上司

テーマ:

上司「最近のさあ、若いやつってさあ、どうしてこうもできないやつばっかなのかねえ」


部下「そうっすよね」


上司「こっちが言う前にやれっての。だよな。以心伝心。大事だよな。ツーといったらカーだ。空気読めだよな。空気読め。KYっての?KYだってな」


部下「そうっすよね」


上司「お、わかる?お前はその点よくできるよな。俺も将来を期待しているんだよ」


部下「ありがとうございます」


おもむろにタバコに火をつける上司。


部下「あ、ここ禁煙っすよ?」


上司「うるさいこというなよ。ちょっと先っぽだけ吸ってすぐ終わるから。ほら、携帯灰皿もあるし。先っぽだけだから。ね?ね?ね?」


部下「はい…」


部署に入ってくるほかの部下。


部下2「ちぃーす」


上司「おう、なんだよその挨拶は。挨拶じゃねえだろそれはよー!これだから仕事ができねえんだよ!挨拶ぐらいきちんとしろよ!」


部下2「あ、はいすんません。おはようございます」


上司「おう」


部下2「…あ、ここ禁煙っすよ?」


上司「お前もタバコ吸うだろ。迷惑かけてないからいいだろ。すぐ消すから。な、俺ってニコチンないと死んじゃうから。死んじゃう。うー」


一同、早く死ねと頭に浮かぶ。


上司「あ、そうだ。これからは効率化を図らないとな。部署統合して人員削減すれば人件費も削減できるし利益上がるな」


部下「え?いや、手が回らなくなるだけだと」


上司「お前は経営ってやつがわかってないな。鍛えられて人間育つんだよ。試練を乗り越えてこそ会社も育つってもんだ」


部下「あ、そうっすよね。それはその通りです」


上司「そうだろ?改革なくして成長なしって偉い人も言ってたろ。俺も見習わないとな」


この上司が来てから経営が傾きだしていることは誰も言わない。




ようやく退社時間。精神力を吸い取られた部下。


帰宅途中、本屋の雑誌でサラリーマン川柳公募を部下は見つける。


部下「へー大賞100万円か。太っ腹だな。送ってみるか」


半年後。


部下の作品、佳作に選ばれる。


「部下叱る できない上司 天下り」(できる腰巾着)





甘くだりい上司 人気ブログランキングへ

AD