生まれてすぐ、ほんの少しだけ

黄疸が出て、疲れやすい状態

だったらしいサンシーロ。

 

母乳を充分に飲めていなかった

ため、病院で指示された通り

 

一旦搾乳し、全て

哺乳瓶で授乳していました。

 

この頃は、私の母乳の出もイマイチで

毎日、1回〜2回分くらいは足りず、

 

液体ミルクで補いつつ。

 

イタリアで購入した3種類の

哺乳瓶を色々使ってみていたのですが

 

「新生児〜」と書いてあった物も

乳首部分の穴が大き過ぎたようで

 

毎度、サンシーロが

ひどく咳き込んでね…

(((( ;°Д°))))

 

何度も何度も咳き込むだけでなく

 

ヒー

 

みたいな音を立てることも

あって、ハラハラしまくりでした。

 

(いざと言う時、どうすればいいのかを

ネットで調べたりしたくらいです)

 

 

生後10日の時点で行った小児科では

 

母乳の出を悪くして

しまわないためにも、なるべく

おっぱいから直接飲ませましょう

 

と言われたので、トライするものの

サンシーロからすれば

 

頑張って吸わなくても

じゃんじゃん出て来る

(というか、出て来過ぎる)

哺乳瓶のほうがずっと楽

 

って感じだったのでしょう。

 

大泣きして拒否。゚(T^T)゚。

 

 

 

結局、私の母が日本から

 

ピジョンの「母乳相談室」および

「母乳実感」という哺乳瓶を

大至急で送ってくれました。

 

(両方とも、かなり有名みたいですね☆

共にピジョンの製品なのもあって、互換性があり

乳首部分はどちらの哺乳瓶でも使えます)

 

「母乳相談室」のほうは、

穴サイズが非常に小さく

 

飲む力がない時の

トレーニング用でもあり、

 

 

「母乳実感」のほうは、

乳首部分の穴サイズが

色々あるので、もともと

付属していたSSサイズに加え、

Sサイズも送ってもらいました。

 

 

 

この2つの哺乳瓶が来てからは

サンシーロの咳き込みが激減したので

私もイタさんも、かなり安心して

授乳できるようになりました。

 

また、トレーニングの甲斐あって

だんだんと飲む力もついてきたので

 

哺乳瓶で授乳する回数を

徐々に減らしていきました。

 

とは言え、哺乳瓶とおっぱいの

両方で授乳している場合に

よく起きるらしい

 

乳頭混乱を起こしてしまった

時期も、短いながらありました。

 

(おっぱいから直接飲むのと、哺乳瓶から飲む

のでは、飲み方がずいぶん違うのだそうです)

 

乳頭混乱を起こしてしまった時は

イタリアで買った哺乳瓶は全滅。

 

唯一、まともに飲めていたのが

日本から送ってもらった哺乳瓶でした。

 

 

私もイタさんも

 

日本の哺乳瓶の

クオリティの高さに感動キラキラ!!

 

 

でもね、

 

日本の製品万歳、

イタリアの物はイマイチ!

 

と、断言したいわけじゃないんです。

(私たちがイタリアで選んだ哺乳瓶がイマイチだった

だけで、もっと良い製品もあったのかもしれませんし)

 

イタリアで購入したもので

 

これはなかなか良かった!!

日本にはないのかな?

 

って物もあったので、

次回はコレについて☆(*^▽^*)★


---------------------

 

余談ですが、

 

私たちが使っている

「マザーズバッグ」はコレ

 

 

1番上の姉がオススメだと言って

知らせてくれたのですが

 

確かにすごく使い勝手が良く、

この値段を払った甲斐もある!

と思いましたし

 

「マザーズバッグ」とは言え

イタさんが持つことも多いので

 

男の人が持っても違和感の

ないデザインで、イタさんも

気に入っております。

 

妊娠中に、このバッグが届いた頃

 

この鞄、なかなかいいな。

仕事に持って行くのに

使おうかな♪

 

なんて言っていたくらい( ´艸`)

 

 

いや、ちょっと待って。

あなたの仕事用バッグとして

わざわざ日本から送ってもらった

わけじゃないから、コレ!?

 

と却下され、しぶしぶ諦めた

イタさんでした(;^_^A

 

今日も1クリックを是非↓!!

 

 

携帯の方はこちら↓

人気ブログランキングへ

 

いつもありがとうございます☆

AD

コメント(4)