ゲロまみれ

テーマ:

今日は上ネタですから上品です。


嘘ですが。




上から出るのに下ネタとはこれいかに。




ちょっとですね、宴会に誘われたわけですよ。


北海道はちょうどGWあたりに桜が咲くので花見だったんですがね。


しかしまあ、なんつうか、苦手なわけですよ。


集団が。




何せ家から出ないものですからね!




ずっとパソコンが友達ですからね!




そんなこんなで、集団の中に入ると落ち着かないばかりか、人見知りなので初めて出会った人がたくさんいると、もうどうしていいかわからなくなるわけです。



その日は飲み屋が主催していた花見で外で飲んでいたのですが、ああ、やっぱりダメだ。



なんか自分馴染んでないんじゃないかとか思い出したらもう止まらない。




これは早くお酒の魔法を借りて僕はいち早く天国へ旅立つのだ!


さらばみんな! と心の中でつぶやきながら、



ビール ぐびぐび



スパークリングワイン 半本



日本酒 一升瓶の半分




だいたい炭酸ものを入れて 胃の中でまぜまぜすると


時間差で一気に来るってわかっていたので、


心の中で「これで死ねる」と思って飲んだのですけど、




案の定潰れましてね!




なんか気持ちよくなってスキップなどしてトイレから帰ってこようとしたら




足元から崩れ落ちましてね!




あ、なんか幽体離脱しているよ! ママン!




という感覚とともに ボクシング漫画で主人公がノックアウトされたみたいに


スローモーションで景色が崩れ去っていったのがわかりまして


そして思いのほか やっこさん(日本酒)のアッパーカットがきいてるなと


立ち上がれなくなりまして


頑張って立ち上がろうとしたところ、


花見会場を巡回していた警邏の人、


恐らく警官なんですがね、


その人に声かけられまして、


なんか何故かわかりませんが、


昔話をしようと試みまして、


「うん。わかったわかった。帰ろう」


と説得されましてね、


その間に目の前でビシャっ! とゲロが湧き上がりやがりまして




ズボンにかかっちまってゲロまみれなわけで





ダメだこいつ。早く何とかしないと。


と警官が思ったかどうかはわかりませんが、


タクシーに乗せられたんですが、


タクシーの運ちゃんにゲロまみれのまま住所言ったんだけど、


見知らぬところにおろしやがりまして


それでここはどこだろう 帰れない


ふらふらして立ち往生してましたら、


わざわざゲロまみれの私にお声をかけてくださった


優しい一般ピーポーの方がおりまして、


わざわざ肩まで担いでくださって


またタクシーに乗せられ


ようやく家まで辿り着き、


そこからほとんど起きずに、


16時間も眠り続けたという、


どうでもいい話なんですがね、


私今年で33のええおっちゃんになるのに


何やってるんだろうなと思い、


その日の日付を後で思い出したところ


「こどもの日」という、


強烈な皮肉がつきまして、


その日を終えたというオチがつきまして


まあなんとも、


お後も何もよろしくないことで、


本日はお開きにさせていただきとうございます。



この青二才が! 人気ブログランキングへ

AD