浅倉卓弥オフィシャルブログ「それさえもおそらくは平穏な日々」Powered by Ameba

浅倉卓弥オフィシャルブログ「それさえもおそらくは平穏な日々」Powered by Ameba


テーマ:
しばらく紙の本が
まるで出ていないのみならず、

雑誌への登場も、
杉原千畝(→こちら)の記事以来、


とんとご無沙汰になって
しまってこそおりますけれど。



まあ、それでも。


月内はやや無理っぽいけど、
たぶん来月の頭くらいには、
ちょっとまた新しいことが、


ここでもようやく
アナウンスできるのでは
なかろうかと思っております。


ゲラになったらね、
たぶん間違いないとは思うんだ。

それまではちょっと、
やっぱり怖くてね。



本当いろいろ、この仕事は、
予期できないことがあるもので。


一昨年実は、
発売予定の三ヶ月前、
つまりは入稿の直前になって、

話そのものがなくなるという
ケースも経験してしまっております。


相手の事情もありますし、
いつだったかちらりと触れた、


リテイル・ショップの
激減という背景もたぶんあります。

ほかにもまあ、
実はトラブル続きだったと
いっていいのかもしれませんが、


詳細はもちろん、
こういう場ではやはり
控えることに致します。



まあ、言葉みたいに、
それこそ十人十色の形容通り、

人によって受け取り方が
本当に実に様々で、
時には百八十度違って当然ですらある


あやふやで危ういものを
真正面から扱っていれば、


相性の問題みたいなものも
もちろん潜在的にある訳ですし、

むしろ僕自身が
そういうトラブルを
呼び寄せてしまった部分も、


決して小さくはなかったろうとは
まあそれなりには思ってますが。



でも、かと思えば、
自分のいわば
終生のヒーローみたいな方に、

御自身の新作のレビューを
依頼されたりなんてことも、


同時に並行して
現実になってくれたりする訳で、


いや、塞翁が馬ってやつは
けだし名言だなあ、と、

知命を目前にして、
そんなことを、
つくづく身に染みつつ、


近頃はむしろ
楽しむことにしております。


少なからず歯切れが悪くて
些か申し訳なくはあるのですが、

そのくらいにはどうやら
光明が見えてきております。




近頃時に、ひょっとして実は、
僕自身の経験した現実の方が、


とりわけこの二年間に関しては、
自分の書いてきたものよりも

ある意味ドラマティックだったの
かもしれないな、なんて具合に、
考えたりする場面もあります。


いや、そんなことは本来は、
決してあってはいけない訳ですが。


だってもの書きの日常なんて、
PCだけがお友達というのが、
たぶん基本でございます。

――でもねえ。

だってある意味ではやっぱり、
一人で組織と戦ってる訳ですよ。


もちろん相手は
世界征服を企む
悪の秘密結社では
決してない訳ですけれど。


まあだから、やっぱりそんな
大袈裟なものではありません。


ただ絶対に譲りたくないものを
絶対に譲らなかったらこうなった。



簡単です。

面白いな、
これ、是非自分の仕事にしたいし、
多くの人に読んでもらいたいな。


そう思ってくれている相手に
自分の原稿を預けたかった。


でもそれだけのことが
実は結構難しいんだな、と、
勉強させてもらった日々でした。

ま、そういう苦労もあったりします。

でも、こういうことを
曲がりなりにも一応は、


仕事にできているということ自体、
大変な幸運な訳ですから、

その反対の諸々も、
身に降りかかってきて
当たり前だろうと思っております。



いや、でも本当、
どうにか折れずに
乗り切れたかもしれない。


些か唐突ではありますが、
この二年間を支えてくださった

各所の皆様に、
慎んで謝意を表します。



もちろん「いいね」も「ペタ」も、
それから読者登録も、
いつも励みになっております。


僕も一応はもの書きの
端くれではまだあるので、

自分の文章を
読んで下さっている方が


確かにそこにいるということ以上に、
喜ばしくかつ
光栄なことなどありません。


いつもありがとうございます。


さて、最後になりましたが、
この前のプリンスの記事に
コメントを下さったお二方、


どうもありがとうございました。
更新、頑張りますね。


最低週一回は、必ず――なるべく。

御挨拶すっかり
遅くなってしまって
どうもすいませんでした。



もしできれば、なのですけれど、
コメントを残して下さる時は、


もう少し当該記事の
中身にも触れていただけますと、

こちらもまあ、なんというか、
リアクションしやすいので、


その辺り是非、
どうぞよろしくお願い致します。



なお、本テキストのBGMは
当然ながらこちらでした。

BLOOD MOON(初回生産限定盤)(初回限定ボックス盤)(CD+DVD)/佐野元春&THE COYOTE BAND

¥4,860
Amazon.co.jp

いいね!(8)  |  コメント(0)
浅倉卓弥さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み