浅香椎茸園のブログ なばやまさんのなば作り

原木を用いた椎茸栽培の作業状況などを紹介しています。


テーマ:



山ではスミレや木苺の花が咲きだしました。
春分の日の前に春子の終わりを告げるような花が続々と咲きだしました。
例年なら次は藤の花が咲く頃に出る藤子まで椎茸は採れなくなるのですが、今年はちょっと違ってるようです。
これまでに収穫量の少なかったにく丸に芽が出てきました。
まだこれからも冷え込むこともあるので、ダラダラと椎茸が採れるかも知れませんね。
椎茸が採れるのはありがたいです。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


今日から大畑ループ線の伐採現場で駒打ちです。
電気ドリルで原木に穴を開けています。



2人で穴を開けると女子衆5人が種駒を打ってきます。
5人で一日駒打ちすると3万個くらい打つことができますよ。




駒打ちした木は直射が当たらないよう木の枝を被せておきます。
仮伏せといいシイタケ菌が原木に活着しやすいように湿度が高めになるようにしています。
山の駒打ちは2箇所目です。
他に二山あるので、のんびりしてるとゴールデンウィークまでに終われませんね。
がんばります。



ループ線からの帰り、昨年駒打ちした「春光」に椎茸が出てました。
走り子(はしりこ)といいます。
本格発生は2夏経過後の秋以降ですが、シイタケ菌の回り方がいいと1年経過後の春からぱらぱら椎茸が採れます。




木が組んであるし、笠木(木の枝)が被ってるので採りにくいです。
雨上がり様子を見て入れ木なば採り考えます。

おやすみなさい。。。。
Zzz…(*´?`*)。o○





































いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

なばやまさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります