@snyokky
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-12-21 17:26:35

ブログの書き込みが自殺の抑止力になる?

テーマ:白石ニョッキー(白石竜次)コラム

仕事体験プロフブログで悩みを書くことで欝の予防、治療、自殺の抑止になると考えます

最近、これまでも多かったインターネットの危険性を危惧する声がいっそう高まっています。それは先日、ネットで誹謗中傷を書かれた少女が自殺してしまうという、悲い事件がまたしても起きてしまったからです。
そのほかにも、書き込みによる自殺、暴行その他トラブル、“闇サイト”での犯罪行為、売春などなどの事件が連日報道されています。
この様な事件が起きると、「このような事件を起こしてはいけない」という声が高まり、「ネットの規制」「フィルタリング」という話題になります。
もちろん、犯罪を防ぐためにはなんらかの規制も必要だと思います。
ただ、ネットの悪い部分ばかり取り上げるのはいかがなものでしょうか?
逆に、「ネットならではの素晴らしい部分」も取り上げるべきだと考えます。

例えば、少年、少女が悩んだときに、よく大人は「親や先生に相談しろ」と言いますが、まず「親や先生は相談どころか、知られたくない」事のほうが多いのではないでしょうか?
また、少年、少女に限らず、誰しもちょっとしたストレスなどを抱え、愚痴を言いたい時や、感情を吐き出したい時があると思います。
そんな時に黙って愚痴を聞いてくれる人など、いるのでしょうか?
いないからこそ、ストレスが溜まって欝になったり、酷いときには自殺してしまったりするのではないでしょうか。

そんな時にインターネットでの「ブログ」というのは有効なサービスだと思います。
「匿名でブログに日頃の悩みや愚痴などを書く」という事を提案したいと思います。
よく「インターネットの悪い点」として、「匿名性」をあげる人がいますが、「良い点」としても、匿名性を挙げたいと思います。
匿名であれば、誰であるかわからないので、人には言えないような悩みを思う存分に書く事ができます。また、紙の日記に書くのとは違い、「不特定多数の人が閲覧できる」ので、「誰かに話を聞いて貰っている」という気分になることもできます。
もっと本格的に聞いてもらいたい場合は、アクセスが増えるような工夫をしたり、SNSのコミュニティに書き込み、相談をするのもいいと思います。

そして、話題になっている「書き込みによる誹謗、中傷」に関しては、ブログの設定を「コメントを受け付けない」ようにすれば良いのです。

具体的な例を挙げますと、私は現在歯の矯正治療をしていまして、「出っ歯くんの矯正歯科治療体験!という歯科矯正体験のブログを作成し、治療中の痛みやストレス、愚痴を書いています。
書く事で、何もせずにただ黙っているよりも、ストレスの溜まり方が違います。
また、これまでの体験としての、記録的な役割もあります。

病気や怪我に苦しんでいる人は、日々のストレスや愚痴をブログに書いてみてはいかがでしょうか?
そして、ブログを書くことは精神面でのフォローになりうると考えますので、いじめやその他精神的に悩んでいる方に有効だと思います。
場合によっては自殺を防ぐ事にも繋がるのではないでしょうか。

このように、規制するばかりではなく、積極的に使う事によって、自殺や犯罪を防ぐ事に使えるのではないかと考えます。多くの人にこういった提案をしていく事が必要だと思います。

文章/絵:白石ニョッキー

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
      芸能ブログニュース