私の体験した心不全

テーマ:

こんにちわ

アクセス解折に今日出ています。


ヤフー検索で心不全のブログ

「心不全のブログ」について誰かに聞いてみよう」


検索ブログに載っていた説明文

急性心不全は、心臓の働きが急低下して、

全身の血液の流れが滞ってしまう病気です。

心臓の働きのうち、

肺から血液を吸い上げる力が低下することで肺にうっ血

(肺胞のなかに液体がしみだして、

ガス交換がうまく行かなくなることで呼吸困難になります。

全身に血液を送り出す力が弱まってしまうので、

唇や皮膚の色が紫色になるチアノーゼを発症します。

血圧が低下する状態は心原性のショックで、

適切に治療をしないと命に直接かかわってきます。



私が病院で心不全を起きた時は、

呼吸、息を吸う事が一瞬出来ず

ほんの少しの浅く空気を吸う

苦しみ、何分も続きました。

以前に車の運転中、呼吸困難の経験をしています。

この時は体力がありましたが、

病院での心不全は体力がなかった、

死んで成るものかと目を一点に集中。

どうにか死なずに生きています。


これが私の体験した心不全でした。

今現在も循環器外科病院に通院です。



AD