えっちゃん先生のあさくら古代史探訪

久留米地名研究会 井上悦文 のブログ


テーマ:

003、平成27年3月14日(土)に久留米大学公開講座で講演

平成27年3月14日(土)に、久留米大学の公開講座で講演をしました。当日の演題は「邪馬台国は女王麻氐良の都だった」でした。当日配布したレジュメを下記に掲載します。

当日の講演の様子は、YouTubeで公開していますので、「井上悦文」もしくは「久留米地名研究会」のホームページから検索して、ご視聴ください。

耶馬臺(やまだ)国は麻氐良(あさくら)国の都だった

邪馬台国の名は、江戸時代に発表され、これまでに沢山の学者や研究者が解明に挑んできました。しかし現在なお解明できていません。本文は漢字の棒書きですが、固有名詞部分は「借字」で、そこに誤字が存在するからです。これまで、誤りの原因は「魚魯の間違い」と思われてきました。しかしそれは誤りです。

これまで、一部には篆書体との異論もありましたが、現存する写本が「楷書体」のことから、原本の書体も楷書と思い込んできました。しかしそれも誤りです。三国志の原本の書体は草書であることが判明しました。

魏志倭人伝の借字の解読には、3つの要件があります。

1つは、当時やその後の日本国内の地名に同音地名が存在するかです。

2つは、当時の発音です。これまでは音読みの方法が多く採用されてきました。しかしこれは誤りです。音読みは、三国志の成立よりもずっと後の発音です。いまだ、当時の正確な発音は解明されていませんが、少なくとも中国古音(上古音・中古音・古音)を参考にする必要があります。

3つは、日本には「仮名」があります。「仮」は借用の意で、「名」は字の意です。つまり「借字」と同一です。仮名は「音読み」の音韻中の音のみで読む特徴があります。よって、「借字」も音韻中の音読みで読むべきです。

この方法で解読すれば、邪馬台国に至る倭国内の6国の比定地が判明します。対海国の「海」は「馬」の草書殺字の誤りで、対馬の読みは「ツィマ」で対馬と判明します。一大国の「大」は「支」の誤りで、一支の読みは「イキ」で壱岐と判明します。同様に末盧国は「マツロ」から「マツラ」に変化して松浦であると、伊都国は「イト」で怡土と、奴は「ノ」が「ナ」に変化して那珂と、不彌国は「フミ」が音韻変換で「ウミ」に変化して宇美であると判明します。

同様にして、女王卑弥呼が制した21国を解読すれば、好古都国は「ハカタ」で現在の博多と、斯馬国は「シマ」で志摩と、支惟は「キイ」で基肄つまりは基山と判明します。また、躬臣国の「臣」は「須」の誤りで、躬須の読みは「クス」で玖珠と、都支国の「都」は「越」の誤りで、越支は「ヲキ」で小城と判明します。このように21国の比定地が次々に判明します。

よって、邪馬台国に至る6国や、女王卑弥呼が制した21国の比定地が、北部九州に集中することから、邪馬台国連合が北部九州に、狗奴国連合が中九州に、殺馬国連合が南九州に存在していたことが、そして、魏志倭人伝の「倭国」は九州のことであることが判明します。

旅程記事は、本文が漢文棒書きのため、「伊都国起点放射説」等もありますが大方は「順次説」と考えてきました。しかし里程と日程の混用記事で里程を先に記すことはなく、真の旅程は「帯方郡起点放射説」であることが判明します。

里程は、「長里説」・「短里説」とありますが、『隋書』や『大唐六典』から見れば固定里でなく、日を以て里を換算する「日里換算」です。

狗邪韓国から末蘆国は各千餘里ですが、手漕ぎ実証実験では各一日行程で、千餘里が一日の水行旅程と立証されます。

「南至投馬国水行二十日」の記述から、帯方郡から殺馬国の日程旅程は水行二十日です。帯方郡から末蘆国の水行は一万餘里で、十日です。

末蘆国から殺馬国間は「水行十日」つまり「一万餘里」です。周旋は円周の基準つまり半径であり、「周旋五千餘里」と完全に一致し、九州の半径と同一です。よって魏志倭人伝の記述は正確であることが立証されます。

