皆さま、大変ご無沙汰しております。

 

前回と前々回の記事に

たくさんのコメント、

メッセージ、そして、いいね!を

どうもありがとうございました。

 

応援・祝福してくださる皆さんの

お気持ちが、本当にありがたく

また、嬉しかったです。

 

イタさん共々、心からお礼を申し上げます。

 

いただいたコメントひとつひとつに

お返事をしたい気持ちはあるのですが

 

なかなかまとまった

時間が取れそうにないので…

 

大変申し訳ありませんが、

今回の記事で、お返事に代えさせてください。

 

ブログは、これからも

時間を見つけて時々更新して

いきたいと思っていて、

 

皆さんと交流できるのが嬉しいので

コメント欄は開けておきますけれども

 

お返事は (毎度ながら) 遅くなって

しまうと思います。すみません<(_ _)>!!

 

 

さて、帝王切開の場合

イタリアでの入院期間は

通常72時間と言われていた通り

 

1月10日に赤ちゃんが生まれ

1月13日には退院しました。

 

 

妊娠30週の時点で、推定体重は

1.5 kg と言われていたのですが

 

その後については、体重を

見積もってもらったことがなく

 

最後のほうの検診で「体重を教えて

いただけませんか」と言ったところ

 

今の時期に推定しても誤差が

大きいので意味がありません

 

と、退けられまして…

 

結局、赤ちゃんの大きさが

どのくらいか分からない

ままだったのね。

 

帝王切開の日 (妊娠38週+5日目)

の朝の時点での私の体重増加は、

 

妊娠前と比べて、+8.5 kg。

 

つわりがひどかったのもあって

妊娠初期は体重が落ち

 

中期に入って取り戻し始めたものの

妊娠7ヵ月くらいまでほとんど

増加しなかった体重。

 

妊娠後期に入ってしばらくすると

胃が圧迫されていたためか、

結構頻繁にもどしてはいたものの

 

突然、ゴーン、ゴーンと

一気に増え始め…1ヵ月で

2 kg 増くらいのペースだったので

 

急激に増えるのは良くないらしいのに…

 

と、内心焦っておりました。。。

 

 

とは言え、

 

お腹がそんなには大きく

ならなかったのもあって

 

イタさんも私も

 

赤ちゃんは 3 kg 弱くらいかな?

 

と思っていたのね。

 

 

生まれてみたら

赤ちゃんは、3400 g

身長は 48 cm だったとのこと。

 

 

赤ちゃんを取り出した医師の

第一声も

 

大きな赤ちゃんですよ!

 

でしたし、後々、色々なチェックを

しにいらっしゃった助産師さんは

 

赤ちゃんと私を見比べて、イタさんに

 

え、お母さん、こんなに小さいの?!

(Ma…la mamma è così piccola?!)

 

とおっしゃったくらいです…(;^_^A

 

 

ちなみに、帝王切開で

赤ちゃんを取り出す作業自体は、

ほんの5分ほどだったと思います。

 

左側の壁に時計があって、

時間を時々確認していましたが

 

本当にあっという間でした。

 

助産師さんが

 

帝王切開の場合、赤ちゃんは

すぐ泣かないものだから。

心配しないで!

 

と言ってくださったものの

 

「大きな赤ちゃんですよ!」

という声の後、赤ちゃんの

泣き声が聞こえるまでの時間は

 

すごく長く感じられました。

 

もしかしたら10秒くらいだったのかもしれませんけれど…。

 

 

そして、姿は見えないものの

赤ちゃんの泣き声が2回聞こえた時

 

ああ、生きてた…!!

 

と、思わず涙があふれました。

 

この後、赤ちゃんは隣室で

控えていたイタさんの元へ連れて行かれ

 

へその緒はイタさんが切りました☆

 

イタさん曰く、へその緒は想像より

ずっと固く (弾力がある感じの固さ

なのだとか…)、助産師さんから

 

もっと力を入れてください

 

と、繰り返し言われたそうです。

 

(へその緒は既に切ってあったらしいのですが、

イタさんは赤ちゃんのおへその近くで

再度切るのをやらせてもらったそうです)

 

イタさん立ち会いのもと

身体を洗ってもらった後

体重測定、身長測定。

 

その後、閉腹処置中の私の元へ

再度やってきた赤ちゃん。

 

ほっぺたがぷくぷくの赤ちゃんの

顔を見て、また涙がこぼれました。

 

 

お腹を閉じたら

また会えますからね

 

と言われ、赤ちゃんは再びイタさんの元へ。

 

赤ちゃんを取り出すのは

あっという間だったけれども、

 

お腹を閉じるのには結構時間がかかり

 

医師が、2人がかりで45分~50分くらい

作業をしておられたと思います。

 

 

病院でのこと、退院して

すぐの時期のことなど、色々と

書きたいことはあるのですが

 

これ以上、長々と書き始めると

また更新できなくなるので

 

今回はこのへんで…!

 

実は、この記事を書き終えるのに

何日かかってるんだってくらい

かかってますし…(;´▽`A``

 

こちらは現在、まだ2月9日の晩で

赤ちゃんは、明日で生まれて

ちょうど1ヵ月になります。

 

赤ちゃんの世話、特に授乳は

大変だなぁとは思いますけれど

 

可愛くて可愛くて、

 

また、無事に生まれ、

育ってくれていることが

本当に嬉しいです(*^▽^*)

 

---------------------

 

イタさんは、赤ちゃんが生まれるまでは

 

おむつの取り替えはあさちーなが

やってくれ。。。僕は匂いでもどして

しまったりして、できない気がする

 

なんて言っておりましたが

生まれたら、全然そんなことはなく

 

自宅にいる時は、おむつも

結構替えてくれていますし

 

すごく頑張って

色々とやってくれています。

 

おかげで、というか…

頑張り過ぎのせいで、

 

12月末から1月末までの

1ヵ月の間に、2.5kgも

体重が減った のでした…(;´▽`A``

 

1クリックを是非↓!!

 

 

携帯の方はこちら↓

人気ブログランキングへ

 

いつもありがとうございます☆

AD