普通の女で、終わらない。

「普通の女で終わりたくない女」小田桐あさぎによる、何一つ諦めず自分だけの人生を模索するためのブログ

NEW !
テーマ:

私は曲がりなりにも会社を経営しているわけでして、

 

一応は普段から「次はどんなことをしよう?」などと考えたりしてるわけですよね。

 

(今年の新年会ラブラブ いつも会社を動かしてくれてる敏腕チームの二人です。)

 

 

ところで私は、自社の存在意義を

 

「私とアサギスト(次点でアサギスト予備軍)が幸せになること」

 

だと定義しており、

 

なので弊社には売上目標も行動指針も一切なく、

 

評価基準としてあるのは「これで私とアサギストはさらに幸せになるか?」

 

この一点だけを日々追求し、色々なことの判断基準としています。

 

 

そしてその観点で年末に2017年の目標を考えた時。

 

今年最も注力すべきは「自分の外見美」という結論に至りました。

 

 

なぜかと言うと、

 

「女性がどうしたら幸せになるのか?」という命題について考えた場合に

 

やはり美は避けて通れないものだからです。

 

 

というわけで2017年は私にとっては美容の強化年間でありまして、

 

特に肌、髪、筋肉、歯といった

 

基幹となる部分にかーなーりー力を注いでおります。

 

 

具体的にはこのブログではおなじみのゴッドハンド・ミウラアイさんのエステに毎月通ったり、

 

美容皮膚科のフォトフェイシャルに毎月通ってノーファンデ生活を始めたり

 

髪も週1でヘッドスパやら各種トリートメントやらを試しまくったり

 

筋トレは週2回、パーソナルトレーナーをつけて1時間ほど追い込んだり

 

歯は、矯正治療を行う予定で現在、準備期間としてブラッシングのスパルタトレーニングを週1で受けてます。

 

 

これだけしてると正直、働く時間なんてほとんど取れないくらいなのですが、w

 

前述の評価目標と照らし合わせて、間違ってはいないはずと思ってます。

 

 

男性も女性も、いつの時代も強者のほうが愛されるのは世の常・生物の常ですが、

 

現代社会における強さというのは

 

男性:稼ぐ力

 

女性:美しさ

 

であることに異論のある人は少ないかと思います。

 

モテる人、異性がひっきりなしに寄ってくる人はどんな人か?と考えると、容易に想像がつくところかと。

 

 

人生になんの目的もなく、稼ぐことを諦めて生きている男性というのは、女性にとっては全く魅力的じゃないですよね。

 

引きこもってネトゲばかりしていたりする男性や、単純作業で時給の低いバイト生活に甘んじている男性などがこれに当たります。

 

それよりもコツコツと働いて日々自己成長を積み上げている男性や、大きな夢や野望を持って事業を成功させようとガムシャラに働く男性のほうに、女性は魅力を感じるのではないでしょうか。

 

 

これはそのまま、女性の外見美とイコールになる。

 

 

「金が全てじゃない」などと言って、稼ぐ努力すら放棄する男性に対して、多くの女性が魅力は感じないように

 

「外見が全てじゃない」などと言って、美しくなる努力すら放棄する女性に、やはり多くの男性は魅力を感じないでしょう。

 

自分に自信がないとか、どうでもいい話です。

 

稼ぐ自信がないから・・・といってニートに甘んじてる男性がいたら

 

「自信がないとか言ってる暇あったら、まず外でろよ。」

 

「なんでもいいから、とりあえず働いてみろよ。」って思いません???w

 

 

これは女性も同じで、今現在の自分の外見を棚に上げて

 

自信がないから・・・などと言って美しくなる努力を放棄したら、そこで試合終了だと思ってます。

 

体型が気になるなら痩せる、肌が気になるならエステに行く、メイクの練習をする、美容室に行く、似合う服装を知る・・・etc

 

 

いつからでも、例え今どんな状況であっても、仕事と美はコツコツと一歩ずつ積み上げていくことしかできないのだから、

 

今、できることから一つずつ始めるべきなのです。

 

そうしてガムシャラに取り組んでいる中で、徐々に成果がでてくるものだと思ってます。

 

 

私も、本当に本当に少しずつではありますが、成果が出始めてる気もするので

 

またブログでもそのうち紹介しますね〜〜〜〜。

 

 

〜関連記事〜


私の体型変化の軌跡(むしろ奇跡)

 

デブに甘んじて楽な人生を選んでいた

 

整形した。と言っても過言ではない・・・ 

 

 

 

**

 

ブログ3倍の濃度のメルマガ・5700人が購読中!