「邪馬壹国」は、他の正史中では「邪」が「耶」、「壹」が「臺」であり、「耶馬臺国」です。これを中国古音音韻中の音のみで読めば「ヤマダ国」です。

不彌国からの「残理数」は「六百里」です。不彌国から六百里の「ヤマダ」は、西暦661年に、斉明天皇が百済救済の援軍派兵の為の宮造営の木を伐った「麻氐良布神社」、朝倉山の「麻氐良山」、そして、斉明天皇「御陵」のある「山田」であると考察されます。

麻氐良布神社の「布」と「須」の草書の殺字は同一で、置換して読み直せばアマテラスで、日神の天照大神と同音です。また、日神子・日御子・日巫女の読みは「ヒミコ」で、邪馬台国の女王の名の卑弥呼と同一です。

朝倉の由来は謎です。しかし、「麻氐良」の「氐」の正式書体は「弖」で、草書の殺字は「久」と同一です。よって「弖」を「久」に置換して読み直せば「麻久良」で「アサクラ」つまりは「朝倉」と同一です。

朝倉の名の初見は、日本書紀斉明天皇条の「朝倉山」・「朝倉の杜」です。しかし朝倉には同名の山や社はありません。しかしこれには、麻氐良布神社や麻氐良山が該当しています。日本書紀の「朝倉」にはこの謎が隠されていました。斉明天皇はその正体を熟知していたので、麻氐良布神社の木で麻氐良山麓に「朝倉橘広庭宮」を造営し、半島出陣の陣頭指揮にあたったのであると考察されます。

また、神道の禊払いの祝詞の「チクシのヒムカのタチバナのオドのアハキ原に禊し」にも、邪馬台国の謎解明の鍵が隠されていたのです。

(* 公開講座の配布レジュメを基に、一部補正しました。)

以上

以上が、当日の配布のレジュメです。YouTubeで公開している当日の講演の様子と一緒にお楽しみください。


AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

テーマ:

2、平成27年5月9日に久留米大学公開講座で講演





平成27年5月9日(土)に、久留米大学の公開講座で講演をしました。当日の演題は「草書体で書かれていた魏志倭人伝」でした。当日配布したレジュメを下記に掲載します。


また、当日の講演の様子は、YouTubeで公開していますので、「井上悦文」もしくは「久留米地名研究会」のホームページから検索して、ご視聴ください。




草書体で解く邪馬台国の謎


 邪馬台国の謎の解明には、魏志倭人伝の正しい解読が必要です。今日まで結論が出ないのは、本文は漢文棒書きで、固有名詞の借字に誤字が存在するからです。この発生原因を知り、正字を推定することで、邪馬台国の謎を解明できます。



今日まで、誤字の原因は「魚魯の誤り」とされました。それは誤りです。真の原因は「殺字の誤り」です。しかし、原本書体の違いに誰も気づきませんでした。


江戸時代の松下見林氏が『異稱日本傳第1冊』で、『「南至邪馬壹国」の壹の字は臺の字の誤りである』と記して、「邪馬臺国」と改訂して発表しました。以後、邪馬臺国の名が慣例化しました。しかし彼も書体の誤りに気付いていません。



一方、古田武彦氏は、『「邪馬台国」はなかった』で、金石文字を比較検討の結果、『「壹」と「臺」の両者の形の多くは、今の字形以上にちがいが大きかった。』、『「両者の古形はあまり似ていない」という客観的な心証をうることができた・・・・』と述べ、「邪馬壹国」の「壹」は「臺」の誤りではないと結論付けて「邪馬壹国説」を発表しました。これは画期的な説でした。しかし「金石文字」つまり「篆書体」で比較検討したのは誤りです。三国志の原本は草書であったからです。



