分のパーツの中で、強い収縮感を得られない場所はどこか?
もっと強い収縮感を”避けて”いないか?
落ちない脂肪はない。
落ちない場所は、動いていないから、動かせていないから、”いい加減にしか”収縮していないから。
ウエイトだけでない、ポージングを組み合わせ、感じ続けて欲しい。
わけのわからない、なんとかローディング、低なんとか、栄養学の”遊び”に惑わされてはいけない。
しかし、仕事の合間に寄るだけでは、”暑すぎる”空間だった。

AD

慈恵の色

テーマ:
今回の学会は慈恵医大の谷教授が会長。
大学というのはカラー、イメージ、そして個性がある。
その個性に集まる人たちも、そのカラーに染まる。
染まるのが心地いいと思うから、その場所に居る。
”ほんわか”した育ちの良さ。
僕のこの大学に持つイメージはそんなところ。
過去最高の出席人数、スタッフも大変だっただろう。
終了して、会場を離れようとした時、ごつい若者に話しかけられた。
一見して、ウエイトトレーニングマニア。
今まで、整形外科や一般外科のビルダーには会ってきたが、脳外科専攻のビルダーは初めて。
Dr.Suzukiは、まだ二十代。
もっともっと大きくなーれ。
家庭や、仕事を壊さない程度に大会にでも出て欲しいな(無理だけど、、)。
などと言っていると、やはり同門の秋山先生からもショットをお願いされ、パチリ。
うーーん、オペの内容についてのショットではなく、”筋肉ショット”が続くのは、これもありか(^^;)。
永遠に太くしていくことはできない。
でも密度を高めていくことはできる。
筋トレも仕事も、ひたすら数、ボリュームも大切だが、”なんとか工夫して”質感を高めていくのも面白い。
お二人さん、またお会いしましょう、酒の席ででも。

経験を伝える

テーマ:
僕は教師ではない。
そして指導者でもない。
ただ、たくさん”ある分野”の手術をしてきた。
今回の上京の目的はそれを語ること。
計画してくれた教師でもあり優れた指導者である”フランケン”高見、”キューピー”下川先生に感謝。
僕以外の超まじめな講師たちは、スライドを全て教科書的に配布印刷。
僕のスライドは、R18ならぬ、刺激的な要素が少々、ではなく、多々、でもなく(はず)、時にエロ、大体は真面目、でも、、印刷物として残したくない、ので、随筆的文章だけ(^^;)。
ごめんね、フランケン
何せ、法的なトラブルも抱えているので、出したくない、のが本音である。
でも、1998年にコンテストビルダーを引退してから、精魂込めて学びながら実践してきた”道程”をしっかり語った(つもり)。
200数十名の若いドクターたちに少しは伝わったかな?
手術は、解剖をしっかり学んだ外科医に許された破壊行為であること、だからこそ勇気と責任を持って、やる時には徹底的にやる、ということ。
発表終わった後は、ドっと疲れが出て、羽田空港ラウンジで寝込みそうでした。
また月末の栗ちゃん主催の研究会発表に備えます。