ご登録は↓こちら↓

 

 

 

↓ほぼ毎日更新!Facebookフォローはこちら↓

Facebookをフォロー

  

↓Twitter始めたよ!フォローはこちら↓

@ツイッターIDをフォロー

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

学生時代に仲良かった女の子で、めちゃくちゃネガティブな子がいた。

 

彼女はいついかなるときも、

 

彼氏に嫌われたんじゃないか、

 

友人である私に嫌われたんじゃないか、

 

みんな私のことを見てブスだと思ってるんじゃないか、

 

私はデブだからダイエット頑張らなきゃ(←太ってない)

 

 

などということばかり心配していて、

 

当時の私はそんな彼女をめっちゃ謙虚でスゴイなぁと思っていて、

 

きっと彼女は心がとても綺麗な、自分に厳しい人なのだと思っていた。

 

てか、そんな風に考えたことのない自分は傲慢なんじゃ!?とすら思い

 

私ももうちょっと謙虚にしなきゃ・・・などと、反省すらしていた。

 

 

 

当時の私に言いたい。

 

 

逃げてー!!!全力で逃げてー!!!!!

 

うっかり反省とかしちゃってる場合じゃないからー!!!!

 

 

 

今思えば、こんな具合に人にどう思われるかを気にして遠慮ばかりしている人が謙虚なワケがない。

 

なぜなら、「こう思われるんじゃないか?」の裏には必ず、まず他人に対してそうジャッジしている自分がいるからだ。

 

 

仮に今、目の前に太った人がいたとして、

 

何も思わなかったり、まぁ思ったとしても単に「事実として」太ってるなぁというだけで

 

そこに余計な感情を乗せない人は、同じように人にデブと言われても気にしない。

 

例えばあなたが人に「あなたって女性ですよね」とか「髪長いですよね」って言われても

 

「今、ディスられた!!!」なんて思わないように

 

単に事実でしかないときには「そうですけど、何か?」としかならない。

 

 

 

ところがここでいつも太っている人に対して

 

うっわーーー超デブ!!!

 

自己管理できてなくて恥ずかしい!!!

 

よくそんなブヨブヨの腹さらして平気でいられるなー!!!

 

デブはデブなりに目立たない格好で申し訳なくしてろよ!!!

 

 

などといつも思っちゃってるような人は、

 

「同じように自分も人にそう思われてるんじゃないか!?」

 

などと気にしてしまう。

 

 

このように相手の心を「自分と同じくらいジャッジまみれ」だと決めつけているときに

 

「こう思われてるんじゃないか?」が出てくるのだ。

 

 

だから一見、謙虚なフリした人というのは、

 

まずは常に他人をジャッジしまくってる相当にダークネスな人である上に

 

相手の心も自分と同じようにダークネスだと決めつけてる、

 

相〜当〜に失礼な人でもあるのだ。

 

 

自分の思っていることが言えない、

 

こんなこと言ったらこう思われるんじゃないか。

 

とかも全部コレだから。

 

自分の心が狭い上に、その狭さを人にも投影してるだけだから。

 

そう考えるとめっちゃ恥ずかしいよねwwww

 

 

んでまぁ、こんな記事が書けちゃう私も当然ながら、

 

以前は太ってる人を見るたびに↑のようなこと思っていたわけで、

 

そんな相当に恥ずかしい人であった、ということを

 

謹んでお詫び申し上げます。

 

 

 

〜関連記事〜


実家暮らしの女性にずっと嫉妬してた

 

バチェラー・ジャパンにハマってみて

 

Q: なぜ「デブに一番厳しいのは元デブ」なのか。A:人生は短いから

 

 

 

**

 

ブログ3倍の濃度のメルマガ・5700人が購読中!

