ドア

天才発明家ドクターカネマツはついに新発明品を完成させた。


カネマツ「助手のヤマダヤスアキくん!ついに私はどこでもドアを完成させたぞ」


ヤマダ「先生!本当ですか!?どこでもドアというと、あの有名漫画のような素晴らしい代物ですね!?」


カネマツ「見ろ!」


ヤマダ「おお!・・・で、・・・開けましたけど普通のドアっぽいですよ?どうやって使うのですか?」


カネマツ「うむ。文字通り、どこでも、ドアじゃ!特にこのドアの模様の彫り具合がなんとも・・・」




取っ手を取ってドア 人気ブログランキングへ
AD

いじめ問題の責任

テーマ:
自殺予告の手紙に対応し、苦悩する教師たち
 最近、学校でのいじめ問題が毎日のようにニュースで流れている。大人が考えているより、学校のいじめはずっと深刻であるようだ.......... ≪続きを読む≫




一言


全員がこう言って行動すればいい


「すべて私の責任です。これからは子供や他人を大事にしてよく接するようにします」




口がすべったぜ 人気ブログランキングへ
AD
千葉県新ロゴに「どこが洗練だ!」の声続々
 千葉県の新しいロゴが、ネットで話題となっている。ロゴ自体のデザインは、ひらがなの「ちば」をシンプルに表現にしたもので.......... ≪続きを読む≫




こういうのはどう?



                                

                                

                                 

                                     

                                     



千葉っぽさを多少傾けることによって東京に追いやられる肩身の狭さを演出してみました。


あ~あ 人気ブログランキングへ
AD

ニュアンスを弱める言い方

テーマ:

・語尾を疑問系にして語尾のトーンを上げる「~なんじゃね?」


・「~だと考えます・・・ってことを誰かが言ってました」


・「~だしー、~っていう感じ?」


・「~って、~だから、それが私的みたいな?」


・「~かもしれなくね?」


・「~だったらいいような感じしたみたいな」


・「~だって・・・ごめんね?」


・「~だと思っていいですか?」


・「~だったらいいなって」


・「あ、今の編集してカットしておいて」




はっきり言えない? 人気ブログランキングへ

妻の借金

テーマ:
減らない自己破産申請 タロット占い師・林葉直子も
 失踪、ドロ沼の不倫劇、豊胸手術と、常に世間を騒がせてきた元女流棋士でタロット占い師の林葉直子が、今度は自己破産するという.......... ≪続きを読む≫


長期海外出張から帰ってきた夫は家のドアを開けるなり、「ただいま」という言葉すらも失った。


家の雰囲気ががらりと変わっている。というより玄関入ってまん前に仏壇がある。


「どうして仏壇がこんなところにあるんだ・・・」


玄関脇を見ると黄金色のおまるがある。


「おまるなんて誰が使うんだ・・・しかも・・・これ金箔か?」


さらに天井には黄金色の等身大胸像がぶら下がっている。


「首にロープくくりつけてぶら下がってる~!」


なんなんだこれは。アバンギャルドを通り過ぎて気持ちが悪すぎる。一体家はどうしてしまったんだ。とにかく妻を呼ぼう。


「おい!お~い!帰って来たぞ~!」


するといきなり仏壇の後ろから顔をひょこっとだす妻。


「うおっ!びっくりしたじゃないか。そんなところから顔出すなよ。っていうか、その頭につけてるインディアンの羽飾りみたいなの何?」


「え?これ?ご利益あるみたいだから買っちゃった」


「な、な、なんだって?この仏壇も胸像もおまるもか」


「え、だって、たちまち幸福が訪れますって言うし・・・」


「一体いくらかけたんだよ!こんなものに」


「えっと・・・この羽飾りが230万で仏壇が560万で、おまるが740万で、胸像が1800万」


「胸像たか~~~い!そもそもこの胸像誰?誰なの?見たこともないよこんな人!それよりも今聞いただけでも今残っている家のローンより高いよ!」


「え・・・胸像は確か・・・近所のおじさんだって言ってた」


「近所のおじさんって誰だよ!しかも笑い方が気持ち悪いんですけど。それよりも飾り方、首にロープくくりつけるのやめて。心臓止まるかと思ったよ!」


「だって、ああするとご利益があるって」


「どんなご利益だよ!・・・ちょっと待て。まだ買ってやいやしないだろうな」


「えっと・・・まだ漆(うるし)塗りの冷蔵庫に、ヒノキの般若のお面と熊一式と、クリスタルガラスの尿瓶と、シルクのまわしと、あとは・・・」


「あはは・・・とりあえず、あそこの胸像のロープ使っていいかな?」




必要ないものは買わないように 人気ブログランキングへ

腕枕

ともりん「ねえねえ、ミツルくん。腕枕して欲しいな。腕枕」


ミツルは戸惑った。


この前別れ話をしようとしていたのに、どうしていまだにこうしているのか。


ともりん「ミツルくんどうしたの?そんな神妙そうな顔して。あ、わかった。昨日パパのハゲ頭を見て、将来僕もあんな風にバーコードハゲになるんじゃないかと心配して、夜も眠れずにトイレを我慢していて、今もれそうなのね」


