私のworkroom

音楽、ペーパークラフト、サッカー、そして日々のコトなどなど。


テーマ:

昨日も登場しましたが、本日も俺っち登場ですLOVE

撮ったのは昨日なのですけどね汗

 

仕事がガクリなので、現実逃避であれこれを。角松敏生プロディース、女性ボーカリスト音符

 

【YouTubeよりお借りしました】

ANNA 「もどり道」


今日のbayfm ANNAさんの『miracle!!』に角松さんがご出演されたそうです。以前はよく『miracle!!』を聞いていましたが、パートの仕事に行き始めた頃からごぶさたになってしまいました。ANNAさんってあのご夫婦のお嬢さんと知って、びっくりしたんですよねぇ。

 

VOCALAND Sala Splendid Love

うん!カッコイイわぁ。まさしく角松ワールドって感じで、それに負けない歌唱力です。

 

「さよならを言わせて~Let me say good-bye~」 今井優子 角松敏生

これもねぇ、イントロから、そしてコーラスも含めて角松ワールドですわね。

 

ALL OF YOU

こちらは吉沢梨絵さん。今はミュージカルでご活躍と伺っています。やはり歌唱力ある方です。

 

そして、最後に…

角松敏生・杏里 I CAN'T EVER CHANGE YOUR LOVE FOR ME  

素敵キラキラ しっとりと聴かせてくれます。

 

以上の曲はこちらのアルバムでご本人が歌っております(宣伝になってしまった苦笑)

The gentle sex The gentle sex
3,146円
Amazon

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

何かとざわざわした日曜日。鹿島は負ける、夫実家より緊急の連絡あり、などなど。落ち着かない一日でした。

 

そんな中、flumpool武道館2daysは今週末となり、JUJUさんはリハーサルに入ったという情報も。注文していた角松さんのアルバムは明朝店頭に届くとのメールあり。

 

【YouTubeよりお借りしました】

角松敏生 SEA LINE(20thリベンジ)

角松さんのツアーも12日からスタートしましたね。

 

何かといろいろなことがある日々。私も俺っちのように、のんびりしたいよ。でも、楽しみにしている予定を思いながら、気持ちをupupしていかないとね。

 

 

YouTubeを流したままにしたら、なつかしいこの曲もあったので。

 

角松敏生 SHIBUYA (20th Anniversary Live)

 

角松敏生 REALIZE (20th Anniversary Live)

2曲とも解凍後のアルバム収録曲だったような…。これだ!

 

 

TIME TUNNELTIME TUNNEL
3,146円
Amazon

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日と今日の気温差。激しいかったですね汗 昨日は暑かったので定位置には来ませんでしたが、今日は肌寒い一日だったので10時前から18時近くまで、彼は定位置にいました。

 

 

頼んでいるアルバム入荷のお知らせは、今日も来ませんでした。店頭で購入した方がよかったかな。10倍ポイント+クーポンとかに目が眩んだのがいけなかったかしら~ガクリ

 

そんな待ちぼうけなので、ついYouTubeをウロウロ。

【YouTubeよりお借りしました】

 

角松敏生 モノレール (20th Anniversary Live)

なつかしいわぁ。2001年の夏。野外でのライブ2日間の1日目。台風の影響で中止になったんですよね。踊っちゃうよ~リズム的な曲も好きだし、こういう切ない曲も好き。

 

角松敏生 飴色の街 (20th Anniversary Live)

『モノレール』『飴色の街』ともに、活動凍結直前にリリースされたアルバムに収録されていて。このアルバム、とても好きなんですよね。この時ライブツアーの中で、市川市でのライブに行きました。妹といっしょに行く予定でしたが、妹が社会人になりたての頃で時間の調整がつかなくて、私一人で行ってきたというなつかしい思い出。

 

あるがままに あるがままに
3,146円
Amazon

 

野外ライブ1日目が開演できなかった、その悔しさをリベンジ!ということで…。

 

角松敏生 もう一度…and then (20thリベンジ)

横浜アリーナでのリベンジ。サビを聴くと、鼻がツーン!として目がウルウルしちゃうのは何でかなぁ…。

 

そしてこちらは…角松さんとの出会いの曲。8分以上あるので長いです。クリックにご注意を。

 

角松敏生 Girl in the Box (20thリベンジ)

最後の最後にいい大人が弾けてしまって。多分一番年上であろうのポンタさん(ドラム)が一番余裕綽々なのでは??