日本では、様式の「楷行草」を「楷は最も正式なもの、行はそれを簡略化したもの、草はさらに簡略化したもの、」と教えました。よって「楷が基本で、最も先」と思い込み、漢字の歴史でも「楷書」「行書」「草書」の順と観念的誤りに陥ります。これは誤りです。



魏志倭人伝の写本は木版印刷で、書体は「楷書体」に近いものです。それで大方は、原本書体も「楷書体」と思い込んでいます。これは誤りです。


三国志の成立は西晋の285年です。一方、楷書は東晋の王羲之の時代に確立し、初唐時代の650年頃に正式書体として完成し、篆書・隷書に続いて第三の典型となりました。陳寿の生きた時代には、書体としても未確立で、正式書体としての完成もしていません。よって、三国志を楷書体で撰述したはずはありません。



また、三国志を、当初から中国正史と勘違いし、また、原本は正式書体で清書されていたと勘違いしています。これは誤りです。三国志は、陳寿49歳(281年)~53歳(285年)の4年余りで撰述されて285年に成立しました。陳寿は、西暦297年に65歳で没しました。しかし実直すぎるが故に何度も左遷されて、生前の陳寿の地位や声望は彼の才能に見合っていませんでした。そこで没数年後に、採録を望む上表により、皇帝の詔で河南伊と洛陽令が陳寿生家に派遣され、残存する自筆原稿全部を筆写収得しました。後日この三国志が皇帝の座右に備え置かれて正史の一つとなりました。よって、三国志原本は陳寿生家に残存した自筆原稿で、その書体は草書と立証されます。



漢字の萌芽は刻符に始まり、最古のものは紀元前五千年ころの陶片符号ですが、これらは文字に含まず、一般的には殷時代の甲骨文字からが文字資料として扱われます。甲骨文字からは、殷・周時代の金文や石鼓文、そして大篆を改変した秦代の小篆へと変遷しました。いずれも広義での「篆書」に含まれます。


秦代に、小篆に破磔があらわれて隷書体が芽生え、実用書体として一般的に用いられ、前漢には通行書体に、後漢には八分として公式の標準体となりました。



一方、草書は隷書の早書き体(草隷)から生じました。発生は前漢もしくは秦朝時代にさかのぼり、後漢の頃には実用書の通行書体として盛んに使用されました。草書体の名前の由来は草創(下書き)に由来し、草稿はもっぱら草書体で書かれました。よって三国志原本の書体は草書と立証されます。


また、


1.各書体の確立時期


2.三国志の成立方法


3.三国志の文字数と成立期間


4.草書は草稿を書く書体


5.草書は、最も速書できる書体


からも、三国志の原本が「草書」と立証されます。



草書では、異なる字形の正字が、殺字により同一・酷似し、誤読の対象となります。しかしこれは限られた文字間だけに存在します。よって、殺字から置換されたもとの正字が特定できます。例えば、對海國の「海」は「馬」、一大国の「大」は「支」です。



日本には真名と呼ばれる漢字と、仮名があります。仮名は、漢音・呉音の発音つまり「音読み」を使用し、漢字音韻中の音のみで読みます。「借字」と「仮名」は同一使用法なので、魏志倭人伝の借字を音読みで解読する説が多くあります。これは誤りです。三国志の成立時期からみて、「借字」解読に「音読み」は誤りであり、古音(上古音・中古音・古音)音韻中の音のみで解読すべきです。この方法で解読すれば、邪馬台国に至る倭国内の6国と、女王卑弥呼が制した21国の比定地が判明し、女王国の邪馬台国連合が北部九州に、狗奴国が中九州に、殺馬国連合が南九州に存在していて、倭国は九州のことであったことが明らかになります。



魏志倭人伝は草書で書かれたことを認識し、借字の誤りは、殺字の誤りから正字を判断し、中国古音音韻の音のみで読み、それで解読すれば、邪馬臺国の謎は解明できます。



(* 公開講座の配布レジュメを基に、一部補正しました。)



以上



以上が、当日の配布のレジュメです。YouTubeで公開している当日の講演の様子と一緒にお楽しみください。
































AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。