ドア

天才発明家ドクターカネマツはついに新発明品を完成させた。


カネマツ「助手のヤマダヤスアキくん!ついに私はどこでもドアを完成させたぞ」


ヤマダ「先生!本当ですか!?どこでもドアというと、あの有名漫画のような素晴らしい代物ですね!?」


カネマツ「見ろ!」


ヤマダ「おお!・・・で、・・・開けましたけど普通のドアっぽいですよ?どうやって使うのですか?」


カネマツ「うむ。文字通り、どこでも、ドアじゃ!特にこのドアの模様の彫り具合がなんとも・・・」




取っ手を取ってドア 人気ブログランキングへ
AD