ご登録は↓こちら↓

 

 

 

↓ほぼ毎日更新!Facebookフォローはこちら↓

Facebookをフォロー

  

↓Twitter始めたよ!フォローはこちら↓

@ツイッターIDをフォロー

 

 

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(1)

テーマ:
そんなわけで、ワタクシの主宰する「魅力覚醒講座」は先日5期生が卒業したばかりですが、今月より6期生が6クラス30名+サブ講師12名の42名体制で始まりましたー\(^o^)/
 
現在、3クラスが5月の第一回目の講座を終えたところですが、早くも講座翌日から
 
「〇〇を辞めました!」
「ずっとできなかった〇〇ができました!」
「デートの約束しました!」
 
などなどたくさんの行動と変化のLINEが届いており・・・今回も既に、めっちゃドラマが生まれてるー!!!みんなスゲー!!!!
 
{87E5E966-4C73-4140-A2FA-04D088E7FBA3}
{7BC10F87-8DD6-44E8-8456-F55AF6DC0E1E}
 
私の講座では色んな「したくないこと」をやめて、そのエネルギーを「したいこと」に全集中させればやりたいことなんてまぁ大半がフッツーに実現するよね!ってノリで進めるんですけども。
 
まぁ、実際はやっぱり多くの人が日々、したくもない仕事をしちゃってたりするわけで、
 
そんな人はまずはその「仕事」を減らすのがやっぱりめちゃくちゃポイントなわけで、
 
とはいえ、いきなり「もう仕事辞める!」ってのはくりまきちゃんでもない限りムリなわけで、(参考:2時間で会社を辞める決断が出来た訳
 
まずは仕事を「減らす」方向からチャレンジしてもらうことも多いわけです。
 
 
以前「自分の好きな仕事を見つける方法」という記事にも書きましたが、全仕事タスクを書き出し、嫌な仕事や苦手な仕事を辞める。
 
今日、会社行きたくないなーって日は、いさぎよく行かない。
 
体弱いキャラや仕事できないキャラに徹して、遅刻早退欠勤を駆使する。などなどね。
 
 
まぁなんでこんなこと言うかというと、これは私自身の実体験が元になっておりまして、
 
私と言えば18歳から33歳で起業するまでの15年間を会社員として過ごしてきたわけですけども、
 
27歳のときにすごいことに気付いたわけです。

 

それは「嫌な仕事や苦手な仕事を辞めたら、実は生産性って上がるんじゃないか?」ってこと。

 

んで、恐る恐る試してみたら

 

 

嫌な仕事しなくていいから全然疲れないし

 

そのエネルギーを得意な仕事に注ぐから成果が上がるし

 

いつも楽しく機嫌よくいられて収入まで上がるし

 

自分にとっては嫌な仕事でも好きで得意な人は周りにいたし

 

だからお願いするとその人の生産性まで上がっちゃうし

 

そんなわけで人にも感謝されるしチームワークも向上して

 

 

マジで生産性がめちゃくちゃ上がったのよ!!!ホントに!!!

 

だから本当みんなにも試してほしくって。

 

 

最近読んだ何かにも(何か覚えてないけど)めっちゃなるほど!!!!ってことが書いてあって、それは

 

世の中には

 

2割の仕事が出来る人(稼げる人)と

 

6割の普通の人と

 

2割の仕事ができない人(稼げない)がいるんだけども、これは

 

 

2割の仕事が出来る人は「好きなこと」を仕事にしている人、

 

6割の普通の人は「できること」を仕事にしている人、

 

2割の仕事ができない人は「苦手なこと」を仕事にしている人。

 

だと。

 

 

正に!!!

 

まちがいない!!!!

 

 

仕事できないと自覚ある人、もしくはしょっちゅう怒られてる人って、

 

多分、仕事ができないのではなく現在の仕事に向いてないだけなんだよね。

 

私も今まで7回転職してきて、職種によってこのできる2と普通6とできない2をぐるぐるしてきたけど、

 

ホント苦手な仕事で結果出すとか、ムリだから!w

 

仕事つまんない人はとっとと転職もしくは起業しましょ〜〜〜

 

自分のためにも、社会的損失のためにもね。

 

あなたにもっと合った仕事なんて絶対にいくらでもあるから。

 

 

ヨロシク!!!!!!!

 

 

〜参考記事〜


自分の好きな仕事を見つける方法

自分に合った仕事の選び方

マーケット感覚の大切さ・・・!

 

 

 

**

 

ブログ3倍の濃度のメルマガ・5700人が購読中!

ご登録は↓こちら↓

 

 

 

↓ほぼ毎日更新!Facebookフォローはこちら↓

Facebookをフォロー

  

↓Twitter始めたよ!フォローはこちら↓

@ツイッターIDをフォロー

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(3)