ミツル「いや、全然違うし。しかもうちのオヤジハゲてないし。そんなトイレ我慢していたら膀胱炎になるし。とにかく今日ははっきり君に伝えたいことがあるんだ」


ともりん「大丈夫。言わなくてもいいよ。ミツル君の体臭がちょっとメガトン級だってことは伝わってるから」


ミツル「いや、そういう話じゃなくて」


ともりん「あ、わかった。駅前のお店のジャンボスペシャルパフェが食べたいんでしょ。一緒に通りかかったときミツル君凄い顔してたもんね。あ、そうじゃなくて腕枕して欲しいの。腕枕」


密かなる甘党のミツルは心が揺らいだ。


男だけであんなパフェを頼むのは勇気がいる。


シチュエーションとしては、「え~?ともりんあんな大きなパフェ食べたいの~?無理だよ~。バカだな~。え?どうしても?しょうがないなぁ。一回だけだぞ。しょうがないから手伝ってやるよ」


と言って、自らが率先して手伝うという形が望ましかった。


まがり間違っても、自分から「食べたい」などと言ってと店中の視線を集めるのはごめんだ。


ここは、しばらく様子を見てパフェのチャンスを狙うべきだとミツルは脳内の高速コンピューターではじきだした。


ミツル「わかったよ。腕枕な」


ともりん「わーい。腕枕うでまくら・・・・・・」


ミツル「どうしたの?黙り込んで」


ともりん「息止めてないと脇の臭いが凄いから」




ヘッドロックしてやろうか 人気ブログランキングへ

どうでもいいけど気になること

テーマ:

・生まれた日の新聞記事

(たいしたことがないととてもがっかりする)


・水鳥が水面下でどれほど足をかいてがんばっているか


・人の年収


・飛行機がどうして飛ぶか


・若い人の気持ち


・ブログを書いている人の素顔


・足の爪のあたりの匂い


・回りくどくてわからなすぎる人の心配り


・怒っている人の血圧の上昇値


・本棚に数字順に並んでいた本がひとつだけ欠けていた時の本の行方と題名




低反発枕が気に入ってます 人気ブログランキングへ

・大理石の裸婦像を緊縛


・怒られたけどよく見るとかわいそうだから今度は裸婦像にブラジャーつけてあげる


・彼女・彼氏が寝てる間に口の周りに泥棒ヒゲ描いてあげて記念写真


・水虫なのに他人の靴を借りる


・水虫なのに素足で直接うどんをこねるうどん屋の大将


・お客に出すお茶の温度は90度


・さらに湯飲みが火にあぶられている


・料理は焼きすぎて炭化している


・座布団は氷


・お客は縛られ白州に座らされ家主のはだけた肩には桜吹雪があり例外なく打ち首獄門





もうこねぇよ! 人気ブログランキングへ

丸罰県知事、石坂丸毛は敏腕政治家としてその名を全国に知られていた。

去る、199X年、世紀末の日に、県知事室にて、胸板厚底ダム建設工事に関する入札に談合疑惑が持ち上がったことを秘書の後藤又兵衛が知事に報告しようとしたお昼時、知事はオムライスに顔を突っ込んで窒息死していた。

容疑者として上がったのは502人。

捜査に乗り出した「デカ長 」が、

「これは、もっと絞らないと犯人割り出せないだろ」

と、新米に言ったことから、容疑者は一人に絞られ、娼婦の松坂屋金衛門が逮捕された。

しかし、金衛門は、犯行を頑なに否定。

名物の寿司サービスも取調室で展開するも、容疑者はなおも否定し続ける。

拘留期間の期日を迎えた日、新たな犯行予告手紙が飛脚で届けられる。

そして、鑑識からも新たな結果が報告され、実は殺されたと思われた知事は身代わりの丸太に変わっていたことがわかった。

捜査は混迷を深め、犯人はなおも逃走し続けているこの町に平和は戻るのか。

新米とデカ長の捜査は続く。




知事の陰謀 人気ブログランキングへ