吉備路残照△古代ロマン

吉備路自転車道を回って以来すっかり古代吉備国の残り香に取り憑かれました。
歴史と神話が絡み合っているから多くの遺蹟の故事来歴が謎に包まれています。
鬼ノ城・温羅伝説・鳴釜神事等の謎に新しい解釈を加えていけるので楽しみです。


テーマ:

青海波1

桐壺帝の御前で唐楽『青海波せいがいは』を舞う、光源氏(左)と頭中将(右) 。

ふたりは、舞いに限らずあらゆる分野でライバルだった。

ーーという設定だが、頭中将は気の毒なことにいつも光源氏の引き立て役でしかない。

 

明石入道に導かれて 

明石入道に案内されて、明石の君の館へ向かう光源氏

 


壷女御藤壺中宮藤壺尼宮藤壺准太上天皇
光源氏の「永遠の女性」 
(5歳年長) 風俗博物館/京都市。
冷泉帝は、夫・桐壺帝ではなく光源氏とのあいだの不義の子。

 

   ◇   ◆    ◇    ◆    ◇    ◆    ◇

 

女院/藤壺尼宮は、9歳も年上の新しいを迎えることになったと聞いて、いつになく緊張している冷泉帝に言葉をかけた。

 

「立派なおとなのが入内なさいます。

気持ちをしっかり引き締めて、お会いしなさい」

 

まだ13歳の息子が22歳の成人女性に迎えるが、はたして大丈夫だろうか気後れしないだろうかと心配なのだ。

 

今でいえば、小学生の男の子女子大生が嫁ぐようなものである。

 

 

はいままで第一夫人で1つ年上の弘徽殿女御と子供らしい遊びに興じていた。

 

弘徽殿女御の父は、若い時から源氏のライバルだった権中納言/頭中将(以後、こちらで表記)である。

 

源氏頭中将は、学問や音楽や和歌そして舞いや恋愛などすべてにわたって好敵手であった。

 

これからは、政治家同士として熾烈な競争相手になる。

 

競争といっても、私たちか見慣れた選挙運動ではない

 

どちらの(源氏の場合は養女)がの寵愛をえて皇子を産むか、という争いである。

 

源氏にも明石の君とのあいだに実のがいるが、まだ幼すぎる。

 

 

二人に限らず、大納言クラス以上の家では、性格がよく容姿も端麗なにはとりわけ詩歌管弦などの趣味教養を身につけさせた。

 

こうして育てた自慢の娘たちは、「実家の盛衰」を背負って入内したのである。

 

 

しかし、親はすべてを任せにしていたわけではない。

 

の足をの部屋に向けさせるため、色々と工夫を凝らした。

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【第三次安倍内閣】20名中(1人は公明党)、14名が

【日本会議】の、19名が【神道政治連盟】の構成員ペタしてね

 


ペタしてね

AD
同じテーマ 「絵合」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。