 

青木さんとブッチャーさんのことは知っていたのですが、ジャッキーさんも…実は今日知りました。現実は時に冷たいものですが、時を経て、こうしてまた角松さんの生み出す音楽に触れることが出来るのもありがたいなぁ、と思いました。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

数日前にTwitterで知った情報、こちらがリリースされると。ものすごくテンションupup

しかし、ここ数年は角松さん情報を追っていなかったので、最近になって知ったという汗 とはいえ、学生の頃からずっと好きなアーティストなのですよ。

 

内容紹介(Amazonより)

2016年35周年を迎え、アルバム『SEA BREEZE 2016』のリリースと7月2日(土)に横浜アリーナで記念ライヴを大盛況の内終了した角松敏生。シンガー・ソングライター、音楽プロデューサーとしての活動に合わせ、80~90年代にインストゥルメンタル・アルバムをリリースするなどギタリストとしての評価も高い角松だが、2017年は予てから要望の声も高かったインストに再挑戦する。今作には新曲も収録! !

 

そして、このアルバムを引っさげてのツアーもあるとかup さっそくライブスケジュールをチェック。この日!と決めてチケットサイトに行き、座席をチェック。もう2階のうしーろしか空いていないけれど、この場所だったらOKだわぁ、と、真夜中にポチっ!あぁ、何年ぶりでしょうか、角松さんのライブに行くの。

 

フラゲの日、仕事帰りにスマホから某サイトでアルバムをポチっ!近所のコンビニでの受け取り指定にしましたが、まだ入荷しましたのお知らせメールが届きません。早く届いて欲しいなっ。

 

今日は朝からいい天気だったので、30年前のアルバムをボリューム上げてガンガン聴きました。

 

SEA IS A LADY SEA IS A LADY
2,621円
Amazon

 

 

↑↑↑カッコイイupup


あー、暑い夏は苦手だけど、このアルバムを聴くと湿気を感じない、カラリとした夏って感じで。苦手意識を飛ばしてくれる、クールな夏。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年のある時(はっきりといつだったかは覚えていない)、電子書籍で読み始めたコミックが最終巻発売となりました。電子書籍の3巻まで無料とか、ついその戦略に乗せられてしまいます。でも、スマホで読むよりやっぱり紙派なので、電子書籍を購入しているのに、コミックを大人買いしてしまうという汗

 

4月26日発売 『カノジョは嘘を愛しすぎている』

 

アマゾンさん、まだ準備が出来ていないのかしら。これでは味気ないので、1つ前のを。

 

 

あー、終わったしまったぁ…。

 

ここからはネタバレというか、私の感想です。

 

タイトルに『カノジョ』とあるので、アキくんと理子のLOVEを中心にストーリーは進むのですが、主人公(だと私は思っているのですが違うのかな…)アキくんを中心に、恋愛だったり、バンド仲間、音楽、家族、音楽業界などなどを、うまく絡めて。そのLOVEストーリーのみではない、そんなところが魅力的だと感じました。

 

クリプレことCRUDE PLAYが東京ドームでのライブをもって活動休止という設定なのですが、そのライブに向けて、ボーカルの瞬くんがTwitterを始めます。そのツイートのひとつひとつがライブ感があって、ぐっときます。また瞬くんのアイコンが、本当に声を出してついぶやいているかのようで。

 

アキくんと心也さんの関係も、一見相性が悪そうだけど、お互いに認め合っている。太陽と月、アキくんが太陽で、心也さんが月…お互いを照らし合うような。その関係を、東京ドームでのライブのオープニングの映像で表現しているのがうまいなぁ、と。

 

ステージ演出、物販の長蛇の列、ムービングステージ、イヤモニなどなどの話。何度か東京ドームでのライブに行ったことがある身としては、「そうそうOK」と、その時を思い出したり。

 

最後の最後に、アキくんと理子ちゃんのシーンがあるのですが、この後ふたりはどんな道を歩んでいくのだろう、という余韻があって、静かにフェードアウト。ちょっと物足りないような、そうでもないような。ここまでめいっぱいのいろいろ感情がふたりにはあったので、この静かさがまたいいのかも知れません。

 

それにしても…アキくんは天才で、あまりにもカッコよすぎLOVE 仲間クリプレも最高up この大型連休中にまた1巻から読み直そうっとぐっじょぶ

 

丸8年かけて書き上げたというこの『カノジョは嘘を愛しすぎている』、青木琴美先生、お疲れさまでした。私は偶然にもこの『カノ嘘』を知ったばかりですが、この8年は大変なご苦労があったかと思います。素敵キラキラな作品をありがとうございました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。