浅香椎茸園のブログ なばやまさんのなば作り

原木を用いた椎茸栽培の作業状況などを紹介しています。


テーマ:
今日は陽射しはありましたが、風が冷たい日でした。
椎茸の生育は停滞気味です。

なば採り(椎茸の収穫)が忙しくなる前に一部の原木を栽培場に持ち帰っています。
運搬車の荷台にワイヤーを敷き原木を積みます。
ワイヤーが緩まないようにクリップで固定し、ユニック車に積んで帰ります。




道端の木は注意しないと盗まれることもあるんですよ。
この現場から50mのところで植菌し、枝をかけ仮伏せしてたのが、十数本盗まれました。
住宅からそんなに離れてないのに、困ったもんです。


栽培場に持ち帰った枠に入れ、ワイヤーを抜き取ります。
後はフォークリフトで移動できます。




中くらいの太さの原木は夏出し品種「与一丸」を植菌します。
何度も浸水を繰り返すので取り扱いが楽な中径木に植菌してます。
(小径木は扱ううちに折れてる木が多いので、夏出しには使っていません)



大径木、小径木には「にくまる」植菌します。




原木が栽培場に運ばれて、いよいよ植菌を始めます。

これから春子の合間を見ながら植菌です。

(^-^)ノ~~






















いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

なばやまさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります