今日は、

 

早く書き終えて

更新しようしようと思いながら

 

ずーーっと放置してあった

帝王切開の話・パート1。

 

帝王切開では、経膣分娩に

比べて術後血栓症のリスク

高くなるとのことだったので

 

脳梗塞の経験を思い出して

かなりびびってしまい、当日は

着圧ソックスを持参したワタクシ。

 

私が就寝時に愛用しており、この日持参した

エコノレッグの着圧ソックスはこちら

 

イタさんが、前回の妊娠が

死産だったこと、そして、

死産から約5ヵ月後に脳梗塞を

起こしたことを伝えると

 

そういうことなら…と、

医療用の強力な着圧タイツを

履かせてくださいました。

 

(このタイツ、履くのが痛いほど強力でビックリ)

 

 

この後、イタさんとは別行動になり

 

イタさんは赤ちゃんが生まれたら

カンガルーケアをすべく

指示された待合室へ。

 

搬送用ベッドで運ばれた私は

担当してくださる医療関係者

の皆さんと顔を合わせた後、

点滴用の静脈カテーテルの挿入。

 

 

全ての準備が整った後、搬送用

ベッドで待つこと1時間ほど。。。

 

で、案の定

 

途中で寝てしまって

いたワタシ。。。

(オーイ…)

 

いや、起きていようと思った

のですが、朝7時には病院に

来なければならなかったので

 

睡眠時間が短めだったわけよ…。

 

 

寝ていた自分に気づいた時

 

ワタシ、余裕

ぶっこいてんなー

 

と、我ながらちょっと

呆れましたけどね…(;^_^A

 

 

麻酔をすると、もどしそうになる

こともあると聞いていた通り

 

麻酔が効き始めてしばらく

すると、一気に吐き気が。

 

帝王切開の日の真夜中以降は何も

飲んだり食べたりしないように

 

と言われていましたが

確かにアレ、モリモリ食べた

後だったりしたら、だいぶ

やばかったかもしれません。

 

ま、麻酔が完全に効いて

胸の下あたりから足までの

感覚がなくなった頃には

吐き気もおさまっていましたけどね☆

 

サンシーロが生まれた時の話は、

こちらを参照いただくとして…

 

カンガルーケアをしたイタさんの話。

 

イタさんは

 

私のお腹の大きさ、および

体重の増加具合から

3 kg 未満くらいの赤ちゃんを

予想していたのもあって

 

サンシーロは想像より

ずっと大きく、見た瞬間

ちょっとびびったとのこと。

 

また、イタさんのもとへ

連れて来られた時の

サンシーロは、大きな口を

グアーッッと開けて

わんわん泣いていたため

 

あの時のサンシーロのイメージには

なぜか歯があるのだそうです…( ´艸`)

 

生まれたばかりだったため、

肌の色があまり良くなく

若干灰色がかっていたそうですし

 

子宮の中で丸まっていたため

当然ながら脚もまっすぐには

伸びておらず、

 

なんとなく、

っぽかったcrab*

とか( ´艸`)( ´艸`)!!

 

(↑失礼やな、オイ!)

 

 

カンガルーケアを

するにあたっては、

助産師さんの指示のもと

 

ワイシャツの下に着ていた

下着的なシャツの内側に

サンシーロを入れ、イタさんの

肌とサンシーロの肌が触れる

ようにしたそうです。

 

サンシーロは、本能で

おっぱいを探したらしいのですが

 

なんか違う と気づいたのか

諦めて眠りに落ちたそうな…(;^_^A

 

イタさん曰く、おっぱいを

探すサンシーロが

 

口をガーッと開けて

頭を左右に小刻みに振る様子

 

サメジョーズを連想させたそうで

ここでもちょっとびびったそうです( ´艸`)

 

帝王切開の閉腹処置が終わって

イタさんとサンシーロの

待つ部屋に運ばれた後

 

カンガルーケアを

しようとした私も

 

あの、口をガーッと開けて

頭を小刻みに振りながら

おっぱいを探す様子には

 

ちょっとだけびびりました。

 

今も、授乳の際、稀に同じような

表情・動きをしていることがあり

 

私とイタさんは、これを

 

サメの動き

 

と呼んでおります( ´艸`)

 

 

後ね、生まれたての時

結構産毛 (うぶげ) があったので

 

イタさんは

 

毛深いなぁ!

 

と思ったらしいのですが…

 

 

 

これを聞いて

ワタシ、思いました。

 

 

 

 

 

いや…毛深いとか…

サンシーロもイタさんに

言われたくはないやろ!!

 

 

 

 

と( ´艸`)!!

 

 

 

最近、色んなものを上手く握れる

ようになってきたサンシーロは

 

イタさんに抱っこされている時

 

イタさんの腕のふわふわの毛を

そのちっちゃな手で

グッ…と引っ張る

 

ようになりました…( ´艸`)

 

つづく

 

---------------------

 

蟹とかサメとか

言いたい放題ですが…

 

生まてすぐのサンシーロを

抱くイタさんの写真、

 

すっごく嬉しそうです(*^▽^*)

 

この話の続き、

遅くなり過ぎないうちに

更新しますので…

 

今日も1クリックを是非↓!!

 

 

携帯の方はこちら↓

人気ブログランキングへ

 

いつもありがとうございます☆

AD

コメント(8)