花水季

花フォト。
庭で育てている植物のこと。


テーマ:


ブログ放置のままでした、

今年初の更新はこの国際バラとガーデニングショウでございます。


いつものニコンがまた不具合が生じ、修理に出している間にミラーレス用の単焦点レンズを購入しました。



OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 シルバー


最近このレンズに夢中になっていたので(明るくてよくボケる)この日もオリンパスのミラーレスで撮影です。

ただこれは広角ではないので全体像は撮れません、レンズの付け替えも面倒なので

気に入った個所をスポット的に撮ることに集中しました。

今年のショウのコンセプトは「Paris パリ」

まずはローラン ボーニッシュさんのブース、色鮮やかなアレンジメントがとても綺麗。
























一番気に入ったアトリエ朴さんの「ローズカフェ」はやっぱり全体像が写ってないと良さが伝わり切れない、、

その場に立って見るとそれはそれは素敵でこんなカフェが本当にあったらいいのに、と思わざるを得ません。







植栽にうっとり。










作品名をほとんど見ていないので(把握する暇なしっ)名無しのまま失礼します。

ドアが素敵なこちらとか。





ひたすらずらっと貼っていきますよ。














童話の世界のような小屋。煙突からちゃんと煙が、、




黒いカラーが目を引いて素敵でした。









「パリジェンヌ 週末の庭」








清水工業ガーデンさん「Au Soleil 太陽を浴びて」 てっぺんに洗濯物が干してありました。







「CASE STUDY GARDEN 庭と人との関わり」(株)庭楽さん




   




「夢がはばたく瞬間」 群馬県立藤岡北高校さん



    






どちらのガーデンで咲いていたものか、このニゲラが綺麗でした。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


我が家の椿「侘助」です。(撮影 2013年12月)

洋風なバラのような椿もいいけれど、こういう一重の花びらもすごく好きです。


着物にハマった2015年でしたが

やはり着物や帯の柄はお花の柄に惹かれましたね。



これはヤフオクで落札した帯です。よく似た雰囲気の椿柄が欲しくて。


同系色の着物(扇に花束の柄)に合わせてみました。

 


この着物、ネットのリサイクルショップで結城紬とのことで買ってみたのですが

偽物とは思わないですが、何しろしっかり硬くて。いくら結城でも、、


 

布団を着ているようだ、と思いました。

ただ何度か来ているうちにいくらか柔らかくなってきたようです。

ちゃんと誂えたほうの結城は柔らかかったので

やはりリサイクルもの、いつ織られたものかわからないですけど

年代や品質の違いはあるのですね。(新品のほうも重要文化財ものでなくて機械織りですけど)

まあ、しっかり暖かいです。











これはあえて洋風なバラの絵が気に入って。作家物です。

メルカリで買いましたあはは…



今年撮ったこの写真のバラにも似ているような気がして。



 

薔薇の帯をピンクの小紋風紬にも、真っ青なウールの無地の着物にも合わせてみました。

このブルーの着物は母のものです。

もう着ないというので丈、裄などを直して私用にしました。


これを着て忘年会にも

 


帯揚げはスカーフです。この着物を見た時からこのスカーフを合わせようと思っていました。

半衿と帯はきものやまとさんのもの。

ガラスの帯留めはハンドメイド通販サイトのCreemaで。




11月だったのですが↑  新丸ビルの中のクリスマスツリーです。

5人で忘年会だったのですが、

中に一人着付けのプロの友達がいたので着物仲間に引きずり込みました(笑)

縞模様の着物がかっこよくて素敵。



さらに地元での忘年会ではこんな着物を。これもネットのリサイクルショップで購入。

なんと3000円以下だったのですが、ネット上で見た時より明るめなのでちょっとひるみました。

 

これはぜひ黒い半衿でと、帯も黒っぽいものを合わせてみましたが。

左の帯はヤフオク(2500円くらい)、右の帯は↑のやまとさんで買った帯の裏側です。

柄に柄でうるさいかもしれない、

でもこの本↓横森美奈子さんの本を読むと派手めなアンティーク物でもとても素敵に着こなしています。

きものYOKOMORI流スタイル―これでもOK! 着物の新常識/主婦の友社

¥1,404
Amazon.co.jp

横森美奈子さんといえばBIGIやメルローズを連想するのですが(バブル世代!笑)

着物もお好きだったのですね。50歳くらいから着始めたとのことで

それで今も遊び心満載で着物を楽しんでいらっしゃるよう

本当に着物は年齢に縛られることなく、派手な色柄も楽しむものなのだなあと思いました。






ふー、ずいぶん画像満載でスミマセン。

そしてこれもメルカリで買った作家物の塩瀬の名古屋帯。




何の花なのか出品者もわからないそうで。

一応着物って季節に沿った柄を着るじゃないですか。

牡丹だとしたら春かなあ、と思ったけど

花をぐるっと囲むような葉っぱのつき方が違うからこれは架空の花でしょう、と思うことにして

買いました。

あとで母に聞いたら「牡丹じゃないの?」とあっさり言われましたが困った


で、先日あるドラマを見ていたら(○捜研の女、、)

着物の柄が出てきて、「牡丹は冬の花」とされていました。

春じゃないのか??

ちょっとググってみたら「冬牡丹」「寒牡丹」という言葉が出てきたので

冬の花としても認識されているよう?

これ以上詳しく調べるのは面倒なのでやめましたが苦笑

どっちみち着方にうるさいような格式高い場所に行くことはぜ~んぜんないのです。

冬はお花が少ないのであえて華やかな花柄の帯や着物を着る、という考え方もあるそうで。

ただ着たくて着る、というスタンスですので気楽に着ようと思います。




こう合わせてみました。

これもリサイクルものの小紋。ちょっと裄が短めです苦笑




オマケ。家の中で家事をするときは割烹着も↓(笑)


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:









庭のビオラの花びらの上に。


















私のレンズではこれくらいが限界

AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。