大切な家族をどう看取りますか?◆「自宅での看取り」を応援する@あさまるサロンBlog

「自宅で看取る」と決めることの恩恵は、計り知れないほど大きく、
あなた自身の人生も豊かに広がって行くはずです。
あなた自身の中にある豊かさに気付くことを、応援していきます。


テーマ:

 

今週末、8月5日の土曜日夜、再び本番まいります!

 

場所は、東京都町田市玉川学園前駅(小田急線) 南口駅前商店街

夜19時すぎのステージです。

チーム名は、Goingkyow's(ご隠居's)(*^▽^*)

私立和光小学校の保護者サークルから出発したチームです。

子供達はとっくに卒業してしまったので、「ご隠居」☺️

 

曲は、

     螺旋律(らせんりつ)

     路の跡(みちのあと)

     龍道(りゅうどう)

     シンラ

 

いずれも、太鼓集団、「鼓童」の元メンバー、林田ひろゆきさんの作品です。

夏の暑い夜、熱き鼓動をお楽しみください♡

 

 

 

 

先週の経堂祭りは、大盛況のうち、終わりました。

チーム結成より18年。

経堂祭りには通算10回の出演となりました。

 

 

 

はーと5・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・はーと5

 

さて本題です。

 

私は、夫の葬儀が終わって一週間後に、この経堂祭りに出演して演奏をしています。

この経堂祭りに私たちチームが出演することは、夫の願いだったからです。

 

 

脳の悪性リンパ腫により、あっという間に高次脳機能障害をおこして、意識の領域を侵されていった夫が、「これは遺言だよ」と、言葉で言ったわけではありません。

 

この地の私立和光小学校の副校長だった夫は、地域に学校が受け入れてもらえるよう、熱情を込めて奔走していました。

私たちのチームは、この小学校の保護者のサークルから始まったチームなのです。

地元の商店街のお祭りに参加依頼を受けた時の夫の嬉しそうな顔を、私は忘れることがないでしょう。

 

 

9年前に夫を看取ってから今に至るまで、その間にはうつ病を患って仕事を続けられなくなった時もありました。

なかなか心が回復せずに苦しんだ時もありました。

太鼓の稽古にさえ、意欲の湧かなくなってしまった時期がありました。

 

けれど、鬱から回復し、心の健康を取り戻すことができたのは、一番には、

 

自分が何を好きだったか

胸が熱くなるのは、どんな時なのか

 

それを思い出すことに尽きました。

 

 

夫は、教育に熱情を捧げた人でした。

自らが熱意を持って、心底胸を熱くすることが、人の心を動かし、感動させることができる。

ということを、よく知っている人でした。

そしてそれを、全身全霊、命まるごと実践した人でした。

 

 

自分の心を熱くするもの。

あなたが、胸が熱くなるのはどんな時ですか?

あなたの喜びや幸せにつながっているものは、どんなことですか?

それを知っていることは、私たちの人生の根幹を、支えてくれるものと思います。

 

 

祭りに出ることを通して、夫は私に、熱く生きろ!と

伝えてくれているような気がしてなりません。

私にとってそれは、夫の生き様を通した、大切な遺言なのです。

 

 

 

今年の出演は、夫が亡くなってから9回目の演奏となりました。

 

(演奏の様子はこちらから→)

https://www.youtube.com/watch?v=d53-x12Ix6Q

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

あさまるさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。